2014年12月27日

官公庁仕事納め 鳥インフル防疫休みを返上【YOMIURI ONLINE2014年12月27日】

 多くの官公庁が仕事納めとなった26日、各トップがこの1年を振り返った。延岡市で12月に発生した高病原性鳥インフルエンザに関連する部署では、職員が年末年始の休みを返上して対応し、緊張が続く。

■県

 河野知事は仕事納めに合わせて記者会見を開き、「引き続き養鶏場での防疫強化を図り、続発の防止に取り組む。目に見えないウイルスとの戦いだが、万が一発生したら迅速に防疫を進めたい」と述べた。

 県家畜防疫対策課や出先機関の職員は27日以降も出勤し、幹線道路での車両消毒作業などを行う予定で、同課の久保田和弘課長は「年末年始も緊張感を持って取り組みたい」と話す。

■宮崎市

 戸敷正市長は課長級以上の職員約200人を前にあいさつ。市制90周年を迎えたことなどに触れた後、「12月には地方中枢拠点都市を宣言した。次の時代は私たちがどういう方向性で街づくりを進めるかで変わる。年明けに皆さんの英知を頂きたい」と話した。

■延岡市

 首藤正治市長は、幹部職員ら約180人を集め市役所講堂で行った仕事納め式の冒頭、鳥インフルエンザに迅速に対応できたと振り返り、「よく頑張っていただいたことに感謝します」とねぎらった。

■県警

 県警本部で行われた仕事納め式には、幹部約200人が出席。坂口拓也本部長が「県民を震撼させた本県初のバスジャック、連続放火など凶悪事件が発生したが、いずれも早期に検挙できた。引き続き年末年始の特別警戒などに従事していただきたい」と訓示した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20141226-OYTNT50048.html

当然のことですが年末年始も対応です。
ttps://archive.today/ZlwEs

posted by BNJ at 18:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎県、制限解除へ安全確認検査 鳥インフルで【共同通信2014年12月27日】

宮崎県延岡市の養鶏場でH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は27日、周辺に感染が広がっていないかどうかを調べる検査を始めた。結果は31日に判明、陰性で安全が確認されれば、その日のうちに搬出制限区域(半径3〜10キロ圏)を解除する。

 検査の対象は、半径3キロ圏に設定した移動制限区域にある養鶏場1カ所。県によると、有精卵を取るための鶏約8300羽を飼育している。

 安全と分かった場合、来年1月7日以降に移動制限区域も解除する。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122701000898.html

調査結果が待たれます。
ttps://archive.today/7z6pt
posted by BNJ at 18:04 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウズラ卵、熱々のご飯にかけて 室蘭の生産者発売、若鶏から厳選【北海道新聞2014年12月27日】

 【室蘭】道内で唯一、ウズラの卵を生産する「室蘭うずら園」(三浦忠雄社長)が、卵かけご飯用のウズラの生卵入りパックを発売した。月齢2カ月以内の若鳥が産んだものを使い、甘みが濃く、殻が硬いため割りやすい。熱々のご飯との相性も抜群という。

 3年前に地元米穀店と共に、コメと一緒にした「卵かけごはんセット」を売り出したが、今回は若鳥の卵を厳選して商品化した。鶏卵よりもビタミンB2、B12が豊富で、餌に乳酸菌や納豆菌を配合して特有の臭みを抑えた。白飯1杯に4、5個を使うのが適量という。

 室蘭出身のタレント安田顕さんが今秋、テレビ番組で同社のウズラ卵をかけたご飯を絶賛したことも商品化を後押しした。同社は「(味に)クセがないのにクセになる」とPRしている。

 10個入り190円。室蘭市内の一部スーパーや同社で購入でき、札幌などでの販売も予定している。送料が別途かかるが、地方発送も請け負う。問い合わせは同社(電)0143・55・6677へ。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/582877.html

どんぶり飯に5個ほどの卵がかかっています。美味しそう。
ttps://archive.today/OFIpm
タグ:ウズラ
posted by BNJ at 17:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルで環境省調査 可児市周辺、異常なし【岐阜新聞2014年12月27日】

 可児市で見つかったオシドリの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、現地で緊急調査をしていた環境省は26日、野鳥の大量死など異常は認められなかったと発表した。

 同省は23日から3日間、可児市緑のオシドリの死骸を回収した地点から半径10キロ圏内に野鳥緊急調査チームを派遣。岐阜、愛知両県にある渡り鳥の飛来地など16カ所で野鳥の生息状況、異常個体、大量死の有無などを調べたが、異常は認められなかった。

 野鳥監視重点区域に指定した半径10キロ圏内で、両県と連携して引き続き異常な野鳥がいないか監視を続ける。http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20141227/201412270846_24006.shtml

とりあえずは良い結果ですが、警戒は続きます。
ttps://archive.today/ExPmM
posted by BNJ at 17:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン水槽も歳末大掃除 三重・鳥羽水族館【朝日新聞デジタル2014年12月27日】

 今年も残りわずかとなり、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)では26日、年末恒例の水槽の大掃除が行われた。フンボルトペンギン60羽が飼育される水槽2カ所から海水を抜き、職員ら8人が約1時間かけて作業した。自由奔放に動き回るペンギンを移動させながら床面やガラスを磨き、開館60周年を迎える来年に備えた。(吉本美奈子)
http://www.asahi.com/articles/ASGDV578PGDVOQIP004.html

隅に追いやられたペンギンもまたかわいらしいです。
ttps://archive.today/DecKP

福井)ペンギン、初詣へ猛特訓 越前松島水族館【朝日新聞デジタル2014年12月27日】

 越前松島水族館(坂井市三国町崎)でフンボルトペンギンとオウサマペンギンが新年に向けて、初詣の練習に励んでいる。

 ペンギンたちは鳥居をくぐり、階段を上って「人鳥(ぺんぎん)神社」にお参り。お正月の恒例の行事だが、ペンギンたちは1年経つとお参りの仕方を忘れてしまうため、年末から飼育員に誘導されて猛練習。練習の様子は公開されており、オウサマペンギンが午前11時20分と午後3時10分の2回、フンボルトペンギンが午後1時20分の1回。本番のお参りは1月1〜5日の同時間帯だ。(小川詩織)
http://www.asahi.com/articles/ASGDV4J64GDVPGJB00P.html

ペンギンと言えばフンボルトペンギンです。
ttps://archive.today/NMwmd