2014年11月24日

ペンギンの赤ちゃん誕生 名古屋港水族館 【中日新聞2014年11月24日】

名古屋港水族館(港区)で二十一日、アデリーペンギンのひながかえった。今年は初めてで、ペンギンの繁殖成功は一九九五年から二十年連続。卵を抱いているカップルは他にも多数いるため、月末にかけてベビーラッシュを迎える。
 ひなは体長一〇センチ、体重七七グラムで、生まれたばかりは見た目で性別が分からない。羽毛が生え替わるまでは寒さに弱く、代わる代わる巣に腹ばいになる両親のおなかの下で、温めてもらっている。(全文はリンク先で)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20141124/CK2014112402000054.html

この他にジェンツーペンギンも抱卵しているそうです。
アデリーペンギン20年連続ヒナ誕生 【YOMIURI ONLINE 2014年11月25日】
名古屋港水族館(名古屋市港区)は、今年初めてのアデリーペンギンのヒナが誕生たんじょうしたと発表した。同館でのアデリーペンギンの繁殖はんしょくは20年連続。(全文はリンク先で)
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20141124-OYTNT50115.html

ttps://archive.today/eoBLK
ttps://archive.today/ra5NQ