2014年12月15日

ツルのねぐらの水からAIウイルス【鶏鳴新聞2014年12月15日】

国内の野鳥からH5N8亜型の高病原性鳥インフルエンザ(AI)が4県(島根県、千葉県、鳥取県、鹿児島県)が相次いで確認されているが、国内最大のツルの飛来地である鹿児島県出水市で、衰弱したマナヅル1羽が回収され、鹿児島大学の確定検査で29日にH5N8亜型の高病原性鳥インフルエンザが確認された件(本紙前号既報)に関連し、12月1日には、鹿児島大学でツルのねぐらの水を採取して、遺伝子検査を実施したところ、12月5日にH5N8亜型遺伝子が検出されたことが確認された。
 このほか、兵庫県南あわじ市でアイガモ2羽の死骸が回収され、1日に簡易検査を実施したところ1羽から陽性反応が出たため、鳥取大学で確定検査を行なっている。11月26日に東京都大田区で回収されたホシハジロの確定検査は陰性であった。

カナダから生きた家きんの輸入停止
 農林水産省は12月3日、カナダ南西部、ブリティッシュ・コロンビア州の七面鳥とブロイラー農場で鳥インフルエンザ(H5亜型)の発生が確認されたため、二国間の条件に基づき、英国でAIが発生したため、ブリティッシュ・コロンビア州から生きた家きん、カナダ全土からは家きん肉などの輸入を停止した。
 ただ、これまでは同州からの生きた家きんの輸入実績はない。
http://www.keimei.ne.jp/article/20141215n1.html

カナダの鳥インフルエンザについてはフォローできていませんでした。
記事を探してみます。
日付が未来ですが、元記事の発行日に従いました。

ttps://archive.today/bxWxO

posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モニタリングサイト1000 平成26年度シギ・チドリ類調査 春期調査結果について(お知らせ)【環境省2014年12月15日】

環境省生物多様性センターでは、モニタリングサイト1000の一環として実施しているシギ・チドリ類調査について、平成26年度の春期(2014年4月〜5月)に行った調査結果をまとめました。全サイトの最大個体数の合計は53種、97,499羽で、このうち連続して調査を行っているサイトでは54,850羽と昨年度の67,078羽から減少となりました。減少の主な要因は年変動が非常に大きいヒレアシシギ類が少なかったことによるもので、ヒレアシシギ類を除くと安定して推移していました。
 また、絶滅危惧U類のタカブシギ、セイタカシギ、ツルシギ等水田や湖沼などの内陸の湿地に生息するシギ・チドリ類7種について、モニタリングを開始した2004年以降の個体数が減少傾向にあることがわかりました。減少の要因として、水田などの農耕地や湖沼、河川などの生息地の環境の変化が考えられ、今後の動向に注意する必要があります。(全文はリンク先で)
http://www.env.go.jp/press/100111.html

ttps://archive.today/XMyJE
posted by BNJ at 23:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野川河口への環境影響は?「第四の橋」に対する懸念【WWFジャパン2014年12月15日】

総延長194キロ、3,750平方キロにおよぶ流域面積を持つ、四国第一の大河、吉野川。その広大な干潟を含む河口域は、環境省によって「日本の重要湿地500」に選ばれ、渡り鳥をはじめとする、さまざまな野生生物の重要な生息地となっています。しかし、2012年4月に開通した阿波しらさぎ大橋をはじめ、近年、河口域では大型の公共事業が相次いで進められ、自然環境、特にシギ・チドリ類の生息について、影響が懸念されています。地元で活動する「とくしま自然観察の会」では、その影響評価に関する考察を発表。再評価と計画の見直しを強く求めています。

吉野川河口とその開発

四国全体の約20%におよぶ流域面積を持つ吉野川は、多くの生き物と人々の暮らしを支えている、日本を代表する河川のひとつです。

満潮時には河口から遡ること14.5kmの付近まで海水が入り込み、海水と淡水が混ざった広大な汽水域が見られ、その豊かな水系が豊かな生物の多様性を育んでいます。

特に河口部は川幅が1.3kmにも及び、そこに広がる干潟には、春と秋に多いシギ・チドリ類を中心とした渡り鳥が、食物となるゴカイや貝、カニなどの底生生物を目当てに飛来し、栄養補給をする光景が見られます。

シベリアと東南アジア、オーストラリアを往復するシギ・チドリ類にとって、その中継地にあたる吉野川河口干潟は、生存のために重要な生息地です。

しかし1990年代初め、高まる交通需要を満たし、利便性を高めるため、徳島県は新たに「阿波しらさぎ大橋」(計画時の呼称は東環状大橋)の建設計画を発表。

すでにかかっていた吉野川橋と吉野川大橋の2本に加え、第3の橋が、海から上流へ向かって4キロの間に建設されることになりました。

しかし、1994年に実際のルートが公表されると、徳島市の「とくしま自然観察の会」など地元の自然保護団体から、この大橋の建設が吉野川河口の環境に与える影響が大きく、鳥類をはじめとする生物の生息に好ましくないという懸念の声が上がりました。

WWFジャパンや日本自然保護協会、日本野鳥の会なども、要望書や意見書を提出。また、バブル崩壊後、本当に必要かどうかが疑問視される道路建設計画が多い中で、その必要性が問われることになりました。(全文はリンク先で)
http://www.wwf.or.jp/activities/2014/12/1238715.html

ttps://archive.today/YKVPZ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎で鶏3羽がインフル陽性【共同通信2014年12月15日】

宮崎県は、延岡市の養鶏農場で飼育中の鶏3羽から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表。
http://www.47news.jp/FN/201412/FN2014121501002552.html

とうとう養鶏場から出てしまいました。
とはいえ簡易検査です。陰性の可能性もあります。経過を注視しましょう。

ttps://archive.today/APwfq
posted by BNJ at 22:55 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする