2011年03月09日

地デジ対策だけでは勿体ない!自慢の大画面テレビとブルーレイで始めるバーチャル・バードウォッチング。シンフォレストから「野鳥ブルーレイの決定版」新発売。ハイビジョンだからこそ、よく見える、グンと近づく!【プレスリリース2011年3月9日】

映像ソフトレーベル「シンフォレスト」は、本日、「日本三鳴鳥」をはじめ人気・定番の主要88種の野鳥の「鳴き声とハイビジョン映像」を収録したBlu-ray『野鳥浴 ハイビジョン映像と鳴き声で愉しむバーチャル・バードウォッチング Virtual Bird Watching』(品番:RDA05)を、2011年4月21日(木)に新発売することを発表致します。

 『野鳥歳時記』『日本百名鳥』『日本の珍鳥』など常に高い評価と根強い人気でロングセラーDVDを生み出してきたシンフォレストの野鳥映像ソフトに、ついにブルーレイが新登場します。
 目で耳で心で…動く聞こえる包まれる「野鳥図鑑」。その名も「野鳥浴(やちょうよく)」。「日本三鳴鳥」(ウグイス・オオルリ・コマドリ)をはじめ人気・定番の主要88種を収録。ブルーレイが実現する高精細なハイビジョン再生により、従来は見えなかった鳥たちの表情、細かな仕草、自然環境との調和が、細部まで鮮明に浮かび上がります。
 映像はハイビジョンマスターデータをテープを介さず、ダイレクトに「MPEG-4 AVC/H.264」エンコード。サウンド面では全編、音楽を一切使わず、野鳥の鳴き声と自然音だけで構成。音質劣化のない非圧縮のリニアPCMを採用し、マスター音源そのままの臨場感を再現しました。
 野鳥名の常時表示ができる字幕機能(ON・OFF切替可能)と、50音順リストから目的の鳥へ一発再生可能なポップアップメニュー機能を搭載。鳥の名前と鳴き声を愉しみながら覚えられます。さらに、環境映像・BGVにも最適なエンドレス再生仕様。
 リビングで書斎で、そして雨天でも、いつでも手軽に“自宅でバードウォッチング”。すべての野鳥ファン、バーダーに贈る、ハイビジョン時代にふさわしい、新しい野鳥の世界。
 例えバードウォッチングをされない方でも、リラクゼーションアイテムとして、また野鳥の鳴き声と自然音だけのサウンドは、映像を消し、BGMとして“音だけ”でも十分に楽しめるネイチゃーヒーリングな作品になっています。
 なお、本作はシンフォレスト初の「Blu-rayのみ」のリリースで、現在のところ、DVD版のリリース予定はありません。
※現在YouTubeでオープニング映像を先行配信中!(ハイビジョン再生対応)> http://www.youtube.com/view_play_list?p=3505DE1E657B6BAD
《商品概要》
■商品名:野鳥浴 ハイビジョン映像と鳴き声で愉しむバーチャル・バードウォッチング
■発売日:2011年4月21日(木)
■商品コード:RDA05
■価格:3,800円(税抜)/3,990円(税込)
■JANコード:4945977600050
■メディア:Blu-ray(BD-VIDEO)
■時間:約83分
■映像エンコード方式:MPEG-4 AVC/H.264
■記録方式:1層ディスク
■画像アスペクト/解像度:16:9/1920x1080
■音声:1)) リニアPCM2chステレオ 野鳥の鳴き声
■字幕:[1]日本語字幕
■レンタル:レンタル禁止
《収録種リスト(50音順・全88種)》
アオゲラ、アオサギ、アオジ、アカゲラ、アカハラ、アトリ、アリスイ、イカル、イソシギ、ウグイス、エゾビタキ、エナガ、オオコノハズク、オオジュリン、オオタカ、オオヨシキリ、オオルリ、オシドリ、オナガ、オナガガモ、カイツブリ、カケス、カシラダカ、カルガモ、カワウ、カワガラス、カワセミ、カワラヒワ、キアシシギ、キクイタダキ、キジ、キジバト、キセキレイ、キビタキ、キョウジョシギ、クイナ、クロジ、クロツグミ、ゴイサギ、コガモ、コガラ、コゲラ、コサギ、ゴジュウカラ、コチドリ、コマドリ、ササゴイ、サンコウチョウ、シジュウカラ、シメ、ジョウビタキ、シロハラ、スズメ、セイタカシギ、セグロセキレイ、ソリハシシギ、ダイサギ、タシギ、チュウシャクシギ、チュウヒ、ツグミ、ツツドリ、ツバメ、トビ、トラツグミ、ノスリ、ノビタキ、ハクセキレイ、ハシビロガモ、バン、ヒガラ、ヒドリガモ、ヒヨドリ、ヒレンジャク、ビンズイ、ベニマシコ、ホオジロ、マガモ、マヒワ、マミチャジナイ、ミソサザイ、ミヤマホオジロ、ムクドリ、メジロ、モズ、ヤマガラ、ヤマセミ、ルリビタキ
《スタッフ》
撮影・映像プロデュース:村崎恵一(夢山水)*1
撮影:田頭一彦(夢山水)
監修:叶内拓哉
野鳥の鳴き声:上田秀雄
イメージフォト:永井凱巳(夢山水)
製作・発売:シンフォレスト

*1 「恵一」の「恵」の字は、可能であれば、Windowsの機種依存文字ですが「譓」と入力することでブラウザでも表示できる「ォ」の字をご使用願えると幸いです。

《発売元》
株式会社シンフォレスト

《本作のコピーライト》
(C) 2011 Keiichi Murasaki / Kazuhiko Tagashira / Hideo Ueda / Synforest Inc. All Rights Reserved

■本プレスリリースの詳細HTML版> http://www.synforest.co.jp/pub/pr/11/110309_bluray-bird/
 多数のキャプチャ画像もご覧いただけます。

■Blu-ray『野鳥浴 ハイビジョン映像と鳴き声で愉しむバーチャル・バードウォッチング』メーカー公式情報サイト> http://www.synforest.co.jp/dvd/RDA05/

本件に関するお問い合わせは下記へお願い致します…
株式会社シンフォレスト 広報窓口:高橋
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-27-3 ・ Tel 03-5773-0723(代) ・ Fax 03-5773-0728
広報窓口メールアドレス pub@synforest.com

シンフォレスト・プレスリリース一覧 http://www.synforest.co.jp/pub/pr/
SYNFORESTTV@YouTube http://www.youtube.com/SYNFORESTTV
シンフォレスト公式サイト http://www.synforest.co.jp/

※各社名・商品名・サービス名等は、各社の商標または登録商標です。※本情報は本プレスリリース発表時のものであり、その後、予告なく変更される場合があります。予めご了承下さい。最新情報は個別にお問い合わせ願います。
http://www.dreamnews.jp/press/0000029602/

ttp://archive.is/al4Q9

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

カワウやアオサギが天王池で繁殖準備【紀伊民報2011年3月1日】

天王池の森で巣作りを始めたアオサギ。その周辺ではカワウも巣作りしている(和歌山県田辺市下万呂で)
本格的な春を前に、野鳥のウやサギが紀南の繁殖地で巣作りを始めた。和歌山県田辺市下万呂の「天王池」では数十ペアのカワウとアオサギが産卵の準備を進めている。一方、釣り糸を張り巡らすなど防鳥対策を講じている国の特別天然記念物「神島」には、いまのところ飛来は確認されていないが、管理する市は警戒を強めている。

天王池は市所有の農業用ため池で広さ約1.7ヘクタール。池のほとりにある森に、2005年ごろからカワウやサギ類が集まり始めた。その数は年々増え、昨年は500羽に膨れ上がった。管理する水利組合は、鳥のふんなどで汚れた水の入れ替えと鳥を飛来させないため、昨秋、約30年ぶりに池の水をすべて抜いた。その間、鳥の姿はほとんど見えなくなった。

しかし、農繁期に備えて昨年末に水門を閉じ、今年2月上旬から水位が高くなると、次第に鳥が飛来している。水利組合では、毎年農閑期に水を抜いて野鳥が飛来しにくい環境をつくることも検討している。

日本野鳥の会和歌山の会員によると、田辺市やその周辺ではカワウやサギ類は5、6年ごとに繁殖地を変える傾向にあるといい、自然にいなくなる可能性があるという。

田辺湾に浮かぶ神島では近年、カワウやサギ類のふん害に悩まされてきた。田辺市教委は09年から島の木々に釣り糸を張り巡らせて飛来を阻止する対策を講じている。この方法は手間が掛からず経費も少なくて済み、効果も高いという。これまで5回実施して、今年も予定している。

神島では1988年から数年間、カワウの大群がねぐらとして利用した影響で、おびただしいふんが林床や樹木に降り積もった。森林の一部が荒廃、がけの崩壊まで起こった。その後も断続的にふん害は続き、市は対策に苦慮。試行錯誤しながら釣り糸を張り巡らす方法を考え出した。

市教委は「神島は国民の宝。今後も糸張りを継続し、この状態を保っていきたい」と話している。
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする