2014年12月30日

政府、鳥インフルで連携確認 山口県内の発生で【共同通信2014年12月30日】

政府は30日午前、山口県長門市の農場で家禽として今冬3例目となる高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受けて関係閣僚会議を開き、関係各省が連携して対応する方針を確認した。

 会議には菅義偉官房長官や西川公也農相らが出席した。菅官房長官は「全国的な感染拡大も懸念される状況だ」と指摘。「年末年始も緊張感を持ち、今後新たな発生が確認された場合も、万全の対応を取っていきたい」と述べた。

 西川農相は会議終了後、記者団に対し「例年は1月から2月中旬くらいがインフルエンザ発生のピークだが、ことしは早く、非常に心配している」と懸念を表明。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123001001245.html

ttps://archive.today/6xCdz

posted by BNJ at 23:49 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル 県が緊急連絡会議【YOMIURI ONLINE2014年12月30日】

長門市の養鶏場で、死んだ鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た29日、県は緊急の連絡会議を開くなど対応に追われた。県内の養鶏農家からは「なんとか被害の拡大を止めなければ」と声が上がった。

 ◇県庁

 午後6時半から県庁で開かれた対策連絡会議。県内での発生が確定すれば養鶏では2004年以来となることもあり、関係職員は緊張した面持ちで席に着いた。

 座長の野村雅史・農林水産部長は、遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されれば村岡知事を座長とする対策本部を設置することや、現地養鶏場の鶏約3万7000羽を24時間以内に殺処分することなどを説明。「現在の状況をふまえ、他の養鶏場でのインフル蔓延防止のため、万全の態勢で臨んでほしい」と呼びかけた。

 また、殺処分を行う際には、農林水産部を中心に職員150人の動員をかけることなどを確認した。

 ◇養鶏農家

 下関市豊北町の養鶏農家、木下辰己さん(61)は、県内で再び発生した鳥インフルエンザに「もはや対岸の火事ではない。どこで発生しても不思議ではない」と不安を口にした。

 約6万羽を飼育する木下ファームの2代目。これまで鶏舎までの消毒など、衛生管理には細心の注意を払ってきたが、「農家ができることには限界がある。これ以上、何をすればいいのか」と重い口調で話した。

 また、県西部の養鶏業者は「県内での発生に驚いたが、どこで起きてもおかしくはない。防疫対策をさらに徹底し、拡大を食い止めなければならない」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/local/yamaguchi/20141230-OYS1T50024.html

ttps://archive.today/u1zhH
posted by BNJ at 23:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、「焼き鳥日本一」の山口県長門市に不安 町おこし進めるさなか【産経ニュース2014年12月30日】

 強毒性のH5型の高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認された農場のある山口県長門市は焼き鳥による町おこしを進めている。市ホームページで人口1万人当たりの焼き鳥店舗数が日本一とPRしており、市内の関係者から事態を不安視する声が広がった。

 「出荷が止まれば、営業できなくなる」。長門市内の焼き鳥店の男性店主は、地元の養鶏農家から鶏肉を仕入れており、危機感をあらわにした。

 市によると、遺伝子検査で高病原性と確定したことを受け、市内ほぼ全域の養鶏農家からの出荷が事実上停止する。

 店は、平成18年に発足した「長門やきとり横町連絡協議会」に加盟しており、男性店主は「焼き鳥日本一の町として活動してきた。他県から食べに来る客もいるのに」と声を落とした。

 長門市ではこれまで、長さ20メートルを超す世界最長の焼き鳥づくりに挑戦したほか、全国から焼き鳥の名店を集めて「やきとリンピック」を開催。市内の養鶏農家の男性は、周囲の同業者が高齢化や飼料の高騰で廃業していく中、経営を続けてきた。「これまでなんとか持ちこたえてきたのに…」と漏らした。
http://www.sankei.com/west/news/141230/wst1412300027-n1.html

高齢化、飼料高騰、鳥インフル、業者さんにとっては辛い事態になっています。
ttps://archive.today/iP7GP
posted by BNJ at 23:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出水のナベヅル死骸から高病原性鳥インフル検出【YOMIURI ONLINE2014年12月30日】

 環境省と鹿児島県は30日、同県出水いずみ市の出水平野で24日に見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出ていたナベヅルの死骸から、高病原性ウイルス「H5N8型」が検出されたと発表した。

 11月以降、出水平野で高病原性ウイルスが確認されたツルは4羽目で、すべて同じ型。周辺の養鶏場への感染拡大は確認されていないという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141230-OYT1T50089.html

確定検査の結果です。新規の簡易検査陽性反応ではありません。
ttps://archive.today/WPRFA
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卵3万個を処分 鳥インフル養鶏場が納入【産経WEST2014年12月30日】

 鹿児島県は30日、高病原性鳥インフルエンザが確認された山口県長門市の養鶏場が鹿児島県内の孵化(ふか)農場1カ所に有精卵を納入していたことが分かり、保有する卵約3万個を土に埋めて処分したと発表した。国が問題の養鶏場の卵を汚染物品に指定したため。

 県によると、孵化(ふか)農場は普段から消毒の上で、納入先ごとに卵を分けて保管している。このため、長門市の養鶏場から27日に受け入れた卵だけが処分の対象になったという。
http://www.sankei.com/west/news/141230/wst1412300057-n1.html

こういった流通経路も対象となっているようです。
ttps://archive.today/kEt6X
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする