2005年06月11日

アオサギ:北海道内の巣が40年間で4.5倍に増加【毎日新聞2005年6月11日】

北海道内に生息するアオサギの巣の数がこの40年間で4.5倍に増加していることが北海道アオサギ研究会(松長克利代表)の調査で分かった。餌の増加が主な理由とみられるが、一方でコロニー(集団営巣地)の数は、13倍と個体数の増加を上回っており、小規模分散化 の傾向が現れている。小さなコロニーでは、巣をつくっている樹木の伐採によって消失の危険もあり、同会は保護を呼びかけている。

 アオサギはコウノトリ目サギ科に属し、国内で生息するサギとしては最大。大半は、夏は道内で営巣して繁殖し、冬は本州以南に渡る。

60年に行われた全道調査で確認されたコロニーは6カ所、巣の数は約1000個だった。それ以後は、本格的調査が行われなかったが、同会が01年から05年の4年間、繁殖期(5〜7月)と非繁殖期(10〜2月)の全道調査を実施。この結果、コロニーは78カ所、巣は約4500個へ大幅に増加していた。

個体数の増加の理由について、松長代表は「地球温暖化によって春先の解氷期が速まり、川や湖沼などの餌場の確保がしやすくなった」と推定。さらに「本州以南でも、餌となるブラックバスなど大型淡水魚が増え、水田で使用される農薬の減少でドジョウも増加している」ことを挙げている。

一方、「コロニーは、自然保護区内や愛鳥家が保護に取り組む都市周辺部で大規模化しているが、数個単位の小さなものは、伐採などによって消滅する危険性が高まっている」と指摘している。【吉田競】

温暖化で道内に繁殖地増えた?! アオサギ営巣4.5倍 市民グループ代表が調査【北海道新聞2005年6月4日】
<写真:アオサギのヒナ(左)と成鳥=2004年5月、江別市内(松長克利さん提供)>
水辺などに生息するアオサギの道内における営巣数が40年前の4.5倍の約4500個に増えていることが、4日までに札幌の市民グループ「北海道アオサギ研究会」の松長克利代表(39)の調査で分かった。分布は全道に広がっており、松長さんは「温暖化の影響で繁殖地が北上したのではないか」と推測している。

調査は繁殖期(春から夏)と非繁殖期(秋から冬)に分けて2001年10月から05年2月まで実施。使われている巣と放棄された巣を区別し、01-04年の間における営巣数を約4500個と確認した。60年当時の営巣数は文献資料に基づき約1000個と推定した。

巣を一定の集まりのコロニー(集団営巣地)として数えると、01-04年のコロニーは76カ所。管内別では空知の12カ所と上川の10カ所が多く、石狩川など大きな河川や湖沼、海岸沿いに多く分布していた。最大は約350個の巣を含む網走湖コロニー(53300平方メートル)だった。

コロニー数の推移を松長さんの1991年からの調査と文献を基にたどると、60年は6カ所だったのが、80年は14カ所、90年は48カ所。80年代に急増したことが分かった。分布が内陸に広がり、住宅街近くの林などにコロニーを形成する例も増えている。

巣の増加に伴う農漁業への被害も確認された。標津(根室管内)や阿寒湖(釧路管内)など13カ所のコロニー近くの養魚場やふ化場で魚を食べられていたほか、水田の稲が踏みつぶされたり、ビニールハウスが破られるなどの例があった。

営巣数が増えた理由について松長さんは、地球の温暖化や工場の温排水などの人為的な理由で「春先の水辺の解氷が早まり、利用できる餌場が増えたために北海道に渡る個体が増えたのではないか」と推測している。

タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする