2004年09月22日

成東町のサギ営巣地破壊 容疑で53歳男性を書類送検【毎日新聞2004年9月22日】

成東町で7月、サギの営巣地を荒らして多数を死なせたとして、県警環境犯罪総合対策本部は21日、成東町に住む水道建設工事業の男性(53)を鳥獣保護法違反(鳥獣捕獲等の禁止)容疑で千葉地検八日市場支部に書類送検した。9月に県が同容疑で告発していた。

調べでは、男性は7月22日、別の個人が所有する竹林で、自分の重機を使って勝手に約1431平方メートルを荒らすなどしサギ約200羽を殺した疑い。

県自然保護課や成東町などによると、この場所には3月ごろから、チュウサギやゴイサギなど5種類のサギ約1000羽が生息。周辺にフンをまき散らし、住民から鳴き声がうるさいなどの苦情も町に寄せられていた。町は「9月ごろに子育てが終わり飛び立つまで何もしないように」と住民側に要請していたという。

男性は自治会に相当する区会の区長で、住民側の苦情を町に伝えていたが、行政側に対応してもらえなかったことから自ら破壊したらしい。

大高和郎町長は8月、県に寛大な処置を求める上申書を提出。近隣住民も約200人分の署名を添えた陳情書を県に出していた。【山縣章子】

成東町のサギ繁殖地破壊問題【毎日新聞2004年9月10日】
成東町の木戸川河口 サギ繁殖地 重機で破壊 200匹以上の死骸も 県が調査【千葉日報2004年8月10日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

成東町のサギ繁殖地破壊問題【毎日新聞2004年9月10日】

千葉県成東町で7月、サギのコロニーが破壊され、県は9日、コロニーを重機で破壊した同町の自営業の男性を鳥獣保護法違反容疑で告発した。県によると、以前からサギのフン害などを同町に訴えていた男性は7月22日、ササやぶにあった約1000羽のサギコロニーを重機で破壊。住民の通報で駆け付けた県職員がやめさせたが、ヒナを含むサギ199羽が死んだ。

県は、(1)法の許可を得ずヒナを殺傷した(2)被害が199羽と多い(3)7月6日に県と同町が男性に対し、ヒナが巣立つまで我慢するよう指導したのに従わなかったーーなどの理由から告発に踏み切った。

成東町の木戸川河口 サギ繁殖地 重機で破壊 200匹以上の死骸も 県が調査【千葉日報2004年8月10日】
タグ:事件事故
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする