1965年12月21日

大空を追われ 人工飼育のコウノトリ重傷【毎日新聞1965年12月21日】

<1965(昭和40)年12月21日朝刊社会面>

 【豊岡】二十日、兵庫県豊岡市野上で人工飼育中の特別天然記念物コウノトリ(雄)が右羽根を折り、重傷を負った。

 同日午前十一時ごろ、フライングケージ(広さ三百三十平方メートル)で、雄が右羽根をだらりと水につけ、しょんぼりエサ池に立っているのを管理人が見つけた。但馬コウノトリ保存会で調べたところ、右羽根の付け根が折れていた。

 二十一日羽根を切断せずに骨をつぐ手術をすることになった。
http://mainichi.jp/articles/20160712/org/00m/040/017000d

http://archive.is/vTGiv
大空を追われ 「豊岡市に飼育頼む」 小浜市・コウノトリのメス二羽【毎日新聞1965年7月3日】
大空を追われ 自然ふ化に失敗 コウノトリ【毎日新聞1965年5月21日】
大空を追われ 一羽だけ生息確認 石川県のトキ【毎日新聞1964年11月25日】
大空を追われ 「鳥の天国」つくろう “トキ”守る佐渡の中学生が提唱【毎日新聞1964年3月9日】
大空を追われ 佐渡のトキ 八羽に増える【毎日新聞1963年9月29日】
大空を追われ 能登のトキは二羽とも健在【毎日新聞1963年9月24日】
大空を追われ 福井のコウノトリ死ぬ【毎日新聞1963年6月30日】
大空を追われ トキのヒナ、佐渡で一羽育つ【毎日新聞1963年6月20日】
大空を追われ 兵庫のコウノトリ一羽死ぬ【毎日新聞1963年3月6日】
大空を追われ コウノトリの成鳥を中国から 絶滅を心配して兵庫県が動く【毎日新聞1963年1月18日】
大空を追われ 農薬で?コウノトリ死ぬ【毎日新聞1962年7月20日】
大空を追われ 珍鳥は滅びず 絶滅寸前のコウノトリの巣 今年は11個も発見【毎日新聞1958年6月17日】
大空を追われ 少なくなったコウノトリ ツルにそっくり 六月に全国で数を調べみんなで大切に保護【毎日新聞1958年5月10日】
大空を追われ “斜陽”のバレリーナ 田園に舞うわずか30羽 コウノトリ【毎日新聞1957年9月1日】

タグ:コウノトリ