2015年04月30日

わが街のツバメ、探しに行こうよ 巣の場所・成長具合、サイトに投稿可能【朝日新聞デジタル2015年4月30日】

ひなにえさをやるツバメ=フォトグラファー佐藤信敏さん撮影

 減少が心配されているツバメの状況を明らかにしようと全国調査が行われています。ウェブサイト上で登録すれば、誰でも情報を投稿できます。ツバメが巣作りや産卵をするこの時期に、参加してみてはいかがでしょう。観察のポイントや注意点もまとめました。

 環境省の調査によると、ツバメはほぼ日本全域で繁殖が確認されている。全国的な生息数ははっきりしないが、減少傾向を示すデータがある。石川県の外郭団体の調査で、1972年に県内で確認されたツバメは3万3332羽。昨年は1万3757羽と約4割に減っている。

 全国に約4万人の会員がいる日本野鳥の会でも、以前からツバメの減少を危惧する声が寄せられていたという。ツバメが少なくなった理由としては、巣の材料やえさを集める田んぼや畑の減少、天敵となるカラスの増加などが考えられるという。

 ツバメの生息状況を明らかにするため、同会は12年、全国調査「消えゆくツバメをまもろう」をスタートさせた。調査は2種類あり、誰でも参加が可能だ。

 「子育て状況調査」は、利用者が会のサイト(http://www.wbsj.org別ウインドウで開きます)で登録して観察記録をつける。記録はサイトの地図上に反映され、他の利用者の記録も見ることができる。たとえば4月11日には、京都府内で「久しぶりの晴天に盛んに巣作り活動中! 頑張って!!」との書き込みがあった。10月末ごろまで書き込めるようにする予定だ。

 もう一つの調査「わたしの町のツバメ情報」は、ツバメや巣の有無、発見場所などを報告する。初年は約1万件が寄せられた。サイトの投稿フォームに書き込むか、用紙をダウンロードして同会宛てに郵便かファクスで送る。

 データは毎年、結果報告としてまとめ、公表している。

 同会の荒哲平さんは、初夏のこの時期は、巣作りや産卵の様子も見られる、観察に適した時期だという。「ツバメは人間の生活圏で生息する。多くの人が関心を持ち、見守る気持ちを育てることが保護につながります」と話す。

 ■家の軒下、お気に入り 電線のオス、見張り役

 野鳥観察の初心者がツバメを見つけるにはどうすればいいだろう。

 巣は店舗や家の軒下に作られていることが多い。駅舎でもよく見られる。カラスに襲われにくかったり、風雨をしのげたりするからだ。また、オスは、巣を外敵から守ろうと近くで見張る習性がある。電線などに止まって鳴いているツバメがいたら、近くに巣があるかもしれない。

 巣の作り始めの時期やひながかえって間もない時期は、ツバメが過敏になっているので、あまり巣に近づかないようにしよう。勝手に敷地に入り込まず、店舗の軒先などに巣がある場合は店に事前に一声かけるマナーが大切だ。

 日本野鳥の会は、ツバメの生態や巣台の作り方をまとめた「あなたもツバメ子育て応援団 子育て見守りハンドブック」を作って無料で配布している。申し込みは会のサイトから。

 ■自然と共生のバロメーター 記者も見つけた

 ツバメは街中にどのくらいいるのか。4月下旬、日本野鳥の会職員の古南(こみなみ)幸弘さんに同行してもらい、記者も川崎市内の商店街を歩いてみた。

 「チュリーチュリー、ピリリッ」。まず電線に止まっているのを見つけた。初めてじっくり観察。胸が白く、のど元はえんじ色で美しい。古南さんが「尾が長いのでオスだと思いますよ」と教えてくれた。時折、声を響かせて鳴く。「巣の場所を横取りされないよう、他のオスを追い払っているのです」。探すと、近くに巣があった。

 その後、マンションや高齢者施設の壁などで七つ見つけた。うち一つでは、巣から頭が見え隠れしていた。メスが卵を抱いている可能性があるらしい。

 巣の下にフンよけの紙箱や傘を置いていることも多く、町の人たちがツバメを見守っているようだ。身近なツバメは、人と自然の共生のバロメーターだという。見守りが広がれば、減少を少しでも止められるのではないかと感じた。

 (山田佳奈)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11731484.html

posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥飛来地・ウトナイ湖の乾燥防げ 人工的に水位引き上げ【どうしんウェブ2015年4月30日】

乾燥化が進み、植物の植生や野鳥の種類が変化しているウトナイ湖
 【苫小牧】国内有数の渡り鳥の飛来地で、ラムサール条約湿地のウトナイ湖(苫小牧)で進む乾燥化に歯止めをかけるため、道は本年度から湖の可動堰(ぜき)の設定を変えて海抜水位を人工的に10センチ引き上げる。乾燥による影響が深刻化していることを踏まえての措置だ。

 室蘭建設管理部苫小牧出張所によると、ウトナイ湖の平均水位は1969年に2・3メートルあったが、湖から流れ出る勇払川の下流を直線化した影響などで、77年には1・6メートルまで低下。98年に勇払川に流出する水量を調節する可動堰を設置し、水位を2・0メートル前後にしている。

 道は今秋以降の5年間、湖の水位が10センチ高い2・1メートルになるように可動堰を調節しながら、環境への影響などを調べる。将来的には60年代レベルの2・3メートルまでの復元を目指す。本年度事業費は、各種調査の継続費用も含めて約6千万円。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/1-0128917.html

ttps://archive.is/ORu8T
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリケン 親子です〜い 那覇市首里城公園・円鑑池【琉球新報2015年4月30日】

水面を泳ぐバリケンの 親子=29日午前、那覇市の首里城公園
 那覇市の首里城公園内の人工池・円鑑池で29日、バリケンのひな約20羽が親鳥と一緒にスイスイと泳ぐ姿が見られ、訪れた観光客らを楽しませている。
 バリケンは、南米原産のガンカモ科の一種で「タイワンアヒル」「フランスガモ」とも呼ばれる。羽は白一色から黒色が混ざったまだら模様とさまざまで、真っ赤な顔が特徴的。ひなはこぶし大で、ふわふわの羽毛に覆われている。「ピイピイ」と鳴き水面を泳ぐ姿に「かわいい」と歓声が上がった。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242419-storytopic-98.html

ttps://archive.is/qq40X
タグ:バリケン

2015年04月29日

もうひとつの動物園:守り・伝える/76 ライチョウ/22 /東京【毎日新聞2015年4月29日】

 ◇難しい生息環境の維持

 1961年、信州大学と連携し北アルプスの爺(じい)ケ岳でライチョウの実態調査を開始した長野県大町市の市立大町山岳博物館。同博物館の宮野典夫さん(63)は今年3月に館長を退いたが、指導員として40年の保全経験を伝え続ける。同博物館のライチョウ低地飼育の取り組みは、その後上野動物園など7施設に広がっている。

 ライチョウが住む北アルプスに降った雪や雨から、豊かな水が生まれる。11年の東京電力福島第1原発事故で、都内の浄水場の水から放射性ヨウ素が検出された。都は一部の自治体の都民に、乳児の水道水の飲用を控えるよう呼びかけた。大町市の職員は同年4月、姉妹都市提携を結ぶ立川市へ8リットルのペットボトル飲料水300本をトラックで送り届け、同市内の保育園に配布されるなどした。

 ただ、ライチョウの生息環境の維持は難しい。気象庁によると、日本の夏の平均気温は100年あたり約1・06度の割合で上昇している。ライチョウが暮らす高山の環境はわずかな変化でも影響を受ける。

 大町山岳博物館では6月にライチョウの新施設が完成予定で、04年から中断しているライチョウの飼育再開も遠くない。ライチョウが暮らすことができる山岳を、次の世代に残していきたいと思う。【斉藤三奈子】
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150429ddlk13040038000c.html

ttps://archive.is/qPgI8
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多摩動物公園と兵庫県の施設が、コウノトリの有精卵を交換へ /東京【THE PAGE 東京2015年4月29日】

東京都日野市の多摩動物公園では、兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)と、ニホンコウノトリの有精卵を交換することになった。

ニホンコウノトリの卵は、4月30日(木)に同園から兵庫県立コウノトリの郷公園へ1個、5月中旬に兵庫県立コウノトリの郷公園から同園へ3個以内を交換する予定。

同園では、1988年に日本で初めてとなる飼育下でのニホンコウノトリの繁殖に成功して以来、人工繁殖も含めて数多くのペア形成や繁殖に貢献した実績を持っている。

「コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル」(略称IPPM-OWS)への取組みの一環として、国内で飼育されているニホンコウノトリの遺伝的多様性を維持することを目的に、昨年より兵庫県立コウノトリの郷公園で産卵した卵を同園へ移動させている。今回、初めて有精卵を交換することになった。

同園に移動後の卵は、繁殖経験のあるペアに預けられる予定。
http://tokyo.thepage.jp/detail/20150429-00000001-wordleaf

ttps://archive.is/epD6f