2013年03月28日

2年連続、期待してます ひな誕生のトキ産卵【MSN産経フォト2013年3月28日】

<26日、新潟県佐渡市内で抱卵するトキの雌(左)と近寄る雄(環境省提供)>
環境省は26日、新潟県佐渡市で放鳥した国の特別天然記念物トキのつがいで、昨年36年ぶりにひなが誕生した3組のうちの1組が2年連続で巣作りし、産卵したと発表した。有精卵の場合、早ければ4月下旬にもふ化する。同省によると、昨年4月にひな3羽が誕生した4歳雄と3歳雌。長田啓首席自然保護官は「中国では野生でひなが生まれたつがいは、2年連続で繁殖に成功する可能性が高いので、ふ化する期待が大きい」と話した。今年は昨年の巣から10〜15メートル離れた杉の木に営巣。どちらか一方が卵を温める「抱卵」の姿勢をとっているのを確認した。22日以降に産卵したとみられる。また、環境省は他にも2組が抱卵したと発表した。26日現在、これらのつがいを含め8組が営巣、6組が抱卵している。8組のうち2組は同じ両親から生まれた兄妹にあたる。
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/03/26/25toki/

トキが初営巣、兄妹ペア 環境省、繁殖抑制も検討【MSN産経フォト2013年2月28日】

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする