2014年11月13日

天然記念物「ライチョウ」飼育繁殖へ 環境省、来年にも開始 【産経ニュース2014年11月13日】

絶滅が危ぶまれる国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の個体数回復を目指し、環境省は13日、来年にも北アルプス南部・乗鞍岳(長野、岐阜)の個体群から卵を採集し、日本動物園水族館協会と協力して試験飼育に取り組む方針を明らかにした。国内で飼育する施設はなく、人工餌による安定的な飼育・繁殖の確立が当面の目標。(全文はリンク先で)
http://www.sankei.com/life/news/141113/lif1411130031-n1.html

興味深い取り組みです。温度管理、餌の栄養などどのようにするのでしょうか。
続報が待たれます。

ttps://archive.today/UuBEz

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浙江省、トキ33羽を放鳥 【中国国際放送2014年11月13日】

トキの放鳥が11月12日、浙江省の徳清下渚湖国家湿地公園で行われ、野生訓練を受けたトキ33羽が飛び立ちました。トキの放鳥は、中国の南方地方で初めてとなります。
 トキは絶滅に瀕する鳥類であり、1981年に陝西省で野生のトキ7羽が発見されて以来、中国は33年間にわたる努力を経て、トキの数を増やしてきました。
 尚、今回飛び立った33羽のトキのうち10羽は全地球測位システム(GPS)発信器が取り付けられているとのことです。(全文はリンク先で)
http://japanese.cri.cn/881/2014/11/13/201s228944.htm

この姿勢は素直に見習うべきでしょう。
トキの種としての弱さや繁殖のコストが論点になりがちですが、科学技術立国日本という点からももっと力を注いでよいのではないでしょうか。
現状の中国とのレベルの差は残念でなりません。

ttps://archive.today/n1Cvr
タグ:トキ
posted by BNJ at 23:51 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切手のデザインを一新 シマリス、キタキツネなど可愛い動物たち【画像】 【ハフィントンポスト2014年11月13日】

日本郵便は、1円から1000円まで合わせて12種類の切手のデザインを変更し、2015年2月2日から発売すると発表した。2014年3月には、消費税率の8%へのアップに対応して52円切手など11種類が新発売されたが、これらと合わせて普通切手のデザインが全面的に切り替えられることになった。(全文はリンク先で)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/12/japan-post-stamp_n_6149460.html

10円切手がトキの絵になりました。
1円切手は前島密のまま。日本郵政は「これだけは変えられない」と言っているそうです。

ttps://archive.today/iy7jO
タグ:トキ
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンの赤ちゃんが楽しみ 京都水族館で今年初の産卵 【産経ニュース2014年11月13日】

京都市下京区の京都水族館でケープペンギンが今年初めての産卵をした。親ペンギンが産んだばかりの卵を大事そうに温める様子が、来場者の人気を集めている。
 同館によると、卵は今月9、12日、オスの「さかい」とメスの「ころも」のペアの間に2個生まれた。約1カ月後には孵化(ふか)する見込みだという。(全文はリンク先で)
http://www.sankei.com/region/news/141113/rgn1411130044-n1.html

ペンギンの名前が「さかい」とは、と思い調べてみたら飼育員の方の名前からでしょうか。
他の個体には京都の通りの名から名前が付けられているそうです。

ttps://archive.today/xIEdT

千円に田能村竹田「富士図」 切手のデザイン刷新へ 【大分合同新聞2014年11月13日】

日本郵便は12日、1円から千円までの普通切手12種類でデザインを刷新すると発表した。普通切手で最高額面の千円切手は竹田市出身の江戸時代の画家、田能村竹田(たのむらちくでん)の「富士図」(国指定重要文化財・大分市美術館収蔵)になる。来年2月2日に発売する。
 1円切手は日本近代郵便の父とされる前島密の肖像を引き続き使うが、額面の位置や「NIPPON」の字体を、他の普通切手に合わせる。
 5円の絵柄はコブハクチョウからニホンザルに、50円はオシドリからニホンカモシカにそれぞれ変える。(全文はリンク先で)
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2014/11/13/002542926

過去に記事にしましたが、別ソースで鳥関連の追加情報があったので再掲です。
5円切手がコブハクチョウから変更になったとのことですが、そもそもなぜ外来種、移入種のコブハクチョウだったのでしょうか。
2014(平成26)年6月26日(木)発行の特殊切手「世界遺産シリーズ〈第7集〉『富士山−信仰の対象と芸術の源泉』」にもコブハクチョウが取り上げられています。
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2014/h260626_t.html
山中湖に飼育されているコブハクチョウを取り上げたのでしょうか。
地元で愛されている名物のコブハクチョウなので、それならばわからなくもないのですが、日本郵政発行の切手としてはやはり疑問も残ります。
以下に以前の記事も再掲します。

ttps://archive.today/UOzCY
ttps://archive.today/dFqGT
切手のデザインを一新 シマリス、キタキツネなど可愛い動物たち【画像】 【ハフィントンポスト2014年11月13日】
日本郵便は、1円から1000円まで合わせて12種類の切手のデザインを変更し、2015年2月2日から発売すると発表した。2014年3月には、消費税率の8%へのアップに対応して52円切手など11種類が新発売されたが、これらと合わせて普通切手のデザインが全面的に切り替えられることになった。(全文はリンク先で)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/12/japan-post-stamp_n_6149460.html

10円切手がトキの絵になりました。
1円切手は前島密のまま。日本郵政は「これだけは変えられない」と言っているそうです。

ttps://archive.today/iy7jO
posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミサゴ(鶚) お食事オスプレイ 【東京新聞探鳥2014年11月13日】

 埼玉県行田市の利根川で10日、魚をつかんで飛ぶミサゴ。川の中の岩で食事中にカラスとトビに威嚇され飛び立った。距離が少し近くなり印象的な光景に。この日は産卵で遡上(そじょう)するサケが多く見られた。(全文はリンク先で)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2014111302000187.html

食べかけの魚からも食事の途中で邪魔された様子が伺えます。
https://archive.today/jpsQu
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県内狩猟解禁15日から3カ月間/イノシシは期間延長 【四国新聞社2014年11月13日】

 香川県内での狩猟が15日から来年2月15日までの3カ月間、解禁される。イノシシに限り、3月15日まで期間を延長する。県内では10月以降、イノシシに人が襲われる被害が相次いでおり、県は「マナーを守り、事故のないように気を付けてほしい」としている。
 県みどり保全課によると、狩猟鳥獣に指定された48種類のうち、県内では雌のヤマドリとキジのほか、ツキノワグマが捕獲禁止。ニホンジカも小豆郡地域では捕獲してはいけない。また、狩猟そのものや銃の使用を禁止した区域もある。(全文はリンク先で)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20141113000148

岡山でも狩猟解禁 一斉取り締まり 県警、事故防止へハンター指導 【山陽新聞デジタル2014年11月15日】
狩猟が解禁された15日、岡山県警は誤射などの事故防止に向けて違反行為の一斉取り締まりに着手した。一部を除き、狩猟期間の終わる来年2月まで続ける。
 初日は警察官約340人が出動。鳥獣保護区、休猟区、公道など禁止区域での発砲や、実弾を装てんしたままの猟銃の携帯を監視。ハンターに銃の適切な取り扱いを指導した。(全文はリンク先で)
http://www.sanyonews.jp/article/95774

有害鳥獣捕獲強化・安全確保キャンペーン始まる 県庁で出発式 【下野新聞2014年11月15日】
県の「有害鳥獣捕獲強化・安全確保キャンペーン」が14日始まり、県庁昭和館前でキャンペーンの出発式が行われた。
 農林業や生態系に被害をもたらすシカやイノシシなどの有害鳥獣の捕獲を一層推進するとともに、捕獲への県民理解の促進、捕獲の安全確保の徹底を図ることが目的。30日まで。(全文はリンク先で)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20141115/1778965

ハンター繰り出す 県内狩猟解禁 【北日本新聞ウェブ2014年11月15日】県内で鳥獣類の狩猟が15日解禁され、ハンターたちが早朝から河川敷などに繰り出した。期間は来年2月15日までで、農作物への被害が増えているイノシシのわな猟に限って同3月15日まで。(全文はリンク先で)
http://webun.jp/item/7137804

ttps://archive.today/HjiRx
ttps://archive.today/07R4I
ttps://archive.today/9aq5U
ttps://archive.today/zYUjA
posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする