2015年04月13日

くらしナビ・ライフスタイル フクロウカフェが人気の訳【毎日新聞2015年4月13日】

フクロウと触れ合いながら写真撮影を楽しむ人たち=大阪市北区の「フクロウのみせ大阪店」で
魅力的な大きな瞳/かわいい/種類、性格さまざま/飽きない癒やしの存在

 住宅事情や家庭環境からペットを飼うことが難しい人にとって、動物カフェは気軽に動物と触れ合える場だ。猫カフェが一般的になるなか、最近フクロウカフェがじわじわと人気を集めている。その魅力を探った。【倉田陶子】

 ●触れ合って撮影も

 フクロウ専門のカフェ「フクロウのみせ大阪店」(大阪市北区)では、人間のスタッフのほかに約20羽のフクロウが客を迎える。客は1時間ごとの入れ替え制で、ワンドリンク1500〜1700円(小学生以下1000円、要保護者同伴)。触れ合いコーナーにいる5羽前後のフクロウは、腕に乗せたり触ったり自由に接することができる。棚でくつろぐその他のフクロウは、触ることはできないが写真撮影を楽しめるという。

 片手に乗りそうなほど小さいコキンメフクロウや大型のシベリアワシミミズクなど、さまざまなサイズのフクロウが並ぶ様子は迫力満点。鋭い爪やくちばしから怖いイメージがあったが、じっと見つめられると大きな瞳に吸い込まれそうになる。

 春休み中の平日午後、店は国内外から来た約20人の客で満員だった。スタッフから触り方や撮影時にフラッシュを使わないなど一通りの説明を聞いたら、触れ合いタイム。「かわいー」「癒やされる!」と歓声が次々と上がる。なめらかな羽をゆっくりなでたり、スタッフの手を借りてフクロウを頭に乗せたりと、楽しみ方もさまざまだ。

 大阪府枚方市の中学1年生、平田萌衣(もえ)さん(12)は「どのフクロウもめっちゃかわいい。また来たい」と満足げ。母親の緒香(ゆか)さんは「家では飼えないので、こういう所で触れ合えるのはありがたい」と話す。

 スタッフの樋川百香さん(21)はフクロウの魅力を「見ていて飽きない癒やしの存在」と話す。甘えん坊のフクロウもいれば、好奇心旺盛なフクロウもいる。「同じ種類でも性格が違うところもおもしろい」という。

 一方、動物愛護の観点から大事なのがフクロウの体調管理だ。同店の場合、1羽のフクロウが客と接するのは1日1〜3時間。時間帯によってフクロウを入れ替え、3カ月に1度の健康診断も欠かさない。樋川さんは「お客様に楽しくフクロウと触れ合っていただくために、フクロウのことを第一に考えている。フクロウの魅力をたくさんの人に知ってほしい」と話す。

 ●家で飼うことも

 フクロウと一緒に暮らしたいという人もいるだろう。同店では生体販売を行っており、店に通って気に入ったフクロウを飼う人もいるという。

 日本には野生のフクロウもいるが、環境省野生生物課によると、野生のフクロウを勝手に捕獲したり、その卵を採取することは鳥獣保護法で禁止されている。違反すれば罰則(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)もある。しかし、海外から合法的に輸入したフクロウの飼育や繁殖は可能だという。

 フクロウ目フクロウ科フクロウ属の猛きん類。日本では九州以北、四国、本州、北海道に広く分布している。

 西日本の主なフクロウカフェは、「わたわた」(奈良市、電話0742・81・8822)や「BiBi&GeorGe」(神戸市中央区、電話078・391・2960)などがある。
http://mainichi.jp/articles/20150413/ddn/013/040/013000c

ttp://archive.is/sFR9t

伝統の渡り鳥狩り、国民投票で継続へ マルタ【AFPBB News2015年4月13日】(他1ソース)

【4月13日 AFP】地中海の島国、マルタで12日、同国伝統の春の渡り鳥狩り継続の是非をめぐる国民投票が行われ、狩りの継続を支持する側が勝利した。結果を受けてマルタのジョゼフ・ムスカット(Joseph Muscat)首相は、14日に今年の狩りを解禁すると発表した。同国伝統の春の狩りについては、地中海を移動する渡り鳥を繁殖前に殺してしまう残虐な行為だとして反対の声が上がり、国内で長らく論争となっていた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3045267

マルタ伝統の春季の渡り鳥狩り、住民投票で継続決定【ロイター2015年4月13日】
[バレッタ 12日 ロイター] - マルタで11日、数百年の伝統をもつ春季の渡り鳥狩り継続の是非を問う住民投票が行われ、継続が決定した。

投票は環境保護団体などが求めたもので、4─5月の渡りの時期に20日間、アフリカから北帰行の途中飛来する渡り鳥のコキジバトとウズラを捕獲することを認めた制度の撤廃を目指した。こうした狩猟が認められているのは、欧州連合(EU)域内でマルタのみとなっている。

ハンター側の立場を取ったムスカット首相は、賛成票が約51%あったと発表。狩猟法は厳格に適用され、違反者は罰せられると警告した。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0N40TO20150413

ttps://archive.today/pDGYZ
ttps://archive.today/btDHg
posted by BNJ at 21:15 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越前市で飼育のコウノトリ産卵 県発表【中日新聞2015年4月13日】

卵に寄り添う「ふっくん」(手前)と「さっちゃん」=越前市中野町の飼育ケージで(県提供)

 県は十二日、越前市中野町で飼育する国の特別天然記念物コウノトリが産卵したと発表した。産卵は三年連続。過去二年は全て無精卵だったため、飼育開始以降初の有精卵となるかが注目される。

 同日午前八時半ごろ、兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)から借り受けたつがいの雌「さっちゃん」が卵一個を産み落としているのを、飼育ケージ内に設置したカメラの映像で飼育員が確認した。産卵後は雄の「ふっくん」と交代で温めている。

 今年は二羽の交尾行動が昨年より一週間ほど早く、木の枝などを運んでの巣作りもこれまでになく積極的。県は昨年、コウノトリの郷公園から有精卵三個を譲り受けて温めさせる「托卵(たくらん)」を実施し、県内で五十年ぶりに三羽のひなが誕生した。今回の産卵について飼育員らは「子育ても経験し、刺激を受けたのでは」とみている。

 コウノトリは一週間ほどで卵を二〜五個産むため、産卵状況を見守った上で有精卵か無精卵かを調べる。

(山本真喜夫)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20150413/CK2015041302000049.html

ttps://archive.today/1EtI2