2011年01月21日

いつか大空へ・・・絶滅寸前のフィリピンワシの赤ちゃん生まれる【AFPBB News2011年1月21日】

フィリピンワシの保護活動を行う非営利財団「Philippine Eagle Foundation(フィリピンワシ基金、PEF)が20日公開した、同国ダバオ(Davao)の施設で生まれたフィリピンワシのひな(2010年1月19日撮影、20日公開)。(c)AFP/PEF/TATIT QUIBLAT
【1月21日 AFP】フィリピン・ダバオ(Davao)の施設で生まれたフィリピンワシ(学名:Pithecophaga jefferyi)の赤ちゃん。フィリピンワシの保護活動を行う非営利財団「フィリピンワシ基金(Philippine Eagle Foundation、PEF)が20日、公開した。

 かつてフィリピンの空に王者として君臨したフィリピンワシは現在、絶滅の危機に瀕(ひん)している。PEFでは、米国におけるコンドルやオウギワシの繁殖プログラムを参考にフィリピンワシの繁殖活動を行っており、毎年1羽ずつを野生に返すことを目標としている。
http://www.afpbb.com/articles/-/2782920

ttps://archive.is/df3Vg

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする