1962年07月20日

大空を追われ 農薬で?コウノトリ死ぬ【毎日新聞1962年7月20日】

<1962(昭和37)年7月20日夕刊社会面>

 【豊岡】特別天然記念物、コウノトリが二十日朝、兵庫県豊岡市清冷寺のたんぼで死んでいた。まだ若い鳥で外傷は認められず、水田の中で相当もがき回った形跡があるので、農薬を食べたのではないかとみられる。

 コウノトリは豊岡市を中心に十五、六羽生息していると推定され、兵庫県と地元が一体となって保護増殖運動を展開しており、これが四度目の事故死。
http://mainichi.jp/articles/20160712/org/00m/040/006000d

http://archive.is/NUeDp
大空を追われ 珍鳥は滅びず 絶滅寸前のコウノトリの巣 今年は11個も発見【毎日新聞1958年6月17日】
大空を追われ 少なくなったコウノトリ ツルにそっくり 六月に全国で数を調べみんなで大切に保護【毎日新聞1958年5月10日】
大空を追われ “斜陽”のバレリーナ 田園に舞うわずか30羽 コウノトリ【毎日新聞1957年9月1日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする