2005年12月09日

オオタカの巣立ちは1羽【中日新聞2005年12月9日】

愛・地球博(愛知万博)会場関連のオオタカ調査検討会が8日、名古屋市内であり、会場周辺にある5ヵ所の巣のうち今春、営巣があったのは2ヵ所、巣立った幼鳥は1羽だけだったと報告された。これまで巣立ちが2羽の都市はあったが、1羽だけは調査開始の1998年以降初めて。
 「自然のサイクルによる」という意見が大勢だったが「開催の影響が全くなかったとは言えない」との意見も出た。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする