2009年01月31日

くちばしに輪ゴム巻きつくアオサギ 愛知で見つかる【朝日新聞デジタル2009年1月31日】

くちばしに輪ゴムを巻かれたアオサギ(読者提供)
愛知県の安城市役所西隣の安城公園で、くちばしに輪ゴムが巻きついているアオサギが見つかった。

27日午後3時ごろ、市内に住む女性(66)が公園内で梅の撮影をしていたところ、茂みの中からアオサギが飛び出してきた。何の気なしに写真を撮ったが、帰宅後、画像をよくみると、くちばしに輪ゴムが巻きついているのに気付いたという。

安城市公園緑地課の職員も26日、同じ公園でこのアオサギを見つけ、保護しようとしたが、飛んでいってしまったという。

写真を撮影した女性は「このままでは、えさを食べることが出来ずに死んでしまうかもしれない」と心配している。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

ベトナム、中国より密輸のニワトリから鳥インフル検出【ロイター2009年1月13日】

 [ハノイ 13日 ロイター] ベトナムの当局者は13日、中国から国境を越えて密輸されたニワトリから毒性の高い「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスを検出したと明かした。

 当局は不正にべトナムに持ち込まれたニワトリの数は明らかにしていないが、国営メディアによると、ニワトリから採取した検体16のうち8つがウイルスに陽性反応を示した。

 同国北部ランソン省の衛生当局者はロイターの取材に対し、中国から密輸されたニワトリは税関で押収されたとしている。

 中国とベトナムの国境付近では、取り締まりが強化されているにもかかわらず、ニワトリの密輸が後を絶たない。両国では過去数週間、養鶏場での鳥インフルエンザ感染が複数報告されていた。
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-35828320090113

http://archive.is/UBSEW
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

くちばしにひも アオサギ保護【琉球新報2009年1月3日】

くちばしにひもが絡まった状態で保護されたアオサギ=名護市のヤンバル動物診療所
【名護】2日午後、名護市世冨慶の工事現場で、野鳥のアオサギがくちばしにひものようなものが絡まって弱っているのを警備員の東江弘行さん(48)が発見、保護した。アオサギは名護市のヤンバル動物診療所が引き取って治療している。
東江さんによると、アオサギは工事現場の人工池近くで飛び立とうとしていたが、くちばしにひもが絡まり、弱って飛べない状態だったところを保護した。
同診療所によると、何かを飲み込んだような形跡はなく、特に大きなけがはないので、治療後、アオサギが回復し次第放鳥する予定だ。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする