2007年12月27日

“棒”に貫かれたアオサギ…徳島で救出作戦【読売新聞2007年12月27日】

体に竹が刺さったまま飛ぶアオサギ(27日午前9時19分、徳島県阿南市新野町で)
徳島県阿南市の桑野川沿いで、体に細長い竹のような棒が刺さったアオサギが見つかった。弓のような道具を使った可能性もある。発見から約2週間。今のところ、羽を広げて飛んでいるが、衰弱するおそれもあり、県が〈救出作戦〉に乗り出した。

アオサギは体長約50センチ。棒は長さ約50センチで、背中から胸のあたりにかけて貫通している。目立った出血などはなく、川の護岸などに止まったり、飛んだりしている。だが、棒が邪魔になり餌を捕りにくそうにしており、近くの表具店経営佐藤和良さん(70)は「早く抜いてあげないと」と心配する。

住民からの通報を受け、県南部総合県民局はこれまで3回、捕獲して保護しようとしたが、元気なため逃げられてしまった。けがなどを負った野生動物の保護に携わる「野生動物救護研究会」(札幌市)の小川巌副会長は「人為的に弓のようなものを使った可能性も考えられる」と話している。

痛いけど捕まるのは嫌 枝?貫通のアオサギ【産経新聞2007年12月27日】
細い木の枝のような物が体を貫通したアオサギ=26日午後、徳島県阿南市(佐藤和良さん提供)
徳島県阿南市の桑野川近くで27日までに、細い木の枝のような物が体を貫通したアオサギが見つかった。県が保護するため捕獲を試みているが、意外に元気で近づくとすぐに飛び立ち、救出作戦は難航している。

県南部総合県民局によると、このアオサギは体長約60センチで性別は不明。背中から腹にかけて長さ約50センチの木の枝か竹とみられる物が貫いている。住民が12月中旬から目撃していた。特に弱っている様子は見られないという。

人為的に刺された可能性もあるが、県民局の担当者は「あれだけ警戒心があって動きも素早いのだから、自然に刺さったのではないか」。

兵庫県立「人と自然の博物館」(三田市)の遠藤菜緒子研究員は、ねぐらの竹やぶを飛び立つ際などに刺さったのではと推測するが「ここまで深く刺さった例は聞いたことがない」と不思議がっている。

アオサギ悲痛【朝日新聞2007年12月28日】
木の枝が体に突き刺さった痛々しい姿のアオサギが徳島県阿南市に現れた=写真、全日写真連・東光寿さん撮影。元気に飛び回っているが、枝が邪魔になって餌が取りづらいために衰弱しかねず、県が保護に乗り出している。

体長80センチ前後のアオサギの胴の中心部を、長さ50センチの細い枝が貫通している。付近はタケノコの特産地で竹林が多く、県の担当者は「竹林に飛び込んだ時に、竹か枯れ枝が刺さったとみられるが、悪質ないたずらの可能性もある」。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする