2015年02月11日

コサンケイ婿入り【YOMIURI ONLINE2015年2月11日】

 ワシントン条約で国際取引が規制されているベトナム中部原産の固有種で、キジ科の鳥「コサンケイ」の雄1羽が10日、繁殖のため、鯖江市西山動物園(鯖江市桜町)に運ばれた。24日から一般公開される。

 同動物園では現在、2012年4月に生まれた雌1羽を大阪市の天王寺動物園から借りて飼育。昨年3月に雄1羽が急死し、新たなペアの雄を探していた。

 この日、仲間入りした雄は12年5月に東京・上野動物園で誕生。約9時間かけて車で運ばれ、オリに放されると緊張したのか、しばらくじっとしていた。

 雌の体は茶色だが、雄は光沢のある青黒い色で、顔は赤く、白い冠羽を付けている。園の担当者は「早く慣れて、子孫を増やしてほしい」と期待する。コサンケイは生息地の戦争破壊や密猟で個体数が減少。国内では10施設で38羽(13年12月現在)が飼育されている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150210-OYTNT50047.html

ttps://archive.today/1nDBv

日高地方に今年も越冬タンチョウ【YOMIURI ONLINE2015年2月11日】

 日高地方の河原で越冬するタンチョウ3羽が観察された。タンチョウは釧路湿原で知られるが、個体数が増えて営巣地が拡大しているとされ、日高地方では3年ほど前から目撃されている。

 道のタンチョウ越冬分布調査によると、2014年1月には道内で計1159羽を確認。日高地方では13年1月の調査でつがいとみられる2羽が、14年1月には親子とみられる3羽がそれぞれ確認された。十勝地方でも13年1月に19羽、14年1月に39羽が確認されており、営巣地が釧路地方から西へ広がっている。

 日高地方で越冬中の3羽のうち2羽は成鳥のつがいで、もう1羽は昨年生まれた若鳥とみられる。日高地方は積雪が少なく、川も全面結氷せず、3羽は河原などで餌をついばんでいる。

 タンチョウの生態に詳しい正富宏之・専修大北海道短大名誉教授は「成鳥は毎年確認されている同じつがいの可能性が高い。営巣適地の密度が高くなった道東から、新しい場所に移動し、とどまっていることの表れだ」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20150211-OYTNT50005.html

ttps://archive.today/8xMSJ
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井城跡のサクラ“延命”処置へ 調査委方針【産経新聞2015年2月11日】(鳥害)

 福井城跡(福井市大手)石垣の保存管理に向けた対策を検討している県の調査委員会(委員長、仁科章・元県立歴史博物館長)は10日、県庁で開いた会合で、エノキ14本が石垣上部の裏側に生え、石を外側に押し出すなど、大きな影響を与えているとして、全て伐採する方針を決めた。一方で観光資源となる、樹齢約60年(推定)を含むソメイヨシノ56本はすべて残し、うち空洞化している約3割の木について“延命”処置を講じるとしている。

 調査委では、平成26年10月22〜24日に行った石垣の樹木14種137本の成長測定と診断結果が報告された。樹木はソメイヨシノ56本、マツ(アカマツ、クロマツ)41本、ヒイラギ16本、エノキ14本など。このうち、果実を食べた鳥の排泄(はいせつ)によって自然発生したエノキの問題点を指摘。平均樹高約12メートル、直径50センチに達したものは、石を浮き上がらせたり、外側へ押し出したり、根が抱き込んだりしているため、石に割れ目をつくったり、石が落下寸前の状態になるなど、大きな影響を与えていた。さらに委員は「萌芽(ほうが)しやすい」として、伐採後に根株を枯らす必要があるとした。

 ソメイヨシノについては「石垣を押しておらず心配ない」(委員)と判断。空洞化したものは腐朽部の切除など外科的処置をとることで高樹齢(樹齢約100年)まで生存可能とした。

 マツは雪害や風害などで折損や揺れによる石垣の緩みなどに影響が懸念されるとして高さを約15メートル以下に抑えるとした。

 県は、樹木の伐採や剪定(せんてい)を平成27〜29年度に行う方針。また、調査委では、石垣のはらみ(ふくらみ)を3年ごとに定点観測し、毎年2回ひずみ計で簡易測定する▽瓦御門周辺の石垣の欠損については27、28年度に補修する。今年7月までに試験的に北側石垣の樹木の伐採と剪定、欠損している石垣の補修を行う方針。
http://www.sankei.com/region/news/150211/rgn1502110036-n1.html

ttps://archive.today/qbqxb
タグ:鳥害
posted by BNJ at 23:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高円宮妃久子さま撮影の野鳥写真を展示 横浜・三渓園【朝日新聞デジタル2015年2月11日】(ほか1ソース)

 「高円宮妃殿下写真展〜鳥たちの煌(きらめ)き」が11日から、横浜市中区本牧三之谷の三渓園で始まり、オープニングセレモニーに高円宮妃久子さまが出席した。写真展は19日まで。

特集:皇室とっておき
 写真展は、久子さまが国内外で撮りためた、野鳥の写真約50点を展示。横浜市内で撮影したカワセミや、ブラジルで撮影したハイガシラソライロフウキンチョウがバナナをついばむ写真などがある。久子さまは、大学時代の撮影の思い出などを語り「皆さんも鳥の写真を撮る機会を是非持って頂きたい」とあいさつした。

 久子さまは国際環境NGOの野鳥保護団体「バードライフ・インターナショナル」の名誉総裁も務めているという。セレモニーには、欧米などの大使館関係者も招かれた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150211-OYT1T50088.html

野鳥を「この子」と…久子さま撮影の写真展【YOMIURI ONLINE2015年2月11日】
 高円宮妃久子さまが撮影された野鳥の写真展「高円宮妃殿下写真展―鳥たちの煌きらめき―」が11日、横浜市中区の日本庭園「三渓園」で始まった。

 開会式で、久子さまは「写真を通して鳥の環境に思いをはせ、美しい地球について考えていただきたい」とあいさつされた。

 羽繕いをするカワセミや、レンズを真正面から見つめるメジロのほか、エジプトやブラジルの野鳥などを収めた約50点が、数寄屋造りの「白雲邸」に展示されている。大学時代は写真部で活動し、国際的な野鳥保護団体の名誉総裁を務める久子さまが、公務の合間に撮影された。

 久子さまは鳥を「この子」と呼びながら、林文子・横浜市長や各国の大使らに、撮影時の様子を楽しそうに話されていた。19日まで。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150211-OYT1T50088.html

ttps://archive.today/Dg3k7
ttps://archive.today/Dg3k7
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、鳥インフルで1月の死者は28人【産経新聞2015年2月11日】

 中国国家衛生計画出産委員会は11日、中国本土で1月に報告された鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者は83人で、死者は28人だったと発表した。

 120人以上の感染が確認された昨年1月に比べて少なく、感染のペースは昨年よりも鈍化している。各地方当局は生きた鳥を扱う市場を閉鎖するなど対策を強化しており、一定の効果を上げているとみられる。

 今年は広東省や福建省で感染者が増加。昨年の感染者は香港などを含め約340人、死者は130人以上となった。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/150211/wor1502110063-n1.html

ttps://archive.today/yoeO6
posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DNA Reveals How Darwin's Finches Evolved【NationalGeographic2015年2月11日】(DNA解析/ダーウィンフィンチ)

Warren Cornwall
National Geographic
PUBLISHED FEBRUARY 11, 2015

Wide, slender, pointed, blunt: The many flavors of beak sported by the finches that flit about the remote Galápagos Islands were an important clue to Darwin that species might change their traits over time, adapting to new environments.

Share

Email
More ≫
Now scientists peering into the DNA of these birds have found a piece of genetic code that contributes to the striking variation in beak shape. (Watch a video to learn more about the unique animals of the Galápagos.)

The discovery is described in a study published today in the journal Nature that also brings fresh insights into the forces that drive the formation of new species. The birds' past−and their current connections to one another−is more tangled than previously thought.

The Galápagos finches are ideal subjects for observing the drama of evolution. The islands kept them isolated from competition with other birds on the South American mainland, and each island became its own little world. As a result, the 14 species show a startling range of beak shapes. Each is finely tuned to a specific way of getting food.

To actually see evolution take place, starting in 1973 Rosemary and Peter Grant began spending months each year on the tiny volcanic outcrop called Daphne Major, meticulously measuring changes in the shapes and sizes of the finches there in tandem with variations in food supply and climate. The married scientific team are among the authors of the new paper. (Learn more about the Grants.)

In the new article, scientists for the first time sequenced the genomes of the finches. They looked at 120 individuals, drawing from all of the known species.

By comparing the genomes, they found a handful of subtle variations that appear connected to beak shape. The most obvious is in a gene known as ALX1, which is critical to the formation of facial and head bones. In humans, the malfunctioning of this gene results in deformities such as cleft palates. In the finches, a tiny difference in the ALX1 gene distinguished between birds that use a blunt, stout beak to crack open tough seed casings, and other birds whose more pointy beaks are better equipped to pick little seeds off the ground.

Among the ground finches (Geospiza fortis) of Daphne Major, birds that inherited the blunt version of the gene from both parents had the bluntest beaks, those with one blunt and one pointy version of the gene had intermediate beaks, and those with two pointy variants had the sharpest.

"I'm convinced that these are one of the changes that is explaining the difference between blunt and pointed [beaks]," said Leif Andersson, a geneticist at Sweden's Uppsala University, and one of the paper's authors.

William Provine, a professor at New York's Cornell University and an expert in the history of evolutionary science, cautioned that the picture of which genes are controlling beak shape might not be as clear as this paper suggests. If more finch genomes are deciphered, the results could add new twists. "You don't know what else affects beak shape," Provine said.

Andersson said they are now working to expand the collection of finch genomes, in hopes it will further clarify the genes driving differences between the birds.

Picture of Darwin's bird specimens including finches and Mockingbirds from the Galapagos
Galápagos mockingbirds (upper right) first gave Darwin the idea that island species might vary. Back in England, he examined the finches (three species on upper left; bottom left is a yellow warbler) more closely and realized their significance.
PHOTOGRAPH BY PAUL D.STEWART, SCIENCE PHOTO LIBRARY/CORBIS
Origins of New Species

Additionally, the researchers discovered the species categories weren't as neat as they appeared. One species was made up of three distinct genetic groups, and the genomes of others are more similar than the team expected, suggesting that the birds interbred much more than we had realized, and over a longer time period, say the Grants.

"The most important take-home message may be that species are not fixed, shut off from other species by inability to interbreed. On the contrary, for a long time, millions of years in some cases, they are capable of exchanging genes," the Grants wrote in an e-mail.

The ground finches on Daphne Major illustrate why this can matter to the survival of a species. There, the G. fortis finches have interbred with two other species that tend to have pointy beaks, adding more of the pointy-beak variants into the gene pool. When a devastating drought hit the island in the mid-1980s, the Grants watched as the G. fortis population veered toward a pointier beak better suited to the remaining food supply.

This new discovery−that interbreeding plays a bigger role in evolution than previously thought−echoes the first scientific encounter with these birds, said Frank Sulloway, a historian of science who has written extensively about Darwin. When Darwin first set foot on the Galápagos in 1835, the birds varied so much he failed to realize they were all finches. Another scientist pointed it out when he returned to England.

"In a sense he was fooled by the extraordinary complexity and diversity," Sulloway said. "What this most recent study shows is this process of unfooling ourselves is still going on."
http://news.nationalgeographic.com/news/2015/02/150211-evolution-darwin-finches-beaks-genome-science/

ほぼ同内容の日本語版ニュースもあります。合わせてご覧ください。
リンク先に写真、図もあります。

ttps://archive.today/12g8y
進化における遺伝子の役割、ガラパゴスの鳥類研究で解明進む【WSJ2015年2月12日】(ダーウィンフィンチ)
posted by BNJ at 23:52 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「渡良瀬遊水地を世界遺産に」 小山市、予算案に調査費320万円計上【産経新聞2015年2月11日】

 小山市は10日、ラムサール条約登録湿地の渡良瀬遊水地の世界文化遺産登録を本格的に検討していく方針を明らかにした。足尾銅山の世界遺産登録を目指す日光市や、足尾鉱毒事件を告発した政治家・田中正造の出身地である佐野市などと連携。調査費約320万円を、平成27年度一般会計当初予算案に計上した。

 渡良瀬川上流の足尾銅山は日本初の公害事件とされる足尾鉱毒事件の発生源となったが、現在は植樹事業などで緑が回復しつつある。一方、遊水地周辺は野鳥が訪れる自然の宝庫だ。

 小山市は、足尾銅山から渡良瀬遊水地のエリアを「未来へ向けた環境教育の拠点」と位置づけ、公害と戦った田中正造の存在も合わせて世界遺産に登録されれば、地域振興にプラスになると判断。日光、佐野両市や遊水地の約7割を抱える栃木市にも呼びかけ、世界遺産登録に必要な条件や具体的な活動内容について4月から本格的に調査・研究を始める。大久保寿夫市長は「個別に(世界遺産登録を)目指すのではなく、連携していく方策を考えていきたい」と述べた。

 小山市は10日、総額599億8千万円の27年度一般会計当初予算案を発表。前年度比0・4%増。人口減少対策や観光振興などに重点を置いている。
http://www.sankei.com/region/news/150211/rgn1502110023-n1.html

ttps://archive.today/5bIvG
posted by BNJ at 23:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Police and RSPB appeal for information on shooting of protected bird【The RSPB News2015年2月11日】(射殺されたヒメノガン)

Norfolk Police and the RSPB have appealed for anyone with any information about the shooting of a little bustard in Norfolk last month, to come forward.

The bird was discovered dead on a road close to the village of Blofield, five miles from Norwich, on January 22nd and the RSPB and Norfolk Police were informed.

A post-mortem veterinary examination found that the bird had very recently been shot and that this had caused its death.

The little bustard is a pheasant-sized member of the bustard family native to the grassland plains of the steppe in southern Europe and Asia. Although there is a breeding population in France it is a very rare vagrant to the UK.

Mark Thomas, Senior Investigations Officer with the RSPB, said, “Little bustards are protected at all times of year and are the focus of intensive conservation efforts in the countries where they breed.

“Evidence suggests that this bird is likely to have died very close to the location where it was shot although it is unknown how it ended up on a road near Blofield.”

Inspector Jon Papworth, of Norfolk Constabulary, said: “It is a crime to intentionally shoot a little bustard, as it is with all protected birds. We are keen to hear from anyone who knows the circumstances of what happened in this case.”

Please contact Inspector Papworth by calling Norfolk Police on the non-emergency number of 101.
http://www.rspb.org.uk/news/390516-police-and-rspb-appeal-for-information-on-shooting-of-protected-bird

ttps://archive.today/7JhmD
タグ:ヒメノガン
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうひとつの動物園:守り・伝える/67 ライチョウ/13 /東京【毎日新聞2015年2月11日】

毎日新聞 2015年02月11日 地方版

 ◇持ち帰った卵5個ふ化

 上野動物園の高橋幸裕さん(49)らは、ノルウェーのトロムソ大学の研修で学んだことを、日本でどのように応用すればよいかを話し合った。「高温多湿の東京での飼育環境は?」「飼料は国産で代用できるのか」−−。話は尽きなかった。高橋さんは「日本でライチョウをどう飼育するか。それだけを考えていた」と振り返る。

 ノルウェーには数種のライチョウが生息し、狩猟が許可されている。スーパーマーケットでも売っており、お祝いごとがあれば食べる身近な食材だ。研修中、現地で「日本はライチョウを食べ過ぎて生息数が減ったのか?」と聞かれたという。

 当初の予定では、研修の翌年2009年にスバールバルライチョウの卵を譲り受けることになっていた。だが、研修中も順調に産卵が続いたため、08年6月後半から7月10日ごろまでに産卵し冷蔵庫に保管してあった卵を持ち帰る許可が出た。

 同月中旬、高橋さんらはクッションを入れた段ボール箱へ23個の卵を慎重に詰め、手荷物として日本へ運んだ。帰国後の検査で有精卵は7個と分かり、8月5日に5卵がふ化した。国内初のスバールバルライチョウの人工ふ化に成功。そのうち雄2羽が元気に育ち、3度目の低地飼育が始まった。【斉藤三奈子】
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150211ddlk13040005000c.html

ttps://archive.today/XLt1h
タグ:ライチョウ

コウノトリ「武生」ひ孫が韓国に 遺伝子交流へ一歩前進【福井新聞ONLINE2015年2月11日】

 1970〜71年に福井県武生市(現越前市)白山・坂口地区に飛来したくちばしの折れたコウノトリ「武生」のひ孫に当たる雄1羽が、韓国・済州島に渡ったことが10日、分かった。2005年に兵庫県が放鳥を始めて以来、同県の豊岡盆地で巣立ったコウノトリが国境を越えたのは、昨年3月に韓国に渡った雌1羽に続き2例目。

 現地の野鳥保護団体の男性が8日、済州島西部の海岸で写真を撮影。韓国環境生態学研究所の研究者を通じて兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園が写真を入手し、個体識別用の足環から10日確認した。

 この雄は昨年4月に同県豊岡市内の人工巣塔で、「武生」の孫に当たる雌から生まれ、6月に巣立った。12月に長崎県で目撃された後、韓国に渡ったとみられる。

 郷公園の担当者は「コウノトリの野生復帰が本格的に進むには、国内外の個体群同士で遺伝的交流が進むことが大切。それに向けて一歩前進といえる」と話している。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/miraitsunagu/63816.html

ttps://archive.today/uz67g
posted by BNJ at 16:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分)幸せ運んで…宇佐平野にコウノトリ飛来【朝日新聞デジタル2015年2月11日】

 国の特別天然記念物・コウノトリが1羽、宇佐平野に飛来したのを宇佐市赤尾地区に住む藤原孝巳さん(69)が発見した。幸福を運んでくるといわれるコウノトリ。地元の人たちは喜び、大切に見守っている。

 藤原さんがコウノトリを発見したのは1月21日。水辺を歩きながら小魚などのえさを探している姿を見つけ、「宇佐自然と親しむ会」の大塚政雄会長に確認してもらった。背の高さは1・5メートル前後。白い体に羽の先端が黒いという特徴がはっきり見えたという。宇佐平野は県内最大の穀倉地帯だが、大塚会長は「過去、宇佐にコウノトリが飛来した記録はない」という。

 コウノトリを繁殖させている兵庫県立コウノトリの郷公園に朝日新聞中津支局が写真をメールで送って照会したところ、同園からも「間違いない」という回答が寄せられた。

 同園は、育てたコウノトリに足輪を付けて放鳥しているが、つけていないものも3羽いるという。今回、宇佐で見つかったコウノトリに足輪はなかった。同園は、3羽のうちの1羽である可能性があるほか、大陸から飛来した野生のものである可能性もあるとしている。

 藤原さんは「明るい話題として地域の人たちは大喜びで、ずっといてもらいたい。保護のための啓発活動を行いたい」と話す。飛んで逃げて行かぬよう、極力、人の姿を見せないように気をつけているという。

■昨年末はマナヅルも

 宇佐市内では、昨年12月23日にマナヅルの姿も確認された。海岸部の水田で1羽が確認された後、しばらく見かけなかったが、1月14日に再び姿を現したという。「宇佐自然と親しむ会」は2003年からツルを観察しており、飛来が確認できたのは12年12月以来。地元の農家は、トラクターを徐行運転するなどして気を配っているという。(占部正彦)
http://www.asahi.com/articles/ASH2B32MSH2BTPJB002.html

ttps://archive.today/UzV7J
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福呼ぶフクロウ郵便局 願書持ち込む受験生続々 和歌山【朝日新聞デジタル2015年2月11日】

 受験シーズンが本格化しているなか、受験生たちが集まる郵便局が和歌山県紀の川市にある。秘密は、局舎内を埋め尽くすフクロウの置物。「森の賢者」と呼ばれ、「不苦労」「福来路」といった語呂合わせもあるこの鳥にあやかろうと、受験生や親たちがここから願書を出すためだ。

 国道24号を少し入った住宅街にある下井阪簡易郵便局。20畳ほどの局舎内は、どこを見てもフクロウばかり。いつしか「ふくろう郵便局」と呼ばれるようになった。

 国公立大の願書受け付けが始まった1月26日、朝から受験生や家族らが願書を手に続々とやって来た。紀の川市に住む女性(72)は自宅近くに大きな郵便局があるのに、わざわざ足を運んだ。「今年は孫が受験。お姉ちゃんもここで送って無事に合格した。きっといいことがある」と目尻を下げた。

 2007年から郵便局を運営する石橋彰彦さん(57)一家がフクロウにこだわるきっかけは、1995年12月にさかのぼる。路上でけがをして羽をバタつかせていたフクロウを発見。保護して、自宅で傷の手当てをした。「ポポ」と名付け、家族みんなでかわいがった。3カ月後に死んでしまったが、長女の植松久美子さん(30)が埋葬することに反対し、剝製(はくせい)にして自宅玄関に飾った。

 すると不思議なことに、一家にどんどん幸運が舞い込んできた。長男が希望する大学に合格したり、懸賞で10万円相当の旅行券が当たったり。そこで石橋さんたちはフクロウの置物や茶わんなどを集め始め、まずは郵便局内に飾り物3体を置いた。

 しあわせは、郵便局を訪れた人たちにも運ばれた。「病気が良くなった」「無理だと言われていた大学に合格した」……。朗報とともに、感謝の印としてフクロウの置物を渡されるようになり、一家が集めたものも含めて置物は今や1千点以上に。最近は近畿だけでなく九州からもお客さんが訪れるようになった。お正月には「郵便局詣で」に訪れ、フクロウに手を合わせる人もいた。

 中学受験の願書受け付けのピークだった年始には、1日だけで70通近い願書が持ち込まれる日も。超難関校の灘中(神戸市)に願書を送るため、神戸市から来た親子も4組いた。

 先月、愛光中(松山市)に次男が合格したという西洋子さん(43)=和歌山市=は自宅から車で1時間近くかけてやってきて、願書を出していた。昨年11月の模擬試験の結果が悪く親子で落ち込んだ時、知人から聞いた郵便局のことを思い出したのだ。「フクロウがいっぱいで思わず笑顔になった。このつらい時だからこそ、子どもに必要なのは私の笑顔なんだと教えられた気がした」と感謝する。

 石橋さんもお客さんの話を聞くのが大好き。「たくさんのフクロウがお客さんに笑顔を運んでくれる。笑顔こそが、みなさんに幸せを呼ぶのかもしれません」(宋潤敏)
http://www.asahi.com/articles/ASH1R62K5H1RPXLB01V.html

ttps://archive.today/rF8SF
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 09:03 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする