2015年02月23日

千葉の印旛沼に会場誘致=ボート、カヌー会場−東京五輪【時事ドットコム2015年2月23日】

 2020年東京五輪のボート、カヌー会場について、千葉県印西市の板倉正直市長は23日、同市内の印旛沼に誘致する方針を明らかにした。東京都と大会組織委員会に対し、3月中旬に要望書を提出する。
 現在の計画では、都心湾岸部に新設する海の森水上競技場(江東区)で実施される。しかし、整備費が当初見込み額を超える可能性や、ボート競技期間中にカヌー(スプリント)の練習場を十分に確保できないなどの問題点が指摘されていた。 
 板倉市長は23日、日本ボート協会と日本カヌー連盟を訪問して招致に乗り出した経緯を説明。印旛沼周辺には4万平方メートルの空き地があり、練習場や合宿地を含めた用地確保は問題ないとしたほか、東京都心から40キロに位置するため「選手村からは1時間。立地も悪くない」とし、「可能性があるので誘致に乗り出す」と述べた。
 水質汚染が深刻な印旛沼の浄化を含めた具体的な予算については今後調査し、千葉県などの協力も得て正式に要望する。(2015/02/23-13:09)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022300360&g=spo

2020年への約束<5>野鳥の聖地 残せるか

2013年9月15日

2020年東京五輪のカヌー競技の会場予定地となっている葛西臨海公園の森。都心部(奥)に向かって海風が吹く「風の道」の入り口に当たる=東京都江戸川区で、本社ヘリ「おおづる」から
写真
 「春先にはアズマヒキガエルの卵で池の底が真っ黒になる」。日本野鳥の会東京の飯田陳也(のぶや)さん(66)が草むらに囲まれたくぼ地を指さす。
 夏場は水が枯れているが、ガマが生え、近くに柳の木が立つ。一帯では、トラツグミやコガネグモなど、二十三区で絶滅危惧(きぐ)種になっている生物二十六種も確認されている。「鳥、魚、虫が多く、海にも触れ合える最後の砦(とりで)」(飯田さん)。約八十ヘクタールある東京都立葛西臨海公園(江戸川区)の中でも、緑の最も豊かなエリアだ。
 公園は二〇二〇年五輪でカヌー会場になる。西側三分の一ほどで木々を伐採し、スラロームコースや観客席を整備する。「野鳥が集まる東側の池は残っても、えさ場の草むらがなくなれば、影響は大きい」と川沢祥三代表(65)も危惧する。
 「五輪には反対しないが、自然を壊す会場建設には反対する」。全国に五万人の会員がいる日本野鳥の会は都に計画変更を求める。会員有志は三月の国際オリンピック委員会(IOC)評価委員による視察の際には、公園で建設反対のボードを持ってアピール。評価委も問題を認識し、報告書には「開催地に決定後、詳細な環境影響評価が行われる」との一文が盛り込まれた。
 会場計画には、地元江戸川区の多田正見(まさみ)区長も反対する。長い時間をかけて、ようやく育った豊かな自然をつぶす計画を「受け入れがたい」と話す。招致前に騒ぐと五輪反対のように受け取られかねないからと黙ってきたが、開催が決まり、区として代替地での会場建設を提案する。
 東京の開催計画には「環境を優先する二〇二〇年東京大会」の文字が躍る。新たに皇居の四倍以上の五百三十七ヘクタールの緑地を創出し、東京臨海部を中心とする会場は「緑地と緑の回廊で東京の中心部と結ばれ、そこに息づく多様な生物に特別に配慮する」とうたう。
 臨海部の緑化を進めてきた都の担当者も「会場整備で緑が減るのは頭の痛いところ」と本音を漏らす。
 都心部の平均気温は過去百年間で三度も上昇。排熱やアスファルトの照り返しの熱が街にこもるヒートアイランド現象が一因とされ、都や国は臨海部から都心へ吹き込む海風で地表温度を下げる「風の道」を生かした都市づくりを模索する。
 風の道を研究する早大名誉教授の尾島俊雄さんは、港区汐留地区に林立する高層ビル群を「東京ウオール」と名付けた。九九年から〇七年に建てられた高さ百メートルを超える十数棟のビル群は壁のように風の流れを止め、内陸側の新橋方面の気温を上げたと指摘する。
 臨海部から都心へ向かう風の道には途中、五輪のメーンスタジアムになる新国立競技場が建つ神宮外苑地区がある。都市計画法で風致地区に指定され、建築物の高さが十五メートルに制限されているが、競技場予定地周辺は七十五メートルに緩和された。巨大スタジアムを建設するためだ。尾島さんは「ささやかでも緑を増やし、水路を造って、風の道を確保することが大事。五輪に掲げた環境優先の理念を少しでも実現してもらいたい」と願う。 =おわり
 (この連載は大杉はるか、中根政人、関口克己、木村留美、松村裕子、秦淳哉、上條憲也が担当しました)http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tokyo_olympic2020/list/CK2013091502000118.html

ttps://archive.today/G4oxn
ttps://archive.today/cbZBs

タグ:印旛沼
posted by BNJ at 22:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオワシ 流氷に舞う【YOMIURI ONLINE2015年2月23日】

 国の天然記念物・オオワシが、流氷に覆われた北海道知床半島沖で勇壮に舞っている=写真、上甲鉄撮影=。

 オオワシは主にロシア東部で繁殖し、翼を広げると幅2メートル以上にもなる。知床財団によると、今冬は1月下旬、越冬のため知床に姿を見せ始めた。

 羅臼町沖では、国後島が朝焼けにシルエットで浮かぶ中、流氷の上で羽を休めたり、獲物を巡ってカモメやオジロワシと小競り合いをしたりする姿が見られた。

 3月になると、オオワシは北へ帰って行く。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20150223-OYTNT50046.html

ttps://archive.today/m9sxw
タグ:オオワシ
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥海山を背にハクチョウのんびり 由利本荘市の田んぼ【さきがけonTheWeb2015年2月23日】

 秋田県本荘由利地域は22日、日中は好天に恵まれ、暖かい一日となった。すっかり雪が少なくなった由利本荘市の平野部の田んぼでは、鳥海山を背にハクチョウが羽を休める姿が見られた。

 同市前郷の子吉川近くでは、雪が解け地面をのぞかせた田んぼにハクチョウが次々と飛来。こうべを垂れて餌をついばんだり、鳴き声を響かせたりしていた。

雪が少なくなった田んぼで羽を休めるハクチョウ=由利本荘市前郷
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20150223i

ttps://archive.today/2AXn0
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダヅルが鳥取に初飛来【産経ニュース2015年2月23日】(ナベヅル)

 珍しいカナダヅル2羽とナベヅル1羽が、鳥取県米子市の米子水鳥公園に姿を見せた。21日夕に飛来、22日早朝に飛び去った。カナダヅルの訪れは同県で初めて。

 カナダヅルは成鳥、ナベヅルは幼鳥とみられ、一緒に行動。公園中央の島に舞い降りて餌を探していた。

 カナダヅルは、全身が灰色で赤い額が特徴。全長95センチ。国内では1年に数羽が観察されるだけだ。北アメリカ北部などで繁殖し、同南部で越冬するが、日本に迷い込んだらしい。

 ナベヅルは灰黒色の体に白い首で、全長約1メートル。ロシアのウスリー川流域などで繁殖し、多くが出水平野(鹿児島県出水市)で越冬する。

 同公園は「2種のツルは、繁殖地に向かう北帰行(ほっきこう)の途中で立ち寄った」とみている。
http://www.sankei.com/region/news/150223/rgn1502230055-n1.html

ttps://archive.today/XppND
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上富田にコウノトリ 国の特別天然記念物【AGARA紀伊民報2015年2月23日】(足環不明)

 和歌山県上富田町で21日、国の特別天然記念物のコウノトリが1羽飛来しているのが確認された。

 約15年前から趣味で野鳥の観察をしている同町生馬の坂井正人さん(65)が午前10時ごろ近くの富田川で目撃、約200メートル離れた場所からデジタル録画双眼鏡で撮影した。

 坂井さんによると、コウノトリは同町生馬の生馬橋から下流約200メートルの富田川河原にいて、白浜方面に飛び立った。坂井さんは「距離があったので断定はできないが、個体を識別するための足環は付いてなかったように思う」と話している。

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園によると、写真を見る限りコウノトリで間違いないが、足環が確認できないため個体の識別はできないという。担当者は「今は野外で生まれた幼鳥には巣立ち前に足環を付けているが、3年ほど前までは巣立ってから捕獲して足環を付けていた。その際、うまく捕獲できず、足環の付いていない個体が3羽いる。もし足環がないとすれば、その3羽のうちの1羽か、中国大陸から飛来したものではないか」と話している。
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=289655

ttps://archive.today/95BcG
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオワシと環境考える 下諏訪で語る集い【長野日報2015年2月23日】(写真マナー/鉛中毒)

 日本野鳥の会諏訪(林正敏会長)は22日、諏訪湖に飛来するオオワシを通して周辺の自然環境や、オオワシへの接し方などを考える意見交換会を下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館で開いた。「オオワシを語る集い」と題し、日本野鳥の会会員や県諏訪地方事務所職員と一般の計6人が意見を述べた。約90人が聴いた。

 諏訪湖に飛来しているオオワシ「グル」が、1996年の初確認から今年で20年を迎えたのを機に催した。グルは1999年、諏訪湖上で衰弱していたところを保護された。回復後放鳥され、以来16季連続で飛来している。

 発表者6人は、観察したときのオオワシの様子を紹介し、課題などを提起。写真撮影では「距離をとらないとオオワシは自然の姿を見せてくれない」と、野鳥と人間の距離感の大切さが求められたほか、地元住民の迷惑にならない撮影・観察が必要との指摘もあった。

 林会長は、銃弾で捕殺され山中に放置された鹿を食べ、鉛中毒で死んだ北海道のオオワシの例を紹介した上で、「死んだ鹿が山中に放置されないことが猛禽類にとって安全になる」と語っていた。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=33550

ttps://archive.today/cDTy9
タグ:オオワシ
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川)鷹狩り実演、金沢城公園で 2700人楽しむ【朝日新聞デジタル2015年2月23日】

鷹匠の腕に舞い降りるタカ=金沢城公園

 金沢城公園で22日、来場者をイベントなどでもてなす「冬のおもてなし」があり、三の丸広場では、鷹匠(たかじょう)による放鷹(ほうよう)術が披露された。加賀藩主もたしなんだ鷹狩りが金沢城で見られるとあって多くの市民や観光客が詰めかけ、午前と午後の2回の実演で計約2700人が楽しんだ。

 日本放鷹協会が認定する「諏訪流」の鷹匠や訓練中の補佐役ら13人が参加した。河北門から飛び立ったタカが旋回し、鷹匠の腕に止まると、観客から「おぉーっ」と歓声が上がった。鷹匠の腕から別の鷹匠の腕に飛び移る「振替(ふりかえ)」や、獲物に見立てた疑似餌を空中で捕まえる「振り鳩(ばと)」などが披露された。

 県内から参加した鷹匠の吉田剛之さん(42)=小松市=は、普段は早朝の木場潟などで訓練する。実演の後、見物客らに「タカによって性格があり、それに合わせるのが私たちの仕事です」などと説明し、「多くの人たちに伝統文化の鷹匠を知ってもらう機会となった」と喜んでいた。

 この日は凧(たこ)作りや凧あげの体験、ぜんざいの振る舞いなどもあり、多くの来場者が楽しんだ。(板倉吉延)http://www.asahi.com/articles/ASH2Q5K7XH2QPJLB004.html

ttps://archive.today/Voa62
タグ:鷹匠
posted by BNJ at 05:35 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする