2009年01月13日

ベトナム、中国より密輸のニワトリから鳥インフル検出【ロイター2009年1月13日】

 [ハノイ 13日 ロイター] ベトナムの当局者は13日、中国から国境を越えて密輸されたニワトリから毒性の高い「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスを検出したと明かした。

 当局は不正にべトナムに持ち込まれたニワトリの数は明らかにしていないが、国営メディアによると、ニワトリから採取した検体16のうち8つがウイルスに陽性反応を示した。

 同国北部ランソン省の衛生当局者はロイターの取材に対し、中国から密輸されたニワトリは税関で押収されたとしている。

 中国とベトナムの国境付近では、取り締まりが強化されているにもかかわらず、ニワトリの密輸が後を絶たない。両国では過去数週間、養鶏場での鳥インフルエンザ感染が複数報告されていた。
http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-35828320090113

http://archive.is/UBSEW

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする