2013年10月19日

佐渡生まれトキ、中国の空へ 最後の国産10回目命日に【朝日新聞デジタル2013年10月9日】

2003年10月10日に死んだ日本産最後のトキ「キン」
写真:中国河南省の董寨自然保護区で10日に放鳥される予定のトキ=9月27日、国際協力機構提供

 【角野貴之】新潟県佐渡市で生まれた国の特別天然記念物トキの子孫が10日、中国河南省で野生に放たれる。佐渡生まれの子孫が中国で放鳥されるのは初めて。10日は2003年に日本産最後のトキ「キン」が死んだ10回目の命日にあたる。

 「日にちが重なったのはたまたまだと思うが、驚きました」。放鳥に立ち会う国際協力機構(JICA)の専門家中島卓也さんは話す。中国で飼育や放鳥訓練に協力している。

 中島さんによると、放鳥の予定時刻は、現地時間の10日午前10時ごろ。河南省董寨(トンチャイ)自然保護区で現在、トキ34羽が放鳥訓練中という。この34羽は、07年に佐渡トキ保護センター(佐渡市)から同自然保護区に移された13羽と、中国国内の4羽の子孫にあたる。中島さんは、佐渡生まれの13羽の子どもや孫が含まれていると同自然保護区の幹部に告げられたが、それが何羽いるかは不明だ。
http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201310090061.html

http://archive.is/pMy4o

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

冬の使者コハクチョウが初飛来 安曇野市【日テレNEWS24 2013年10月15日】

長野・安曇野市に冬の訪れを告げる使者・コハクチョウが、15日午前6時前に越冬のため犀川ダム湖に飛来。浅瀬で羽づくろいをするなど、旅の疲れを癒やしている様子だった。初飛来は去年より5日遅く、安曇野で越冬するようになって30シーズン目を迎える。
記事全文
 長野・安曇野市に冬の訪れを告げる使者・コハクチョウが今年も越冬のため犀川ダム湖に飛来した。

 安曇野市豊科の犀川ダム湖ではコハクチョウ1羽が羽根を休めていた。15日午前6時前にアルプス白鳥の会の会田仁さんが飛来を確認した。渡り直後のため首の部分が黒く汚れていて、浅瀬で羽づくろいをするなど、旅の疲れを癒やしている様子だった。

 初飛来は去年より5日遅く、安曇野で越冬するようになって30シーズン目を迎える。早速集まった写真愛好家が白鳥をカメラに収めていた。午前9時前には川から飛び立ち、明科の御宝田遊水池に移動した。

 2月末には4000キロ離れたシベリアへ戻る北帰行が始まる。
http://www.news24.jp/articles/2013/10/15/07238296.html

http://archive.is/2Gpuw
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする