2006年04月25日

食害アオサギの繁殖抑制実験、無線ヘリで卵に洗剤噴霧【読売新聞2006年4月25日】

アオサギの巣に洗剤を散布する無線ヘリ(長野県佐久市で)
アオサギが集団営巣し、川魚や養殖魚への食害が懸念されている長野県佐久市で25日朝、地元2漁協が、無線操縦ヘリコプターで巣の卵に洗剤を噴霧する繁殖抑制実験を行った。

同市中込地区の千曲川支流では約4年前から、アオサギが集団営巣するようになり、今春はオスとメス計100羽以上が生息。巣の多くは高さ約15メートルの樹上にあるため、無線ヘリの活用を思いついた。

洗剤を卵に散布し、表面に皮膜を作ることで孵化(ふか)が抑えられるという。環境に配慮し、無添加洗剤を用いている。佐久漁協などが卵180個の駆除を県から認められた。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする