2007年03月27日

鳴き声やふん、サギ被害で勉強会 28日に安曇野で【信濃毎日新聞2007年3月27日】

方、アカマツ林に集まったサギ=安曇野市穂高有明
安曇野市穂高有明のアカマツ林に多数のサギが営巣し、周囲の住民が鳴き声やふんに悩まされている。同市が銃による駆除や営巣木の伐採といった対策を進めているが、十分な効果は出ていない。民間の環境調査団体「野生生物資料情報室」(安曇野市)は28日、サギ対策について考える学習会を市内で開く。

市穂高総合支所によると、約20年前から1ヘクタールほどのアカマツ林にゴイサギやアオサギなどが営巣。冬場は少ないが、4、5月の産卵期には数が増え、昨年は最大時に約千羽となった。

ニジマス養殖場で魚が食べられる被害が相次いだことなどから、旧穂高町が2003年にアオサギなどを有害鳥獣として駆除を開始。同市は本年度も既に百羽以上を駆除した。それでも、近くに住む自営業の男性(65)は「夜中まで鳴き声がしてうるさい。車にふんが付くほか、夏場は悪臭がする」と訴える。

学習会は、同市穂高有明の正真院で午後6時半から。参加無料。県環境保全研究所の研究員が生態を解説、市の担当者が対策を説明する。植松晃岳代表は「生態を知った上で対策を考えていきたい」とする。問い合わせは小林さん(電話0263・83・4387)へ。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

アオサギふん害で衰弱クロマツの回復へ木炭埋設【山陰中央新報2007年3月24日】

クロマツの根周辺に木炭を埋設する出雲土建の社員たち
松江城山公園(松江市殿町)にすむアオサギのふん害で、樹勢が衰えた同公園のクロマツの根周辺に木炭を埋設し、回復させる試みが23日、始まった。出雲市内の土木会社の社員が、木炭約6立方メートルを投入した。

同公園では、樹齢200−300年の松の樹上でアオサギが巣作りしている。アオサギは、集団で巣を作る習性があるため、リンなどを含んだ大量のふんが根付近に落ち、栄養過多の状態に陥る。一部の松では根が枯れ、樹勢の衰えが問題化していた。

この日、木炭を投入したのは、樹齢約300年を超える大手門付近のクロマツ1本で、出雲土建(出雲市神門町)がボランティアで実施。松の根周辺の土を取り除き、同社が開発した調湿木炭「炭八」を根元に埋め込んだ。松と共生する菌の水溶液約20リットルもまき、土をかぶせた。

木炭は保水力があり、松と共生する菌の菌糸が広がりやすい性質もあるため、根が栄養を吸収する能力が高まるという。出雲大社(出雲市)などでも同様の実験を行い、樹勢の回復につながっている。

指導するため現地を訪れた大阪工業大学の小川真客員教授(70)は「松は栄養が多すぎると、樹勢が弱まる。適度な栄養と水があれば、回復するだろう」と期待を寄せていた。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

釣り人の成果待つアオサギ 名古屋の公園で【中日新聞2007年3月1日】

(上)釣り人の横で餌となるヘラブナが釣り上がるのをじっと待つアオサギ (下)釣り上がったヘラブナをパクリ=28日午前、名古屋市緑区で(長塚律撮影)
もうすぐ釣れるで、待っとれよ−。名古屋市緑区内の公園の池に、釣り人に寄り添うアオサギがいる。釣った魚をエサにと待っているという。

近所の住民によると、約1年前に現れ、エサに困る冬場によく人に近づいてくる。鳥類に詳しい東山動物園教育普及主幹の橋川央さんは「アオサギは警戒心が強く、人になつく姿は珍しい。エサをもらえることを学習したのでは」と話す。

待望の釣果。釣り人から魚をもらうと、くちばしを器用に使って丸のみした。
タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする