2014年05月13日

アホウドリのひな?1羽見つかる 小笠原諸島で戦後初【朝日新聞デジタル2014年5月13日】

小笠原諸島媒島で見つかったアホウドリの可能性があるひな(左)。その右は近種のクロアシアホウドリの成鳥とひな=東京都提供

 東京都は国の特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリとみられるひなを、小笠原諸島の無人島、媒島(なこうどじま)で確認したと発表した。国内のアホウドリの繁殖地は伊豆諸島の鳥島と尖閣諸島があるが、ひながアホウドリと確認されれば小笠原諸島では戦後初となる。

 都によると、都とNPO法人小笠原自然文化研究所が7日、生息状況を調べ、ひな1羽を発見。羽毛のDNA型分析で特定する。

 アホウドリの生息数は鳥島と尖閣諸島で計約2500羽。小笠原諸島は戦前まで数万羽が生息したが、羽毛採取の乱獲で絶滅した。環境省と山階鳥類研究所(千葉県)が新たな繁殖地をつくるため、2008〜12年、媒島の北5キロにある小笠原諸島の聟島(むこじま)に鳥島から70羽のひなを移した。

 媒島は広さ約1・4平方キロで、近種のクロアシアホウドリの生息地。都は媒島で野生のヤギを駆除しており、繁殖環境が回復したとみている。
http://www.asahi.com/articles/ASG5F2VVVG5FUTIL005.html

ttps://archive.is/xFNXF

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする