2015年02月21日

絶滅懸念ニホンライチョウ 大町で来年にも飼育再開【信濃毎日新聞2015年2月21日】(大町山岳博物館付属園)

北アルプスのニホンライチョウとひな=2009年7月、白馬乗鞍岳

新しいライチョウ舎の建設が進む大町山岳博物館付属園=20日
 大町市立大町山岳博物館が早ければ2016年にも、04年から中断している国特別天然記念物ニホンライチョウの飼育・繁殖を再開することが20日、分かった。同館は、公益社団法人「日本動物園水族館協会」(日動水)と環境省が進める保護増殖事業に加わり、約40年続けた国内唯一の低地飼育の実績を生かして、ライチョウ保護に向けた課題克服に再び挑む。

 同日、東京都内で開いた環境省の「ライチョウ保護増殖検討会」が採卵・飼育計画を了承した。計画によると、同省は今年6月、ライチョウの個体数が比較的安定している北アルプス乗鞍岳(長野・岐阜県境)周辺の巣から卵10個を採集。東京の上野動物園と富山市ファミリーパークで卵をふ化させ、育てる。

 順調に成鳥に育ち、複数のつがいができた場合は16年にも、大町山岳博物館でつがいを飼育する。将来は成鳥を野生に戻すことも検討する。

 ライチョウは絶滅が懸念されているが、生息域外で飼育・繁殖させる方法は確立されていない。同館は1963(昭和38)年にライチョウの飼育を開始。自然繁殖にも成功して5世代目まで誕生した。だが感染症などで個体数は減り、04年に最後の1羽が死んだ後は中断していた。

 その後、上野動物園が08年、ライチョウの飼育・繁殖を見据えて近縁種でノルウェーなどにすむスバールバルライチョウの飼育を開始。現在は長野市茶臼山動物園や富山市ファミリーパークなど全国の計6園で飼育・繁殖に取り組んでいる。昨年11月、保護増殖検討会がニホンライチョウの「生息域外保全実施計画」を決定し、具体化を進めていた。

 大町市は13年11月、14年の市制施行60周年記念事業の一環として、環境省などと調整の上でライチョウの飼育を再開する方針を発表。15年度からスバールバルライチョウを飼育する予定で、本年度は同館付属園にライチョウ舎を建設している。牛越徹市長は「ライチョウは山岳文化都市大町の大変重要なシンボル。飼育研究態勢の充実にしっかりと取り組みたい」としている。
http://www.shinmai.co.jp/news/20150221/KT150220ATI090015000.php

ttps://archive.today/dR7uv
ライチョウ人工飼育へ 富山市ファミリーパーク【北日本新聞ウェブ2015年2月21日】

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毛生え替わり個性的に 名港水族館のペンギン【中日新聞2015年2月21日】


モヒカン刈りのような頭になったアデリーペンギン。毛づくろいをしようとしても、頭の上にくちばしが届かない=名古屋港水族館で

 名古屋港水族館(名古屋市港区)で暮らすペンギンたちの繁殖が一段落し、羽毛が生え替わる「換羽(かんう)」の季節を迎えた。モヒカン刈り、トラ刈り、エリマキトカゲ…。抜け替わる羽毛が所々残った体は、さまざまな物にそっくりな十人十色の装いに。年に一度の“衣替え”は、三月上旬まで続く。

 換羽真っ最中なのは、アデリー、ジェンツー、ヒゲペンギン。古い羽根の下から新しい羽根が生えてくるため、まず体全体が一回りふくらんだ「ボサボサ」状態になり、古い羽根が次第に落ちていく。落ち方に個性があり、面白い見た目になる。

 換羽には二週間から一カ月程度かかる。この間は保温と防水を担うはずの羽根がうまく機能せず、水に潜れない。自然界では餌の魚を捕れない日が続くため、絶食状態になって徐々に痩せるという。ただ、水族館では飼育員がホッケなど魚の切り身を差し入れるせいで「激痩せ」は見られそうもない。

 「一風変わった風貌も、また格別のかわいさ」と話すのは、担当飼育員の東山崎(とうやまさき)のぞみさん(31)。「実は落ちた羽根の掃除が大変ですが…。笑えます」。名港水族館は月曜休館。

 (中野祐紀)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20150221/CK2015022102000040.html

ttps://archive.today/JEBJ2

妙高市:15年度当初予算案 197億2500万円で3年連続の減 /新潟【毎日新聞2015年2月21日】(ライチョウ)

毎日新聞 2015年02月21日 地方版

 妙高市は20日、新年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比3・0%減の197億2500万円で3年連続の減となった。総合体育館の建設事業などが終了したため。

 歳入は、市税の固定資産税が評価替えなどで1・2%減の43億4891万円。

 歳出は、妙高戸隠連山国立公園の発足に伴い、ライチョウの減少要因の調査やいもり池のスイレン除去など国立公園の保護・保全などの217万円や記念事業を合わせて1617万円、北陸新幹線関係では誘客宣伝などに1億1000万円をそれぞれ計上した。

 資材の高騰などの理由に一昨年11月に建設を凍結した妙高高原体育館(22億8000万円)の建設を再開する。新年度分は4億9339万円。

 新年度予算と合わせて、国の緊急経済対策に基づき、住まいのリフォーム促進事業(5092万円)などを盛り込んだ総額1億3817万円の補正予算と一体的な予算執行で、地方の消費を喚起していく。【浅見茂晴】
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20150221ddlk15010079000c.html

ttps://archive.today/wsgZq
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市動物園、ペンギン舎に鳥インフル対策ネット マリンワールド水族館は住宅地での生息環境再現 [福岡県]【西日本新聞2015年2月21日】

 福岡市の動物園、水族館のペンギンのすまいが、ちょっと様変わりした。周りの世界に影響を受けた変化だが、当のペンギンたちはこれまで通りのユーモラスな姿や動きで愛嬌(あいきょう)を振りまいている。
 ペンギンと言えば「氷の世界」を思い浮かべるのだが、水族館「マリンワールド海の中道」(東区)のケープペンギンのプールには、赤れんがに木の扉をあしらった壁がお目見えし、おしゃれなリゾートの雰囲気も漂う。
 ケープペンギンは南アフリカ沿岸に生息。人の一番近くに住むペンギンとされ、海水浴場や民家の庭に巣穴を掘ることも。これには海岸の開発や船舶事故による油汚染などで、生息域が狭まっていることも影響しているという。「野生のペンギンに起きていることを考えてもらうきっかけになれば」とプールを1月に模様替えした。テーマは「洋風別荘の裏庭」だが、重い現実も問いかけている。
 市動物園(中央区)は、鳥インフルエンザ予防のため、野鳥を防ぐ網がかけられない屋外で飼育していたフンボルトペンギンを、網で覆った別のペンギン飼育場に“一時避難”させた。ウイルスを運ぶ野鳥との接触を避け、当分の間はこの状態で展示するという。

内装が別荘の庭風にリフォームされた飼育プールのケープペンギン=福岡市東区のマリンワールド海の中道

鳥インフルエンザ対策で野鳥を防ぐ網で覆われたフンボルトペンギン舎=福岡市中央区の市動物園
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/147064

ttps://archive.today/wKAEq

ライチョウ人工飼育へ 富山市ファミリーパーク【北日本新聞ウェブ2015年2月21日】

■6月卵採集 繁殖・野生復帰目指す

 環境省は20日、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の絶滅を回避するため、…(全文はリンク先で)
http://webun.jp/item/7161965

ttps://archive.today/RUNA3
絶滅懸念ニホンライチョウ 大町で来年にも飼育再開【信濃毎日新聞2015年2月21日】(大町山岳博物館付属園)

迷鳥ツルんで飛来 高島【YOMIURI ONLINE2015年2月21日】(ナベヅル/カナダヅル)

 高島市安曇川町の水田に20日、カナダヅル2羽とナベヅルの幼鳥1羽が飛来しているのが確認された。静岡県磐田市で先月20日、同じ構成の3羽が見つかっており、それが湖国までやってきたとみられる。

 カナダヅルは額が赤く、体は灰色で、翼に褐色の羽が混ざっているのが特徴。北米やシベリア東部で繁殖し、米国南西部で越冬するため、国内で「迷鳥」が見つかるのはまれ。湖北野鳥センター(長浜市)は「県内への飛来が確認されたのは初めてでは」という。

 ナベヅルは鹿児島県での越冬が知られ、県内への飛来は過去20年で4件ほどという。

 3羽は家族のように仲良く落ち穂をついばんでおり、センターの池田昇平専門員は「群れから外れた2羽のつがいと、ひとりぼっちの幼鳥の間に仲間意識が芽生えたのでしょう」と話している。(宮明敬)
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20150220-OYTNT50416.html

ttps://archive.today/gY0pn
posted by BNJ at 19:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国由来トキ 骨軽く高飛行力【YOMIURI ONLINE2015年2月21日】

 佐渡市で放鳥されている中国由来のトキは、絶滅した日本産トキより長距離飛行に適した骨格になっていることが、佐渡トキ保護センターの獣医師金子良則さん(56)の分析でわかった。中国由来のトキの方が尾羽を支える骨が少なく、軽量化されており、金子さんは、移動の範囲を広げたことでトキが中国で絶滅を免れた可能性があると指摘している。(石原健治)

 金子さんは、1991年から同センターでトキの飼育繁殖にあたりながらトキの生態を調べている。

 金子さんが、95年に死んだ日本産最後の雄「ミドリ」と2003年に死んだ雌で日本産最後のトキとなった「キン」、同センターで保存されている1945年頃の死骸の計3体の骨格を詳細に調べたところ、尾羽を支える骨は、六つの尾椎と一つの尾端骨で成り立っていた。一方、同センターで飼育中に死んだ中国由来のトキ3体の骨格を調べたところ、いずれも尾椎の一つが尾端骨に連結・融合して一体化し、尾椎は五つしかなく、軽量化されて安定感が増していた。

 日本のトキは、野生下で絶滅が危ぶまれ出した頃には佐渡島から離れない留鳥になっていたが、金子さんによると、中国のトキは広大な大陸を何千キロも移動していたとする記述も文献に残されているという。

 金子さんは「大陸では日本ほど湿地や水田の密度が高くはなく、季節的な変化が大きいことから、長距離を移動する必要があった。生き残るために飛行能力を高めて、餌のある別の場所に移動できるように骨格を適応させてきたのではないか」とみている。

 動物の骨格変化について詳しい楠原征治・新潟大名誉教授(動物形態学)は「興味深い変化だ。尾端骨は舵かじ取りをする舵骨とも言われており、渡り鳥は発達している。尾羽を強く支え、飛ぶ方向を調節する機能をより発達させた可能性がある」と推測している。

 08年に放鳥が始まった中国由来のトキは、海を渡って本州本土にも度々飛来している。現在石川県珠洲市に生息しているトキは同年に最初に放たれたうちの1羽で、放鳥以来、新潟、福島、山形県など広範囲を移動してきた。

 現在、佐渡島の野生下には130羽を超えるトキが生息しているが、島内の生息環境が更に過密になった場合、本州へ群れやペアで飛行して繁殖する可能性も指摘されており、金子さんは「飛行能力の高さが、その移動にも役立つかもしれない」とも話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150220-OYTNT50293.html

https://archive.today/b4qqg
posted by BNJ at 19:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演:「アホウドリ」守れ 東邦大・長谷川名誉教授、狭山・入間野小で /埼玉【毎日新聞2015年2月21日】

 絶滅の危機にひんしたアホウドリの救出に心血を注いだ同鳥研究の第一人者で「アホウドリ先生」とも呼ばれる長谷川博・東邦大学名誉教授(66)の講演会が狭山市立入間野小(加藤仁校長、児童数432人、同市北入曽)で開かれた。

 講演で長谷川さんは、アホウドリの特徴について、翼を広げると約2・4メートル、体重は7キロ前後もある▽寿命は長く60年くらいは生きる▽海面をグライダーのように高速で飛ぶが5メートルも助走しないと飛び立てない−−とスライドも使って分かりやすく解説。おっとりした性格で人間を恐れず、簡単に捕らえられるため「アホウドリ」の名が付いたというエピソードも披露した。

 また、絶滅に陥った経緯については「100年以上前、欧米で羽毛が高値で取引されたことから乱獲が進んだ」と分析。殺された数は500万羽以上ともいわれ、「鳥柱」ができる繁殖地の鳥島も一時は100羽を切ったと説明した。

 長谷川さんは、こうした危機にいかにして立ち向かったかについても紹介。調査と研究を重ね、鳥島の斜面に繁殖用のコロニーを作り地滑りで壊れると別の場所に移した苦労談も披露した。また、アホウドリの模型とスピーカーで繁殖期の鳴き声を流し、成鳥たちの営巣環境を整えた試みについても説明。努力が実り、昨年12月時点で鳥島全体で1148羽が確認できるまでになったという。

 長谷川さんは「『アホウドリ』というバカにした名前でなく、美しい姿にふさわしい『オキノタユウ(沖の大夫)』に改称されることを望んでいる」と語り、講演を終了。児童の質問にも答え「人間の身勝手で大量に殺し絶滅寸前に追い込んだ。人間が追い込んだのだから誰かが救わなくてはいけない」と救出に全力を挙げる理由を強調した。【海老名富夫】
http://mainichi.jp/edu/news/20150221ddlk11040253000c.html

ttps://archive.today/LRpli
タグ:アホウドリ
posted by BNJ at 19:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎)豪快に繊細に野鳥活写 日南の川野惇さんが写真展【朝日新聞デジタル2015年2月21日】(ヤマセミ/アサクラサンショウクイ/ハヤブサ)

 日本野鳥の会会員の日南市飫肥の川野惇さん(72)が、同市のギャラリー花みずきで写真展を開いている。10年かけて日南や串間でとらえた約40種60枚のパネルを展示。「野鳥の写真を通して県南の豊かな自然を感じてほしい」と呼びかけている。3月2日まで。

特集:どうぶつ新聞
 串間市出身の川野さんは小さいころから鳥が好きで、東京在住のころは北海道や青森にも撮影に行った。定年退職後の2003年に日南市へ移り住んでからは、ほぼ毎日、日南や串間で野鳥を追っている。

 沖縄・西表島などに飛来記録があるアサクラサンショウクイを自宅近くで見かけたのは06年3月。ヒヨドリとけんかしているのに気づき、あわててカメラを取りに戻って撮影に成功。04年には同市北郷町の崖にヤマセミの巣を見つけた。5羽のひなが巣立つまで4〜5月の約2カ月間、通いつめた。自動撮影できるカメラを巣の近くに置き、飛び交う親鳥の姿もとらえた。

 環境省が絶滅危惧TB類とするヤイロチョウは09年5月に市内の山中で撮影。14年末には同市の広渡川河口で、環境省のレッドリストで「絶滅の危険が増大している種」とされるハヤブサと出会った。30メートル弱の距離まで近づき、笑いかけているような姿を収めた。

 表情豊かな鳥たちの写真に見入っていた日南市の女性(75)は「日本画の世界のよう。圧倒されました」と話した。(矢鳴秀樹)
http://www.asahi.com/articles/ASH255GZGH25TNAB008.html

ttps://archive.today/ZpBsO
posted by BNJ at 13:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木)渡良瀬遊水地に新3種 ナベヅルなど飛来【朝日新聞デジタル2015年2月21日】(オオモズ/ツクシガモ)

 渡良瀬遊水地にこの冬、これまで未確認だった野鳥3種が現れ、野鳥愛好家やカメラマンを喜ばせている。絶滅危惧種のナベヅルとツクシガモ、現在もとどまるオオモズで、確認種は259種に。本来の越冬場所は南北に散らばり、中間地点の渡良瀬遊水地が「ちょっと降りて休む、いわば『駆け込み寺』なのでは」との見方も出ている。

 元日の昼、渡良瀬遊水地野鳥観察会の一色安義会長に会員から「ナベヅルです」と電話が入った。駆けつけると、第2調節池の湿地でエサをあさっていた。かつては各地に飛来したが、現在は鹿児島県出水市に集中する。「谷中村周辺にナベヅルが多数越冬した言い伝えはありますが、遊水地の風景にぴったりでした」。翌朝、飛び去った。

 昨年12月。遊水地がマイナス4度のある早朝、オオモズ発見の報。30人ほどのカメラマンらが集結した。北日本で冬を越す鳥だ。年を越して、今も居続ける。

 ツクシガモは第1調節池に現れた。九州の有明海などに渡来する。2月初めころまで居たと見られる。

 これで遊水地で確認された野鳥は259種。この数年で8種増えた。日本の野鳥633種の4割に及び、遊水地に飛来した絶滅危惧種は58種になる。

 「一年だけならば山の木の実の出来具合の影響では、などと考えられるが……続くのは気候の影響か」と地元の専門家も首をかしげる。

 一色さんは、越冬場所が北日本のオオモズと、九州のツクシガモが立ち寄ったことから、住宅がなく広大な平地が、休んでエサを捕るのに適しているとみる。日本野鳥の会栃木の高松健比古代表は「湿地の再生が進み、ちょっと降りてみようかという気持ちになるのだろう」と推測。「一定期間居る鳥もいることは、来年も来てくれるのではと期待がわく」と語る。

 定着には遊水地の湿地の再生や保全が不可欠で、両氏とも委員を務める国交省のモニタリング委員会を通じて、野鳥が居やすい環境作りを提言するという。

 アクリメーション振興財団のHP(http://watarase.or.jp/)で確認できる。(平井隆昭)
http://www.asahi.com/articles/ASH2K5KNMH2KUUHB00H.html

ttps://archive.today/WS4zr
posted by BNJ at 13:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする