2014年12月31日

香港、1万5千羽を殺処分 H7型鳥インフル検出【共同通信2014年12月31日】

 【香港共同】香港政府は31日、中国広東省恵州市産の鶏からH7型鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、香港で生きた鳥を扱う卸売市場を同日から閉鎖し、市場の約1万5千羽の鳥を殺処分にすることを決めた。

 市場は21日間閉鎖され、検査で問題がないことが確認されれば再開する。広東省では冬に入り、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の人への感染が再び拡大する懸念があり、香港でも警戒が広がっている。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123101000984.html

ttps://archive.today/e3aDG

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、山口と宮崎は同型 農水省が遺伝子解析【共同通信2014年12月31日】

 農林水産省は31日、山口県長門市と宮崎市の養鶏場の鶏から確認された高病原性鳥インフルエンザウイルスを遺伝子解析した結果、宮崎県延岡市の養鶏場の鶏から12月に確認されたのと同じH5N8型と判明したと発表した。同型は2014年に韓国で発生が相次いだほか、11月下旬以降に鹿児島県出水市のツルからも検出されている。

 農水省は引き続き遺伝子を解析し、韓国の型などとの関連を調べる。

 環境省は31日、長門市の発生養鶏場から半径10キロ圏内に設定した野鳥監視重点区域の野鳥の状態などを調べるため、緊急調査チームを派遣した。3日間の調査報告を1月2日に行う。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123101001095.html

ttps://archive.today/AYPll
posted by BNJ at 22:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、宮崎の搬出制限解除 大分の隣接区域も【共同通信2014年12月31日】

 宮崎県延岡市の養鶏場でH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、宮崎県は31日、発生養鶏場の半径3〜10キロ圏に設定した搬出制限区域を解除した。周辺の別の養鶏場1戸をウイルス検査したところ陰性で、立ち入り検査でも異常はなく感染が拡大していないことが確認されたためと説明している。

 これに伴い隣接する大分県も、同県内の搬出制限区域を解除した。

 宮崎県はこのまま問題がなければ、1月7日午前0時に発生養鶏場の半径3キロ圏の移動制限区域も解除する方針だ。http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014123101001120.html

ttps://archive.today/o4llJ
posted by BNJ at 22:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口鳥インフル 3万7000羽処分完了【YOMIURI ONLINE2014年12月31日】

 山口県長門市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、県は30日、家畜伝染病予防法に基づき、養鶏場の鶏約3万7000羽の殺処分を終えた。今季、国内の養鶏場での発生は3件目で、農林水産省は同日、疫学調査チームを現地に派遣。環境省も現地で野鳥を調べる。

 県によると、死んだ鶏の遺伝子検査で高病原性ウイルス「H5亜型」が検出され、30日午前1時20分に感染を確認。同時に殺処分に着手した。県や長門市の職員計約500人が、鶏を処分してドラム缶などに密封し、一部を同県山陽小野田市の焼却施設へ運んだ。殺処分は同日午後11時50分に終了した。

 また県は、養鶏場から半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に、同3〜10キロ圏内を域外への出荷を禁じる搬出制限区域に設定。発生した養鶏場のほかに、移動制限区域には養鶏場が9か所(飼育数約14万5000羽)、搬出制限区域には同18か所(同約47万4000羽)あるが、異常は確認されていないという。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141231-OYS1T50000.html

ttps://archive.today/HzhWX
posted by BNJ at 22:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐賀県、卵3万個を処分容器に密閉 鳥インフル養鶏場から納入【産経WEST2014年12月31日】

 佐賀県は31日、高病原性鳥インフルエンザが確認された山口県長門市の養鶏場から、佐賀県内2カ所のふ化場に有精卵約3万個が納入されていたことが分かり、医療廃棄物の処分容器に卵を密閉する防疫処理を終えたと発表した。近く焼却するという。

 佐賀県によると、国が問題の養鶏場の卵を汚染物品に指定したことに伴う措置。卵は16日と26日に納入された。ふ化場は卵を消毒し納入先ごとに分けて保管しているため、長門市の養鶏場の卵だけが処理の対象となった。
http://www.sankei.com/west/news/141231/wst1412310041-n1.html

先に鹿児島で同様のニュースがありましたがこちらは佐賀のニュースです。
ttps://archive.today/TFMGo
卵3万個を処分 鳥インフル養鶏場が納入【産経WEST2014年12月30日】
posted by BNJ at 22:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥ルートの中韓で鳥インフル多発 識者警鐘【YOMIURI ONLINE2014年12月31日】

今季、国内で発生が相次ぐ高病原性鳥インフルエンザ。識者は「今後も、どこかで発生する可能性は極めて高い」と警鐘を鳴らす。

 環境省によると、渡り鳥のシーズンは10月頃から翌年4、5月頃。中国や韓国を経由するなどして南下し、日本に飛来する。農水省によると、このルート上の中国、韓国で今年、鳥インフルエンザが多発している。

 喜田宏・北海道大人獣共通感染症リサーチセンター統括(ウイルス学)は「渡り鳥が中国から韓国を経由して、日本にウイルスを運び込んでいるとみられる。宮崎、山口両県は比較的に大陸に近く、野鳥が飛来しやすい」と指摘する。環境省によると、野鳥やふんなどから高病原性ウイルスが検出された事例は過去3季はなかったが、今季は千葉、島根、鹿児島など5県で計9件に上る。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141231-OYS1T50016.html

ttps://archive.today/rooZ8
posted by BNJ at 15:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国が全国の農場で消毒作業へ、口蹄疫と鳥インフルに対応【ロイター.co.jp2014年12月31日】

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国政府は、口蹄疫と鳥インフルエンザの相次ぐ発生を受けて、年末年始にかけて全国の農場で消毒作業を実施し、家畜の輸送を制限する方針を明らかにした。

韓国では7月以降口蹄疫の発生が相次いだが、これまで感染は同国の中部に限定されていた。ただ、今週になってソウルから50キロメートルの畜産農場で感染が確認された。

農林畜産食品省によると、これまで豚2万3000頭近くを殺処分した。同省によると、鳥インフルエンザは9月下旬以降、40カ所以上の養鶏場とソウル近くの市場で発生が確認されている。当局はこれまでに52万6000羽を殺処分した。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0K817O20141230

ttps://archive.today/lJS4G
posted by BNJ at 15:57 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国から輸送のニワトリ、鳥インフル検出 香港の市場【朝日新聞デジタル2014年12月31日】

 中国広東省から生きたまま香港に輸送されてきたニワトリの一部から鳥インフルエンザウイルス(H型)が検出されたとして、香港政府は31日、同じ市場にいた約1万5千羽のニワトリを殺処分にすると発表した。市場も21日間閉鎖して、消毒する。
 香港メディアによると、ウイルスが検出されたのは広東省恵州の養鶏場で飼われていたニワトリ。30日にサンプル調査で陽性反応が出たため、さらに調べたところ、ウイルスが確認された。しばらくは中国からの輸送を禁じ、香港内で飼育されているニワトリについても感染の有無を調べる。今後、中国側の当局とも調査を進めるという。(広州=延与光貞)
http://www.asahi.com/articles/ASGD03DNNGD0UHBI005.html

ttps://archive.today/Qr2JS
posted by BNJ at 15:54 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル、愛媛異常報告されず 県が緊急会議【愛媛新聞ONLINE2014年12月31日】

宮崎県と山口県での強毒性のH5型高病原性鳥インフルエンザウイルス確認を受け、愛媛県は30日、緊急防疫会議を県庁で開いた。県は県内で100羽以上を飼育する養鶏農家161戸に29日実施した聞き取り調査で異常は確認されていないと報告。緊急防疫策として、消毒用消石灰を全農家に配布することを決めた。
 会議には県畜産課と県家畜保健衛生所の職員13人が出席。三好晶夫農林水産部長が「全国各地の野鳥でウイルスが確認されており、いつどこで発生してもおかしくない状況。万全の備えとして予防対策と危機管理体制の強化が必要だ」とあいさつ。野生動物の鶏舎内侵入防止と、鶏舎周辺・農場出入り口の消毒徹底を、農家にあらためて指導することを再確認した。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20141231/news20141231616.html

ttps://archive.today/mcRpL
posted by BNJ at 15:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口)感染封じ込めに全力 「焼き鳥のまち」長門【朝日新聞デジタル2014年12月31日】

 高病原性の鳥インフルエンザウイルスに感染した鶏が見つかった長門市。県や市の職員らは30日、鶏の処分や消毒などに追われた。「焼き鳥のまち」として観光振興にも力を入れてきただけに、地元では風評被害を心配する声も聞かれた。

 今回、殺処分の対象となった鶏は約3万7千羽。県や市は30日未明から段階的に職員計約500人を現地に派遣。職員らは現場の養鶏場から約7キロ離れた長門農業者トレーニングセンターで防護服に着替え、作業に向かった。

 萩農林事務所から駆けつけた古江寿和さん(44)は「鶏が鳴き声を上げてかわいそうだったが、農家の方はよりこたえているだろう」。鶏舎の中は蒸し暑く、ゴーグルが曇って作業がしづらかったという。(全文はリンク先で)
http://www.asahi.com/articles/ASGDZ3FZKGDZTZNB005.html

ttps://archive.today/JCnZ6
posted by BNJ at 15:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島)県内116戸異常なし 鳥インフル警戒体制へ【朝日新聞デジタル2014年12月31日】

隣県の山口県長門市の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたことを受けて、広島県は30日午前、畜産関係団体や県畜産事務所などの関係者を集めた防疫対策会議を開いた。県は県内での発生に備え、注意体制から県農林水産局が主体となる警戒体制に格上げし、初動対応の準備を始めた。

 県畜産課は同日、畜産事務所を通じて、100羽以上を飼育する県内全116戸の養鶏農家に電話で異常の有無を確認し、異常がないことを確認した。防疫対策会議では、部外者の養鶏場への立ち入りを制限することや、防鳥ネットなどで野鳥の侵入阻止に努めることを改めて呼びかけた。

 県内で警戒体制が敷かれるのは、島根県で鳥インフルエンザが確認された2010年以来2回目。西本好宏畜産課長は「鳥インフルエンザは感染性が強く、早期に封じ込めるために、野鳥や野生動物の侵入の阻止が大切」と話した。(杢田光)
http://www.asahi.com/articles/ASGDZ43F4GDZPITB006.html

ttps://archive.today/zl09T
posted by BNJ at 15:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル「初動対応が重要」 和歌山県が対策室設置【産経ニュース2014年12月31日】

 宮崎や山口県内の養鶏場で、死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、和歌山県は30日、感染防止に向けて「鳥インフルエンザ対策室」を設置した。県庁南別館で第1回幹事会を開き、山口などでの状況を確認する一方、養鶏農家への指導を行った。

 県では、複数の都道府県で鳥インフルエンザの感染が確認された場合、対応マニュアルに基づいて対策室を設置すると規定。増谷行紀・農林水産部長を室長に、畜産課や危機管理課など21の課・室で対応にあたる。県畜産課によると、県内では橋本市など紀北地方を中心に、養鶏農家約80戸で約100万羽の鶏が飼育されている。県は渡り鳥のシーズンの11月に全養鶏農家を対象に立ち入り検査し、野生動物の侵入防止や消毒の徹底などについて指導した。今回の発生を受け、改めて、異常な鶏が発見された場合は速やかに報告することなどを通達した。

 この日開かれた幹事会では、宮崎や山口での発生状況や防疫措置の確認▽県内での今後の対応や防疫対策の強化−などについて協議。増谷対策室長は「県内でも、いつ発生してもおかしくない。いかに封じ込めるか初動対応が重要だ」と述べ、万全の態勢を整えるよう指示した。
http://www.sankei.com/region/news/141231/rgn1412310014-n1.html

ttps://archive.today/Ftvqq
posted by BNJ at 15:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎)環境省「調査尽くしたい」 鳥インフル緊急調査【朝日新聞デジタル2014年12月31日】

 今季2例目の鳥インフルエンザ発生を受け、環境省の緊急調査チームが30日、高岡総合支所に集まった。初日は、宮崎市高岡町と隣接する小林市野尻町に向かい、ダムなど3カ所で野鳥を観測。この日は異常は見られなかったという。

 同省九州地方環境事務所の中村陽子・野生鳥獣感染症対策専門官は、「渡り鳥の多い時期はどこでも起こり得る」と指摘。防疫意識が高いと言われる宮崎で相次いだことに対し、「鶏を守るためにも一生懸命調査したい。養鶏家の方たちも大変だとは思うが、引き続き対策を続けてほしい」。

 また、総合支所の駐車場に設けられた消毒ポイントでは午前7時から午後3時半までに鶏の飼料を運ぶ車など約50台が消毒を受けに来た。都城市から新富町へ向かう産廃業の男性(38)は、「出入りする先々で消毒している。大変だが、移動中もこまめに消毒ポイントに寄っている」と話した。(伊藤あずさ)
http://www.asahi.com/articles/ASGDZ6JPXGDZTNAB00L.html

ttps://archive.today/Yha50
posted by BNJ at 15:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする