2010年05月25日

アオサギ、毎日“出勤” 小松島漁協の魚介目当て【徳島新聞2010年5月25日】

【写真説明】フォークリフトのてっぺんから獲物を狙うアオサギ=小松島市の小松島漁協
小松島市南小松島町の小松島漁協に、毎日のように交代で姿をみせるアオサギのグループがいる。新鮮な魚介類が集まる格好の“餌場”として、魅力を感じているらしい。特産のハモが持ち去られるとあって漁協は困惑気味だが、アオサギは何度追っ払っても懲りない様子。いつも平然とすましている。

グループは3羽。家族かどうかは分からないが、漁協周辺を縄張りにしているらしく、数年前から悪天候時を除きほぼ毎日、1羽ずつ交代で飛んでくる。

水揚げした魚介類を集めた作業場近くで、足を忍ばせながらうろついたり、フォークリフトのてっぺんに止まったりして、ハモやエビを虎視眈(たん)々(たん)と狙う。職員が持ち場を離れると素早く獲物に近づき、くちばしにくわえて飛び去っていく。職員がしかっても、また平然と舞い戻ってくる。

特に、京阪神向けを中心に高値で取引されるハモを持っていかれるのは漁協にとって手痛い。三原秀之参事は「ずっと見張っておくわけにもいかないし…」と苦笑い。

県立博物館の佐藤陽一自然課長によると、アオサギは体長が1メートル近くで、国内のサギ類では最大。淡水の魚やカエルを捕食することが多いが、海上のいけすで浮いてきた魚を捕ることも。佐藤課長は「基本的に人間は怖いはずだが、楽に餌を確保できる場所として重宝しているのだろう。小まめに追っ払うしかないのでは」と話している。

タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオタカなどの営巣放棄、第2東名計画路線上周辺での草刈りなどのためと、市民グループが抗議文/秦野【神奈川新聞ニュース2010年5月25日】

秦野市内で活動する市民グループ「秦野の自然と環境を守る会」は25日、市内上地区の第2東名計画路線上周辺で、中日本高速道路秦野工事事務所が草刈りなどを行ったため、生息するオオタカなど猛きん類の営巣放棄や営巣木の移動があったとの抗議文を同事務所に提出し、恒久的保護などの対策を求めた。
同会などによると、同事務所は生息実態を知っているにもかかわらず、営巣直前の時期にオオタカ、ノスリが生息する営巣木周辺で、草刈り作業などを行った結果、オオタカは営巣を放棄し、ノスリは別の木に移ったという。
抗議文では併せて(1)巣立ちを確認するまで測量作業などを行わない(2)建設計画の変更を含む対応を示す(3)恒久的保護対策を示す―などを求めている。猛きん類に詳しい同会の新保睦晴さんは「作業に入るときは環境省に問い合わせるべきなのにしていない」と話し、同事務所の怠慢を指摘する。
同事務所によると、測量の事前準備として、周辺の部分的草刈りを2月下旬から3月中旬まで、2〜4人の少人数で15日ぐらいかけて行った。
巣に直接接触するわけではないとの理由で環境省に問い合わせはせず、現地で守る会から指摘されて作業を中断した。
http://www.kanaloco.jp/article/11385

http://archive.is/sV7ek
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

警察犬ならぬ「警察鳥」、その名はシャーロック【AFPBB News2010年5月17日】

ドイツ・ヴァルスローデ鳥類園で、ヒメコンドルの「シャーロック(Sherlock)」を「警察鳥」として訓練するトレーナー(2010年4月26日撮影)。(c)AFP/JOHN MACDOUGALL
【5月17日 AFP】七面鳥のような顔立ち、真っ赤な顔、ぎょろりとした目、そして曲がったくちばし――。ヒメコンドルの「シャーロック(Sherlock)」は、お世辞にも見目麗しいとはいえないが、ドイツ警察の期待を一身に背負っている。

 その卓越した嗅覚を利用して、警察犬がキャッチできない死体のにおいを探し出す「最新かつローテクな武器」としようというのだ。現在シャーロックは、ハンブルク(Hamburg)南部の鳥類園で猛特訓中だ。

 鳥類は通常、視覚に頼ってエサを探すが、コンドルは地上1000メートルからでも腐敗した遺体のにおいを嗅ぎつける。視界がきかない森林や地中に遺体があっても、難なく発見できる。おまけに警察犬と違い、こまめに休憩を取らなくても活動でき、捜索域もずっと拡大できる。

「同僚がテレビの自然番組を見ていて思いついたんだ」と、取材に応じた警官。将来的には、シャーロックの体にGPS(衛星利用測位システム)装置を取り付け、辺境地域で行方不明になった人たちの遺体を探す手伝いをしてもらう計画だという。
http://www.afpbb.com/articles/-/2727115

ttps://archive.is/P3Enp
ttps://archive.is/n2gSj
ttps://archive.is/E1z7L
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

鶴岡のサギ対策、イタチごっこ 追い出しても別の場所で営巣心配【山形新聞2010年5月16日】

集団営巣防止に向け、市職員らが目玉風船や釣り糸を樹木に設置した=鶴岡市・鶴岡公園
サギの集団営巣防止に向けた実証試験が行われている鶴岡市で、これまで見られなかった鶴岡公園でサギが多数確認された。集団営巣されると、周辺は鳴き声による騒音やふん害に悩まされるため、市は園内の樹木に目玉風船を取り付けるなどの対策を実施。市街地の寺院で行っている実証試験では、サギの追い出しに一定の効果が出ていたが、別の場所で営巣の恐れが出たことで、問題はイタチごっこの様相を呈してきた。

公園に多くのサギがいるとの情報が市民から市環境課に寄せられたのは、今月10日。ロケット花火を打ち上げたところ「300羽近いサギが飛び立った」(同課)という。翌日からは公園を管理する都市計画課が、環境課の協力を得て毎日5回程度、ロケット花火での追い払いを実施した結果、園内のサギは数十羽まで減ってきている。

環境課は園内のアオサギなどはすでに巣を作ったとみている一方、「大多数を占めていた夜行性のゴイサギは営巣場所を探している最中のはず。営巣させないように、この間に対処しなければ」と危機感を募らせる。14日には市職員ら約10人が、荘内神社西側の林などに、営巣防止のために釣り糸と目玉風船を設置。都市計画課では今後、ロケット花火での追い払いを継続し、公園にサギが寄り付かないようにする考えだ。

市街地の寺院では以前からサギによる被害が発生し、樹木を切るなどの対応をせざるを得ない状況だった。このうち昨年被害があった常念寺(睦町)では、先月から樹木に風船や釣り糸を掲げるなどの実証試験を行っており、ことしに入って営巣された様子はないという。

公園近くに住む60代男性は「常念寺から追い出されたサギが鶴岡公園に移ったのではないか」と話し、環境課も「サギが市内を移動している可能性はある」としている。同課は「このまま鶴岡公園からサギがいなくなっても、次にどこに行くかは分からない。市民に関心を持ってもらい、たくさんのサギが来たらすぐに情報を寄せてほしい」と呼び掛けている。

「目玉風船」でサギを撃退 鶴岡公園への営巣防止図る【荘内日報2010年5月15日】
サギの営巣防止のため目玉風船を設置した
鶴岡市の鶴岡公園にサギが集まり始めた。集団で営巣されると、市民の憩いの場であり観光地でもある公園一帯に鳴き声やフン害などが広がる恐れがあり、市ではロケット花火での追い払い作戦を開始するとともに、14日には鳥よけの「目玉風船」の設置作業を行った。

サギが集まり出したのは荘内神社裏の杉林と公園北東側の稲荷神社の杉林。今月10日に神社から市に連絡があり、市環境課が神社裏で約200羽、稲荷神社で約50羽を確認した。種類はゴイサギとアオサギ。市内では近年、林などがある寺社でサギの営巣被害が相次ぎ、各寺社では高木を伐採するなどの対策を講じてきた。そのためにサギが公園に集まってきた可能性もあるという。

市の環境課と都市計画課ではサギを確認した10日から朝と夕方の毎日2回、鳥を脅すロケット花火の打ち上げを始めた。ゴイサギは驚いて飛び立ったまま戻って来ず一定の効果はあるものの、アオサギはすでに何カ所かに営巣しているため、しばらくすると戻ってくるという。このため目玉風船をサギが営巣する木の高い位置に設置し完全に追い払おうという狙い。

14日は両課の職員約10人が、高さ30―40メートルの杉が50本ほどある神社裏の杉林で作業。テグスを付けたゴルフボールを打ち上げる「テグス張り機」を使ってテグスを木に渡した後、テグスに付けた風船を木の上部に引っ張り上げて固定した。風でボールが流されるなど難航したが、4個の風船を樹上に取り付けた。

市環境課では「今の時期はゴイサギが営巣地を探している時期。集団で営巣されてしまうと手の付けようがなくなる。できるだけの対策を取っていきたい」と話している。

サギの営巣対策始まる【朝日新聞2010年5月15日】
鶴岡市中心部の鶴岡公園で14日、サギのコロニー(集団営巣地)対策が本格的に始まった。杉の高い枝に目玉風船=写真=を5個設置、ロケット花火で追い払った。地上に卵の破片もあり、アオサギは産卵したらしい。

市環境課の職員が、手作りの道具でゴルフボールを30メートル以上の高さに打ち上げ、ボールにつけたテグス(釣り糸)を使って目玉風船を高い枝先に固定した。荘内神社裏の杉林には、杉の高木が四十数本あり、アオサギやゴイサギが上空を盛んに飛び回った。

アオサギは、花火で飛び立っても間もなく戻る。営巣しているためだ。繁殖期が近いゴイサギも少なくない。

市都市計画課は、木に登って巣の撤去や防鳥ネットなどの対策も検討する。鶴岡公園から追われたサギが寺社林などに向かう恐れも強く、警戒を呼びかけている。

鶴岡公園 今度はサギ【朝日新聞2010年5月12日】
 300羽、集団営巣の恐れ

鶴岡市中心部の寺社林から閉め出されたサギたちが、鶴岡公園に集まり出した。300羽以上いるため、コロニー(集団営巣地)ができれば強烈なにおいと鳴き声が周辺一帯に広がりかねない。市都市計画課は目玉風船の設置など対策に乗り出す。

∞ 市、目玉風船設置へ

鶴岡公園にある荘内神社の裏手、内堀に面した杉林には高さ30メートル前後の杉が40本以上ある。樹冠には数羽ずつゴイサギ=写真=や大型のアオサギがとまり、50羽近い群れが上空を飛ぶことも。公園内の御城稲荷神社境内の杉にもサギの姿が見える。杉の幹を棒でたたくと、サギは飛び立つが、すぐに舞い戻る。巣材の小枝を運ぶのもいる。

公園にはカラスのねぐらがあり、近隣住民はふんや鳴き声に悩まされてきた。昨年秋に稲荷神社の高木が大量伐採され、カラスは激減したが、残った木にサギが集まってきた。住民の一人は「カラスが減ったと思ったら、今度はサギだ」とうんざりしていた。

昨年、サギの被害に遭った同市睦町の常念寺(渡辺成就住職)では10日、市環境課の職員が杉の木に目玉風船を3個設置し、テグス(釣り糸)を張り巡らすなどした。

アオサギやゴイサギのコロニーができた昨年夏、「ウワオーッ」と叫ぶような鳴き声が夜通し続き、住民は眠れなくなった。入院する人まで出たため、寺は大木を17本伐採し、数十本の幹を途中で切らざるを得なかった。

今年は町内会も協力して2月下旬から警戒態勢を敷いた。市環境課も「これ以上の樹木伐採は防ごう」とコロニー防止に乗り出し、鳥が嫌うテグスを高木に張ったり、目玉風船を巣の近くに置いたりする対策も編み出した。

営巣時期が早いアオサギは「ほぼ追い払った模様」だが、ゴイサギの営巣はこれから本格化する。10日午後、市環境課職員が鶴岡公園の稲荷神社でロケット花火を使ってサギを脅すと、50羽近くが飛び立った。

公園を担当する都市計画課は11日、出羽庄内森林組合の専門家と現地を視察し、対策を検討した。目玉風船の設置や巣の撤去を今週中にも始める予定だ。必死でコロニーを探すサギたちと、それを阻止しようとする人間とのせめぎ合いが正念場を迎える。

「サギ被害」を防げ! 鶴岡の寺院で実証実験【山形新聞2010年4月8日】
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

サギ400羽 街中にコロニー 繁殖期本番へ 観察に絶好期 豊後大野市【西日本新聞2010年5月14日】

サギが群れを成す豊後大野市の中心部近くの雑木林

コロニーでは、サギのつがいが巣作りに精を出している=6日午前10時すぎ
豊後大野市の中心商店街近くの雑木林に、アオサギなど約400羽のサギがすみ着き、繁殖のための群れ「コロニー」を形成している。近年、国内では河川改修や宅地開発などが進み、サギのコロニーが見られる場所は少なくなったとされ、日本野鳥の会会員の後藤聡さん(48)=竹田市=は「これだけ大きいコロニーが、しかも街中にあるのはとても珍しい」と驚いている。

サギがすむのは、三重町商店街を走る国道326号旧三重高校前交差点周辺の木々。三重川と玉田川の合流点に近く、餌となる川魚に恵まれた絶好の生息地となっている。

翼を広げると幅約1.7メートルにもなるアオサギやチュウサギ、コサギなど数種が、8年ほど前から毎年、春から秋にかけて飛来するという。高さ約20メートルの樹木の上では、現在巣作りが盛んに行われている。巣の周辺では時折、“求愛のダンス”を披露するつがいの姿や、卵を狙うカラスとにらみ合う光景も見られる。

近くの商店街や民家周辺は、サギのふん害にも悩まされているが、後藤さんは「貴重な都会のコロニーであり、これから繁殖期の本番を迎える。観察には絶好の時期でもあり、地元の人たちも温かい目で見守ってほしい」と話している。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする