2010年08月30日

【閲覧注意】「信じられない」 クモが鳥を食った【沖縄タイムスプラス2010年8月30日】

シジュウカラを食べ始めたとみられるオオジョロウグモ=10日午前、糸満市米須




 糸満市米須の駐車場そばの森林で、体長約15センチのオオジョロウグモがシジュウカラを食べているところを、パイロットの榎並正一さん(60)がカメラに収めた。今月10日午前10時ごろから翌11日午前9時ごろまで、断続的に撮影した。生物学が専門のゲッチョ先生こと盛口満沖縄大学准教授は「珍しい。クモが鳥を食べるらしいと聞いたことはあったが、写真では初めて見た」と驚いた。

 オオジョロウグモは、セミやチョウを食べるが、クモの仲間では糸が強く、鳥を食べることもある。食道の小さいクモは、巣にかかった鳥に毒を入れて動けなくさせ、時間をかけて汁にして飲み込むという。

 榎並さんによると、クモは翌11日の午前9時まで食べ続け、最後は羽毛だけが残ったという。20年以上、昆虫など自然の生き物を撮り続けているが「鳥がクモを食べるのなら分かるけど、初めは誰かのいたずらじゃないかと思った。人間がする訳もないし…。今でも信じられない」。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=22749&f=ap

ttp://archive.is/UXeKW

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

「日中共同トキ保護計画」を策定 人間と共存めざす【日本経済新聞2010年8月28日】

 絶滅の危機にひんしているトキの保護で日中の両政府は28日までに、「日中共同トキ保護計画」をまとめた。中国でも野生トキの生息地は限られており、両国が連携して人間とトキが共存できる環境づくりに中国国内で取り組む。個体数の少ない日本でも遺伝子の多様性を保つため、個体の交換など繁殖事業でも中国と協力する。

 小沢鋭仁環境相が賈治邦・中国国家林業局長と北京で保護計画に署名した。2003年から実施してきた共同計画が今年で期限を迎えるため、15年までの新たな計画を作成した。

 事業は9月から開始。トキの生活環境を守りながら、地域の人々がエコツーリズムや有機農業などで収入を得て生活できる環境を整備する。

 日本側は新潟県佐渡島で進める共生の試みを中国で生かすほか、資金を提供したり専門家を派遣したりする。

 中国は1981年に国内で絶滅したと考えられていたトキが7羽見つかり、人工繁殖に乗り出した。04年に放鳥を始め、現在は野性に約800羽いる。ただ、野性種は陝西省洋県と寧陝県に生息しているだけで、中国も生息域を拡大させることが課題になっている。
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2704J_Y0A820C1CR0000/

http://archive.is/Ja5Fu
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

日中共同トキ保護計画を更新=地域住民との共生を支援―環境省【時事通信2010年8月27日】

小沢鋭仁環境相と中国の賈治邦国家林業局長は27日、今年迎える期限を2015年まで更新した日中共同トキ保護計画に署名した。更新した計画は、中国でトキと地域住民が共生できる環境づくりに日本が協力するプロジェクトを新たに盛り込んだ。

プロジェクトの具体的な内容は(1)トキを活用したエコツーリズム(2)野生復帰したトキが安全に餌を取れるよう生息地域で有機農業を導入する―など。日本からは4億5000万円の資金援助と専門家を派遣する。
タグ:中国 トキ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

asahi.com(朝日新聞社):コウノトリ・トキ、関東に戻れ 環境整備で27市町連携 - 環境

 特別天然記念物のコウノトリやトキが生息できる環境を関東平野に取り戻そうと、周辺自治体が動き始めた。7月に千葉、埼玉、茨城、栃木4県の27市町が連合を結成し、えさが豊富な川や田んぼを増やす試みを進める。そうした農地から収穫した有機米などをブランド化し、地域の活性化も狙ったものだ。まずは国内での人工繁殖数が多いコウノトリの放鳥に向け、千葉県野田市が2012年度の飼育開始を目指す。

 トキとコウノトリは、湿地や田んぼなど水深の浅い場所のドジョウやカエル、昆虫を食べる。地域の生態系の豊かさを示す指標ともいえる。

 7月に結成された自治体連合には、すでに利根川周辺の休耕田を買い上げ、有機農業の市民農園やビオトープ(生物生息空間)の整備を進めていた野田市や、市民と共同して手賀沼の再生を手がけてきた千葉県我孫子市などが参加。今後、連携して国の政策に要望し、飼育・放鳥拠点5、6カ所の設置に向けた調整を進める。

 野田市は先陣を切って来年度中の拠点整備と、12年度のコウノトリの飼育開始に名乗りを上げた。同市の根本崇市長は「飛んでいった先でえさに困らないよう、自治体間でしっかり協力関係をつくりたい」と意気込む。

 関東地方で復帰計画が動き出したのは09年。自然を生かした国土計画のあり方を考える国土交通省と農林水産省が、コウノトリやトキのえさ場になる自然を、河川流域に広げる検討会を開いてきた。

 復帰計画には、地域活性化への期待も込められている。05年にコウノトリの放鳥を始めた兵庫県豊岡市では、観光客が増加。減農薬・無農薬や水質管理を徹底した農法でつくるコウノトリブランドの米の中には、通常の農法の1.5倍程度の高値で取引されているものもあるという。年間20億〜30億円の経済効果が出ているとの試算もある。

 東京都市大学の涌井史郎教授(生態環境工学)は「自治体が連携すれば、分断された生態系をつなげられる。トキやコウノトリは、成果を見えやすくするシンボルになる」と話している。(平井良和)
http://www.asahi.com/eco/TKY201008110173.html
https://archive.md/u9xCc
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキのヒナ、出雲で誕生を 分散飼育センター完成 島根【産経新聞2010年8月11日】

特別天然記念物・トキの分散飼育地となった島根県出雲市に「トキ分散飼育センター」が完成し、環境省のトキ飼育繁殖専門家会合のメンバーが10日、視察した。11月末から12月初めにかけて、つがい2組の4羽が佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から移送され、分散飼育が始まる。

同センターは鉄筋平屋建て延べ約1300平方メートル。総事業費約2億3700万円で、ペアが生活する繁殖ゲージや人工孵化(ふか)させる孵卵室、ヒナを飼育する育雛ゲージ、飼育状況を観察するモニターなどを備える。

1・5ミリ網目の金網を利用して2センチ以上のすき間をなくしたほか、ケージ横に幅1・5メートルのコンクリートを設けテンやイタチなどの外敵侵入を防ぐなどの工夫もほどこされている
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする