2011年02月24日

アオサギのふん害増 串本町紀伊大島の権現島【紀伊民報2012年2月24日】

アオサギのふんで木が白くなった権現島。円内は木に止まったアオサギ(和歌山県串本町大島で)
和歌山県串本町の紀伊大島にアオサギが飛来し、ふんの被害が増えている。熊野速玉大社(新宮市)と深い関わりがある大島の権現島では、アオサギのふんで木が枯れるなどの被害があり、地元住民が警戒している。

権現島は、熊野権現が新宮に降臨する前に休息を取った島と伝えられている。10月15、16日にある熊野速玉大社の例大祭(県指定無形民俗文化財)には、権現島のカヤの穂と魚を献じる習わしがある。

祭りの前に権現島の鳥居の前で祈祷(きとう)した後、大島区民がカヤの穂と魚を速玉大社に届けている。カヤの穂は、「御船祭」の渡御でみこしを先導する神馬に乗る人形の後ろに飾られる。かつては権現島にあったカヤの穂を届けていたが、近年は権現島のカヤが少なくなってきたため、島の近くで自生しているカヤの穂を届けている。

権現島には、ほこらと鳥居が建てられ、神域として区民らがあがめている。近くに住む同町大島の浜泰央さん(82)によると、大島でマダイなどの養殖が盛んになり、餌を求めてアオサギが飛来することが多くなったという。浜さんは「カヤの穂や魚を速玉大社に届けないと祭りが始まらず、区民はそれを誇りに思っている。権現島に鳥のふんが増えて木が枯れるのは罰当たりな事なので、何とか対策を考えたい」と話している。

紀伊大島ではほかに、2月の水門(みなと)祭で神事が営まれる苗我島や、須江地区でもアオサギが多く、ふんの被害が出ている。

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

鳥インフル また大分市で野鳥の感染【大分合同新聞2011年2月17日】

県は16日、大分市上戸次の採石場内の人工池で15日に見つかった死んだアオサギ1羽について、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたと発表した。鳥取大学に検体を送り、強毒性かどうかなどを調べる。

発見場所から半径10キロ圏内に8戸の養鶏農家(計約32万羽)があるが、電話で確認したところ、いずれも異常はなかった。県内での野鳥の感染確認は8日に別府市で1例目があってから6例目(計9羽)。アオサギは初めて。県は発見場所から半径10キロ圏内で野鳥の監視を強化している。

相談窓口の一覧を作る

高病原性鳥インフルエンザの県内発生を受け、大分行政評価事務所は、行政や経済団体などが開設している主な相談窓口の一覧を作成した。

鳥の飼育や食品衛生、人の健康、経営上の問題などについて、相談に対応する機関名と電話番号、受付時間をそれぞれ記載。各市町村にいる行政相談委員に配布するとともに、同事務所のホームページ(http://www.soumu.go.jp/kanku/kyusyu/oita.html)に掲載している。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

カメラに興味津々?フィリピンワシの赤ちゃん【AFPBB News2011年2月16日】

フィリピン南部ダバオ(Davao)の施設でふ化した、生後22日のフィリピンワシの赤ちゃん(2011年2月10日撮影、2011年2月13日提供)
カメラに興味津々?フィリピンワシの赤ちゃん
【2月16日 AFP】非営利財団「フィリピンワシ基金(Philippine Eagle Foundation、PEF)」は13日、フィリピンのダバオ(Davao)の施設でふ化した生後22日のフィリピンワシの赤ちゃんの写真を公開した。

 かつてはフィリピン各地の空を舞っていたフィリピンワシだが、現在では絶滅の危機に瀕している。フィリピンワシ基金は米国のコンドルやワシの保護プログラムを取り入れ、毎年フィリピンワシのひな1羽をふ化させ自然に帰すことを目的に保護活動を行っている。
http://www.afpbb.com/articles/-/2785741

ttps://archive.is/043tz
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

死んだ野鳥から強毒性ウイルス…監視強化へ【読売新聞2011年2月22日】

環境省は22日、大分市、宮崎県日南市と延岡市、京都府精華町で回収された野鳥から、鳥インフルエンザの強毒性ウイルス(H5N1型)が検出されたと発表した。

大分市のアオサギ、日南市のオシドリ、延岡市と精華町のハヤブサ各1羽で、14日〜16日にかけて、いずれも死んだ状態で発見された。同省は、野鳥が見つかった場所から10キロ圏で野鳥の監視体制を強化する。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

鳥インフル影響じわり 飛来地など警戒、消毒マットやイベント中止 鶏肉値上げ、給食悩む【日本経済新聞2011年3月10日】

鳥インフルエンザ拡大防止のため始まった野鳥愛好家らの乗用車の消毒作業(茨城県坂東市の菅生沼)=一部画像処理しています
 全国の農場で鳥インフルエンザへの感染が広がっている事態に、渡り鳥の飛来地や動物園などが警戒を強めている。「何とか感染を防ぎたい」と訪れた人がウイルスを持ち込まないよう入り口に消毒マットを置き、飼育する鳥のイベントを中止する動きも。鶏肉価格の上昇で給食の献立見直しを検討する学校もあり、感染拡大の影響はじわりと広がっている。

 コハクチョウやマガモなどが飛来し、オオタカも観察できる茨城県坂東市の菅生沼。同市は1月28日、沼近くの駐車場出入り口に消毒マットを敷き入退時にタイヤを浸すようにした。野鳥愛好家らの靴底用に消毒液入り容器も2カ所に置いた。

 菅生沼は貴重な観光資源の一方、市内では約150万羽の採卵鶏が飼われる県内有数の鶏卵産地。「発生すれば死活問題」(市産業経済部)で、渡り鳥への感染、渡り鳥からのウイルス流入の双方を警戒する。

 15年前から野鳥の写真撮影のため冬に数回訪れる東京都葛飾区の無職、森武恒さん(74)は「関東では貴重な渡り鳥の観察場所。感染は何とか防いでほしい」。岸辺につながる道の入り口には接触防止のため、立ち入り自粛を呼びかける看板も設置された。

 北海道の根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターでは、日本野鳥の会が周囲にある野鳥の飛来地10地点を週1、2回、弱っている野鳥がいないか確認する巡回を開始。埼玉県深谷市の荒川河川敷のように、北海道や東北で感染が確認された2008年以降、渡り鳥への餌付けを禁止している飛来地も少なくない。

 山口県宇部市の常盤公園では、コクチョウ1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され、飼育しているハクチョウなど約400羽の殺処分に向けた作業が10日も続いている。近所に住む女性(37)は「仕方ないことだと思うが、本当に残念」と話した。

 動物園や水族館も対応を進める。海遊館(大阪市)はオウサマペンギンが広場を歩く週末などの「ペンギンパレード」を今冬は中止。00年に始まった冬の人気イベントだが、「ペンギンが野鳥と接触する可能性がある」(担当者)。

 市内の養鶏場で鶏の感染が確認された宮崎市フェニックス自然動物園はフラミンゴショーを取りやめた。出口智久園長は「来園者に迷惑をかけるが、感染が広がらないようできる限りの措置を取りたい」と強調する。

 動物園の鳥は野鳥でも家きんでもない位置付けで、感染時の統一的な対応指針が定められていない。「各園任せでは対応が不十分なケースが出てきてしまうのではないか」(北海道旭川市の旭山動物園)。こうした戸惑いの声を受け、日本動物園水族館協会(東京・台東)は1月末、対応方針をまとめるよう環境省に要望した。

 供給量の減少などから鶏肉の価格が上昇、影響も出始めている。東京都目黒区の区立小中学校12校は、食肉店から2月以降は給食用モモ肉を1キロあたり100円値上げし1350円に、ムネ肉は50円値上げし900円にすると通知を受けた。

 区教育委員会事務局は「給食に使う鶏肉量を減らしたり、献立を見直したり、工夫しなければならない」(学務課)と話している。
https://www.nikkei.com/article/DGXDASDG2806G_Q1A210C1CC0000/

http://archive.is/tKjew
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする