2015年01月31日

=東西松浦駅伝= 2月1日号砲【佐賀新聞LiVE2015年1月31日】

 第68回東西松浦駅伝大会(佐賀新聞社主催、唐津市・伊万里市・有田町陸上競技協会主管、佐賀ダイハツ販売特別協賛)は1日、伊万里市の大川梨選果場から唐津神社までの4区間30・7キロで開かれる。西松浦郡有田町で高病原性鳥インフルエンザが確認された影響で区間が短縮された。唐津、玄海、伊万里、有田の地域や職域などでつくる20チームが健脚を競う。13面に関連記事 

 優勝争いは有力選手がそろう鏡体協を中心に、昨年優勝の玄海町体協、2年ぶりの頂点を狙うSUMCO伊万里などが追う展開が予想される。大川町体協、伊万里中校区体協に七山体協なども躍進が期待される。

 レースは午前10時に大川梨選果場前をスタート。唐津市の浪瀬峠を越えて国道203号を北上する。唐津神社ゴールは午前11時45分ごろの予定。

■東西松浦駅伝通過予定時刻

 大川梨選果場スタート 10:00

 浪瀬公民分館     10:30

 相知支所       10:50

 唐津自動車学校    11:15

 唐津神社ゴール    11:45

〜ご協力のお願い〜

 第68回東西松浦駅伝大会は、伊万里−唐津間でレースを開催します。一般道路を使うため、レース中は交通渋滞が予想され、ご迷惑をおかけします。選手の安全確保と事故防止のため、以下の事項にご協力をお願いします。

 (1)大会関係車両以外は伴走できません。

 (2)現場警察官や交通指導員の指示に従ってください。

 (3)沿道での応援は、一般車両の通行や大会運営に支障のないよう、お願いします。

 (4)選手や関係車両が通過する際は、無理な道路の横断は避けてください。

 (5)浪瀬峠での応援はできません。

 (6)中継所やフィニッシュ付近は特に混雑が予想されます。現場警察官や審判員の指示に従ってください。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10104/151675

ttps://archive.today/sQaN4

posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イワミセキレイ:高原・御池野鳥の森に飛来 撮影のため餌付け横行 日本野鳥の会県支部「悪影響及ぼすのでやめて」 /宮崎【毎日新聞2015年1月31日】

 日本野鳥の会県支部は、高原町蒲牟田の「御池野鳥の森」で、国内での越冬が珍しい渡り鳥・イワミセキレイの飛来を確認した。森にあるキャンプ村駐車場では県内外から訪れたアマチュアカメラマンらが撮影のために餌をまいており、県支部は「貴重な野鳥に悪影響を及ぼす行為。やめてほしい」と呼び掛けている。(全文はリンク先で)
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/m20150131ddlk45040573000c.html

ttps://archive.today/KDbOK
posted by BNJ at 23:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンよちよち散歩 名港水族館で31日から【中日新聞2015年1月31日】

 名古屋港水族館(名古屋市港区)は三十一日、ペンギンたちが屋外に出て来館者の間近を散歩する「よちよちウオーク」を始める。昨年十二月下旬スタートの予定だったが、岐阜県可児市で鳥インフルエンザが発生したため見合わせていた。このほど国の野鳥監視重点区域指定が解除されるなど終息。三十日はリハーサルをした。

 よちよちウオークは今年で六年目の恒例行事。比較的暖かさに強く、気温一五度ほどでも元気に過ごすジェンツーペンギン八羽が、敷地内の広場に長野県から運んだ雪十トンでつくった山を目指し、建物から五十メートル行進する。毎日午前十一時四十五分に出発。ペンギンたちは雪山で二時間遊んだ後、午後二時から再び歩いて建物に戻る。

 リハーサルで外に出たペンギンたちは見慣れぬ光景に戸惑い気味。キョロキョロと周りを見回しながら、まず一歩。飼育員に促されると、胸を前に突き出して羽を広げるおなじみのポーズでよちよちと歩きだした。

 担当飼育員は「普段のガラス越しと違い、間近でペンギンを観察できるこの時期だけのチャンス。逃さず会いに来て」と話している。月曜休館。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20150131/CK2015013102000043.html

ttps://archive.today/b1yyM

この愛添い遂げたい 鳥類センターがペンギンお守り [福岡県]【西日本新聞2015年1月31日】

 バレンタインデーを前に、久留米市東櫛原町の市鳥類センターが、飼育しているケープペンギンの羽根を使い「縁結びのお守り」(400円)を作った。40個限定で2月1〜14日に販売する。
 お守りはこの時期恒例の企画で、今年で5回目。スタッフの樋口なおみさん(31)が毎年、いろんな鳥の羽根で手作りしている。
 ケープペンギンは体長60〜70センチ、体重3〜4キロの中型のペンギン。南アフリカ沿岸に生息している。つがいになると一生添い遂げるという習性があり、今年のお守りに選んだ。
 同センターでは9羽を飼育。3組のカップルがいて「毎日、同じ個室で寝るほど仲がいい」という。
 お守りは長さ約2センチの羽根を付けたストラップ型。抜け落ちた羽根を消毒して使用している。樋口さんは「ケープペンギンのように永遠のパートナーと結ばれた人がいるとうれしい。もちろん、デートは鳥類センターに来てくださいね」と話していた。
 11日には来場者の先着100人に、ハート形の菓子をプレゼントする。
=2015/01/31付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/142739

ttps://archive.today/mtV8O

(惜別)佐渡とき保護会顧問・佐藤春雄さん トキの生きる道、探り続けた【朝日新聞デジタル2015年1月31日】

 さとう・はるお 2014年12月9日死去(心不全)95歳 12月13日葬儀

 日本の空から一度姿を消したトキの「生きる道」を守り続けた人生だった。

 戦時中、トキを顧みる人はあまりいなかった。出征先の朝鮮半島から故郷の佐渡島に戻り、1947年に野生の姿を捜しあてた。高校教諭をしながら、夜明け前に自転車で遠出。木に隠れて生息数を数えたり、フンを集めたり、観察に没頭した。

 国の特別天然記念物に指定された52年当時、島内のトキは約20羽まで減っていた。「絶滅をくいとめたい」と翌年、佐渡朱鷺(とき)愛護会(現・佐渡とき保護会)を設立。住民や新潟県に開発や農薬の使用の抑制を呼びかけ、トキ保護の礎を築いた。

 史跡を歩き、名水は味見する。疑問に思えば、何でも丁寧に調べた。勤め先の高校では、長らく野鳥部の顧問だった。教え子の一人で、日本野鳥の会佐渡支部の土屋正起さん(64)は「何にでも興味を持つように言われた」と振り返る。

 探究心は、トキの観察でも発揮された。薄桃色、灰色の2種類がいるとされていたが、繁殖期に首周りを背中などにこすりつけて羽の色を変える生態をいち早く発見。学会に論文を出したが、当初は認められず、苦い思いも味わった。

 2003年、飼育していた日本産最後のトキである「キン」が死亡。キンは捕獲後、繁殖を試みたがうまくいかなかった。ただ、同じくトキの絶滅が危ぶまれていた中国と交流が生まれる懸け橋となった。キンの位牌(いはい)を作って丁重に弔い、「言葉がわかるなら『ありがとう』と言ってやりたい」と話していた。

 放鳥、野外での産卵・子育て……。島内の繁殖は徐々に軌道に乗り、自然の中に約140羽が生息している。晩年は、自宅近くにも飛来するようになったトキを見て心から喜んでいた。(角野貴之)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11580204.html

ttps://archive.today/K6m0z
posted by BNJ at 23:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする