2015年02月15日

【近ごろ都に流行るもの】“癒やし鳥”フクロウ 触れ合える場が続々開店【産経ニュース2015年2月15日】

 神秘的な「森の賢者」、フクロウが癒やしの鳥として人気だ。ここ2年ほどの間に触れ合い施設が続々開店。もふもふの羽毛と丸い瞳、おっとりしたしぐさに魅了される人が増えている。個体は15万円ほどからと高価で、生々しい小動物を餌に与える…など、飼育のハードルは高いもののペット需要も増えており、おしゃれな飼育本が「飼った気分になれる」と好評だ。(重松明子)

 東京・秋葉原の「アキバフクロウ」。正午の開店時間になると、整理券を手に待ち構えていた15人の男女ですぐに満席になった。静かに出迎える12羽のフクロウとは対照的に、人間は「わー!」「めっちゃかわいい!」と興奮状態である。

 「安らぎと癒やしのお部屋」をテーマに昨年8月に開店した。1時間入れ替え制で入場料1500円。

 最初にスタッフから生態の説明や触るにあたっての注意が語られる。「フクロウちゃんがポトッと落としたものは、ウンが付いてくる縁起物とお考えください。お近くの宝くじ売り場は…」と笑いを誘う。頭をなでたり、腕にとまらせたりでき、フラッシュを使わなければ写真撮影も自由。15羽すべて種類が違い、大きさも顔つきもさまざま。全員に名前がある。


ヨーロッパコノハズクの「さとし」を腕に乗せ、「想像以上にかわいい」と満足そうな女性客=東京・秋葉原のアキバフクロウ

 「僕はこの『たこ焼き』ちゃんが一番好きですね」と、大型のユーラシアワシミミズクをなでていた40代の国立大職員は関西在住だがリピーターだという。「気品がありベタベタしてこないのが魅力。飼うのは難しいので、こんな場はうれしい。今度は母親を連れてきたい」

 社員証を下げたままの妙齢のOLは「昼休みに抜けてきた。瞳がきれい」とうっとり。

 こんな「想像以上のかわいさ」に目覚めた来店客のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)投稿などで短期間に評判が拡散。連日定員の9割が埋まる盛況だ。いかにもアキバっぽい大学1年と予備校生の男子3人連れも、「ネットで知ってきてみたくなった」。

 同店によると、「フクロウの触れ合い施設は東京と近郊に10軒ほどあるが、サブカルチャーが集まる秋葉原から、日本独特の新文化として発信したかった。営業時間や休日などフクロウの健康を最優先して運営したい」。
http://www.sankei.com/premium/news/150215/prm1502150004-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/150215/prm1502150004-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/150215/prm1502150004-n3.html

ttps://archive.today/fEZJ2
ttps://archive.today/7sbr7
ttps://archive.today/fNtxF

山口知事、就任1ヵ月 「現場主義」実践も…、真価問われる具体策 [佐賀県]【西日本新聞2015年2月15日】(鳥インフルエンザ)

2015年02月15日(最終更新 2015年02月15日 00時17分)
原発再稼働
玄海原発の事故時に一時退避施設となる体育館を視察する山口祥義知事(中央)=1月29日、唐津市の馬渡島
玄海原発の事故時に一時退避施設となる体育館を視察する山口祥義知事(中央)=1月29日、唐津市の馬渡島
写真を見る
 山口祥義(よしのり)知事は14日で就任1カ月を迎えた。就任直後に発生した鳥インフルエンザでは、すぐさま現地入りし「現場主義」を実践。新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画をめぐっては、13日に県庁で会談した左藤章防衛副大臣に対して慎重な姿勢を見せ、受け入れに前向きだった古川康前知事との違いを見せた。しかし、知事選で掲げたスローガン「世界に誇れる佐賀」の実現に向けた道筋はまだ不透明。県政トップとしての手腕が問われるのはこれからだ。
 「県民の1番の私への期待は安全・安心の問題ということを感じた。その期待に応えたい」。今月5日の初の定例会見。山口知事は就任後の感想をこう語った。
 就任直後は危機管理の対応や対策に当たる場面が続いた。就任3日後の1月17日に県内初の鳥インフルエンザの感染疑い事例が判明。22日は玄海原発を視察し、24日は原発事故に備えた原子力防災訓練を実施。29日には唐津市の三つの離島を訪れ、原発事故時の一時退避施設も見学した。
 鳥インフルエンザの対応では感染疑い事例が出ると、引っ越しなどのために出張していた東京から引き返し、翌18日未明に現地の有田町に入った。今月には「現地の本部長が多くの業務を抱えている状況があった」とみて、現地本部の態勢を見直す方針を表明。「消防庁などで数々の災害対応に当たった経験からくる危機管理意識の高さ」(県幹部)を表した。
   ■   ■
 「私の県政は前県政の承継ではない」。就任当日にこう語った山口知事。オスプレイの佐賀空港配備計画では、左藤副大臣に「計画が明確でない」と述べ、受け入れるかどうかの態度を保留。古川前知事の路線踏襲ではないことを示した。
 県職員からは「細かな指示や確認があった前知事と比べ、山口知事は職員に任せてくれる」と評価する声が多く聞かれる。一方で「知事とやりとりすると、佐賀を十分に知らないことが分かる。自らの選挙公約すら、背景をよく理解せずに掲げたのでは」といぶかる声も。
 任期途中に辞職した古川前知事が、知事選では山口知事の対立候補の支援に回ったことから「引き継ぎがうまくいっていない」と指摘する声も聞かれた。
   ■   ■
 県政運営の真価が問われるのはこれから。9日に発表した2015年度当初予算案には、就任間もないことから知事の意向は反映されていない。元総務官僚として知事選のリーフレットに掲げたアピールポイントは「地域再生のスペシャリスト」。そのアイデアや戦略はまだ具体的に見えてこない。
 オスプレイの佐賀空港配備計画をはじめ、玄海原発再稼働、国営諫早湾干拓事業の開門問題といった国政課題への対応に加え、人口減少が続く県の浮揚にどう道筋をつけるのか。県の財政状況が厳しいなか、待ったなしの課題が突き付けられる。「世界に誇れる佐賀」の具体像をいかに提示し、実現に向けた一歩を踏み出せるのかが評価の分かれ目となりそうだ。
=2015/02/15付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/145665

ttps://archive.today/uJeeP
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウソ」っ!来たっ!最上公園 新庄・一昨年はほぼ全滅、気をもむ関係者【山形新聞2015年2月15日】

 新庄市の桜の名所として知られる最上公園に、桜の花芽を食べるウソが出没し始めた。一昨年はウソの食害で同公園の桜は全滅に近い被害を受けただけに、関係者は気をもんでいる。

 ウソはスズメより少し大きな鳥で、夏場はガの幼虫などを餌にしているが、冬は桜などの花芽を好んで食べる。2年前の冬には新庄盆地から秋田県南にかけて大規模な食害に遭い、桜がほとんど咲かない場所もあった。

 最上公園に隣接する堀端町に住む県写真連盟顧問で登山家でもある菅原富喜さん(82)によると、新庄周辺のウソは普段、神室連峰の標高千メートル付近に生息しており、ほとんど人里には下りてこないが、今冬は1月下旬から最上公園周辺に現れるようになったという。

 「今冬は山の雪が多く、普段餌にしているミネザクラ(タカネザクラ)が食べられないのではないか」と菅原さん。吹雪など荒天の日に現れることが多く、10羽前後の集団がほんの数十分で1本の花芽を食べ尽くすときもあるという。

 ウソの食害は花芽が付き始める今月いっぱいが要警戒。今のところ「一昨年のように全滅するような勢いではない」(菅原さん)というが、例年、最上公園内では大型連休中にカド焼きまつりが開かれるだけに、「桜が咲かないと盛り上がらない」と市商工観光課も渋い顔だ。

 ウソの食害防止には忌避剤の散布が有効だともいわれるが、「金もかかることだし…」と同課。桜の名所が無事、春を迎えられるかは“ウソ次第”となりそうだ。
http://yamagata-np.jp/news/201502/15/kj_2015021500305.php

ttps://archive.today/gJqdP
タグ:ウソ 鳥害
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクチョウ親子すいすい【YOMIURI ONLINE2015年2月15日】(松江フォーゲルパーク)

 松江市大垣町の花鳥園「松江フォーゲルパーク」で生まれたコクチョウのひな2羽が元気に育ち、親鳥と一緒に水面をすいすい泳ぐ姿が来場者の人気を集めている。

 2羽は昨年12月24日に生まれ、現在の体長は50〜60センチ。ふわっとした灰色の羽毛と黒いくちばしが特徴だ。ひなの間はハクチョウのひなと外見が似ているが、生後約1年で、真っ黒な羽と赤いくちばしの成鳥になるという。

 温室で飼育されている2羽は、親鳥に見守られながら、一緒に泳いだり、羽繕いをしたり。愛くるしい様子をカメラに収める来場者の姿もあった。

 家族で訪れた同市春日町の看護師、御神本みかもと茉梨香さん(32)は「公園などではあまり見かけないので、とても新鮮」と笑顔。長男の夏都なつちゃん(6)は「かわいかった」と喜んでいた。(寺田航)
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20150214-OYTNT50051.html

ttps://archive.today/22lhb

【鳥インフル】広東省で50人感染【産経ニュース2015年2月15日】

 15日付の中国紙、広州日報は、広東省梅州市の男性(45)が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことが確認され、今年に入ってからの同省の感染者は50人になったと報じた。

 香港政府の集計によると、2013年3月に初めて感染者が確認されて以降、中国本土ではこれまでに573人の感染が確認され、うち広東省では最多の162人の感染者が出ている。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/150215/wor1502150028-n1.html

ttps://archive.today/3Wwuf
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道)野鳥観察イベント受難 根室、3年連続の荒天【朝日新聞デジタル2015年2月15日】


写真・図版
「野鳥の楽園」風蓮湖を見渡す「道の駅」の展望台では、朝から除雪作業が行われた=根室市

 発達した低気圧の影響で14日の道内は荒れ模様になり、根室市が主催する野鳥観察のイベント「ねむろバードランドフェスティバル」は漁船やバスによる様々なガイドツアーがすべて中止された。フェスティバルはこの3年続けて天候に恵まれず、関係者は肩を落としている。15日の開催は未定だ。

 根室市内では13日夜から雪が降り、14日は朝から強風が吹き荒れて積もった雪も巻き上げられた。

 ツアーの中止には、全国から訪れている野鳥ファンもがっかり。神奈川県平塚市の自営業先崎晴幸さん(64)は風蓮湖を見渡せる道の駅まで根室市観光協会の車で運んでもらった。「ブログでオオワシの写真を見て、来るのが念願でした。あすは何とかツアーができるといいが」とうらめしそうに空を眺めた。

 荒天にたたられるのは3年連続。一昨年は船上ツアーがすべて中止、開催期間を長くした昨年も、客が集中する週末が悪天候で、半数以上が中止された。

 野鳥観光でまちおこしを図る根室市にとって、同フェスは秋の「さんま祭り」と並ぶ一大イベント。昨年は総務省の「地域おこし協力隊」事業の予算で、自然野鳥観光推進員として有田茂生さん(39)が着任した。

 有田さんは「悪天候に当たらないようにと昨年とは時期をずらした。冬道運転が怖い観光客のためにバスツアーも増やしたのだが」と悔しがる。15日も強風が予想されているが、安全を確保できる範囲での実施を検討するという。(六分一真史)
http://www.asahi.com/articles/ASH2G3VXSH2GIIPE003.html

ttps://archive.today/mKb9P
タグ:探鳥会
posted by BNJ at 23:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Male Mandarin Ducks Are Flashy Suitors But Poor Fathers【NationalGeographic2015年2月15日】(オシドリの生態、換羽)

Male Mandarin Ducks Are Flashy Suitors But Poor Fathers
Females are left to rear ducklings while males get together for a molting party.
Picture of a Mandarin ducks (the male is colorful)
Mandarin drakes and ducks, which have been introduced in Europe and the United States, are native to East Asia. Because they usually mate long-term or for life, the birds are symbols of fidelity and marital bliss in Japan and China.

PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC

Patricia Edmonds
National Geographic
PUBLISHED FEBRUARY 15, 2015

The mandarin drake "possesses an amazing and bizarre plumage which makes him one of the most beautiful and striking ducks−indeed one of the most beautiful birds−in the world." So says Christopher Lever, an eminent British conservationist and one of the world's leading authorities on mandarin ducks (Aix galericulata).

Share

Email
More ≫
His statement begs a footnote. A mandarin drake hoping to mate is definitely a looker−but after he's achieved that goal? Not so much. (See National Geographic's backyard bird identifier.)

In Europe drakes sport what Lever calls "full breeding finery" in fall: green-and-copper head, purple breast, rust-colored ruff, orange-gold wings. Through the winter the courting male will preen, shake, and flash those feathers to entice the duller-hued female to mate.

By April or May the connubial deed is done, and the duck lays 9 to 12 eggs. (See "Beyond Testicles and Dads: 5 Legit Studies of Male 'Gear.'")

Picture of a male Mandarin duck (Aix galericulata) in full molt at Sylvan Heights Waterfowl Park
A male Mandarin duck (Aix galericulata) in full molt at Sylvan Heights Waterfowl Park in North Carolina.
PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC
The drake stays nearby for the 28- to 33-day incubation. But once ducklings hatch, females must rear them alone, while males adjourn to a summer-long molting party. (Watch a video of day-old Mandarin ducklings following their mother’s lead and diving from their nest.)

Dropping their come-hither feathers leaves drakes in what's called "eclipse plumage." Having also shed their primary wing feathers, they're temporarily flightless, so their drab looks serve as helpful camouflage from would-be predators.

As fall returns, the ugly-duck phase passes. Drakes suit up once more in nuptial plumage and go looking for love.
http://news.nationalgeographic.com/news/2015/02/150215-ducks-sex-animals-mating-science/

ttps://archive.today/H6pQh
タグ:オシドリ
posted by BNJ at 22:38 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新しいおうちに来てね」 親子で巣箱作りに挑戦 上郡【神戸新聞NEXT2015年2月15日】

 兵庫県上郡町八保甲の旧船坂小学校で15日、親子を対象にした「鳥の巣箱作り教室」が開かれた。町内外から参加した約50人が、住民らの指導を受けながら巣箱を製作した。

 町内の住民らでつくるボランティア団体「森のわくわく倶楽部」が、4年前から町内各地で主催している。

 巣箱には、スギの間伐材を加工した板を使用。参加者は板を組み立てていき、最後に直径1〜2センチほどの穴を開けた。さらに、板の表面をバーナーで焼き、木の枝や表皮で装飾した。

 約1時間半の作業で縦約20センチ、横約15センチ、奥行き約15センチの巣箱が完成。参加者の一部は、校庭の隅にある樹木に作ったばかりの巣箱を設置し、鳥たちが利用するように願を込めた。

 山野里小学校2年の女児(8)は「工作が楽しかった。きれいな鳥が私の巣箱に来てほしい」と話していた。(杉山雅崇)
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201502/0007742724.shtml

ttps://archive.today/oFR6K
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「トキ飼育の神様」李福来さん死去【新潟新聞モア2015年2月15日】

 1989年に中国・北京動物園で世界初のトキ人工ふ化に成功した李福来さんが78歳で死去したことが、14日までに分かった。北京動物園が公式サイトで明らかにした。日本のトキ繁殖にも携わったトキ飼育の第一人者だった。本県などの関係者からは「トキ飼育の神様みたいな人だった。とても残念」などと悼む声が上がった。

 公式サイトによると、李さんは1月25日に死去。国産最後の雄「ミドリ」が人工増殖のため佐渡から北京動物園に送られた際も、ペアリングなどに取り組んだ。

 94年に北京動物園を視察した際に李さんと面会した佐渡トキ保護センターの金子良則獣医師(56)は「トキは臆病だから、細心の注意を払って接しなさいと言われた。トキが李先生にとても慣れていたのが印象的だった」と振り返る。「もう一度北京動物園へ行き、互いの状況を語り合いたかった」と惜しんだ。

 中国のトキに詳しい環境文化創造研究所(東京)の蘇雲山主席研究員(63)は「中国のトキ関係者の尊敬を集めていた。とても穏やかで謙虚な人。経験豊富で、もっと活躍してほしかった」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150215163276.html

ttps://archive.today/PmOEL
posted by BNJ at 19:50 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする