2012年04月29日

親鳥が威嚇、天敵カラスを撃退 放鳥トキ ひな3羽順調【MSN産経フォト2012年4月29日】

環境省は28日、新潟県佐渡市で放鳥トキのひな3羽が確認された巣に天敵のカラスが飛来し、親鳥に威嚇されて飛び去る様子を観察用ビデオカメラの映像で確認した。3羽とも順調に成長しており、一回り小さかったひなも、体長はほかの2羽と同じ約25cmになった。同省によると、カラスは同日午前6時から7時の間に3回、それぞれ1分間ほど巣をつついたり引っ張ったりした。映像には親鳥が目を見開いて羽を大きく広げて威嚇、3羽を守る様子が写っていた。観察用のカメラは1日おきに設置。28日の映像では、26日より3羽とも成長し、体重は200g〜400g程度とみられる。佐渡市内では、このつがいのほかに8組が卵を温める「抱卵」を継続しており、うち1組は既に孵化予定日に入っているが、ひなが誕生した様子はないという。 =巣からカラスを追い払う放鳥トキの親(環境省提供)

放鳥トキに初のひな 野生で36年ぶり誕生 新潟・佐渡で確認【MSN産経フォト2012年4月23日】
トキ、自然ふ化の期待高まる 新潟【MSN産経フォト2012年4月21日】

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

放鳥トキに初のひな 野生で36年ぶり誕生 新潟・佐渡で確認【MSN産経フォト2012年4月23日】

 環境省は22日、新潟県佐渡市で放鳥されている国の特別天然記念物トキからひなが誕生したと発表した。国内の自然界からひなが誕生するのは昭和51年以来36年ぶり。野生復帰は日本初の試みで、細野豪志環境相は「国を挙げて(震災からの)復興に取り組んでいるこの時期に新しい命が誕生したことを国民の皆様とともに喜びたいと思います」とコメントした。誕生したのは3歳の雄と2歳の雌のつがいのひなで、3月16日に営巣が確認されていた。現在、佐渡には45羽のトキを放鳥。今月4日には強風の影響でつがい1組が抱卵を止めたほか、9日にはカラスに卵を奪われるトラブルも。現在、10組の営巣が確認されており、産卵から孵化まで約30日間かかるが、さらなるひなの誕生の期待も高まる。トキは平成20年から放鳥されており今年で4年目。日本産トキは15年に絶滅し、佐渡では中国から借り受けたトキを使い繁殖活動を実施していた。放鳥からトキのモニタリングを続けている日本野鳥の会佐渡支部の土屋正起副支部長(61)は「ひな誕生で、まず一つの階段を登ることができた。ただ、巣立つまでの階段は高く、1年生き残るには大きな壁がある。今後も慎重に見守っていきたい」と話している。(環境省提供)

トキのひな、鳴き声確認【MSN産経フォト2012年4月23日】
放鳥トキと2羽のひな。親鳥が餌を与えているようだ =23日午前、新潟県佐渡市(環境省提供)
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2012/04/23/21toki/

トキ、自然ふ化の期待高まる 新潟【MSN産経フォト2012年4月21日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

トキ、自然ふ化の期待高まる 新潟【MSN産経フォト2012年4月21日】

新たにふ化予定日を迎えた、抱卵するトキのつがい =20日午前6時40分ごろ、新潟県佐渡市(代表撮影)
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2012/04/21/03toki/
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

アユ食害対策でアオサギ繁殖抑止 佐久で特殊な棒使い【信濃毎日新聞2012年4月11日】

棒を伸ばして巣を揺する漁協組合員ら
佐久市の佐久漁業協同組合と県水産試験場佐久支場は、アオサギによる養殖アユの食害を減らそうと10日、同市中込の滑津川(なめづがわ)沿いで、特殊な棒で樹上の巣の卵を落とした。埼玉県で行われている繁殖抑止策で、県漁協連合会によると県内で行うのは初めて。25日までに小諸市でも実施する予定だ。

棒は25メートルまで伸びる。先端が「コの字形」になっており、巣を揺すって卵を落とす。埼玉県の国営武蔵丘陵森林公園は、増え過ぎて生態系を脅かすカワウの卵をこの棒で落としている。県漁協連合会が購入し、佐久漁協が借りた。

同漁協は、アオサギの巣から卵を取り出し、親鳥が産み直さないよう人工の卵を置いて効果を挙げている。高い所の巣は消防ポンプの放水で壊してきたが、十分とはいえなかった。同漁協の中沢重和組合長(70)は「(棒で落とすのは)地道な取り組みだが、少しでも被害が減ってほしい」と話した。

アオサギは学習能力が高く、巣を壊されるとコロニー(集団営巣地)を移動するという。鳥類の生態調査をしている東信自然史研究会の斎藤信(あきら)事務局長(41)は「人の手が届く場所に巣を集中させ、管理できればいい」とする。
タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする