2014年04月16日

サシバの歌「楽しんで」 えりのあさん、市貝道の駅で20日ミニライブ 栃木【産経ニュース2014年4月16日】

 サシバの兄弟が飛び立ち、はばたいていく−。渡り鳥サシバが子育てできる自然環境をアピールする市貝町で、サシバの歌「サシバは歌うよ」が誕生した。元町長で住職の国井義慧(よしえ)さん(82)が作詞し、とちぎ未来大使のシンガー・ソングライター、えりのあさんが作曲。20日にオープンする町内の道の駅で曲と、えりのあさんが考案した子供たちの踊りが披露される。

                 ◇

 サシバは環境省が絶滅危惧種に指定しているタカの仲間。春に日本へ飛来して繁殖、秋以降、東南アジアで越冬する。日本では農村地帯に生息、水田にすむカエルやヘビなどを捕食し、ひなを育てる。

 サシバが毎年飛来して繁殖する同町ではサシバが子育てする豊かな自然をアピールしようと、3月に「サシバの里づくり基本構想」を策定。町の活性化に活用する取り組みを進めている。また、20日にオープンする道の駅(市貝町市塙)は「サシバの里いちかい」と名付けられた。

 サシバの歌は道の駅オープンに合わせて企画。国井さんの詩を偶然目にした同駅の古川容子副支配人(50)が、えりのあさんに作曲を依頼した。

 カントリー調で軽快な曲。えりのあさんは「子供からお年寄りまで楽しく歌って踊ってもらえる曲にしたかった」と話す。えりのあさんは15日、道の駅を訪れ、完成したCDを国井さんらに手渡した。曲を聴いた国井さんも「明るく楽しい曲になった。みんなが喜んでくれると思う」。

 20日午前10時、道の駅でえりのあさんのミニライブが開かれ、幼稚園らの踊りも披露。100枚限定でCDも販売され、売上金はサシバなどの保全活動を進める「オオタカ保護基金」に寄付される。(伊沢利幸)
http://www.sankei.com/region/news/140416/rgn1404160032-n1.html

ttp://archive.is/7BLKR

タグ:サシバ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする