2015年02月17日

古木にひっそり「森の哲学者」 苫小牧市内の森にフクロウ【苫小牧民報2015年2月17日】

 苫小牧市内の森で、野鳥のフクロウが古木のうろにいるのを見つけた。寒さに耐えるかのように、じっと身動きせず静かにたたずむ姿がかわいらしい。

 フクロウは、白く丸い体に焦げ茶色の模様が入っていた。夜行性のためか、見つけた昼間はあまり動かなかった。時々まぶしそうに目をしばたかせていた。

 フクロウを観察していた野鳥愛好家の男性によると、フクロウは昨年11月下旬から姿を現し始め、つがいと思われる2羽で行動していることもある。ほかの鳥に驚いてうろの奥に身を隠したり、しばらく姿を現さなかったりすることもあるという。

 フクロウはその外見から「森の物知り博士」「森の哲学者」などと呼ばれ、親しまれている野鳥。男性は樹上を見上げながら「とてもかわいいね」と目を細めた。
http://www.tomamin.co.jp/20150222283

ttps://archive.today/0a73s

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ、無事帰って 安曇野で北帰行始まる【信濃毎日新聞2015年2月17日】

 長野県安曇野市の犀川白鳥湖や御宝田遊水池などをねぐらに越冬していたコハクチョウの北帰行が始まった。一帯の飛来数を毎朝数えている「アルプス白鳥の会」が17日朝、ピーク時(1月末)の725羽から118羽減り607羽になっているとして、北帰行が始まっていると判断した。例年並みで、昨年より3日早い。

 白鳥の会事務局の会田仁(まさし)さん(65)によると、今季の安曇野へのコハクチョウ飛来数は昨季より約100羽多かった。会田さんは「電線に衝突して死んだとみられるコハクチョウが2羽、キツネに食べられたとみられるものが1羽いたが、全体としては平穏なシーズンだった」と振り返った。

 コハクチョウの北帰行は始まったばかり。同市豊科田沢の犀川白鳥湖では、午前6時半すぎに降り出した雪の中、群れごとにコウコウと鳴き交わしてから一斉に近くの水田などに向けて飛び立つなどしていた。

 白鳥の会代表の原とみ子さん(80)は寂しさもにじませながら「今シーズンはハクチョウたちに(旅立つ前に見せる)そわそわした様子を感じないうちに北帰行が始まった。みんな無事に生まれ故郷に帰ってほしい」と話した。
http://www.shinmai.co.jp/news/20150217/KT150217FSI090002000.php

ttps://archive.today/ApjQt
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江フォーゲルパーク、一畑が指定管理者へ【山陰中央新報2015年2月17日】


島根ワイド : 松江フォーゲルパーク、一畑が指定管理者へ

 島根県松江市大垣町の花と鳥の公園「松江フォーゲルパーク」を運営するカモ(静岡県掛川市、加茂元照社長)が3月末で撤退し、4月から一畑電気鉄道(松江市中原町、今岡和志社長)と、新設される一畑パーク(同、大谷厚郎社長)の共同事業体が運営主体となることが16日、分かった。入場者数の低迷とグループ企業の破綻でカモの経営が悪化したのが要因。フォーゲルパークを共同管理する松江市が施設を買い取り、一畑側に貸し付けるとともに指定管理者に選定する。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=550785004

ttps://archive.today/yMYaa
島根)松江フォーゲルパーク、市が取得へ 8100万円【朝日新聞デジタル2015年2月20日】

県人口減対策が始動 予算案4589億円【YOMIURI ONLINE2015年2月17日】(福井県/コウノトリ放鳥)

◇4.8%減 知事選控え骨格編成

 県は16日、4589億3700万円の2015年度一般会計当初予算案を発表した。知事選(4月12日投開票)を控え、新規事業は3月14日の北陸新幹線金沢開業への対応など必要最小限に抑え、前年度比4・8%減の骨格予算とした。一方、国の補正予算を活用するため、14年度一般会計補正予算案に人口減少対策や消費喚起のための事業費103億円を前倒しして盛り込み、一体の予算とした。18日開会の県議会に提案する。(原典子)

 ◇歳入

 県税は前年度比9・5%増の1000億3200万円を見込み、7年ぶりに1000億円台に回復。消費増税分が通年で反映されるようになったのが主な要因。地方交付税は1・1%減の1326億円で、償還時に全額を国からの交付金で賄える臨時財政対策債(臨財債)を合わせた実質額は1564億7000万円で4・1%減。臨財債を除く県債は11・8%減の265億600万円で、公共事業が減って起債が抑制された。

 原子力関連の収入は14・3%減の300億円。法人住民税と同事業税が54億円から37億円に減少したことなどが響いた。核燃料税は、前年度と同様に、原発が停止していても出力に応じて課税される出力割の61億円のみを計上。関西電力高浜3、4号機や美浜1、2号機など新年度に再稼働や廃炉となる可能性のある原発もあるが、現況で見込んだ。

 ◇歳出

 任意に削減できない人件費、扶助費、公債費の義務的経費は前年度比1・7%増の2327億6300万円でほぼ横ばい。公共事業費を例年の50〜70%に抑え、新規事業を原則6月補正に先延ばししたため、投資的経費は20・8%減の827億7300万円にとどまった。

 1月に敦賀開業を3年前倒しの22年度中とすることが決まった北陸新幹線建設事業の県負担金は、5億2800万円増の41億4200万円。大規模な工事となる九頭竜川架橋や新北陸トンネルなどに充てる。

 新年度予算案の編成について記者会見した西川知事は、昨年から有効な施策を考える検討チームを庁内に置くなど取り組みを強化している人口減対策を念頭に、「今の段階で効果があるだろうと思ったものを入れ、(人口減少食い止めへ)キックオフした」と説明。「福井で実行できる試みを幅広く、粘り強くやっていく」と述べた。

 ◇261億円減額補正案

 県は16日、増額分との差し引きで261億円を減額する2014年度一般会計補正予算案を発表した。補正後の一般会計総額は前年度同期比4・6%減の4628億5400万円。

 中小企業への融資制度の利用や、災害復旧費が当初見込みより少なかったため、364億円を減額補正。一方、国の補正予算を活用して原発から半径10キロ圏内の福祉施設など5か所で進める放射線防護対策費(10億5400万円)や、18年の福井国体でメイン会場になる福井運動公園の体育館改築費(4億円)など、新年度に行う事業費計103億2000万円を前倒し計上した。

 ◇コウノトリ7月放鳥へ


順調に育つコウノトリ(県提供)
 越前市で飼育している国天然記念物のコウノトリ放鳥事業には、2000万円をつけた。現在は環境省と文化庁への許可申請に向けた準備を進めており、7月の実施を目指す。

 県は兵庫県立コウノトリの郷さと公園出身のペアを飼育中で、昨年は同公園から譲り受けた卵から3羽が誕生。放鳥に向け餌場環境などを調えてきた。

 そのうち何羽を放鳥するかは未定だが、早ければ3月下旬か4月上旬にも、ケージが広い同公園に移して訓練を行い、野生への適応力を見極める。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150216-OYTNT50050.html

ttps://archive.today/Aq5jz

ヒレンジャク 山中湖村に飛来【YOMIURI ONLINE2015年2月17日】

 山中湖村に冬の渡り鳥「ヒレンジャク」が飛来し、村内の別荘に来ていた前橋市六供町の天沼和男さん(63)が撮影に成功した。

 やまなし野鳥の会(甲府市)によると、ヒレンジャクは冬に飛来する渡り鳥で、頭部の冠羽と、鮮やかな緋色ひいろに染まった尻尾が特徴。11月〜3月頃にかけて日本で越冬しており、山中湖周辺では比較的目撃情報が多い。飛来する数や場所は年ごとに違い、姿を全く現さないこともあり、同会では「愛鳥家にとっては『気まぐれな鳥』で、狙って見つけるのは難しい」と話す。

 天沼さんは15日朝に別荘近くを散歩中、20羽くらいの集団で移動しながら木の実をついばんでいるのを見つけたといい、「今年は見られないと思っていたので、見ることができて良かった」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20150216-OYTNT50225.html

ttps://archive.today/wRTpv
posted by BNJ at 23:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八郎潟干拓地冬鳥観察会【YOMIURI ONLINE2015年2月17日】

 2月22日午前9時・JR秋田駅東口バスターミナル、同9時10分・県庁前、または午前10時、JA大潟村駐車場集合。

 日本野鳥の会県支部主催。2〜3月にかけガン、ハクチョウが集結し、オジロワシ、チュウヒなどが見られる八郎潟干拓地周辺をバスで巡る。午前10時〜正午まで同支部会員の解説を聞きながら観察。村公民館で昼食後、午後3時頃に秋田駅に戻る予定。

 参加費1000円、小学生以下無料。昼食、筆記用具、手帳、あれば双眼鏡を持参する。直接集合場所へ。同支部事務局の船橋さん018・866・0066。
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/event/etc/20150217-OYTBT50011.html

ttps://archive.today/BWIFl
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍鳥「ズグロカモメ」が飛来 鳥取の米子水鳥公園【産経WEST2015年2月17日】

世界的に希少な渡り鳥「ズグロカモメ」1羽が、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来した。

 幼鳥とみられ、公園の池の上空をひらひらと舞いながら、餌のゴカイなどを探している。

 ズグロカモメは単独で行動することが多く、冬に見られる頭頂の淡い黒い線や、黒く短いくちばしが特徴。全長32センチ。夏は頭部が黒くなるため、鳥名に「頭黒」が付けられたという。

 主に中国東部沿岸で繁殖。台湾のほか九州でも越冬するが、生息数は世界で1万羽前後とみられている。
http://www.sankei.com/west/news/150217/wst1502170013-n1.html

ttps://archive.today/caUsm
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鴨川シーワールド】春爛漫の房総半島!海の動物たちと楽しむ春イベント「ジョイフルスプリング2015」開催【プレスリリース2015年2月17日】(エトピリカ)

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート 2015年2月17日 10時30分

春爛漫の房総半島!海の動物たちと楽しむ春イベント
鴨川シーワールド「ジョイフルスプリング2015」開催
2015年2月28日(土)〜4月5日(日)
 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井一利)では、2015年2月28日(土)〜4月5日(日)の期間中、一足早い房総の春を満喫しながら、海の動物と春を楽しむイベント「ジョイフルスプリング2015」を開催いたします。

@ 夕暮れの空にシャチが舞う!
「シャチ・スプリング・スペシャルパフォーマンス」 (2/28〜4/5の土日・他 計15日間)
17:30からオーシャンスタジアムでは、夕暮れの空にシャチが舞う、幻想的でダイナミックなシャチパフォーマンスがお楽しみいただけます。



開催日 :2015年2月28日(土)・3月1日(日)・7日(土)・8日(日)・
     14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)・27日(金)・
     28日(土)・29日(日)・30日(月)・31日(火)・
     4月4日(土)・5日(日)


開催時間:各日 17:30より開始
開催場所:オーシャンスタジア
料 金 :観覧無料 (※別途入園料が必要)

A 動物観察クイズ&スタンプラリー
「スプリングスタディーガイド」期間限定販売 (3/1〜4/5)
園内12ヶ所のスタンプラリーを楽しみながら、飼育係が考えたオリジナルのクイズに挑戦。
目の前の海の動物たちをじっくりと観察し、クイズを解いて海の生き物博士を目指します。ゴール地点では、
クイズの解説ノート&鴨川シーワールドオリジナルグッズをプレゼントいたします。

開催期間:3月1日(日)〜4月5日(日)
料  金:1冊300円
販売場所:正面ゲートおよび園内各ギフトショップで販売

B 15:15以降はお得に入園 !
「スプリング トワイライト入園プラン」 (2/28〜4/5の土日・他 計15日間)
15:15以降は特別割引料金でご入園いただけます。「シャチ・スプリング・スペシャルパフォーマンス」 を含め、 4種類の動物パフォーマンスをすべて満喫することができます。

開催日 :2015年2月28日(土)・3月1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・21日(土)・
     22日(日)・27日(金)・28日(土)・29日(日)・30日(月)・31日(火)・4月4日(土)・5日(日)
料 金 :大人(高校生以上) 1,500円 (※通常価格2,800円)
    :小人(4歳〜中学生) 1,000円 (※通常価格1,400円)
営業時間:9:00〜18:00(通常より営業時間を1時間延長)
     ※3/28は8:30〜18:30、3/29は8:00〜18:30(さらに延長!)

C 巨大水槽の前で魚たちとすごす幻想的な一夜
「トロピカルアイランド・ナイトステイ」(3/21、3/27、3/28、4/4の計4日間)
トロピカルアイランドの最深部「無限の海」の巨大水槽を目の前にして幻想的な一夜を過ごすナイトステイ



開催日 :2015年3月21日(土)・27日(金)・28日(土)・
     4月4日(土)
募集人員:40名(要予約)
料 金 :大人(高校生以上) 12,000円
    :小人(小・中学生) 10,000円
参加資格:小学生以上(小学1〜4年生は大人の付添参加者が必要)
     ※寝袋の持参が必要。(レンタル@¥1,050あり)
内  容:・シャチ・スプリング・スペシャルパフォーマンス観覧
     ・トロピカルアイランド裏方見学
     ・「サンゴ礁の願い Coral Message」体験
     ・ベルーガタッチ
     ・レストラン「サンクルーズ」での夕食ビュッフェ
     ・飼育員による動物レクチャー
     ・ナイトアドベンチャー(夜の水族館探検)
     ・トロピカルアイランド 巨大水槽前でのナイトステイ
予約受付:電話にて参加申込み受付実施中
     鴨川シーワールド サービス課
     TEL.04−7093−4803 (電話受付時間:10:00〜16:00)

D イルカやセイウチに見つめられ、水中観察窓前ですごす夢の一夜
「ロッキーワールド・ナイトステイ」
ロッキーワールド地階 イルカやセイウチ、アシカなどの水中観覧窓を目の前にして夢の一夜を過ごすナイトステイ


開催日 :2015年3月21日(土)・27日(金)・28日(土)・4月4日(土)



募集人員:80名(要予約)
料  金:大人(高校生以上) 12,000円
    :小人(小・中学生) 10,000円
参加資格:小学生以上(小学1〜4年生は大人の付添参加者が必要)
     ※寝袋の持参が必要。(レンタル@¥1,050あり)
内  容:・シャチ・スプリング・スペシャルパフォーマンス観覧
     ・トロピカルアイランド裏方見学
     ・「サンゴ礁の願い Coral Message」体験
     ・イルカタッチ(雨天時はベルーガタッチ)
     ・レストラン「サンクルーズ」での夕食ビュッフェ
     ・飼育員による動物レクチャー
     ・ナイトアドベンチャー(夜の水族館探検)
     ・ロッキーワールド地階 水中観覧窓前でのナイトステイ
予約受付:電話にて参加申込み受付実施中
     鴨川シーワールド サービス課
     TEL.04−7093−4803 (電話受付時間:10:00〜16:00)

E シャチもイルカもアシカも眠る夜の水族館を探検!
「ナイトアドベンチャー」(夜の水族館探検)
普段見ることができない夜の水族館を、トレーナーや飼育員の案内で巡るスペシャルナイトツアー。海の動物たちの貴重な姿を観察します。




開催期間:2015年3月22日(日)〜26日(木)・
     29日(日)〜4月3日(金)
料  金:大人(高校生以上) 850円
    :小人(4歳〜中学生) 650円 ※3歳以下無料
募集人数:各日100名(要予約)
開始時間:19:45集合、20:00出発
予約受付:3月10日(火) 9:00より参加申込受付開始
     (※参加当日の18:00までに電話にて申込)
     鴨川シーワールド サービス課
     TEL.04-7093-4803 (電話受付時間:9:00〜17:00)
※ナイトアドベンチャー実施日は18:00まで可
※詳しくは公式ホームページまたは鴨川シーワールドサービス課(04-7093-4803)までお問い合わせください。

F エトピリカが水中を飛ぶように泳ぐ!
ポーラーアドベンチャー「ピリカの森」が3月中旬にオープン
エトピリカ展示施設「ピリカの森」がロッキーワールド地階ポーラーアドベンチャーにリニューアルオープン!
北の海からやってきた希少な海鳥の生態を間近でご覧いただけます。



【エトピリカはどんな鳥?】
エトピリカは北太平洋の亜寒帯域に広く分布する海鳥で、
日本では北海道東部の沿岸に生息しています。

「くちばしが美しい」というアイヌ語が名前の由来で、
鮮やかなオレンジ色の大きなくちばしをもっています。
【空を飛ぶように水中を自在に泳ぐ!】
彼らは翼と水かきのある足を使って水中に潜り、
小さな魚などを捕えて食べます。水の中で翼をはばたかせ、
エサを求めて自由自在に泳ぎ回る姿は必見です。


■鴨川シーワールド概要
名  称 :鴨川シーワールド
所在地  :〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
T E L :04-7093-4803
開  業 :1970年10月1日
開園時間:午前9:00〜午後5:00 (冬期の一部期間は午後4時閉園)
休館日 :不定休
入園料 :大人¥2,800、小人(4歳〜中学生)¥1,400、
     学生(高校・大学・専門学校生)¥2,200、65歳以上の方¥2,100
アクセス:車:館山自動車道君津I.C.より約35km、JR:東京駅から約2時間、
     アクアライン高速バス:東京駅から約2時間
U R L :http://www.kamogawa-seaworld.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kamosea Twitter:https://twitter.com/kamoseaOfficial

800種11,000点の海の動物を展示。海の王者シャチをはじめ、イルカ、アシカ、ベルーガ 4つの動物パフォーマンスが人気!ご家族や友人、そして大切な人とともに、海の仲間たちとの楽しい癒しのひと時をお楽しみください。
※鴨川シーワールドは、グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。

■グランビスタホテル&リゾートについて
グランビスタ ホテル&リゾートは、北海道で初めての本格的洋式ホテルとして誕生した北の迎賓館・札幌グランドホテルを有し、全国各地にシティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館、総合海洋レジャー施設、ゴルフ場、ハイウエイレストランなどの施設運営を通じ、ホテル運営受託事業、物販事業を展開、地域とともに歩んでいます。
企業名: 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
所在地: 東京都中央区新川1-26-9
創 立: 1958年8月27日 資本金: 1億円
代表取締役社長: 須田 貞則
T E L : 03-3297-8611
U R L :http://www.granvista.co.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/granvista.co.jp

≪施設一覧≫
札幌グランドホテル ・札幌パークホテル ・ホテル大阪ベイタワー ・熊本ホテルキャッスル ・銀座グランドホテル 章月グランドホテル ・黒部観光ホテル ・白良荘グランドホテル ・鴨川シーワールド ・鴨川シーワールドホテル ・苫小牧ゴルフリゾート72 ホテルゆもと登別 ・ホテル・ザ・ルーテル ・佐野ハイウエイレストラン ・足柄ハイウエイレストラン ・大津ハイウエイレストラン 熱海ビーチライン
posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎)イワミセキレイ、マナー守り撮って【朝日新聞デジタル2015年2月17日】

 高原町の御池野鳥の森で、国内では珍しいイワミセキレイが飛来している。昨年に続き、日本野鳥の会宮崎県支部が確認した。ただ、写真撮影のために餌付けする行為も見受けられるといい、同支部は「マナーを守って撮影を楽しんでほしい」と呼びかけている。

 同支部などによると、イワミセキレイは全長16センチほどで、胸に黒い帯がある。街中で良く見られるセキレイは上下に尾を振るが、イワミセキレイは左右に振る特徴がある。中国からシベリアで繁殖し、東南アジアなどで冬を越すという。

 野鳥の森にあるキャンプ村の駐車場付近で昨年11月中旬ごろ、撮影のために釣り餌のミルワームを置いたり、植物の枝を折ったりする行為を、同支部会員が確認。今年1月にも、ミルワームをくわえたイワミセキレイが撮影されている。

 同支部から連絡を受けた環境省えびの自然保護官事務所は「野生生物の生態系を壊しかねない」として、町観光協会と協力し「野生生物への餌付けはやめよう」などと呼びかける看板を数カ所に設置した。

 同支部の前田幹雄支部長は「餌付けによって渡りの時期がずれ、繁殖にも悪影響を及ぼしかねない」と話している。(佐藤幸徳)
http://www.asahi.com/articles/ASH235WY0H23TNAB00R.html

ttps://archive.today/JDykL
posted by BNJ at 08:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨)「森の宝石」ブッポウソウ、昨年も繁殖成功か【朝日新聞デジタル2015年2月17日】

身延山久遠寺近くの巣箱で7月中旬見られたブッポウソウ=身延山久遠寺提供

 青緑色の体に、赤いくちばしと翼の白斑の優美さから「森の宝石」とも呼ばれるブッポウソウ。「町の鳥」に選んで保護している身延町で、町教育委員会が設置した巣箱で昨年も繁殖に成功したとみられる。同町常葉の町下部地区公民館で、ブッポウソウの食べ残した甲虫や求愛に使われた貝のある巣箱、巣箱に出入りする写真などが展示されている。3月31日まで。

 ブッポウソウは4月末から5月上旬、東南アジアから飛来、クワガタやコガネムシなど大型甲虫をえさに子育てし、9月末から10月上旬に南方に帰る。

 身延山・久遠寺周辺はブッポウソウ繁殖地として1937年に国の天然記念物に指定された。しかし、その後、数が減ったため、町教育委員会は2008年から指定地とその周辺に巣箱をかけてきた。

 13年に3組のつがいが指定地外で目撃され、うち1組が子育てに成功したらしいことが分かった。昨年も、3組が目撃され、巣箱の食べ残しなどから、1組は子育てに成功したとみられる。また、別の巣箱からは求愛行動に使われる貝殻も見つかっているという。3組のうち1組は十数年ぶりに指定地内で観察された。巣箱の出入りも見られたという。

 新年度は繁殖場所を特定して、効率的な巣箱設置に生かすため、観察の密度を高めるという。
http://www.asahi.com/articles/ASH2F5392H2FUZOB00M.html

ttps://archive.today/uA5i4
ブッポウソウ今年も繁殖 身延町が痕跡確認【YOMIURI ONLINE2014年12月18日】
posted by BNJ at 08:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする