2015年03月18日

「鳴き合わせ」会を摘発 野鳥3分で700回も鳴かされる 22人を書類送検【産経ニュース2015年3月18日】(メジロ/ウグイス/ホオジロ/コマドリ/他1ソース)

 メジロなどの野鳥を違法飼育したとして、愛知県警は、鳥獣保護法違反の疑いで、愛知県東海市の自営業の男(67)ら22人を書類送検した。22人は集まって鳥の鳴き声の回数を競わせていた。優勝したメジロは3分間に700回近く鳴かされていたという。

 県警によると、22人は「名古屋豊川同好会」と名乗り、定期的に鳴き合わせと呼ばれる会合を開催。3分以内に何回メジロが鳴くかを競わせ、優勝者には賞品として調味料の詰め合わせや家電製品が贈られた。

 22人の送検容疑は、ことし2月11日、違法に捕獲したメジロやウグイスといった野鳥計286羽を飼育するなどしたとしている。

 動物保護団体の告発を受け、県警が2月に22人の自宅などを家宅捜索。ほかにもホオジロやコマドリの飼育を確認し、計10種360羽の野鳥を押収した。中には、1人で40羽のメジロを飼育していた会員もいた。
http://www.sankei.com/affairs/news/150318/afr1503180041-n1.html

メジロ3分間に700回鳴かす 野鳥を違法飼育、愛知県警摘発【共同通信2015年3月18日】
 メジロなどの野鳥20+ 件を違法飼育したとして、愛知県警は18日までに、鳥20+ 件獣保護法違反の疑いで、愛知県東海市の自営業の男(67)ら22人を書類送検した。22人は集まって鳥20+ 件の鳴き声の回数を競わせていた。優勝したメジロは3分間に700回近く鳴かされていたという。

 県警によると、22人は「名古屋豊川同好会」と名乗り、定期的に鳴き合わせと呼ばれる会合を開催。3分以内に何回メジロが鳴くかを競わせ、優勝者には賞品として調味料の詰め合わせや家電製品が贈られた。

 22人の送検容疑は、ことし2月11日、違法に捕獲したメジロやウグイスといった野鳥計286羽を飼育するなどした疑い。
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031801001685.html

ttps://archive.today/HYF0N
ttps://archive.today/sUrv0
メジロを使った競技とは…愛好家を家宅捜索【読売テレビニュース&ウェザー2015年3月17日】(既報関連ニュースあり)
野鳥鳴き合わせ会の22人、書類送検へ 違法飼育の疑い【朝日新聞デジタル2015年3月14日】(メジロ/ウグイス/オオルリ/サイクルカウンター/密猟/詳細ニュース)
違法飼育のメジロなどの鳥350羽押収 愛好家を書類送検へ 愛知【産経ニュース2015年3月13日】(他2ソース)

posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうひとつの動物園:守り・伝える/71 ライチョウ/17 /東京◇照明時間調整し換羽成功【毎日新聞2015年3月18日】

◇照明時間調整し換羽成功

 上野動物園では、冬の羽と夏の羽のスバールバルライチョウを同時に展示している。1月、冬羽と夏羽の比較展示を見た女性は「真っ白のライチョウが茶色になった」と驚いていた。ライチョウなど鳥の羽が抜け替わる換羽(かんう)は昼の長さ(日長)が関係している。

 スバールバルライチョウは、日長が長くなると夏羽に抜け替わって繁殖期を迎え、日長が短くなると白い冬の羽に替わる。スバールバルライチョウが生息するノルウェーは、冬は太陽がわずかしか昇らない極夜となる。一方、夏は太陽が沈まず明るい白夜が続き、夏の時期は短いが日長は長い。このため、日本の日長条件では換羽や繁殖が難しかった。

 同園の高橋幸裕さん(49)は空調設備が整ったジャイアントパンダ舎の一角を借りて、室内照明の点灯時間を調整。日本の冬期に換羽し、繁殖させることに成功した。スバールバルライチョウが夏羽に抜け替わるには、日長が14時間以上必要だった。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150318ddlk13040009000c.html

連載です。サイト内検索より過去記事を参照頂けます。
ttps://archive.today/LzDnX

ブックウオッチング:街の本屋さん ダーウィンルーム(東京都世田谷区)【毎日新聞2015年3月18日】(鳥類図鑑/剥製/標本)

「美しい図鑑もお薦め」と話す企画担当スタッフの清水さん
拡大写真
 ◇剥製、標本が好奇心を触発

 東京都世田谷区の下北沢駅南口からにぎやかな商店街の通りを歩くこと約5分、六差路に面した一角に、トケイソウを外壁にはわせた英国の田舎家風の店がある。扉を開けると、まず目に飛び込むのは、マゼランペンギンの剥製だ。

 「ダーウィンルーム」(DARWIN ROOM)は、自然科学と文化人類学の書籍を中心に取り扱い、鳥、動物の剥製や昆虫の標本、化石やルーペなどの関連グッズも併せて販売する。「リベラルアーツ(教養)の再生を理念に2010年10月にオープンしました」と話すのは、企画担当スタッフの清水久子さん(29)。

 清水さんのいう教養とは、志望校に合格したり、資格を取ったりするために学ぶのではなく、純粋に知りたいと考え学ぶこと。「グローバル化の時代です。異文化や自分の知らない生き方を理解していなければ、考え方の違う外国人と向き合った時に寛容になれず、自分がいらいらしてしまいます。それに、普段の仕事や人間関係で行き詰まった時に、例えば昆虫の生態を知ることで、『違う生き方もあるんだ』って思えれば楽になるかもしれません。ストレス時代を生き抜く手段としても、教養は役立つと思います」

 その教養をどうやって育んでもらうか。剥製や標本、仮面などの外国の民芸品を書籍と同じ棚に並べるのは、ストレートに好奇心を触発するからだ。「『これなんだろう』って思った時に、答えてくれる本があると欲しくなります」と話すリピーターもいる。

 店名は英国の自然科学者、チャールズ・ダーウィンにちなんだ。19世紀に英海軍の測量船ビーグル号に乗り込み、世界中を航海して鳥類などの生物の標本を持ち帰り、「種の起源」で進化論を広めた偉人だ。来店客がダーウィンと一緒に考える雰囲気を醸し出すため、内装は博物学者の研究室をイメージした。約50平方メートルの店内窓側に、カウンターで計6席のカフェを併設。グラントシマウマの子どもの剥製が置かれた一角は、久米宏さんが書店の店主役を務めるBS日テレのトークショー「久米書店」のロケにも使われている。

 お薦めは「フィールドの生物学」シリーズ(東海大学出版部)や「恐竜学入門」(東京化学同人)、「世界の鳥の巣を求めて」(小峰書店)など。「世界の鳥の巣を求めて」は絵本作家の鈴木まもるさんが、さまざまな形の巣があることに興味を持ち、世界を旅して巣を探し求めるようになった体験をつづった子ども向けのエッセーだ。南アフリカの全長約9メートルもの巨大な巣などが紹介されている。清水さんはこうした本に触れるたび、「自然に興味を持ち、それを追いかけて仕事にしている人たちがいる」と感心する。集めた書籍は古書の割合が高く、図鑑などは洋書もそろえている。

 硬い分野の書店と思い込んでいたが、平日でもほとんど客足が途絶えることはない。下北沢の街中で、博物館を訪れたような新鮮さを感じるからかもしれない。【吉富裕倫】

==============

 ◇まるで博物学者の研究室

 好奇心の森「ダーウィンルーム」(東京都世田谷区代沢5の31の8、電話03・6805・2638)。正午〜午後8時、金曜と土曜は午後10時まで。定休日は隔週木曜。2階のイベントスペースで月2回ほど、理念とする「教養の再生」のため映画の上映や講演会などのイベント「リベラルアーツ・カフェ」を行っている。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150318ddm015040003000c.html

ttps://archive.today/sFfnQ
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界から鳥の造形700点 兵庫・姫路の博物館展示【産経ニュース2015年3月18日】

 世界中から鳥をかたどった玩具や雑貨を集めた企画展「世界の鳥の造形」が姫路市香寺町の日本玩具博物館で開かれている。

 ニワトリやフクロウなどをかたどった玩具や雑貨を地域別に紹介。鳥の形をした重りや歯車などを使った玩具のほか、さまざまな音色を奏でる木製や土製の鳥笛など約700点が展示されている。このほかにも、ヨーロッパなどで「復活祭」を祝うため、卵をくり抜いたり装飾したりするなどして制作されたイースターエッグも展示されている。

 22日午後1時半から、イースターエッグを製作するワークショップを開催する。定員20人。入館料のほか材料費200円が必要。

 同館の尾崎織女学芸員は「同じ鳥でも地域によって造形が異なっている所や、モチーフとする鳥が地域の信仰や自然条件を反映している所などを楽しんでもらえれば」と話している。

 6月2日まで。水曜休館。問い合わせは同館(電)079・232・4388。
http://www.sankei.com/region/news/150318/rgn1503180083-n1.html

ttps://archive.today/YhAf6
タグ:鳥類美術
posted by BNJ at 21:16 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーゲルパーク:管理者に一畑グループ 来月から 松江市指定 /島根【毎日新聞2015年3月18日】(花鳥園/既報別ソース多数)

 松江市大垣町の花と鳥のテーマパーク「松江フォーゲルパーク」の運営会社「カモ」(静岡県)が経営悪化により、3月末で運営を撤退する。パークを共同管理する市が施設全体を買い取り、一畑電気鉄道(松江市)と同社グループ会社の共同企業体に貸し付け、指定管理者に選ぶことで4月以降も現状通り運営を続ける。

 フォーゲルパークは2001年、市が鳥の飼育施設、カモが花の温室の整備を担って建設。06年以降、カモが指定管理者となり、一体的に運営してきた。市などによると、年間来客数は20万人前後で推移したが、近年は15万人前後で低迷している。

 カモは運営する他のグループ施設の経営不振もあり、フォーゲルパークの運営継続を困難と判断。3月に指定管理者の契約が切れるため、運営撤退を市に申し出た。沿線に電車のある一畑グループに運営継続を持ち掛けたという。

 市は園存続のため、今年度の補正予算案に約8100万円を計上し、パーク全体の施設を取得する方針だ。一畑側に対し、年間約1700万円で貸し出し、その上で現在と同じ年間約1億3900万円の指定管理料を払ってパーク全体の運営を任せる。当面の契約期間は3年間という。

 カモの現在の従業員約50人も引き続き雇用され、入園料の変更もないという。市観光施設課は「一畑の観光や交通などのノウハウを生かし、誘客につなげてほしい」としている。【長宗拓弥】
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20150318ddlk32020549000c.html

ttps://archive.today/ju4uw
フォーゲルパーク、一畑が運営へ 買い取りの松江市、4月から貸し付け【産経ニュース2015年3月5日】(花鳥園/松江)
島根)松江フォーゲルパーク、市が取得へ 8100万円【朝日新聞デジタル2015年2月20日】(花鳥園/他1ソース)
松江フォーゲルパーク、一畑が指定管理者へ【山陰中央新報2015年2月17日】

県内“ぽかぽか陽気” 野鳥・ウソ、桜のつぼみを「パクッ」【福島民友ニュース2015年3月18日】

 県内は17日、高気圧に覆われてぽかぽか陽気となった。福島地方気象台によると、日中の最高気温は福島市で22.4度、石川町で22.2度など多くの観測地点で今季最高を記録した。
 福島市山口の同市小鳥の森周辺では、野鳥のウソが5羽ほどの群れをつくり、膨らみ始めた桜のつぼみをついばむ姿が見られた。小鳥の森ではシジュウカラやウグイスなどがさえずり始め、日々春を感じるようになってきた。ヤマガラが巣箱にコケなどの巣材を運び込む様子も見られる。
 小鳥の森の担当者によると、ウソは大群で公園などの桜のつぼみを食べ嫌われることもあるが、小さな群れでは開花に大きな影響はないという。
(2015年3月18日 福島民友ニュース)
http://www.minyu-net.com/news/photo/0318/photo_news.html

ttps://archive.today/7P8aV
タグ:ウソ
posted by BNJ at 20:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米アイダホ州で渡り鳥2000羽落下、鳥類コレラ感染か【ロイター2015年3月18日】(ハクガン)

[サーモン(米アイダホ州) 16日 ロイター] - 米アイダホ州で、水鳥のハクガン2000羽以上が、渡りの途中で水辺や野生動物保護区に落下しているのが発見された。州の野生動物当局が16日に発表した。

死因は検証中だが、当局の広報担当者は、落下の様子から鳥類コレラと考えられると述べた。

人への感染リスクは小さいが、鳥類コレラ菌は水中や土中で最大4カ月存続することから、感染個体と接触した野生動物に影響が出る恐れがあるという。

ハクガンは、米州南西部やメキシコで冬を過ごし、繁殖のためアラスカ、カナダ、グリーンランドの北部沿岸やシベリアに渡る。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0ME0NO20150318

ttps://archive.today/fi0wv
タグ:ハクガン
posted by BNJ at 20:50 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上野動物園のパンダが背中の毛をカラスにむしられ放題、黙々とササを食べ続ける姿に心配する声殺到―台湾メディア【FOCUS-ASIA.COM2015年3月18日】

上野動物園のジャイアントパンダが2羽のカラスに背中の毛をむしられてハゲができてしまった様子を撮影した動画がネット上で公開され、視聴者から「かわいそう」との声が寄せられている。15日付で台湾ETtodayが伝えた。

動画は、上野動物園のパンダがこちらに背中を向けてササを食べている間、2羽のカラスが寄ってたかって背中の毛をむしり続け、最後にはハゲができてしまう様子が撮影されたもの。この動画は中国版ツイッター・微博で公開されると、黙々とササを食べ続け、やられ放題のパンダに中国ネットユーザーから多くの同情が寄せられた。

腹を立てる様子もないパンダに「世界一、性格がよい動物」のほか、カラスにいじめられて「かわいそう」や「チョッキでも着ているみたい。痛くないの?」と心配する声が多かった。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/412048/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/412048/2/
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/412048/3/

ttps://archive.today/ep91d
ttps://archive.today/OMPBR
ttps://archive.today/OMPBR
タグ:カラス一般

岩手)県内各地で今年一番の暖かさ【朝日新聞デジタル2015年3月18日】(ハクチョウ)

北帰行が間近に迫ったハクチョウ=盛岡市高松1丁目

 17日の県内は高気圧に覆われ、山田町で6月中旬並みの21・2度を観測するなど各地で今年一番の陽気となった。

 盛岡地方気象台によると、この日は盛岡市で16・2度、一関市で19・0度、釜石市で19・9度を記録し、県内36ある観測地点のうち33地点で今年の最高気温となった。

 盛岡市の「高松の池」では、越冬するハクチョウも残り30〜40羽。日本野鳥の会もりおかによると、今年最も多かった2月下旬で、約1千羽が飛来していた。例年は、数羽が3月末まで残るという。

 池の周りを母親と散歩していた小田島壮祐(そうすけ)君(3)は「来年も来てもらえるように、ハクチョウさんとお約束した」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASH3K4SXHH3KUJUB00Y.html

ttps://archive.today/NcfoE
posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする