2015年02月27日

春の渡りで飛来/ヤツガシラとタゲリ【宮古毎日新聞2015年2月27日】

狩俣・池間で確認

珍鳥のヤツガシラ=26日、狩俣地区(撮影・伊良波彌記者)
珍鳥のヤツガシラ=26日、狩俣地区(撮影・伊良波彌記者)
 南方で冬を過ごしていた野鳥が繁殖地へ向かう春の渡り期を迎え、市内に立ち寄ったヤツガシラ(ヤツガシラ科)2羽とタゲリ(チドリ科)1羽が26日、確認された。暖かい陽光の下、旅の疲れを癒やしている様子だった。

 ヤツガシラは、宮古本島北部の狩俣地区に飛来。世界で1科1種の貴重な珍鳥とされる。警戒や威嚇の時に頭頂の冠羽(かんむりばね)が扇状に開く。くちばしは細長い。翼と尾に黒褐色と白白の横まだら模様があり、頭から胸にかけては橙褐色。成鳥は全長28a。

 一方、タゲリは池間島に渡来した。頭頂部から伸びる黒い冠羽が美しいことから、異名
ゆっくり舞うタゲリ=26日、池間島
ゆっくり舞うタゲリ=26日、池間島
は貴婦人・貴公子。

 タゲリは夏羽に衣替えし、のどの部分は黒い。冬羽ではのどの部分は白い。腹は白い。背中と翼上面は金属光沢のある緑色。成鳥は全長30a前後。
http://www.miyakomainichi.com/2015/02/73209/

ttps://archive.today/WC6dP

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野毛山動物園で「動物たちのSOS展」−横浜メダカの紹介も【ヨコハマ経済新聞2015年2月27日】(希少鳥類保護)


「動物たちのSOS展」昨年の様子

 無料開放されている横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で、3月1日から「第10回 動物たちのSOS展」が開催される。

 同展では、地球上に生息し絶滅の危機に追い込まれている野生動物たちと人間のライフスタイルについて考えるさまざまなイベントを外部団体と協働で実施する。期間中は野生動物の現状を写真やイラストで紹介するパネルを設置するほか、横浜メダカや生物多様性などをテーマにしたブース展示を行う。

 ブース展示は、展示やワークショップを通じて横浜メダカを紹介する「横浜メダカを知ろう!」(3月7日・8日)、パネル展示で生物多様性について紹介する「生き物のつながりを知ろう!」(3月14日・15日)、希少鳥類保護の取組みを紹介する「希少鳥類の現在を知ろう!」(3月21日・22日)、税関で押収された密輸品の展示「STOP密輸!」(3月21日・22日)。

 協力団体は、横浜税関、横浜市環境創造局 、横浜メダカの会、横浜市繁殖センター、WWF トラフィックイーストアジアジャパン、野毛山動物園ボランティア「ZOOのげやま探検隊」。

 そのほか、紙芝居「トラちゃんの里帰り」、ニホンツキノワグマ ガイド、紙芝居「カメのホウちゃんSOS」といった、同園の教育普及ボランティア「ZOOのげやま探検隊」による紙芝居とガイド(3月中の毎週土曜)も行う。

 野毛山動物園の今村友維子さんは「『野生動物たちのSOSを届けたい』という思いから始まったイベントも今回で10回目を迎える。ぜひご参加いただき、動物たちを救う為にできることを考えてもらえたらうれしい」と話している。

 開園時間は9時30分〜16時30分(入園は16時まで)。月曜休園(祝日の場合はその翌日)。入園料は無料。同展は3月31日まで。野毛山動物園は、ソメイヨシノを中心に約250本のサクラがあり、桜の名所としても知られている。
http://www.hamakei.com/headline/9346/

ttps://archive.today/kD4WS
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ生息数が過去最多【新潟日報モア2015年2月27日】

北海道、1187羽

 北海道は27日、国の特別天然記念物タンチョウの2014年度2回目となる生息数調査で、過去最多となる計1187羽を確認したと発表した。これまでの最多は12年度の1163羽だった。

 道によると、調査は1月26日、北海道東部を中心とした21市町村の給餌場など計137カ所で実施。内訳は野生の成鳥1023羽、幼鳥129羽。このほか、35羽が保護されて動物園などで飼育されている。

 正富宏之専修大北海道短大名誉教授は、調査結果について「12年以降は千羽を超え、全体として微増している。人間の生活環境に依存する傾向にある可能性もある」とのコメントを出した。

国の特別天然記念物タンチョウ=1月、北海道釧路市の阿寒国際ツルセンター
http://www.niigata-nippo.co.jp/world/national/20150227165787.html

ttps://archive.today/fA098
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【SECURUTY SHOW 2015】ALSOK、ウェアラブル端末を装備した警備員や最新警備ロボットが登場【プレスリリース2015年2月27日】(鳥インフルエンザ/家畜伝染病)

リアルタイムで画像や位置情報を共有 より効果的な警備を提案

綜合警備保障株式会社 2015年2月27日 14時00分

 ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、3月3日(火)から6日(金)に東京ビッグサイトで開催する「SECURITY SHOW 2015」 に出展します。
 今年は、ICTに支援された警備員「ALSOKハイパーセキュリティガードR 」を中核に、飛行体ロボットや新型警備ロボット「Reborg-](リボーグエックス)」等を活用した、新たな都市空間のセキュリティをご提案いたします。 さらに、多言語通訳を想定し、PADを使用したご案内も行います。その他、発売を予定している高齢者の転倒や徘徊、子供の連れ去りなどの異常を自動で通報する多機能モバイルセキュリティ端末「まもるっく」などをご紹介します。


「ALSOKゾーンセキュリティマネジメントR 」 〜新たな都市空間セキュリティ〜

メガソーラーのパネル点検

多機能モバイルセキュリティ端末「まもるっく」


【出典内容】
IT機器を装備した警備員「ALSOK ハイパーセキュリティガードR」※参考出品
警備員と施設の防災センターや防犯カメラ、警備ロボットなどの情報通信システムを
連携させたセキュリティのコンセプト。

最新の自動走行ロボット「Reborg−X」※新商品
警備員とのコミュニケーション機能を強化した、用途や施設に応じてカスタムできる
拡張性の高さが特長。

飛行ロボットを活用したメガソーラー向けサービス
太陽光パネルのホットスポットなど以上を短時間で発見できる。
(2014年10月〜試験販売、2015年4月より正式販売開始予定)

まもるっく ※新商品
通話機能・安否確認付き多機能モバイルセキュリティ端末。ご高齢者、お子様、女性を見守ります。

家畜防疫対策支援サービス
高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫等の家畜伝染病の発生に備え、
また、発生時には防疫資材や消毒ポイントの準備などをワンストップで提供し、
まん延防止を支援する自治体向けサービス。

アンダーパス監視サービス
アンダーパス※での車両の冠水事故を防ぐための監視サービス。
気象情報・危険水位を検知する冠水センサー・監視カメラなどにより、アンダーパスの状況を
いち早く確認して関係者への緊急連絡。自治体からの依頼に応じて道路遮断機を遠隔操作して
車両の進入を防ぎ、冠水事故を防止する。
※アンダーパス・・・幹線道路や線路など、一般道路が立体交差している場所で、
下側を通る道路が周辺の土地より低くなっている部分

■オフィス向け警備
ALSOK−GX
画像監視・情報提供サービスの利用が可能なオンラインセキュリティシステム。
ALSOK‐FM(ファシリティマネジメント)サポート
従来の警備機能に加え、お客さまの業務効率化・内部統制の強化に貢献する新機能を搭載し、
低コストで施設価値の向上を可能にするオールインワンのセキュリティサービス。
入出金機オンラインシステム
お店で利用する釣銭を出金・両替し、売上金を銀行へ持ち込むことなく入金できる新たな現金管理システム。
BCPソリューションサービス
BCP(事業継続計画)の策定から対策用品の手配・システム対策までをワンストップで提供するサービス。
情報警備
情報漏えいリスクを「監視」「報告」「防止」するセキュリティソリューション。

■家庭向け警備
「HOME ALSOK」は、個人向けホームセキュリティのブランドです。
高品質なセキュリティサービスからセルフセキュリティ、空き家の防犯対策など、様々なサービスを取り揃えています。
HOME ALSOK Premium
ウェブ経由での遠隔警備開始・解除操作や屋外画像の確認等が可能になった進化型ホームセキュリティ。
HOME ALSOK るすたくサービス
近年増えている空き家所有者向け管理サービス。
お客様に代わって、見回りによる現地の状況確認や、郵便受け投函物の回収・整頓を全国均一で行います。
HOME ALSOK みまもりサポート
緊急通報や電話健康相談等でご高齢者の「いつも」と「もしも」を見守るサービス。
HOME ALSOK アパート・マンションプラン
入居者が求める生活の安心を提供し、資産価値を向上させる賃貸オーナー向けホームセキュリティ。
HOME ALSOK アルボeye
センサー付きウェブカメラを利用してお客様自身でご自宅の画像を確認、必要に応じて
ALSOKにかけつけの要請を行える、家庭向けセルフセキュリティサービス。

【開催概要】

名称: SECURITY SHOW 2015
日時: 2015年3月3日(火)〜6日(金)10:00〜17:00(最終日のみ16:30まで)
会場: 東京国際展示場「東京ビッグサイト」東2・3ホール(東京都江東区有明3-10-1)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000012883.html

ttps://archive.today/EfduZ
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未確認の鳥3種飛来 渡良瀬遊水地で撮影【YOMIURI ONLINE2015年2月27日】

 渡良瀬遊水地にここ数年、未確認だった野鳥が次々と飛来し、愛好家を驚かせている。今冬はナベヅルとツクシガモ、オオモズが現れ、確認種は259種(うち絶滅危惧種58)に達した。

 野鳥観察や環境保全に取り組む市民団体「渡良瀬遊水地野鳥観察会」(遊鳥会)が確認した。2012年の目録では251種(同55)が確認されていたが、数年前に絶滅危惧種のクマタカなど5種が加わり、ここ2か月で珍しい3種が現れた。

 昨年12月9日、第2水門近くでオオモズ1羽が見つかった。シベリアや樺太で繁殖し、モズより大きく色の濃淡がはっきりしているのが特徴。カメラマンが押し寄せ、すぐに林に隠れたが、今も遊水地内にいるという。

 同22日には谷中橋近くで、絶滅危惧種のツクシガモ1羽が発見された。中国大陸が繁殖地で、ガン類に似ている。その後も、コガモの群れに交じって泳ぐ姿が見られた。

 1月1日には第2調節池に絶滅危惧種のナベヅルが降り立った。中国とロシア極東が繁殖地で、黒くて大きい。長い首を下げてエサをあさっていたが、翌朝には別の場所に飛び去った。

 いずれも本来の越冬地は南北に散らばっているが、一色安義会長は「地球が温暖化し、噴火や地震が頻発する変動期に入ったため、エサとなる虫や草木に変化が生じたためではないか」と分析。「湿地再生が進み、エサが豊かになれば、個体数が増え、滞在期間も長くなるはず」と期待を寄せる。

 同会は、ここ数年で確認された8種を含む約90点の写真を3月1日まで遊水地内の体験活動センターわたらせで展示している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20150226-OYTNT50543.html

ttps://archive.today/KZVnk
栃木)渡良瀬遊水地に新3種 ナベヅルなど飛来【朝日新聞デジタル2015年2月21日】(オオモズ/ツクシガモ)
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル消毒来月で終了【YOMIURI ONLINE2015年2月27日】(鹿児島県出水市)

◆出水で対策会議 ツルの北帰行後

 出水平野で越冬中のツルなどから高病原性鳥インフルエンザのウイルスが確認された問題で、出水市は26日、第3回対策本部会議を開き、ツルのねぐら周辺などで実施している消毒作業について、このまま異常がなければ3月末で終了することを決めた。

 市によると、有人消毒作業は昨年11月30日から毎日、市職員や市内の建設業者団体などが6か所で行い、今月25日現在で延べ5万1361台の通行車両を消毒した。このほか、道路20か所に消石灰を散布して無人消毒も行っている。

 会議では、ツルの北帰行が3月末頃におおむね終わることから、作業の終了の時期にめどをたてた。渋谷俊彦市長は「徹底した防疫態勢の結果、養鶏への感染はなく、良い状態で推移している。渡り鳥がいなくなるまで油断のないよう取り組んでいきたい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20150226-OYTNT50115.html

ttps://archive.today/yvKH6
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 琴浦に来た【YOMIURI ONLINE2015年2月27日】(鳥取)

 26日午前11時頃、琴浦町赤碕の住宅団地「きらりタウン赤碕」内の電柱に、国の特別天然記念物のコウノトリが止まっているのを、近くの住民が見つけ、町役場へ連絡した。別々の電柱の先端に計5羽が確認されたが、約1時間後、連れだって東へ飛び去ったという。

 コウノトリの自然回帰を目指している「兵庫県立コウノトリの郷さと公園」(豊岡市)によると、うち1羽は昨年7月に同県朝来市内で放された個体であることが脚輪から判明。近隣で放されたほかの鳥と群れを作っていたと見られる。

 同県で放されたコウノトリは東は横浜市で確認されたり、京都府で放された個体と一緒になった10羽の群れで九州まで飛んだりしている。米子水鳥公園(米子市)によると、県内では昨秋、大山町内の池に一度に3羽飛来した記録があるという。

電柱に止まるコウノトリ(琴浦町赤碕で)=町提供
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20150226-OYTNT50083.html

ttps://archive.today/ALj0d
posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムクドリ撃退作戦、第2弾はロケット花火【YOMIURI ONLINE2015年2月27日】

 長野市上千歳町の鍋屋田小学校で26日、信州大の中村浩志名誉教授(鳥類生態学)らによるムクドリ撃退作戦の第2弾が行われた。

 午後6時過ぎ、ムクドリがねぐらにする校庭のヒマラヤスギに向けロケット花火4発をあげた。ヒマラヤスギにとまるムクドリはなく、中村名誉教授は一応の成果を強調。そのうえで「完全にこの場は危険だとムクドリが知るまでは、継続した対策が必要」とし、28日まで撃退作戦を続ける考えを示した。

 中村名誉教授は24日、フクロウやタカなどの天敵の剥製を使ったり、鳴き声をスピーカーで流したりする第1弾を実施。ヒマラヤスギに止まるムクドリは減ったが、同日夜から近隣の電線や木々にとまるムクドリが見られるようになったため、第2弾では電線などの近くで爆竹を鳴らした。

ムクドリ撃退のため使用したロケット花火(26日午後6時、長野市上千歳町で)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150227-OYT1T50047.html

ttps://archive.today/Rvq7v
ムクドリ撃退 天敵剥製で【YOMIURI ONLINE2015年2月25日】(信州大学/中村浩志名誉教授)
posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオノスリ、37年ぶり本県で確認【新潟日報モア2015年2月27日】(既報別ソースあり)

 中国やモンゴルなどに生息する猛禽(もうきん)類オオノスリが26日、佐渡市金井地区の田んぼで確認された。日本野鳥の会佐渡支部などによると、本県で確認されたのは1978年に両津市(現佐渡市)で見つかって以来37年ぶり。越冬のため南アジアに移動する途中で迷ったとみられる。

 オオノスリは全長約70センチ。佐渡でトキをモニタリングしている高橋雅雄・新潟大学特任助手らによると、オオノスリはノスリに比べて体が一回り大きく、脚が茶色いことなどが特徴。ネズミなどの小動物を餌にしている。日本では、沖縄県や石川県などで確認されたことがある。高橋特任助手は「モニタリングしていて、2月から見かけるようになった」と話す。

 日本野鳥の会佐渡支部と県野鳥愛護会によると、県内でオオノスリが確認されたのは、78年に野生トキの調査のため佐渡を訪れた写真家が1羽を目撃して以来だという。同支部の近藤健一郎事務局長(62)は「長く滞在し、いずれまた佐渡に来てほしい」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150227165734.html

迷鳥<Iオノスリ、37年ぶりに確認【産経フォト2015年2月11日】
 渡り鳥の中継、飛来地として知られる新潟県・佐渡島で、中央アジアから東アジアに生息するタカ科の猛禽類オオノスリ1羽が37年ぶりに確認された。
 オオノスリは日本で見ることのできるノスリの仲間では最大で、尾羽の横じま模様が特徴。確認された1羽は若鳥で、迷って佐渡島にたどり着いたとみられる。
 野鳥写真家の叶内拓哉さんは「石川県と与那国島では毎年観察されているが、そのほかの地域ではほとんど観察されたことがない」と話している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/150211/sty1502110003-n1.html

ttps://archive.today/AeC2I
ttps://archive.today/qAfzi
posted by BNJ at 23:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も産卵 初放鳥に弾み 野田のコウノトリ【東京新聞2015年2月27日】

 野田市は二十六日、野生復帰のため飼育している国の特別天然記念物コウノトリのペアが三年連続で産卵したと発表した。卵は五つ。市はふ化したひなを今夏の巣立ちの際に、初めて放鳥することを目指しており、産卵で放鳥の実現に弾みがついた。 (飯田克志)
 ペアはオス九歳の「コウくん」とメス十八歳の「コウちゃん」。市によると、同市江川地区の飼育施設「こうのとりの里」で、ペアは今月初旬から巣作りを始めた。十二、十四、十六、十九、二十一日に飼育員が卵を確認。親鳥は交互に卵を温めていて、ふ化は一カ月後の見込み。
 市は現在、文化庁などに出す放鳥の許可申請の準備を進めており、担当者は「ひなを試験放鳥の候補として考えており、無事に成長してほしい」と話している。
 ペアの産卵は昨年より一カ月半ほど早かったが、譲り受けた多摩動物公園(東京都)では、二月の産卵は珍しくないそうだ。ペアの二世は、一昨年と昨年に誕生した幼鳥がそれぞれ二羽ずついる。
 今後、ふ化やひなの成長が順調にいかなかった場合に備え、市は昨年誕生したいずれもメスの「アカリ」と「ミライ」を代わりに放鳥するため、三月中に野生復帰事業の先進地の兵庫県豊岡市にある県立コウノトリの郷公園に移送。野外で暮らせるようになるための訓練をする。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150227/CK2015022702000149.html

ttps://archive.today/1pTu1

赤ちゃんペンギンスイスイ 江戸川区自然動物園【東京新聞2015年2月27日】

 江戸川区北葛西三の区自然動物園で、昨年十二月に生まれたフンボルトペンギンの赤ちゃんが巣穴から姿を現し、来場者を和ませている。
 メスの「ちくわ」(五歳)とオスの「そらまめ」(十一歳)の子で、性別は不明。昨年十月二十五日に産まれた卵から、十二月四日にふ化した。今月十七日に巣穴から出て屋外のプールで泳ぐ姿が確認された。
 飼育担当者によると、羽が生え替わる夏までは、背中がグレー一色の姿をしている。「まだ自分ではエサを食べられないので、親鳥に魚を与える午前中の時間帯は、両親に『ヒーヒー』という高い声でエサをねだる様子が見られるかもしれない」という。
 入園無料、月曜休園。問い合わせは、区自然動物園=電03(3680)0777=へ。 (小形佳奈)

水中を泳ぐ赤ちゃんペンギン(江戸川区提供)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150227/CK2015022702000118.html

ttps://archive.today/H4iCV

市民連携、ダイサギ救出/観音寺・一の谷川【四国新聞2015年2月27日】

 香川県観音寺市坂本町の観音寺市役所横の一の谷川で26日朝、釣り糸に絡まり、宙づりになって動けなくなっているサギが見つかり、駆け付けた消防署員が助け出す一幕があった。専門家によると、サギはダイサギの成鳥で、外傷はないが、一晩様子を観察するという。

 サギは、川の上を横切る電線に垂れ下がった釣り糸に左羽や脚が絡まり、右羽が水に漬かった状態で発見された。市民の通報で三観広域消防南消防署員が“出動”し、釣り糸を切って救出。衰弱がひどいため、ボランティアで傷病鳥獣を保護している久保田冨士男さん(70)=同市粟井町=に引き取られた。

 久保田さんによると、水に長時間漬かっていたせいか、震えが止まらないという。温めてやると、気持ちよさそうにし、夕方には立てるまで回復した。

 救出劇を見守っていた市民は「この川で釣りをしている人をよく見掛ける。ちゃんとマナーを守って」と訴え、南消防署は「直接助けるのは危険なので絶対にやめて」と話していた。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150227000190

ttps://archive.today/8aBnm
タグ:ダイサギ
posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする