2008年12月17日

朱鷺色の空に 2008初放鳥 「トキに餌を」環境省に要望−−県と佐渡市 /新潟【毎日新聞2008年12月17日】

 佐渡市で9月に放鳥されたトキ10羽のうち1歳のメス1羽が死んでいるのが確認されたことを受け、県と佐渡市は16日、環境省に対し、「温かい対応」を求める要望書を提出した。県環境企画課によると、同省トキ野生復帰専門家会合が冬季も原則的に餌をやらないことを決めたことの見直しを求めるとしている。

 要望書は、泉田裕彦知事と高野宏一郎市長の連名で、トキの死に「県民、市民は心を痛めている」と説明。同省の方針について「県内では『非情』との見方もある。当初想定していなかったことが生じていることからも、放鳥トキに温かい対応が取れないか再考してもらいたい」としている。【渡辺暢】

「トキはモルモットじゃない」
 泉田裕彦知事は17日、県と佐渡市が環境省に対してトキの餌やりを求めて要望書を提出したことについて、「トキに手を加えるのが間違いなら、これまでのビオトープづくりも間違いだったことになる」などとして環境省トキ野生復帰専門家会合の決定を批判、方針の見直しを求める姿勢を改めて示した。

 専門家会合は今月8日、放鳥したトキには冬季も原則的に餌をやらないことを決定。一方で、放鳥されたトキのうち1羽が死んだことを受け、県と市は「放鳥トキに温かい対応が取れないか再考してもらいたい」として方針の見直しを同省に要望した。

 泉田知事は「トキはもともと田んぼの近くで生きてきたもの。まったくの自然でどう生きるかというモルモットのような実験を行うのは疑問」と指摘。専門家会合についても「(餌をやるべきだという)意見が通らず、事務局が決めた方向性に沿った決定をする会合になっている」と批判した。【渡辺暢】
http://mainichi.jp/articles/20081217/org/00m/040/999000c

http://archive.is/CpBUF
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥のメス1羽、死ぬ 「繁殖の期待、がっかり」−−新潟・佐渡【毎日新聞2008年12月15日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 足にけが?餌場で5時間動かず−−新潟・佐渡【毎日新聞2008年12月10日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 関川から新潟へ60キロ移動 「静かに見守って」 /新潟【毎日新聞2008年12月6日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 人類の未来占う実験だ−−「千の風になって」を作曲、作家・新井満さん【毎日新聞2008年1月12日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 別れの舞、興奮の一瞬−−全鳥捕獲直前の5羽を撮影、毎日新聞・岡崎一仁記者【毎日新聞2008年1月11日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/5止 地域振興 人・環境、新たな関係を /新潟【毎日新聞2008年1月8日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/4 順化訓練の成果 環境適応に手探り /新潟【毎日新聞2008年1月7日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/3 冬季湛水とビオトープ 田んぼを「暮らしの場」に /新潟【毎日新聞2008年1月5日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/2 フィーバーと島民感情 中国産にドライな目 /新潟【毎日新聞2008年1月4日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 放鳥を前に/1 繁殖地の自然環境 再生事業に難問山積 /新潟【毎日新聞2008年1月3日】
朱鷺色の空に 2008初放鳥 佐渡舞う姿夢に 野生復帰へ期待 /新潟【毎日新聞2008年1月1日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする