2015年03月12日

滝川クリステル 狩猟の鉛弾使用禁止訴え 署名サイトで1万人超え【スポニチアネックス2015年3月12日】

フリーアナウンサーの滝川クリステル(37)が狩猟における鉛弾の使用禁止を署名サイト「change.org」で訴え、12日に賛同の署名が1万人を超えた。

 自身が代表を務める「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」名義で、望月義夫環境省環境大臣へ「狩猟における鉛弾の使用禁止」を求める署名活動を2月15日に開始した。国の天然記念物のオオワシやオジロワシなどが、狩猟で撃たれたエゾシカの死体とともに鉛弾の破片を食べ、鉛中毒になり死亡している現状を滝川は問題視。

 北海道では部分的に鉛弾が禁止され始めているものの、「全国規模で狩猟に使われる鉛弾を規制し、無毒の銅弾などに移行することが必要」と主張。使用だけではなく、流通や所持に関しても規制することを求めた。

 滝川の訴えは約1カ月かけてじわじわと署名を集め、3月12日だけで4000人以上の支持を得て1万人を突破。目標の賛同者数は10万人としている。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/12/kiji/K20150312009969310.html

ttps://archive.today/ixZbC

posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鳩小屋が燃えている」 白い鳩300羽が…【テレ朝ニュース2015年3月12日】

 小屋が全焼し、イベント用の白いハト300羽が死にました。

 警察などによりますと、12日午後0時半ごろ、茨城県古河市の住宅で敷地内にあるハト小屋2棟、約155m2が全焼しました。小屋ではイベントなどに貸し出すための白いハト約300羽が飼育されていましたが、ほとんどが死んだということです。当時、家には住民の女性がいましたが、けがはありませんでした。警察は、照明用の電線から漏電した可能性が高いとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000046216.html

動画はリンク先で御覧ください。
ttps://archive.today/E3M32

プレゼント マリオン【朝日新聞デジタル2015年3月12日】(ジャパンペットフェア招待)

 ■山形県産の米

 JA全農山形が、山形県産の米「はえぬき」(約2kg、オープン価格)を読者40人に。味や香りなどを五段階で総合評価する「米の食味ランキング」で最高級の「特A」を21年連続取得。米粒の形が良く、ふっくらと炊きあがる。冷めても風味が変わらないため、おにぎりや弁当に向いているという。〒990・9799山形南郵便局私書箱第12号、JA全農山形「はえぬき」朝日係。27日消印有効。すぐに発送。

 ■ルテイン配合のサプリメント

 ファンケルヘルスサイエンスが、サプリメント「ルテイン&ブルーベリー えんきん」(60粒、2160円)を読者50人に。ルテインやブルーベリーエキス、アスタキサンチンなど、目の機能をサポートするとされる五つの成分を配合。〒116・0013荒川郵便局私書箱22号、ファンケルヘルスサイエンス「えんきん」朝日係。27日消印有効。4月中旬発送。

 ■ゴマオイル配合のせっけんなど

 オニザキが、「無垢(むく)の守 美容石鹸(せっけん)」(80g、1944円)と「同 フェイスパック」(5枚、1080円)をセットで読者20人に。セサミンやビタミンEが含まれるゴマのオイル、コラーゲンやヒアルロン酸などを配合。〒862・0951熊本市中央区上水前寺1の6の41、オニザキコーポレーションセールス「セッケンとパックのセット」朝日係。27日必着。4月下旬発送。

 ■コンパクトに収納できる仏具

 瀬尾製作所が、現代の住宅環境に合わせて開発した仏具ブランド「Sotto」から、仏具「ポタリン」(直径6.8×高さ8.2cm、1万7280円)を読者6人に。火立て、香炉、花立て、おりん、りん棒の5点セット。おりんの中にコンパクトに収納でき、花立てともセットできる。金、銀、ピンクゴールドから希望の色を記し、〒939・1118富山県高岡市戸出栄町40の5、瀬尾製作所「ポタリン」朝日係。27日消印有効。4月上旬発送。

 ■千切りが簡単にできる調理器具

 レーベン販売が、調理器具「ののじ サラダおろし・キャロット」(1728円)を読者60人に。野菜を軽い力で簡単に千切りにできる。15日〜6月15日、同商品などを購入するかクイズに答えて応募すると、野菜セットや沖縄旅行が当たる「ののじ Wチャンスキャンペーン」を実施。〒220・0004横浜市西区北幸2の8の19の4階、レーベン販売・朝日係。27日消印有効。4月上旬発送。

 ■オリジナルキャップ

 4月10日[金]〜12日[日]、兵庫県三木市の花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコースで、「スタジオアリス女子オープン」を開催。これを記念し、大会事務局が、オリジナルキャップ(フリーサイズ、非売品)を読者20人に。〒106・0041東京都港区麻布台1の11の3の8階、「スタジオアリス オリジナルキャップ」朝日係。27日消印有効。すぐに発送。

 ■紙を静電気で吸着させるボード

 キングジムが、卓上型の電子吸着ボード「ラッケージ」(縦32.2×横20×厚さ3.2cm、3240円)を読者35人に。微弱な静電気を発生させることで、メモや名刺、領収書などの紙類を吸着させることができる。単3電池4本使用(別売り)。〒107・0052東京都港区赤坂4の15の1の18階、「ラッケージ」朝日係。27日消印有効。4月下旬発送。

 ■TOHOシネマズ劇場鑑賞券

 4月17日[金]、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の新宿コマ劇場跡地に、映画館「TOHOシネマズ新宿」がオープン。同館で使える劇場鑑賞券(1人1800円相当、有効期限来年3月末)を読者ペア15組に。全12スクリーン、客席は約2300席で都内最大級。一部に革製の電動リクライニングシートを導入。〒100・0006東京都千代田区有楽町1の1の3の11階、TOHOシネマズ「劇場鑑賞券」朝日係。27日消印有効。すぐに発送。

 ■オリジナルクオカード

 兵庫県尼崎市のボートレース尼崎で、17日[火]〜22日[日]に「ボートレースクラシック」を開催。これを記念して、オリジナルクオカード(500円)を2枚セットで読者50人に。年間8回行われる国内最高峰の「SGレース」の開幕戦。昨年優勝した松井繁をはじめ、菊地孝平や茅原悠紀ら52人が出場する。〒101・0054神田錦町郵便局留め、「ボートレースクラシック」朝日係。27日消印有効。すぐに発送。

 ■ドールハウスを紹介した書籍

 学研パブリッシングが、書籍「決定版 戸塚恵子のドールハウス」(B5判、88ページ、1728円)を読者30人に。昭和30年代の駄菓子屋、レトロな雰囲気の純喫茶など、懐かしい風景を粘土などを使ってドールハウスで再現した。やかんやペンなどミニチュアの作り方の写真解説も。〒141・8412東京都品川区西五反田2の11の8の17階、学研パブリッシング「ドールハウス」朝日係。27日消印有効。すぐに発送。

 ■「モフィ展」に招待

 4月1日[水]〜12日[日]、東京・西武池袋本店で、「モフィ展 コットンアニメ うさぎのモフィの世界」を開催する。同展の招待券(ペア券1000円相当)を読者50人に。NHKのEテレで放映中の「うさぎのモフィ」の人形、小道具を展示する。イタリアのスタジオの再現セットも。〒107・8617東京都港区北青山1の3の6の5階、「モフィ展」朝日係。20日必着。すぐに発送。

 ■ジャパンペットフェアに招待

 4月4日[土]と5日[日]、東京都江東区の東京ビッグサイト東2ホール(国際展示場正門駅)で開催する「ジャパンペットフェア」に読者ペア20組を招待(1人1500円相当)。犬や猫、観賞魚、小鳥、小動物をはじめ爬虫類(はちゅうるい)や昆虫など、様々なペットとふれあえる。さかなクンや虫好きアイドル・カブトムシゆかりのトークショーも。〒550・0013大阪市西区新町1の10の24の4階、ジャパンペットフェア運営事務局・朝日係。20日必着。すぐに発送。

 ■としまえんに招待

 東京都練馬区のとしまえん(豊島園駅)が、21日[土][祝]〜4月5日[日]、「としまえん桜まつり」を開催。これにちなみ、「入園券」と「のりもの2回券」のセット(1人2000円相当、6月末まで有効)を読者ペア15組に。園内に約500本の桜があり、桜のトンネルを走り抜けるアトラクションなど、遊園地ならではのお花見が楽しめる。〒176・8531東京都練馬区向山3の25の1、としまえん・朝日係。19日必着。すぐに発送。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11646847.html

ttps://archive.today/IOWUg
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米最大の養鶏場、17万羽が自由の身に【WSJ2015年3月12日】

 米インディアナ州にあるローズ・エーカー・ファームズは米国で最大規模の養鶏場だ。ここでは2500万羽の採卵鶏が飼育されているが、新たな州法や規制を受け、一部でケージ(鳥かご)のない環境が作り上げられた。自由の身になったのはそのうちの17万羽。
http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580513083849085618

ttps://archive.today/jv62m
posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか [長崎県]【西日本新聞2015年3月12日】

北帰行の途中、五島市岐宿町松山地区に立ち寄ったとみられるナベヅル
写真を見る
 五島市岐宿町松山地区の田んぼで羽を休めていたナベヅル3羽が11日、天候の回復を待って、北帰行を再開した。
 ナベヅルは強風だった10日朝、同地区の中村利夫さん(66)が田んぼで餌をついばんでいる姿を見つけた。市の自然環境啓発施設「鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンター」によると、ナベヅルは鹿児島県出水市で越冬していたとみられる。繁殖地のシベリアなどへ帰る北帰行では通常、五島上空を通ることはほとんどないが、3羽は天候悪化で五島に立ち寄った可能性があるという。
 中村さんは「大きかったし、30年ほど前に5、6羽が降り立ったのを見ていたのでナベヅルだと思った。元気に渡っていってほしいですね」と話していた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/155249

ttps://archive.today/9GW38
タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メガソーラー 生態系脅かす恐れも【YOMIURI ONLINE2015年3月12日】(タンチョウ/ワシ類)

 東日本大震災から4年となった。被災ペットの診療で訪れた現場で目にした凄惨せいさんな光景や、夜にはほぼ闇と化した被災地の街並みを決して忘れることはできない。普段は何気なく使っている電気のありがたさを改めて実感するとともに、福島第一原子力発電所の事故による環境被害の大きさは、多くの国民が原子力エネルギーに依存した社会に大きな疑念を抱くきっかけとなった。

 震災以降、政府の政策もあって全国各地で風力発電所や大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの再生可能エネルギーを利用した発電所の建設ラッシュが続いている。先日、東北地方を視察した際には、海のように大地を埋め尽くす太陽光パネルの数に絶句した。

 風力発電所の建設については、3年前に国の環境影響評価法(環境アセスメント法)の対象事業となった。だが、メガソーラーについてはいまだその対象とされていない。北海道では50ヘクタール以上の土地改変を伴うものについては北海道環境影響評価条例の対象となる場合があるが、希少種を含む多くの野生生物が生息する環境が多いだけに、必ずしも十分とは言いがたい。

青森県六ヶ所村で建設中のメガソーラー(今月初旬)=斉藤さん提供

 メガソーラーによる野生生物への影響で最も懸念されるのは、大規模な生息環境の消失である。営巣環境や採餌環境の破壊などの直接的な影響だけでなく、太陽光が地表に届かなくなることによる食物連鎖への影響など、タイムラグのある生態系への負荷も考えられる。タンチョウやワシなどの大型鳥類については、パネル間の狭い通路に迷い込むと脱出するのが難しくなることも想定される。実際にパネルに沿って延々と歩いたと思われるタンチョウの足跡を確認したこともある。

 環境省は先月、国立公園や国定公園の普通地域(自然公園法)における土地改変を伴う工作物設置の届け出対象として、メガソーラーを追加する方針を明らかにした。人間と野生生物の末長い共生を目指すため、広く長期的な視点から、科学的な根拠に基づく自然環境への配慮を謙虚に検討する体制作りを急ぐべきだろう。

 【斉藤慶輔】 猛禽もうきん類医学研究所代表。獣医師。環境省希少野生動植物種保存推進員を務め、オオワシの保護活動で知られる。釧路市在住。49歳。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/feature/CO003961/20150312-OYTAT50024.html

ttps://archive.today/wPv3d
posted by BNJ at 21:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオハクチョウ、優美にひらり 松阪・三渡川に飛来【YOMIURI ONLINE2015年3月12日】

羽を休める二羽のオオハクチョウ=松阪市の三渡川で

 松阪市の三渡川下流の三渡大橋付近に十一日、二羽のオオハクチョウが現れ、白く愛らしい姿で住民や通行人を楽しませた。

 市が地元の日本野鳥の会会員に確認したところ、二羽ともオオハクチョウと分かった。少し体が小ぶりのコハクチョウは同市東黒部町付近の海岸でよく見られるが、オオハクチョウの飛来は珍しいという。

 同日午前十時ごろ、川の近くを通り掛かった同市松ケ島町の折川満三さん(83)から、松ケ崎地区市民センターに電話があった。職員が見に行くと、二羽は仲良さそうに川に浮き、浅瀬を歩いた。時折、真っ白な羽の両翼を広げていたという。

 (竹田弘毅)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150312/CK2015031202000030.html

ttps://archive.today/7NDMz
posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇妙な塊は何?あれはヤドリギ【朝日新聞デジタル2015年3月12日】(キレンジャク)


長池親水公園近くのケヤキ並木に点在するヤドリギ=山中湖村平野
 富士山を眺める絶好のポイントとして観光客に人気の山中湖畔の長池親水公園(山中湖村平野)で、ケヤキ並木の奇妙な光景が人目を引いている。約200メートル連なる並木のこずえに、緑色で丸い塊が、いくつもくっついている。多い木には15個以上もある。愛知県岡崎市の大学生、市川茜(あかね)さん(22)は「あれは何? 鳥の巣かな」とつぶやいた。

 近所の女性(67)に聞くと、ヤドリギだという。県富士山科学研究所によると、冬に飛来した野鳥キレンジャクがヤドリギの実を食べ、種が入った糞(ふん)がケヤキに付着し、ヤドリギが育ったとみられる。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1503122000001.html

ttps://archive.today/Fk3pu
posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちば経済:「三番瀬」のハンカチ きょう、東武船橋店で限定発売 /千葉【毎日新聞2015年3月12日】(コアジサシ)

 東武船橋店は12日、船橋市沖に残る貴重な干潟、三番瀬を表現したタオルハンカチを発売する。2160円で限定900枚。

 ノリ養殖の支柱や野鳥のコアジサシ、遠く見える富士山などを織物で表現している。色は、朝焼けのピンク、青空のブルー、夕焼けのオレンジの3種類。それぞれ300枚を用意している。

 「タオル」としているが、19色の織物を一度糸状に切り、柄を合わせて再度織り上げる「再織り」という織り方で、タオル地とは全く別物という。【市村一夫】
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20150312ddlk12020230000c.html

ttps://archive.today/93c4G
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H7N9型鳥インフル、突然変異でパンデミックの恐れ=研究報告【ロイター2015年3月12日】

[ロンドン 11日 ロイター] - 英科学誌ネイチャーに掲載された科学者チームの調査報告によると、中国で発生し人への感染が起きているH7N9型鳥インフルエンザは突然変異によってパンデミック(世界的大流行)を引き起こす可能性がある。

研究では、香港大学のYi Guan氏が率いるチームが、中国の5省15市で、H7N9型インフルエンザの進化と拡大を調査。ウイルスが鶏の間でしばしば突然変異し、パンデミックに発展する可能性のある遺伝子変異を獲得しながら存続、多様化、拡大していることが分かった。人での再発の恐れが強まっており、脅威が増大しているという。

H7N9型ウイルスは2013年3月に人に感染。世界保健機関(WHO)が発表した2月のデータによると、これまでに、中国、台湾、香港、マレーシア、カナダで少なくとも571人が感染し、212人が死亡している。

中国政府が生きた家禽の市場を閉鎖し、鶏との直接の接触によるリスクについて警告を発したことなどで、いったんは収束したかに見えたが、昨年再び人への感染が増加した。

研究報告は「(ウイルスの)拡大と遺伝子の多様性、地理的拡大は、有効な制御措置が講じられなければH7N9型ウイルスが地域を越えて存続・拡大する可能性を示唆している」と述べた。

WHOはH7N9型ウイルスに関する最新の発表で「引き続き動向を注視する」としたが、「これまでのところこの型による全般的なリスクに変化はない」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0M80F920150312

ttps://archive.today/XPZ0I
posted by BNJ at 20:56 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UPDATE 2-米国株式市場=小幅続落、ドル高が企業収益圧迫との見方【ロイター2015年3月12日】(鳥インフルエンザ/株価)

(内容を追加しました)
[ニューヨーク 11日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)
     終値         17635.39(‐27.55)
   前営業日終値    17662.94(‐332.78)

ナスダック総合
     終値         4849.94(‐9.86)
   前営業日終値    4859.80(‐82.64)

S&P総合500種
     終値         2040.24(‐3.92)
   前営業日終値    2044.16(‐35.27)

11日の米国株式市場は小幅続落。連邦準備理事会(FRB)が6月にも利上げを行
う可能性が意識されたほか、ドル高が米国企業の収益見通しをさらに圧迫するとの見方が
広がった。
ボルトン・グローバル・アセット・マネジメントのチーフ・テクニカルストラテジス
ト、ブルース・ザロ氏は「全ては金利の問題だ。FRBが利上げに踏み切った場合、株価
は途中で立ち止まってから反転し、強気相場が終了するという見方を多くの人が持ち続け
ている」と話した。

ダウ工業株30種 は27.55ドル(0.16%)安の1万7635.39ド
ル。
ナスダック総合指数 は9.86ポイント(0.20%)安の4849.94

S&P総合500種 は3.92ポイント(0.19%)安の2040.24。

利上げ見通しはドル上昇の支援材料になる一方、ドル高が引き続き米多国籍企業の業
績にとって重しになるとの不安感が高まっている。
パイオニア・インベストメント・マネジメント(ボストン)のファンドマネジャー、
ジョン・キャリー氏は「話題の中心はドルで、ドル高は続く。その結果、投資家は米国に
大きな関心を持つようになるが、他方で米国の多国籍企業にとっては海外での競争力の妨
げになるという点で、諸刃の剣のような動きだ」と指摘する。
米食肉加工最大手タイソン・フーズ<TSN.N>は5.6%安、鶏肉生産大手のピルグ
リムズ・プライド は4.4%安をつけた。米農務省が、アーカンソー州の養鶏場
で鳥インフルエンザ感染の疑いがある七面鳥が見つかったと発表したことが材料視された

取引終了後、FRBが資本計画の審査結果を公表したことから大手銀行株の取引が活
発化した。バンク・オブ・アメリカ は約1%安。FRBは同行の資本計画を承認
したが、プロセスが不十分だと指摘した。
一方、シティグループ とモルガン・スタンレー はともに3.1%値上が
りした。
  騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ1769で下げ1275、ナスダックが
上げ1546で下げ1172だった。
BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約66
億株で、月初来平均並みだった。
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPL4N0WD5PB20150311

ttps://archive.today/rvuFd
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米アーカンソー州で鳥インフル感染確認、日本が輸入停止【ロイター2015年3月12日】

[シカゴ 11日 ロイター] - 米農務省は11日、アーカンソー州の養鶏場の七面鳥が鳥インフルエンザに感染していることを確認したと発表した。この養鶏場の七面鳥飼育は国内第3位の規模で、食肉加工大手のタイソン・フーズ(TSN.N: 株価, 企業情報, レポート)が管理している。

アジアや中南米諸国で家きん類の禁輸措置が広がるとの懸念から、米食肉加工会社の株価は下落した。

米農務省の発表を受け、日本はアーカンソー州からの家きん類輸入停止措置を決定した。日本は既に、ミネソタ、ミズーリ、カンザスなど9州から家きん類の輸入を停止している。

フィリピンや台湾、ニカラグアなどもカリフォルニアやオレゴン州などからの輸入を停止している。

フィリピンの政府報道官は、鳥インフルエンザの発生の正式通達を受け取り次第、おそらく禁輸措置をアーカンソー州にも広げるとの語った。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0M813520150312

ttps://archive.today/SEsql
posted by BNJ at 20:50 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10回 写真家の優れたデザイン感覚【ナショナルジオグラフィック日本版2015年3月12日】(極楽鳥)

「極楽の鳥」(ティム・レイマン、2010年)
 一見、何の写真かわからないかもしれませんが、これはニューギニア島にすむ「極楽鳥」と呼ばれる鳥のしっぽです。体を逆さまにして、針金のような飾りをアピールしながら求愛のダンスを行い、交尾相手を誘っています。ウルトラマリン色の脚と真紅の羽、緑に輝く尾のコントラストが見事です。

 それにしても、こんな構図を切り取るとは、写真家ティム・レイマンの優れたデザイン感覚には驚かされます。デジタル写真が登場してから、構図や色調を大胆に修正できるようになりました。しかし、この写真のように自然のありのままの姿をとらえ、芸術的な作品に仕立てられるかどうかは、写真家の本当の力量が問われるところです。
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150205/434488/

写真はリンク先で御覧ください。
ttps://archive.today/rPyrl
posted by BNJ at 13:45 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷鳥?フラミンゴどこから 沖縄市・比屋根湿地【琉球新報2015年3月12日】

沖縄市の泡瀬で確認されたフラミンゴ=6日
 【沖縄】県内には生息していないフラミンゴが6日、沖縄市比屋根の県営比屋根団地前の比屋根湿地で確認された。1月にも市内の用水路で確認されていたが、一本足で立ちすくむ姿に、通り掛かる生徒たちも「フラミンゴがいる」と物珍しそうに見詰めていた。
 近隣の北中城美崎に住む喜納健夫さんは、どこかの施設から逃げ出した迷鳥ではないかと推測する。「10メートル近くまで接近しても動じず、人なつこい」と話す。7日午前にも池の周辺を見回ったが、既にどこかに移動したとみられ、いなくなっていたという。
 近隣施設の沖縄こどもの国では現在、フラミンゴを飼育していないが、市民らから「フラミンゴがいるが、そちらの施設で飼育しているものか」との問い合わせが寄せられているという。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-240234-storytopic-98.html

ttps://archive.today/jEvCw
タグ:フラミンゴ
posted by BNJ at 13:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする