2004年11月03日

愛知万博会場周辺のオオタカ巣立ち 今年は6羽確認【読売新聞2004年11月3日】

愛知万博会場周辺で生息するオオタカの保護策などを議論する「国際博会場関連オオタカ調査検討会」が二日、名古屋市中村区の博覧会協会事務所で開かれ、今年は会場周辺三か所の巣から六羽が巣立ったことが報告された。

愛・地球博「万博の工事、オオタカと共存」−調査検討会が結論【毎日新聞2004年11月4日】
 愛・地球博(愛知万博)の会場予定地内と周辺に営巣しているオオタカの保護策を検討する「国際博会場関連オオタカ調査検討会」(座長・伊藤達雄名古屋産業大学長)は2日、オオタカの生育数に変化が見られないことから、工事は営巣に影響しないとの結論を出した。
 同会は調査対象とする5カ所の巣のうち、3カ所から今年、計6羽のオオタカが巣立ったことを確認。昨年は計7羽が巣立ったことから、「建設工事のピークを迎えた昨年から今年にかけて数に変化はなく、オオタカと工事は共存できている」と結論付けた。
 また、営巣場所の一つであるアカマツの木が立ち枯れを起こしていることも確認されたが、倒木防止などの処置は「自然保護の域を超える」として、今後の推移を見守ることを決めた。【浜名晋一】

愛知万博会場周辺 オオタカ営巣確認 「工事の影響ない」【中日新聞2004年11月3日】
 愛・地球博(愛知万博)の会場関連オオタカ調査検討会が二日、名古屋市中村区の博覧会協会で非公開であった。愛知県長久手の会場周辺で見つかっている五カ所の巣のうち今夏は三カ所で営巣があり、計六羽の幼鳥が巣立ったことが協会から報告された。
 昨夏も、三カ所で計六羽が巣立っており、座長の伊藤達雄・名古屋産業大学長は「オオタカの繁殖に工事は影響なかったと確認できた」と語った。
 シリアが不参加に
 愛知万博で博覧会協会は二日、シリアが参加表明を取り消したと発表した。資金面の問題からで、公式参加国は日本を除き百二十一カ国となった。国際機関ではアジア生産性機構が参加を取り消し。また世界観光機関が単独参加から国連の一機関としての参加に変更したため、国際機関の出展は七から五に減少した。

http://archive.is/MrpgG

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする