2017年05月26日

韓国軍は「鳥の群に乱射した」…北朝鮮軍総参謀部【DailyNKJapan2017年5月26日】

朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部の報道官(スポークスマン)は25日、韓国軍が軍事境界線一帯で武装挑発を強行したと非難した。朝鮮中央通信の質問に答える形で述べた。

韓国軍は23日、北朝鮮側から韓国上空に入り込んだ飛行体に対して、無人偵察機である可能性があるとして、機関銃で警告射撃していた。

報道官は飛行体について「江原道鉄原最前方地域の上空で飛んでいく鳥の群」であったとしながら、「(韓国軍は)『正体不明の飛行体が軍事境界線を越えて南下』するのを発見したとして無鉄砲にわが方に向かって警告放送を吹き、450余発の機関銃弾まで乱射しながら騒ぎ立てた」と述べた。

また、「非武装地帯で疑問の爆発事故が発生しても『北の木箱地雷』のためであり、海でかいらい軍艦船が沈没しても『北の魚雷』のためであり、空で鳥の群れが南へ飛んでも『北の無人機』であり、拾ってきた便所の戸も『北の無人機残骸』であり、魔法瓶の殻が転がっていても『北のロケット砲弾』だと言い張るのが精神錯乱症にかかったかいらいである」と強調した。

そのうえで、「かいらい軍部好戦狂らが荒唐無稽な『飛行体の南下説』をけん伝しても、信じる人は一人もいない。むしろ、謀略とねつ造の常習犯という汚らわしい汚名と共に苦い嘲笑だけを買うだろう」などと述べている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民軍総参謀部の代弁人が南朝鮮かいらいの無謀な軍事的挑発を糾弾

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍総参謀部のスポークスマンは南朝鮮のかいらいが先鋭な軍事境界線一帯でまたもや武装挑発を強行したことに関連して25日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

スポークスマンは、軍事境界線一帯は双方の膨大な武力が恒常的に銃口を向けて対峙している先鋭なホットスポットであるとした。

にもかかわらず、南朝鮮のかいらいは23日午後4時頃、江原道鉄原最前方地域の上空で飛んでいく鳥の群れを見て、「正体不明の飛行体が軍事境界線を越えて南下」するのを発見したとして無鉄砲にわが方に向かって警告放送を吹き、450余発の機関銃弾まで乱射しながら騒ぎ立てたと糾弾した。

非武装地帯で疑問の爆発事故が発生しても「北の木箱地雷」のためであり、海でかいらい軍艦船が沈没しても「北の魚雷」のためであり、空で鳥の群れが南へ飛んでも「北の無人機」であり、拾ってきた便所の戸も「北の無人機残骸」であり、魔法瓶の殻が転がっていても「北のロケット砲弾」だと言い張るのが精神錯乱症にかかったかいらいであると暴露した。

スポークスマンは、かいらいの今回の軍事的挑発は高いスピードで飛躍するわれわれの核・弾道ロケット威力によってかいらい軍内に席巻している厭戦厭軍(えんせんえんぐん)の雰囲気を防ごうとする窮余の一策でもあるとし、次のように強調した。

かいらい軍部好戦狂らが荒唐無稽(むけい)な「飛行体の南下説」をけん伝しても、信じる人は一人もいない。

むしろ、謀略とねつ造の常習犯という汚らわしい汚名と共に苦い嘲笑(ちょうしょう)だけを買うだろう。

わが軍隊は、無謀に広がる挑発者らの新たな対決狂乱を鋭く注視している。
http://dailynk.jp/archives/89304
http://dailynk.jp/archives/89304/2
http://dailynk.jp/archives/89304/3

http://archive.is/gpxll
http://archive.is/X4P0Q
http://archive.is/JaQMM

タグ:韓国 北朝鮮
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガー製の巣【宮崎日日新聞2017年5月25日】

 ◎…宮崎市のJR宮崎駅西口タクシー待機場近くの街路樹に、カラスが大量の針金ハンガーと木の枝で巣を作った=写真。今月、数羽のひながかえり、愛くるしい顔をのぞかせている。

 ◎…まるで独創的な造形作品のようだが、ハンガーをどこから運んできたかは疑問。洗濯ばさみが付いたものもあり、「一部はベランダから持ってきたのかも」とある運転手。

 ◎…巣は外敵に気付かれにくい葉っぱの茂みの下にある。木の枝で土台を整え、ハンガーを組み込んで補強しているように見え、いかにも頑丈そう。一部“鉄骨”造りの小さな家は安心安全が売り?
http://www.the-miyanichi.co.jp/horou/_26037.html

http://archive.is/J41ZQ
タグ:カラス一般
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳴門コウノトリ>「元気に羽ばたいて」◇ヒナ3羽 巣立ち間近【読売新聞2017年5月26日】

巣の上で飛び上がるコウノトリのヒナ(鳴門市で)
 ◇ヒナ3羽 巣立ち間近

 3月に鳴門市で誕生したコウノトリのヒナが25日、巣の上で数十センチ飛び上がる姿が見られた。親鳥に引けを取らない大きさまで成長し、巣立ちが近づいているとみられ、観察する住民らは「早く巣立つところが見たい」と期待していた。

 兵庫県立コウノトリの郷さと公園(豊岡市)によると、野外で生まれたヒナは孵化ふか後、63〜74日で巣立つ。3羽は3月21日頃に孵化したとみられ、いつ巣立っても不思議ではないという。

 この日午後、小雨の中、3羽は立ち上がって羽を広げる動作を繰り返し、うち1羽が羽を大きく広げ小刻みにジャンプしていた。巣から約400メートル離れた観察地点には、カメラや望遠鏡を手にした人らが次々と訪れ、観察を楽しんでいた。

 双眼鏡でヒナを観察していた上板町の主婦西條志津子さん(71)は「元気に羽ばたいて、来年鳴門に戻ってきてほしい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20170525-OYTNT50266.html

http://archive.is/xy5Rw
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるでツバメのマンション 田辺市の大塔行政局【AGARA紀伊民報2017年5月25日】

 和歌山県田辺市鮎川にある同市大塔行政局が、ツバメ(ツバメ科)にとって人気の営巣地となっている。ひな鳥がふ化した巣もあり、親鳥が子育てに奮闘中だ。

 大塔行政局は旧大塔村が1993年に建設した鉄筋コンクリート造り4階建ての施設。1階の大部分が柱だけの吹き放ちの構造で、公用車や来庁者の駐車場となっている。

 毎年、多くのツバメが訪れており、天井近くのあちらこちらに巣を作って子育てをしている。古い巣と新しい巣が混在しているので今年の巣の数を把握しづらいが、22日には八つの巣でツバメの姿を確認できた。


【ひなに餌を運ぶツバメの親鳥(和歌山県田辺市鮎川で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=334077

http://archive.is/4mzx6
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長良川鵜飼PRグッズ作製 大垣桜高生【岐阜新聞2017年5月26日】

長良川鵜飼をPRする製品を細江茂光市長に紹介する(右から)下條梨嵯さん、中村遠見さん、古野初姫さん=岐阜市役所
 大垣桜高校(岐阜県大垣市墨俣町上宿)の服飾デザイン科の生徒が、長良川鵜飼をPRするネクタイなどのアイテム「鵜SHOWシリーズ」を作製し、25日、岐阜市役所で細江茂光市長に紹介した。

 作製したのはネクタイとトートバッグ、ストール、ポーチ、洋服の5点。ポーチは鵜匠装束の腰蓑(みの)をイメージし、畳の縁を使用。ネクタイには鮎が、ストールには鮎菓子がデザインされているなど意匠を凝らしている。

 同校は2015年度から文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)に指定され、2、3年生が岐阜らしい製品の考案に取り組んでいる。岐阜の繊維業と鵜飼を多くの人に知ってもらおうと開発を始め、長良川うかいミュージアム(同市長良)の見学や、鵜匠から話を聞くなどして進めてきた。

 市役所には、いずれも3年の下條梨嵯さん(17)、中村遠見さん(17)、古野初姫さん(17)の3人が訪問。細江市長に「おしゃれなアイテムで岐阜をもっと活性化させたい」と話した。商品化に向け、販売や製造に協力する企業を募集していると話すと、細江市長は「川原町で売ったらどうか。夏休みに販売すると良いのでは」と応じた。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170526/201705260856_29728.shtml

鵜飼いPRに高校生が一役 岐阜高ESS部が英語ガイドに磨き【中日新聞2017年5月26日】
研修のため観覧船に乗船した生徒ら=岐阜市湊町で

 岐阜市の岐阜高校ESS(英会話)部の生徒が昨年に引き続き、長良川鵜飼で通訳ガイドボランティアに取り組んでいる。今季は研修を増やしたり活動の幅を広げたりして、外国人観光客への「おもてなし」により磨きをかけたい考えだ。

◆観覧船でもてなし学ぶ

 ガイドは昨年、英語を活用して地元の魅力を発信しようと始まった。今年は一、二年生計二十一人が、週に二回ほどのペースで活動している。乗船前の外国人に鵜飼いを説明する際、昨年手作りした絵付きの説明書きに加え、画像を示すため新たにiPad(アイパッド)も使う予定だ。

 二十四日には第一回の研修があり、実際に観覧船に乗り込んで、通訳案内士の資格を持つ市鵜飼観覧船事務所職員の田口誠さん(62)から説明を聞いた。

 田口さんは、鵜匠が宮内庁式部職であることなど基本知識のほか、外国人に説明する際の心構えも伝授。「ゆっくり食事しながら移り変わる景色を楽しむ日本の風情も伝えてほしい」「文法や発音の正しさを気にせず、積極的に話し掛けて」などと呼びかけた。

 部長の二年、三嶋崇之さん(17)は「今年は乗船前の鵜匠の説明を同時通訳できるようになるのが目標。知識をもっと増やして外国の方に楽しんでもらいたい」と意気込んでいた。

 今後も、岐阜長良川温泉旅館協同組合の担当者から接客について学んだり、名古屋大の留学生にガイドする活動を予定している。

 (北村希)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170526/CK2017052602000029.html

http://archive.is/Vhlwd
https://megalodon.jp/2017-0526-1135-11/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170526/CK2017052602000029.html
長良川、小瀬鵜飼 今夜開幕【岐阜新聞2017年5月11日】
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中井散策楽しんで」 観光マップ配布【タウンニュース大磯・二宮・中井版2017年5月26日】

散策ガイドマップ「中井遊歩」
 里山風景が残る中井町の魅力に触れてもらおうと、同町は散策ガイドマップ「中井遊歩」を無料配布している。

 「関東の富士見百景」に選ばれている中井中央公園をはじめ、厳島湿生公園や蓮池の里、古代の横穴墓群、あだ討ちで知られる曽我兄弟ゆかりの古跡、町内で観察できる野鳥や銘木などを紹介。歴史や自然、健康と俳句といったテーマで6つの散策コースを案内している。イベントと季節の花、農産物直売所などに関する情報も盛り込んだ。

 マップは町役場や井ノ口公民館、中井中央公園内のなかい里都(さと)まちCAFEなどで入手できる。
http://www.townnews.co.jp/0606/2017/05/26/383501.html

http://archive.is/UHEQB
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥屋鳥獣保護協会動物との共存目指し50年 歴史ある猟区を後世に【タウンニュースさがみはら緑区版2017年5月25日】(キジ/ヤマドリ)

 市内唯一の猟区として親しまれる鳥屋猟区を管理する「相模原市鳥屋鳥獣保護協会」(秋本昭一会長)がこの程、設立50周年を迎えた。秋本会長は「人間と動物が共存出来る環境づくりに、今後も取り組んでいきたい」と話す。

 猟区とは狩猟ができる区域。「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」に基づき設定され、地方公共団体が、各都道府県知事の認可を得て設定している。神奈川県内には、鳥屋の他、清川村、山北町三保、同世附の3つの猟区があり、鳥屋猟区は2013年11月から10年間の認可が県知事から更新されている。

 1921年に開設された鳥屋猟区。鳥屋地区の奥山である早戸川流域と串川源流部及び宮ヶ瀬湖畔の南山に位置し、面積は2995haほどの広さを擁する。首都圏から近く、自然に繁殖されたキジ、ヤマドリなどの鳥類や野兎、狐、狸、猪、鹿など数多くの獲物が豊富な猟区として、多くのハンターに親しまれてきた。そうした中、63年に「狩猟法」が改正され、鳥獣の保護を優先した法律に変更されたのを機に、鳥屋地区の住民が中心となり、旧津久井町から委託を受ける形で、猟区を保護管理していく協議を開始。67年5月25日に地元有志35人により「鳥屋鳥獣保護協会」が設立された。

 鳥屋猟区は11月15日から2月末日の土日が開猟期間。同区で狩猟を行うには、事前に県から入猟の承認(1日6300円)を受け、案内人が同行し、グループ単位(組猟)での入猟が原則となる。県内4猟区の内、このように保護協会を設立して猟区を管理しているのは鳥屋猟区だけだ。狩猟の区域、人数、日時などの制限を設けることで、事故の防止や鳥獣類の乱獲を防ぐことができ、自然環境と生物多様性の維持にも役立っている。

 現在協会の会員は62人。会員は区域内の清掃、森林整備や道路・橋の修復、管理捕獲や有害動物の駆除なども実施。安全に狩猟を楽しめる環境づくりにも力を注いでいる。秋本会長は「地域の方の理解と協力を得て、満50周年を迎えることが出来ました。今では、宮ヶ瀬ダムの建設による自然環境等の変化もあり、里山まで鹿や猪がエサを求め下りはじめ、農作物等の被害が大きく問題視されています。人間と動物が共生できる自然環境を作っていくことはとても大切なことなので、今後も引き続き努力していきたい」と話した。
http://www.townnews.co.jp/0303/2017/05/25/383229.html

http://archive.is/om9u6
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】ツバメの生態を知ろう 我孫子の市民団体が巣の分布調査【東京新聞2017年5月26日】

キャンペーン会場に展示するツバメの鳥凧と、巣材を集める水田のジオラマ作りを進める会員たち=我孫子市で

 かつては巣がけした家に福をもたらす縁起物とされたツバメ。近年では、フンなどが原因で敬遠されることも増える中、我孫子市鳥の博物館友の会(木村稔会長)は、市内を中心に、ツバメの巣の分布調査を続けている。ツバメの生態を知ってもらおうと、六月二十日〜七月二日、キャンペーン行事「みーつけたツバメの巣in我孫子」を開く。 (堀場達)
 巣の分布調査は昨年から始めた。「ツバメは身近な鳥だけど、じっくり観察した経験がある人はあまりいないのではないか。人家近くでは最近見る機会が減っているともいわれ、それを確かめることも目的」。友の会の会報の編集に当たる北村章子さん(62)は話す。
 軒先などに巣をかけ、ヒナを育てる晩春〜初夏を調査期間とし、昨年は会員六十五人が、我孫子市や柏市近辺などで巣を探して集計した。二年目の今年は、より詳細な調査を今月三十一日まで実施中だ。
 キャンペーンは、JR我孫子駅南口の市の案内所「アビシルベ」で開催する。展示品の目玉がジオラマ。長さ一・八メートル、幅五十センチの箱に、水田近くでツバメが巣材を集める様子を再現する。ツバメの鳥凧(とりだこ)も、会場内につることにしており、いずれも会員たちが制作を進めている。
 我孫子市には幸い、三十年ほど前、当時の小中学生が協力し、市が作成した巣の分布調査結果が残っていた。キャンペーンでは、かつての市の調査結果と友の会による昨年の調査結果を元に、巣の分布を比較したパネルも紹介する。
 巣の材料となる泥やワラが集めにくくなっているため、ツバメが市街地で巣を作ることは減ったとの指摘もある。北村さんは「少なくなった確証はない。それを調査によって浮き上がらせることはできないか」と話している。
 友の会は来年も調査を実施する予定で、来年の調査の参加者も募っている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201705/CK2017052602000197.html

http://archive.is/DSARS
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする