2015年04月07日

アオサギ、せっせと巣作りに励む 秋田市新屋町【さきがけonTheWeb2015年4月7日】

枯れ枝を運び、巣作りに励むアオサギ
 サギ類の営巣地として知られる秋田市新屋町の秋田運河沿いの雑木林で、アオサギが盛んに巣作りをしている。

 春の日差しが降り注いだ7日も、枯れ枝を運んできては、くちばしで器用に巣を作る姿が見られた。営巣地は交通量の多い臨海大橋付近だが、鳥たちは車のエンジン音など気にする様子もなくせっせと巣材を運んでいた。

 日本野鳥の会県支部によると、アオサギは3月中旬から数が増え始めた。今月中旬には抱卵を始めるという。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20150407m

ttps://archive.today/pJH75

タグ:アオサギ
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大月市の桂川 カワウの駆除作戦始まる(山梨県)【NNNニュース2015年4月7日】

 今月13日からのアユの稚魚の放流を前に、大月市の桂川では、カワウの駆除作戦が始まった。
 桂川では毎年6月のアユ釣り解禁を前に、アユの稚魚約20万匹を放流する。しかし例年、関係者を悩ませるのが、カワウによる食害だ。カワウは羽を広げると1mを超える大型の鳥で、1日平均500gの魚を食べるとされ、群れで泳ぐ。アユの稚魚はカワウの格好のエサとなる。桂川漁協の大月支部は、被害が深刻となった2002年からカワウの駆除に乗り出し、近年、ようやくその効果が出始めたという。
 桂川のカワウの駆除は、アユ釣り解禁直前の来月31日まで続くという。
http://www.news24.jp/nnn/news8885530.html

ttps://archive.today/92ddP
タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 23:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マナヅル 迷子? 邑知潟近く1羽飛来【中日新聞2015年4月7日】

邑知潟近くに飛来したマナヅル=6日午後3時25分、石川県羽咋市金丸出町で

 環境省の絶滅危惧種に指定されているマナヅルが、石川県羽咋市の邑知潟近くの水田に飛来しているのが見つかった。日本野鳥の会石川によると、県内では二〇一三年に観察されているが、飛来は珍しいという。

 マナヅルは越冬のために鹿児島県出水平野などに飛来する。体は銀灰色で、頭から首は白色。首の両側に灰黒色の線が続く。顔に大きな赤色斑があるのも特徴。成鳥とみられる。

 確認した羽咋市の男性によると、一羽だけで水田で餌をついばむような姿が見られた。

 同市の野鳥愛好家の男性は「渡りのルートではなく、群れからはぐれたのではないか」と話した。 (小塚泉)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/photo/CK2015040702000209.html

ttps://archive.today/zHi6h
タグ:マナヅル
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県立博物館:データベースで資料公開 収蔵11万点、画像と詳細情報 /鹿児島【毎日新聞2015年4月7日】(キタタキ)

 県立博物館(鹿児島市城山町)は、これまで収蔵してきた動物の剥製や標本などの資料を閲覧できるデータベースの運用を始めた。絶滅した動物の標本や明治時代の貴重な資料など生物や岩石、化石の標本といった11万3342点を見ることができる。県立博物館は101年前の桜島大正噴火を機に設立。以来、県内外の貴重な標本などを集めている。

 インターネットを使ったシステムで博物館として収蔵品の管理を容易にするとともに、貴重な資料を県内外の人や研究者が利用できるようにして、役立ててもらうのが狙い。普段、博物館で陳列している資料は4836点のみという。

 公開するのは、植物3万2068点▽動物7万6998点▽地学4276点−−の画像と詳細な情報。郡市町村以下の採集地名や採集者氏名は非公開としている。

 珍しい資料としては、長崎県の対馬に生息していたが、絶滅したとされる「キタタキ」(鳥類)や奄美大島などに生息する国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」(哺乳類)など。

 県立博物館のホームページから閲覧することができる。県立博物館099・223・6050。【津島史人】
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150407ddlk46040307000c.html

ttps://archive.today/pnKRJ
タグ:キタタキ
posted by BNJ at 23:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮さま、広島を訪問【朝日新聞デジタル2015年4月7日】(山階鳥類研究所「中国地区賛助会員の集い」)

 秋篠宮さまは6日、総裁を務める山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の「中国地区賛助会員の集い」に出席するため、広島市を訪れた。集いに先立ち、平和記念公園で原爆死没者慰霊碑に献花した。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11691924.html

ttps://archive.today/T0XFu
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新石垣空港で鳥衝突し、離陸中断 JTA機【共同通信2015年4月7日】(バードストライク)

 7日午後4時半ごろ、沖縄県・石垣島の新石垣空港で、離陸しようと滑走路を走行していた那覇行き日本トランスオーシャン航空(JTA)622便ボーイング737が、機体から「ドーン」という異常音が聞こえたため、離陸を中断した。

 国土交通省とJTAによると、右エンジンに鳥の衝突した跡が見つかった。乗客乗員148人にけがはなかった。

 同機は離陸寸前で、時速約220キロまで加速したところで滑走を中止。急ブレーキをかけ、長さ2千メートルの滑走路の中央付近で停止した。

 エンジン内部などに異常がないかJTAが詳しく調べる。同空港は約40分間、滑走路を閉鎖、同便は欠航となった。
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040701001931.html

JTA機、異音で離陸取りやめ 新石垣空港【琉球新報2015年4月7日】
離陸を取りやめた日本トランスオーシャン航空622便=7日午後6時20分ごろ、石垣市の新石垣空港
 日本トランスオーシャン航空(JTA)などによると7日午後4時半すぎ、新石垣空港で、那覇行きJTA622便ボーイング737(乗客143人、乗員5人)が離陸の直前に異音がしたため、離陸を取りやめた。乗客、乗員にけがなどはない。この影響で滑走路は34分間、閉鎖された。
 JTAは原因について「右側のエンジンでバードストライク(鳥の衝突)があったとみられる」と話した。同社は乗客をほかの便に振り替え、機体を調べている。
【琉球新報電子版】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241535-storytopic-1.html

ttps://archive.today/MDnJc
ttps://archive.today/lkaHl
posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の鳥の巣大集合 京都・精華、実物と絵本原画展示【京都新聞2015年4月7日】

珍しい形をした鳥の巣に見入る来場者(精華町精華台・けいはんな記念公園)
 世界の鳥の巣と、巣をテーマにした絵本の原画展が、京都府精華町精華台のけいはんな記念公園で開かれている。特徴のある外観や、鳥が外敵から卵やひなを守るための仕掛けが来場者の目を引いている。

 同公園が開園20年記念で開いた。絵本作家鈴木まもるさん(62)=静岡県在住=が国内外で収集した鳥の巣28点と、鈴木さんが巣をテーマに描いた絵本の原画約50点を展示している。

 ヤシの葉を材料に編むようにして鳥が作った長さ約1メートルの巣や、卵やひなが外から見えないように入り口を狭くした土壁の巣、ヘビなどが首を突っ込んでも行き止まりになる穴を設けて外敵の目をくらます仕掛けのある巣が展示されている。

 来場者は「変わった形だけど美しい」「よく工夫している」などと感心した様子で眺めていた。12日まで。庭園入園料が必要。同公園管理事務所TEL0774(93)1200。
http://kyoto-np.jp/environment/article/20150407000127

ttps://archive.today/c4a05
posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上越市水族館、八景島が運営開始【新潟新聞モア2015年4月7日】(ケープペンギン)

指定管理者の運営をPRするため、セレモニーに登場したケープペンギン=1日、上越市西本町4

上越市水族館、八景島が運営開始

 上越市西本町4の市立水族博物館は1日、横浜市のレジャー業「横浜八景島」が新たな指定管理者となり、運営を始めた。同館で開かれたセレモニーでは、ペンギンが来館者の目の前に登場し、愛くるしいしぐさで歓迎していた。

 3月末までは市直営だったが、市は2018年春のオープンを目指す新水族博物館の設計・施工に向けて意見を反映させるため、同社に管理・運営を委託した。指定期間は現在の水族博物館と新水族博物館を合わせて32年3月まで。

 セレモニーでは、新館長の桜健太郎さん(43)が「30年以上の歴史がある市立水族博物館の飼育技術を生かし、生き物や海、自然の魅力を楽しんでもらえる施設を作っていきたい」とあいさつした。

 同社が経営する「横浜・八景島シーパラダイス」(横浜市)からセレモニーのために連れてきた体長約40センチのケープペンギン1羽も登場。アジをもらって口にくわえると、「あそびにきてね」と書かれた垂れ幕が下り、見守った来館者から歓声と拍手が上がった。

 同博物館ではイベント企画に力を入れるなどして、15年度は例年より2万人多い約20万人の入館を目指す。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20150407173532.html

ttps://archive.today/EeUfj

豪州 動物園のペンギン、お気に入りの場所はオフィス【新華ニュース2015年4月7日】

中国日報ネットが4月3日に伝えたところによると、オーストラリアのメルボルンの動物園で、職員に育てられているペンギンの赤ちゃんはとても人懐っこく、人と一緒にオフィスで過ごしている。ペンギンの名前はWing君というが、羽毛のDNA検査により「男の子」ではなく「女の子」である事が判明し、Wingちゃんと改名した。

ある日、動物園の職員はWingちゃんの兄姉は彼女の食べ物を全部食べてしまうことに気がついた。彼女は体重を増やさなければならない成長期なので、職員は巣から離して、1日4回エサを与えることにした。
http://www.xinhuaxia.jp/social/66278
http://www.xinhuaxia.jp/social/66278/2

リンク先に画像複数あり。
ttps://archive.today/jQ113
ttps://archive.today/Kw1r6
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月6日(月)そのD 洋県朱鷺(トキ)生態園 トキ保護における日中協力【中国国際放送局2015年4月7日】

朱鷺生態園の野生復帰ステーション内のトキ

 トキは、日本人にとって特別な鳥です。でもそれは、日本だけでなく、中国や韓国でも同じようです。私が最前列で案内係の郭さんの話を聞いているとき、朝鮮の記者も同じように私のすぐ隣で一緒に聞き入り、質問を投げかけていて注目度の高さを感じました。

 トキは、19世紀半ばまでは日本各地のほか、ロシア、朝鮮、中国などに多く生息していました。しかし、それぞれの国での乱獲や開発により、20世紀にかけて激減し、朝鮮では1978年の板門店、ロシアでは1981年のウスリー川を最後とし、日本では2003年に最後のトキであるキンが死亡し、生き残っているのは中国のトキのみとなりました。

 1998年に来日した当時の江沢民中国国家主席は、「日中友好の証」としてトキを贈ると表明し、1999年に友友、洋洋のペアが贈られ、その後日本では人工的な繁殖に初めて成功し、ヒナは優優と名付けられました。

 生態園案内係の郭さんによると、現在、野生では約1000羽、飼育下で約1000羽の計2000羽が中国に生息しているといいます。生態園には約100羽いるそうです。

 トキの保護における環境的な条件は大変厳しいものであり(大気汚染不可など)、農民を巻き込んで町全体の環境に注意する必要があり、町の中心部から半径10kmにおいては、無農薬で農業が行われ、トキの餌の確保に務めているということです。JICAは、2010年9月より、洋県など3箇所で「人とトキが共生できる地域環境づくりプロジェクト」を実施しています。トキの生息域拡大のためには、トキの保護と農民の生活を両立させなければなりません。トキは水田から餌を見つけますが、その餌場の確保のためには農薬を制限する必要があり、結果農民の収入低下につながります。JICAが実施するこのプロジェクトでは、有機農業のモデル事業を支援し、人とトキが共生する環境作りを推し進めています。日本と中国とが協力し合ってトキを保護しており、トキがここでこうして見られることはまさに「日中友好の証」ですね。(林)

野生復帰ステーション内で餌を食べるトキ

「日本島根県出雲市議会の寺田昌弘会長による認養」と書かれたトキのケージ

 出雲市との交流

 島根県出雲市では、1991年より漢中市と交流と開始し、2000年からは朱鷺生態園のトキを、市民などの寄付金によって「認養」(飼育繁殖の資金支援を実施)しています。


トキに関する資料や映像資料などが展示される建物

案内ボードにも日本語がある

2011年3月、JICAによる大型フライングケージの修理プロジェクト

朱鷺生態園
http://japanese.cri.cn/782/2015/04/07/241s234751.htm
http://japanese.cri.cn/782/2015/04/07/241s234751_1.htm
http://japanese.cri.cn/782/2015/04/07/241s234751_2.htm
http://japanese.cri.cn/782/2015/04/07/241s234751_3.htm

ttps://archive.today/8lNgz
ttps://archive.today/PzS35
ttps://archive.today/nyvyZ
ttps://archive.today/8lNgz
タグ:中国 トキ
posted by BNJ at 22:10 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟)飼育中のトキ、ひな生まれる 今季初【朝日新聞デジタル2015年4月7日】(他2ソース)

雌の親鳥からくちばしで孵化(ふか)を助けられるひな=佐渡市、佐渡トキ保護センター提供

 佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで飼育中のトキの卵が6日、孵化(ふか)した。自然界および国内の飼育施設のいずれの繁殖場所においても、今季初めてのひな誕生だ。

 親鳥は同センター生まれの雌12歳と、長岡市トキ分散飼育センター生まれの雄3歳。ペアは3月5〜13日に5個の卵を産み、2個は割れてしまっていたが、残りを温め続けていた。6日午前11時45分ごろ、県職員がケージにあるカメラを通して確認。今後も親鳥に子育てを任せる。

 飼育中のトキでは、県内外の飼育施設で29組のペアが繁殖にあたっている。3日現在で96個の産卵が確認され、うち49個は親鳥が巣で卵を抱き、9個は孵卵(ふらん)器などで温めている。今後もひな誕生が続く見通しだ。
http://www.asahi.com/articles/ASH4656FFH46UOHB00P.html

今季初のトキひな誕生 昨季より5日早く【YOMIURI ONLINE2015年4月7日】
 佐渡市の佐渡トキ保護センターは6日、野生復帰ステーションの飼育ケージで今季国内で初めてトキのひなが誕生したと発表した。

 同センターによると、同日午前11時45分頃、3歳の雄と12歳の雌のペアが抱卵している3個のうち、1個からひなが誕生していた。昨季は島根県出雲市の分散飼育センターで4月11日に人工孵化ふかしたひなが国内で最初だった。今季は昨季より5日ほど早く、しかも自然孵化だった。

 国内では6日現在、198羽が飼育されており、そのうち22ペアが49個を抱卵しているほか、9個を孵化器などで温めている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150407-OYTNT50000.html

飼育のトキにことし初のひな【NHK首都圏2015年4月7日】
国の特別天然記念物トキを飼育している新潟県佐渡市の施設で、6日、全国の飼育施設ではことし初めてとなるひなが誕生しました。

ひなが誕生したのは佐渡市の「佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション」で飼育されている、3歳のオスと12歳のメスのつがいの巣です。
施設によりますとこのつがいは3月5日から産卵を始め、6日までに3つの卵を温めているのが確認されていましたが、6日正午前、このうち1つの卵からひながかえっているのを職員が確認したということです。
ひなの健康状態に問題はないということです。
環境省は鳥インフルエンザなどの感染症の予防のため、トキを佐渡市の施設のほかにも東京の多摩動物公園など全国あわせて7つの施設に分散して飼育していますが、飼育施設でひなが誕生するのはことしに入って初めてです。
全国の施設では4月3日の時点で29組のつがいが産卵し、あわせて49個の卵が親鳥に温められているということです。
佐渡トキ保護センターの塚原薫所長は「これからふ化が本格的に始まると思うが、誕生したひなは将来の放鳥に向け、しっかり育ってほしい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150407/3818431.html

ttps://archive.today/Vh6EN
ttps://archive.today/nhIGN
ttps://archive.today/6blyX