2010年09月08日

ツシマヤマネコ 野生復帰へ訓練施設、哺乳類で初 環境省【毎日新聞2010年9月8日】

環境省対馬野生生物保護センターで一般公開されているツシマヤマネコ=関東晋慈撮影

環境省は、長崎県・対馬にだけ生息し、絶滅の危機に瀕(ひん)している国の天然記念物ツシマヤマネコの野生復帰に向け、訓練施設を建設する方針を決めた。来年度予算の概算要求に設計費4000万円を盛り込んだ。人工繁殖した動物の野生復帰の試みは、トキやコウノトリがあるが、哺乳(ほにゅう)類では初めて。

【レッドリスト】世界の絶滅のおそれのある野生生物のリスト

ツシマヤマネコは1960年代に250〜300匹いたと推定される。しかし、森林の荒廃や交通事故などで、現在は80〜110匹に激減した。環境省のレッドリストで「絶滅危惧(きぐ)1A類」に指定され、最も絶滅が懸念される種の一つだ。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする