2014年12月13日

アクアス 新たにペンギン3羽 「イワトビ」など2種【山陰中央新報2014年12月13日】

浜田市と江津市にまたがる水族館アクアスに12日、2種類のペンギン計3羽が新たに仲間入りした。いずれも、秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOから搬入。このうち、2羽はアクアスでは繁殖実績のないイワトビペンギンのカップルで、アクアスの同ペンギン6羽に繁殖行動などを学習させ、初の2世誕生を目指す。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=549688248

https://archive.today/wGtUN

【海外発!Breaking News】カラスに町が占領される!? 大変なフン被害に住民悲鳴。(米)【Techinsight2014年12月13日】

ゴミ荒らしに停電、野菜や果物といった農作物への被害など、これまでもカラス被害についてはあれこれ頭を悩ませてきた日本。今年は各地でやけにカラスが増加しているとして物議を醸していたが、どうやらアメリカでも同じことが起きているもようだ。

今、オハイオ州スプリングフィールドではカラスの数が急増しているとのこと。真っ黒でギラギラと光る羽、大きな体と鳴き声、空から降る大量のフン、荒らされるゴミや農作物。その光景はアルフレッド・ヒッチコック監督による1963年の生物パニック系サスペンス映画、『鳥』さながらだとして話題を呼んでいる。

まだヒトに対する攻撃性は確認されていないが、「クラーク郡歴史協会」代表のロジャー・シャーロック氏はメディアの取材に「カラスは3年前から急増しており、存在そのものが大変な威圧感になっています。5万羽もいるとみられ、いずれは木々や建物にダメージが出てくるでしょう。町を歩けばどこも大量のフンにまみれており、健康被害も心配されます」と語り神経を尖らせている。(全文はリンク先で)
http://japan.techinsight.jp/2014/12/yokote2014121215420.html

鳥インフルエンザなどもあります。神経を尖らせるのも当然でしょう。
ttps://archive.today/crUd9
タグ:カラス一般
posted by BNJ at 23:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山の専門学校外壁にカラフルな「鳥の巣」−ワイヤハンガーで作る【岡山経済新聞2014年12月13日】

 西日本調理製菓専門学校(岡山市大供)の外壁に色とりどりのワイヤハンガーで作られた鳥の巣が登場し注目を集めている。
 巣は、校舎10階近くの外壁に掲げられた校名レリーフの「日」の部分に作られている。日本野鳥の会本部・自然保護室の会員によると、ハシブトガラスかハシボソガラスの巣ではないかという。泣き声が濁っていればハシボソガラスの可能性が高い。
 今後の対応について、同校職員は「学校として、春になり巣立っていくまで見守りたい」と話す。(全文はリンク先で)
http://okayama.keizai.biz/headline/225/

この時期に営巣をしているとは考えにくいのですが、どうなのでしょうか。
野鳥の会のコメントもありますが意図がわかりません。
古巣なら春までは空き家、春から営巣なので、今見守っても仕方ないのではないでしょうか。

https://archive.today/xwUEW
タグ:カラス一般
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする