2015年04月04日

ペンギンの散歩披露/浅虫水族館【東奥日報2015年4月4日】(動画)

 青森市の浅虫水族館で4日、フンボルトペンギンの歩く姿を披露するイベント「ペンギンのお散歩」が始まった。会場の海獣館観覧通路には多くの親子連れが集まり、目の前で散歩するペンギンの元気な姿に目を輝かせていた。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2015/20150404191326.asp

ttps://archive.today/JQJZv

足まで白い「空飛ぶペンギン」 イワツバメ【日本経済新聞2015年4月4日】

アマツバメはツバメよりさらに細長い翼で、ツバメの仲間と違い、腹が白くない=写真 石田光史

 いつだって巡る季節は確かで、懐かしい。それでもやはり、春は格別だ。私たちの体内には、生き延びることが決して当たり前ではなかった時代に、冬を耐え忍んで春にたどり着いた喜びが今も残されているような気がする。

■飛びながら寝る「究極の飛行家」

 虫が飛ぶようになると、ツバメも姿を見せるが、ツバメに似た種がよく混同されている。スープで有名なアマツバメ目アマツバメ科に分類される鳥たちはスズメ目ツバメ科に属するツバメとはまったく別の系統。暮らし方が共通しているために姿かたちはよく似ており、収斂(しゅうれん)進化の良い例とされる。

 飛びながら水を飲む、飛びながら水を浴びるまではツバメ科も同じ。だが「究極の飛行家」であるアマツバメの仲間はさらに、飛びながら寝るし、飛びながら交尾もする。地上に降りることがなく、巣に泥を使わないからこそ、スープにして食べられるとも言える。

アマツバメは腰が白い点はイワツバメに似ている。小さなヒメアマツバメはイワツバメと誤認されやすいが、イワツバメは腹が白い=写真 石田光史

 日本では4種以上が観察されており、この中で、冬もいるヒメアマツバメはよく越冬ツバメや早い飛来と間違われる。アマツバメは少し大きいが、4月に東南アジアから北上してくるころ、渡り途中に上空を飛んでいるとツバメと思われることもあるだろう。

 日本で8種に及ぶスズメ目ツバメ科から4種を紹介しよう。

 ツバメが繁殖しない南西諸島ではリュウキュウツバメが普通だ。ツバメが少ない北海道にはショウドウツバメが多く、腰が赤褐色をしたコシアカツバメは比較的西日本に多い。そして、ツバメより少し早く飛来するのが、腰が白いイワツバメだ。ヒメアマツバメも腰が白いので間違いやすいが、日本のアマツバメ科はどれも腹が黒いことが、腹が白いツバメ科との識別点になる。

 イワツバメは英語で家ツバメを意味する名で呼ばれ、石の建造が普通のヨーロッパで身近な鳥。日本では山地に多く、よく観光地のホテルや橋げたに集団で巣を作るが、近年は都会の倉庫などでも繁殖するようになった。

 もし、とまっている状態を観察できたら、ぜひ足を見てほしい。足指まで白い羽毛に覆われている。「空飛ぶペンギン」というニックネームが納得できるだろう。

■森の生活に適応し進化

 スズメ目に分類される鳥類を小鳥とか、鳴禽(めいきん)類と呼ぶのは、森で進化したからだ。

イワツバメはツバメより尾が短く、腰が白い=写真 石田光史

 枝先の虫を食べやすいよう小型化し、両足をそろえて跳ねる歩き方になり、茂みの中でも雌雄が出会えるように、雄がさえずるようになった。例外としてカラス科は大型種もいるし、さえずりを持たない。ムクドリ科やセキレイ科のように地上採食に適応して、足を交互に出す恐竜時代の歩き方にもどった仲間もいる。

 ツバメ科も空中生活に適応する過程でスズメ目の中では足が弱くなった例外と言えるかもしれないが、足指の構造は他の小鳥と同じ。つまり後ろ向きに1本、前向き3本の足指を持つ。究極の飛行家、アマツバメ科は繁殖期以外はほとんど飛んでいるため、足指はツバメ科より小さく弱く、しかも4本指とも前を向いている。また、ツバメ科の雄は春にさえずるが、スズメ目でないアマツバメ科はさえずらないので、雄も地味な声しか出さない。

イワツバメの巣作り。泥を運ぶのはツバメと同じだが、巣の形はどんぶり型で集団営巣=写真 石田光史

 一昨年、この連載でツバメの巣が人によって落とされることが増えているらしいという調査結果を紹介したが、日本野鳥の会では巣落とし対策の一環として、スワローボックスを開発した。このツバメ用巣箱は困る場所にツバメが巣を作ってしまう場合、営巣してもよい場所に巣を移してもらうためのものだ。インターネットで「日本野鳥の会 スワローボックス」で検索していただければ幸いである。

(日本野鳥の会主席研究員 安西英明)

 安西英明(あんざい・ひであき) 1956年生まれ。日本野鳥の会が81年、日本初のバードサンクチュアリに指定したウトナイ湖(北海道苫小牧市)にチーフレンジャーとして赴任。野鳥や環境教育をテーマとした講演で全国各地を巡る。著書に「スズメの少子化 カラスのいじめ」など
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84936650X20C15A3000000/

ttps://archive.today/1UtIK
posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ50羽縄張り争い 兵庫・豊岡【YOMIURI ONLINE2015年4月4日】

縄張り争いを繰り広げるコウノトリ。侵入する鳥を追い払うシーンも(兵庫県豊岡市で)=松田聡撮影

 兵庫県豊岡市で、国の特別天然記念物コウノトリの縄張り争いが激化している。一時は国内で絶滅したが、県がまちおこしのために人工飼育し、生育環境を整えたところ、国内の野生の7割に当たる約50羽がすみ着く予想外の過密状態に。このままでは、伝染病などで再び絶滅の道に突き進む懸念もあり、繁殖に関わった専門家は頭を悩ませる。(松田聡)

 コウノトリは、国内では1971年に絶滅。同県が「自然豊かなまちをアピールできる」と、85年に旧ソ連から譲り受けた幼鳥を県立コウノトリの郷さと公園(豊岡市)で育て、2005年に5羽を初放鳥した。同県の朝来あさご市と養父やぶ市でも放鳥に次々と成功し、2世、3世も含めて現在、全国で約70羽が確認されている。

 同公園によると、そのうちの約50羽が豊岡市内の川沿いを中心に生息。田んぼを持つ住民が、コウノトリの餌場を確保するため、ドジョウやカエルなどがすみやすい農薬を減らした農法を導入し、冬場も田んぼに水を満たすなどして住環境を整えているためだ。市や県も、巣作りに適した巣塔を建てて、繁殖を見守る。

 だが、親鳥の縄張りは半径2キロで、活動範囲が重複。ここ数年、春先の繁殖期に入ると、ペアが餌場に侵入した他のコウノトリを威嚇したり、巣を奪い合ったりするようになった。09年には1羽、14年には3羽のヒナが、他のコウノトリに襲われて死んでいる。

 コウノトリは仲間と暮らす習性があり、冒険心のある若い鳥が遠出することがあるが、多くが豊岡に戻る。餌が豊富な湿地作りが全国で進めば生息地は広がるが、現時点で豊岡市の約50羽が分散する可能性は低く、鳥インフルエンザに感染すると激減する恐れもある。

 同公園の山岸哲園長は「1か所にこれほど多くのコウノトリが居着くとは想定できなかった。このままでは巣や餌場が足りなくなる。豊岡のノウハウを全国に広げ、少しでも生息地を増やさなければ」と話す。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20150404-OYO1T50015.html

ttps://archive.today/eU9Ff
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の使者飛来 稚内・大沼でハクチョウ2種が羽を休める【北海道新聞2015年4月4日】

大沼で羽を休めるオオハクチョウ
 【稚内】市内大沼の野鳥観察館「大沼バードハウス」に、本州で越冬したハクチョウが飛来し、春の訪れを感じさせている。2月17日に今年初めて確認され、今月3日には39羽が観察された。

 大沼に飛来しているのはオオハクチョウとコハクチョウ。同館の遠島幸吉管理人によると、飛来のピークは大沼の氷が完全に解けた3、4日後、例年4月下旬から5月初めで、ピーク時には多い年で2万羽にもなる。

 今年は少雪のため寒気が直接氷にあたり、例年より沼の氷が厚く、現在解けているのは沼全体の3割程度。ただ、気温が高い日が続いているため、2、3日で5割ほどになる可能性もあるという。

 ハクチョウは大沼で羽を休めた後、例年、大型連休明けから繁殖地のロシアに向かう。(十川絵理子)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0119637.html

ttps://archive.today/BKZzY
posted by BNJ at 21:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンムリウミスズメ飛来 絶滅危惧U類、産卵で出羽島周辺に 【徳島新聞2015年4月4日】

 国天然記念物で、環境省のレッドデータブックで「絶滅危惧U類」に指定されている海鳥カンムリウミスズメが産卵のため、牟岐町沖の出羽島周辺に飛来し、ペンギンのような白と黒の愛らしい姿を見せている。

 カンムリウミスズメは、ウミスズメ科の海鳥。体長は25センチほどで海中に潜って魚を捕る。日本や韓国の近海にしか生息せず、推定個体数は約5千羽とみられる。タイミングが合えば、出羽島連絡船「大生丸」の船上から見ることができる。

 地元漁師によると、1月中旬から姿を見せ始め、1カ月ほどの間に100〜200羽ほどが同町沖に飛来。日中は、つがいか数羽のグループで魚を追い、夕方になると海上に集まって集団で眠りにつく。産卵後、4月中には牟岐町沖を離れるという。

 カンムリウミスズメの観察を続けている牟岐町漁協の田中幸寿組合長(71)=同町牟岐浦=は「貴重な鳥なので、近づかずに遠くから見守って」と話している。
【写真説明】海上を泳ぐカンムリウミスズメのつがい=牟岐町沖
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2015/04/2015_14281094611207.html

ttps://archive.today/pqXeb
posted by BNJ at 13:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊ナビ:映画 /東京(「鳥の道を越えて」下高井戸シネマ)【毎日新聞2015年4月4日】

 ◇プレゼント

 ■真夜中のゆりかご

 5月15日からTOHOシネマズシャンテほか全国公開。監督=スサンネ・ビア、出演=ニコライ・コスター・ワルドー、ウルリッヒ・トムセン、マリア・ボネビーほか。敏腕刑事のアンドレアスは、美しい妻アナと乳児の息子とともに、湖畔の家で幸せに暮らしていた。ある日、通報を受けて同僚シモンと駆けつけた一室で、薬物依存の男女による衝撃的な育児放棄の現場に遭遇。だが、ある朝、思いもよらない悲劇がアンドレアスを襲う。最愛の息子が死んでしまったのだ。アンドレアスの中で善悪の境界線が揺れ動き、薬物依存の男女の子どもと亡くなった息子を取り換えることを思いつく……。アンドレアスが下した決断は、正義なのか過ちなのか。鋭い人間観察と精密な心理を描いたサスペンス映画=写真▼試写会に25組50人を招待 4月23日18時半、一ツ橋ホール(千代田区・地下鉄神保町駅)。はがきに〒住所、氏名、電話番号を明記し、〒150−0042渋谷区宇田川町2の1の919、クラシック「真夜中のゆりかご」毎日係。4月10日消印有効。電話03・6455・0045

 ◇プレゼント

 ■イタリアは呼んでいる

 5月1日からBunkamuraル・シネマほか全国公開。監督=マイケル・ウィンターボトム、出演=スティーブ・クーガン、ロブ・ブライドンほか。イギリスのショービジネス界で活躍する中年男性のスティーブとロブ。2人はオブザーバー紙の依頼で、ミニクーパーに乗り、イタリアを北から南まで巡るというグルメ取材の旅に出る。極上の料理にワイン、そして旅先での恋心。しかし、実は2人とも仕事も家庭も曲がり角にいるのだった。惑いも笑いに変えていく2人が、旅の終わりで出合う心のごちそうとは=写真▼試写会に20組40人を招待 4月16日19時、シネマート六本木試写室(港区・地下鉄六本木駅)。はがきに〒住所、氏名、電話番号を明記し、〒107−0052港区赤坂4の4の16の304、クレスト「イタリアは呼んでいる」毎日係。4月9日必着。電話03・3589・3176

 ◇プレゼント

 ■ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」

 4月11日から新宿バルト9ほか全国公開。作=中島かずき、演出=いのうえひでのり、出演=天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一ほか。演劇を映画館のスクリーンで楽しめる「ゲキ×シネ」。今回は劇団☆新感線35周年を記念して、代表作「阿修羅城の瞳2003」のデジタルリマスター版を全国公開する。舞台は江戸時代。一見平和そうに見えるが、人と鬼との激しい戦いが繰り広げられていた。特務機関「鬼御門(おにみかど)」の病葉出門(わくらばいずも)は、“鬼殺し”と恐れられる腕利きの魔事師だったが、5年前のある事件を境に、それまでの一切を捨てる。だが、謎の女つばきとの出会いが、彼の運命を狂わせていく……。歌舞伎のような様式美が生かされたエンターテインメント作品=写真▼劇場鑑賞券を20組40人に 全国の上映館で利用できる共通券(1500円相当)。はがきに〒住所、氏名、電話番号を明記し、〒104−0061中央区銀座7の13の8第2丸高ビル6階、「ゲキ×シネ阿修羅城の瞳2003」毎日係。4月9日必着。電話03・3549・5791

 ■優れたドキュメンタリー映画を観る会vol・31 来し方、行く末

 18〜25日、下高井戸シネマ(世田谷区・下高井戸駅)で開催。今年は「来し方、行く末」をテーマに、ドキュメンタリー映画12作品を上映する。作品、日時のスケジュールは要確認。18日20時45分上映の「ゆんたんざ沖縄」(西山正啓監督)は、読谷村チビチリガマの集団自決の生存者の証言や、そこに平和の像を制作する彫刻家の姿、卒業式で日の丸掲揚に抵抗する女子高生の涙など、風化する戦争体験と戦後の歩みを問う。19日11時上映の「鳥の道を越えて」(今井友樹監督)は、今井監督の祖父の話を手がかりに、渡り鳥の大群が通る“鳥の道”と、その命を生活の糧にしていた岐阜県山間部に暮らす人々を見つめた作品。電話03・3328・1008
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150404ddlk13100009000c.html
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150404ddlk13100009000c2.html

ttps://archive.today/PFJMf
ttps://archive.today/3w3ZC
posted by BNJ at 12:59 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取で「まちなか水族館」【YOMIURI ONLINE2015年4月4日】(ケープペンギン)

イベントではゴマフアザラシ(上)とケープペンギンが登場する=パレットとっとり提供
 鳥取市中心部の商店街でペンギンやアザラシなど水辺の生き物と触れあえるイベント「まちなか水族館」が4日、同市弥生町の商業施設「パレットとっとり」で開かれる。約20種を水槽や仮設のプールで展示。ケープペンギンの愛らしいしぐさを間近で観察できるほか、ヤドカリに触れたり、先着100人限定で、ゴマフアザラシに餌を与えたりすることができる。

 同施設のオープン10周年記念イベント。利用客は高齢者が中心で、家族連れらにも客層を広げようと、「パレットとっとり現場責任者協議会」が初めて企画。全国各地で“移動動物園”を開いている滋賀県守山市の「堀井動物園」に協力を依頼した。

 同施設は、商店街の活性化を目的に鳥取市と県の補助を受けて鳥取本通商店街振興組合が建設し、2005年4月に営業を開始。年間約60万人の利用がある。

 担当者は「鳥取では見る機会が少なく、子どもが喜んでくれる生き物を選んだ。笑顔であふれるイベントになれば」と期待している。

 午前10時〜午後4時。入場無料。問い合わせは同施設事務所(0857・21・4560)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20150403-OYTNT50043.html

ttps://archive.today/ofOpR

童話の世界にインコ【YOMIURI ONLINE2015年4月4日】(羽村市動物公園)

 羽村市動物公園のボタンインコ舎が、童話「ヘンゼルとグレーテル」を題材にした展示に衣替えされた。職員らが発泡スチロールなどを使って手作りしたお菓子の家や魔女などがお披露目され、入園者を喜ばせている。

 同園は「うさぎとかめ」や「ブレーメンの音楽隊」など童話や昔話に関連した展示を行っており、今回が第7弾。昨年の大雪で被害を受けたインコ舎の改修に合わせ、衣替えした。森の中で道に迷わないようにまいたパンを鳥に食べられてしまう「ヘンゼルとグレーテル」のエピソードにちなみ、インコ舎の床にはえさを入れる溝が作られている。

 園内を通って登校している同市立松林小学校の児童たちが除幕。新しくなった舎内に、40羽のルリゴシボタンインコが放たれた。

 増田均園長は「童話の話をしながら動物を見ると、より一層、関心がわくと思う」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20150404-OYTNT50029.html

ttps://archive.today/jleqK