2004年09月10日

成東町のサギ繁殖地破壊問題【毎日新聞2004年9月10日】

千葉県成東町で7月、サギのコロニーが破壊され、県は9日、コロニーを重機で破壊した同町の自営業の男性を鳥獣保護法違反容疑で告発した。県によると、以前からサギのフン害などを同町に訴えていた男性は7月22日、ササやぶにあった約1000羽のサギコロニーを重機で破壊。住民の通報で駆け付けた県職員がやめさせたが、ヒナを含むサギ199羽が死んだ。

県は、(1)法の許可を得ずヒナを殺傷した(2)被害が199羽と多い(3)7月6日に県と同町が男性に対し、ヒナが巣立つまで我慢するよう指導したのに従わなかったーーなどの理由から告発に踏み切った。

成東町の木戸川河口 サギ繁殖地 重機で破壊 200匹以上の死骸も 県が調査【千葉日報2004年8月10日】

タグ:事件事故
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする