2014年04月24日

いすみにコウノトリ 無農薬米水田に飛来 体長1メートル圧倒的存在感【千葉日報2014年4月24日】

 国の特別天然記念物に指定されている大型鳥類「コウノトリ」1羽がいすみ市の水田に飛来したことが23日、分かった。両脚に脚環があり、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園内の巣塔で自然繁殖した個体だった。いすみ市でコウノトリが発見されたのは初めて。

 市農林水産課によると、飛来したのは同市岬町の水田。22日夕、農家の男性から目撃情報が寄せられ、駆け付けた職員が本物と確認した。23日朝、飛び去ったと見られている。

 脚環の識別番号は「J0041」。2011年5月生まれの3歳のメスで、体長は1メートルほど。特徴である黒かっ色のくちばしや赤い目の縁があり、田んぼを歩きながらドジョウやカエルなどをついばんでいた。

 発見場所は市が推進する環境創造型農業のモデル地域となっている。「人もコウノトリも住める」を合言葉に昨年から、無農薬のコメづくりを開始していた。その場所に取り組みのシンボルとなる鳥が舞い降りた格好だ。

 同課は「大きさで圧倒的な存在感があった。コウノトリが来てくれたらと話題にしていたらちゃんと来てくれた」と喜ぶ。

 この個体は今年3月8〜16日に多古町、同月31日に愛知県知多市、4月10日に長野県上田市でも見つかっていた。

 ◇コウノトリ 1971年に日本では野生個体は絶滅。65年、兵庫県豊岡市にある研究施設が外国から譲り受けた幼鳥で人工飼育を開始。2005年、最初の放鳥に成功した。現在は国内に75羽が生息する。豊岡市コウノトリ共生課によると、「伴侶やエサを求めて日本中を飛び回っている」。
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/190185

http://archive.is/5HbZZ

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニア、文化財に配慮 JR東海が評価書提出【日本経済新聞2014年4月24日】

 東海旅客鉄道(JR東海)は23日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の環境影響評価書を国土交通相に提出した。愛知県ではトンネル工事の計画を具体的に示したほか、岐阜県では文化財に配慮して高架橋の橋脚を減らすなど沿線各県の知事や住民らからの意見を反映した。

 評価書は沿線の7都県分あり、昨年9月に公表した準備書と比べて3割ほどページ数が増えた。愛知県版ではJR名古屋駅に直結する「名古屋市ターミナル駅」の範囲や地下トンネルの掘削方向などを明記。全区間が地下構造となるため、ルートと、想定される地質構造との関係性を図を使って具体的に示した。

 希少猛きん類のオオタカへの対応では、活動が活発な日の出から早朝までの確認調査の実施を盛り込んだ。

 岐阜県版では、可児市が美濃焼史跡の保護のためにルートの地下化を求めていた問題で、地上ルートのまま高架橋の橋脚の間隔を通常の40メートルから70〜80メートルに広げて対応するとした。新たな遺跡が見つかった場合は改めて地元と協議する。

 中津川市に建設する車両基地も設備配置の概要を追加。ウラン濃度が高い土が出た場合、土を覆って放射線量を抑える対策を盛り込んだ。

 愛知県の大村秀章知事は同日、「今後とも事業者にはしっかり対応するよう求めたい」と述べた。国交相は評価書に対する意見を90日以内に出す。今秋の着工を目指すJR東海は、意見を踏まえて最終的な評価書をまとめ、早期に工事実施計画の認可申請につなげたい考えだ。
https://www.nikkei.com/article/DGXNZO70311100T20C14A4L91000/

http://archive.is/21YcX
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする