2015年04月26日

ハシビロコウ:のいち動物公園に「お嫁さん」 「動かない鳥」繁殖に期待 /高知【毎日新聞2015年4月26日】(既報複数)

 巨大なくちばしを持ち「動かない鳥」として知られるアフリカの怪鳥、ハシビロコウが県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)に搬入され、25日、公開が始まった。同園では初めて雄と雌を同時飼育することとなり、国内初の繁殖も期待される。

 ハシビロコウはアフリカ東部〜中部に分布。水辺に生息し、鳥類では最大級のくちばしで何時間も動かずに魚を狙うが、開発などによる湿地の減少のため絶滅が危ぶまれている。

 新たに搬入されたのは、タンザニアで捕獲された雌の野生個体。1歳半程度と推定され、体長約1・1メートル。今後は同園で以前から飼育される雄「ささ」(推定6歳)と、世界でも2例しかないという繁殖の成功を目指す。

 同園は「環境に早く慣れるように工夫したい。2羽の行く末を見守ってあげて」と話している。【岩間理紀】
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20150426ddlk39040404000c.html

ttps://archive.is/AfQVN
高知県立のいち動物公園に雌ハシビロコウ 国内初繁殖期待【高知新聞2015年4月21日】
「動かない鳥」ハシビロコウの雌が高知に なるか繁殖【朝日新聞デジタル2015年4月23日】

ハマスタ場外に 4メートルのスルメ 移動水族館始まる【東京新聞2015年4月26日】(ペンギン)

横浜スタジアム場外で展示されているダイオウイカのスルメ

 大型連休を前に、期間限定の移動水族館が25日、横浜市中区の横浜スタジアムの場外で始まり、ダイオウイカのスルメが展示された。無料。
 ダイオウイカのスルメは長さ4メートルで、大勢の親子連れでにぎわった。深海生物のオオグソクムシは触れることができ、ペンギンやウミガメも展示されている。移動水族館は、26日と5月4〜6日の午前11時から。荒天の場合は中止。 (猪飼なつみ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150426/CK2015042602000143.html

ttps://archive.is/xh7ar

期間限定!5月2日(土)〜5月6日(祝)5日間 スペシャルナイト2015 神戸どうぶつ王国【プレスリリース2015年4月26日】(夜に浮かび上がるハシビロコウ/シロフクロウ記念撮影)

2015年4月26日
(共同通信PRワイヤー) - 2015年4月25日

神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国 スペシャルナイト 2015 期間限定!5月2日(土)〜5月6日(祝)5日間
神戸どうぶつ王国の特別な夜が始まる。光に彩られたと動物と花々の神秘的な世界が広がる。

5月2日(土)〜5月6日(祝)の5日間、神戸どうぶつ王国では夜21時までのロング営業を行います。
期間中の夜間は「スペシャルナイト」と称し、インサイドパーク(屋内エリア)を間接照明の薄明かりの中、日中の神戸どうぶつ王国とは違う夜にしか見られない動物と花々の世界をご覧いただけます。15か所のエリアを動物、植物の個性を活かし間接照明で演出、独自の空間を提供。イベントも充実、20時30分からの「ファイナル・ナイトバードパフォーマンスショー」を最後までご覧頂いたお客様には特製のスペシャルナイトステッカーをプレゼント。また恋人の聖地愛の鳥かご前では真っ白なフロアタイルを敷き詰め、中谷美紀主演の映画「繕い裁つ人」のパーティーシーンロケ地にもなったこの場所に光と花々でその疑似空間を再現します。
主な動物エリア(他ペリカンラグーン、ピョンタッチ広場、ニャンタッチ、アルパカナイトウォーク)
1.ビックビルラグーン 夜に浮かび上がるハシビロコウ
  ハシビロコウがライトで闇夜に浮かび上がる。夜に網や柵越しではなく間近で見れるのはここ神戸どうぶつ王国だけ。
  野生下では夜行性で薄暮時に活動するとされる彼ら。一体どのような動きを見せてくれるのでしょう。
2.アクアバレー    カピバラたちと光る池
  日中と同様に給餌体験楽しめます。専用のプールはフロートライトで照らされた幻想的な雰囲気。元来夜行性の動物
  暗がりから映し出される姿に野生を感じて下さい。運が良ければライトアップされたプールでゴージャスに泳ぐカピバラ
  を見られるかも。
3.アクアバレー  青白い光で照らされた水中を泳ぐオットセイ 幻想的なライトアップされたプールで泳ぐオットセイ
4.南米の森  人気のカンガルーたち、実は夜行性。普段はお昼寝をする姿も見られるのですが、夜はとてもアクティブ。
5.シンボリーツリー
  シンボルツリーの前にはベコニアセンパフローレンス、シロタエギク、セダムを約1800鉢を使用して描いた「鯉のぼ   り」幅4M×高さ3M花絵を展示。この前で幸福のシンボル、シロフクロウのアイスと記念撮影を行います。
  可愛いミーアキャットも登場します。
主な植物エリア(他フラワーシャワー、アクアリウムコーナー、フクシアライティング、恋人の聖地、シンボルツリー)
1.ウォーターリリーズ
  巨大なプールに咲く100種200株の睡蓮をスポットで照らします。またミズーリ等夜に咲く睡蓮にも注目です。
レストラン 間接照明に映し出された花々に囲まれフラワーフォレストでカレー、ピザ、パスタの3つのコースを。
スペシャルナイトイベント時間
17時30分 アルパカナイトウォーク 
18時00分 ワオワオトークナイトバージョン
18時30分 シロフクロウ記念撮影 300円
19時00分 オットセイパファーマンス
20時30分 ファイナル・ナイトバードパフォーマンスショー
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/Ckprw201504259680.html

ttps://archive.is/RiG7r
posted by BNJ at 23:19 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希少猛禽類:感電や鉛中毒の恐れ オオワシなど絶滅危惧【毎日新聞2015年4月26日】

湖の上空を勇壮に舞うオオワシ。翼を広げた長さは2メートルを超える=諏訪湖で2009年1月、武田博仁撮影
拡大写真
関連記事

「絶滅」バッタ:30年ぶり確認 長野で生息の報告
長良川のアユ、準絶滅危惧種に 「市版レッドリスト」作成
<動画と鳴き声>絶滅危惧種の海鳥、繁殖 東京・小笠原で初確認
<クマの赤ちゃん>「グググ」と甘え声
<ホワイトタイガーの赤ちゃん>目がぱっちり
<ライオンの赤ちゃん>いつか王になるミャー
 長野県が今年、11年ぶりに改訂した絶滅の恐れがある野生生物の「県版レッドリスト(動物編)」で、鳥類では新たに、県内で越冬するオオワシが絶滅の恐れが最も高い絶滅危惧1A類に、同じくオジロワシが1Aに次ぐ1B類に追加された。通年で生息するイヌワシは旧版から1A類で、同じく大型のタカのクマタカは1B類。これらの希少猛禽(もうきん)類には、感電事故や鉛中毒の恐れがあることが近年、判明した。食物連鎖による生態系ピラミッドの頂点に立つ彼らの現状を探った。【武田博仁】

 レッドリスト改訂委員会の脊椎(せきつい)動物専門部会委員を務めた県環境保全研究所の堀田昌伸主任研究員によると、旧版になかったオオワシとオジロワシの追加は「以前よりも情報が集まり、越冬期に極めて少数の生息が確認されたため」という。

 海や湖で魚などを狩るため「海ワシ」と呼ばれる両種は冬に北海道で多く見られるが、ごく少数が本州を南下する。県内では諏訪湖などでの越冬例が知られるようになった。

 1999年から諏訪湖で越冬している20歳のオオワシの雌は「グル」の愛称を持ち、地元野鳥ファンに親しまれている。他のオオワシやオジロワシが飛来することもあるが、湖を縄張りとするグルに追い出されるという。

 日本野鳥の会諏訪会長の林正敏さん(71)は「オオワシは冬は諏訪湖に定着している。もしグルがいなくなっても、それに代わるワシが湖を縄張りにするだろう」とみる。

 オオワシなどの生息は県内に彼らが過ごせる一定の自然環境がある証拠だが、一方で、生息に脅威となる要因が新たに分かった。

 2012年春、諏訪市の山中で高圧電線の鉄塔に止まったクマタカ2羽が相次いで感電死する事故が起きた。いずれも鉄塔上部の落雷による設備損傷を防ぐ器具に接触したためとみられ、野鳥の会の要請で、中部電力が現場の鉄塔に接触を防ぐ対策を施した。

 ワシやタカは獲物探しや休息のため、鉄塔など高い場所によく止まる習性があり、感電事故は他の地域でも起きる可能性がある。

 この事故後、彼らにとっては別の深刻な脅威も分かった。採餌による鉛中毒だ。林さんが感電死したクマタカ1羽の胃の未消化物を調べたところ、大量のシカの毛を発見。駆除されたシカを食べたらしいと気づいた。

 県内では現在、激増したシカの捕獲が進められており、13年度には全県で約4万頭が捕獲された。だが、銃による駆除には鉛製の銃弾が使われており、撃たれた死骸の多くは山中に放置されている。それを猛禽類が食べると鉛中毒になる可能性があるという。

 「ワシやタカは鋭いくちばしで銃弾が入った傷口から肉をえぐり取って食べるので、鉛の破片も口に入る。感電死したクマタカは鉛中毒だったかもしれない」と林さん。

 実際に北海道では、撃たれたエゾシカを食べたことでオオワシやオジロワシが鉛中毒死する事例が90年代後半から多発し、問題化した。道は00年代からシカ猟での鉛弾使用を禁ずるなど規制を始めたが、順守されておらず、今も中毒死があるという。

 林さんは「シカの大量捕獲が続く県内も、猛禽類が死んだシカを食べると考えられる」とし、県内でも鉛弾の規制を求めている。

 ◇イヌワシは繁殖率低下

 オオワシなどの「海ワシ」に対し、山にすむため「山ワシ」と呼ばれるイヌワシは全国的に繁殖率が低下し、数が減っている。

 日本イヌワシ研究会が今年3月に発表した81〜13年の33年間の調査では、つがいの数は80年代の7割に減り、つがいの繁殖成功率も大幅に低下。個体数は全国で500羽程度と推定し、「存続の危機にある」と訴えている。

 県と長野イヌワシ研究会の調査によると、県内で確実に生息が確認されているつがいの数は06年の22から、13年には19に減少した。県は06年度から保護回復事業に取り組んでいるが、「繁殖状況は悪化している」と推定している。

 研究者は個体数減少の要因に、ノウサギなど餌動物の減少▽営巣地周辺の開発・工事や人間の接近▽人工林の放置や里山の荒廃による狩り場の消失−−などを挙げている。
http://mainichi.jp/feature/news/20150426k0000e040128000c.html

ttps://archive.is/jEy9Z
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂浜にペンギン…光を操り絵画のような情景を演出 世界一の動物写真【日本経済新聞ナショナルジオグラフィック2015年4月26日】

 『ワイルドライフフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー』をご存じですか。イギリスで50年続く、世界で最も古く、最も権威のあるネイチャー写真賞です。その受賞作品を集めた本ができました。動物写真の黎明(れいめい)期から今日までの歩みが、すべてわかります。この連載では、本に掲載した写真の中から魅力的な珠玉の写真をいくつかピックアップして紹介していきます。

「夕暮れどきの皇帝たち」(フランス・ランティング、1996年)
画像の拡大
「夕暮れどきの皇帝たち」(フランス・ランティング、1996年)
 光の使い方にも、お国柄が表れます。南欧や米国南部、アフリカ南部出身の写真家は、まぶしくて強烈な光を当てて撮影することを好む一方、北欧出身の写真家たちは、四季の移ろいを感じさせる淡い光で撮影することが多いといいます。場に漂う雰囲気を決めるのは光の当て方です。光が風景全体をどう照らし出すか、逆光がどのような効果を生むか、光をどう当てれば細部をはっきり撮れるのか――。

 この写真は、まさに光の使い方によって、強烈な印象を与えてくれます。まるで砂の舞う、温かい夏の夕方の浜辺のような光景を写した1枚ですが、この写真の舞台は南極大陸。ウェッデル海を覆う氷の上で、冬の終わりに撮影されたものです。氷上の過酷な暮らしを表現したこの写真は、新鮮でシュールな味わいをもたらしてくれます。

■“野生”をシンボリックに表現

 「はい、チーズ!」と言えば、カメラの方を向いて、ポーズを取ってくれますね。人間ならば。野生動物の場合、そんなことはあり得ません。動物のポートレート写真が難しい理由の一つは、そもそも遭遇するのが難しい上に、わずかなチャンスの間に身構えない自然なポーズを動物がなかなか取ってくれないことです。優れたポートレート写真を撮るには、写真家が動物をよく理解し、気持ちを通わせることが欠かせないといいます。

「ブラザー・ウルフ」(ジム・ブランデンバーグ、1988年)
画像の拡大
「ブラザー・ウルフ」(ジム・ブランデンバーグ、1988年)
 ジム・ブランデンバーグは、森の中に丸太小屋に暮らしながら、時には北極圏にまで滞在して、オオカミを追い続けている写真家です。ここに写るのは、米国ミネソタ州レイヴン・ウッドの森で知り合ったオオカミの一匹。用心深く、木の影に体を隠しながらもブランデンバーグをじっと見つめています。このポートレート写真は、オオカミの習性をよく表しています。この作品の発表以降、多くの写真家が物陰に隠れた動物を撮影し、動物の野生をシンボリックに表現するようになりました。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック『世界一の動物写真』を基に再構成]

[参考]ナショナル ジオグラフィック『世界一の動物写真』は、イギリスで50年続く、世界最高峰の写真賞「Wildlife Photographer of the Year」受賞作の中からえりすぐりの163枚を厳選して掲載した写真集。初めて撮影された歴史的な動物のモノクロの写真から、政治や写真史に影響を及ぼした有名な写真まで、時代を画した偉大な作品を一挙収録。ネイチャー写真がどのように生まれたのか、カメラの進化や撮影技術の発展に伴い作品がどのように進化したのか、その過程も詳しく解説しています。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO85041470Q5A330C1000000/

ttps://archive.is/pl52Q

世界一の動物写真

新品価格
¥3,888から
(2015/4/26 11:40時点)



ザ・ワイルドライフ・フォト

新品価格
¥3,888から
(2015/4/26 11:40時点)



世界一の動物写真 [ ロザムンド・キッドマン・コックス ]

価格:3,888円
(2015/4/26 11:42時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

囲いのない動物園、鳥たちものびのび イタリア【AFPBB News2015年4日26日】

【4月25日 AFP】イタリア北部トリノ(Turin)近郊のクミアーナ(Cumiana)にある動物園「Zoom Torino」は、人工的なおりや囲いをなくし、来園者たちが自然に近い状態で動物たちを眺められるよう工夫されている。広大な動物園の中で、のびのびと「羽を伸ばす」鳥たちの写真を集めた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3046435

ttps://archive.is/f99Gq
タグ:イタリア
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江フォーゲルパークのペンギンの赤ちゃん、散歩メンバー入りへ英才教育【産経ニュース2015年4月26日】

 松江市の松江フォーゲルパークで誕生したケープペンギンの赤ちゃんが、同施設で人気の「ペンギンの散歩」や「ふれあい体験」のメンバーになるため“英才教育”で奮闘中だ。

 スタッフが飼育中に性格などを見極め、人にならして育てているという。生まれてから約1カ月たち、毎日午後2〜3時の公開もスタート。もこもこしたグレーの毛で覆われたかわいい姿に歓声があがっている。

 3月10日に誕生し、今月22日現在で体長約30センチ、重さ約1・8キロ。「ピーピー」と鳴きながら動き回り、エサのコアジを毎日500〜600グラムたいらげる。施設によると、来場者と触れ合う散歩やふれあい体験のメンバー入りを目指し、人にならすためスタッフが育てる形をとっている。

 施設では今回の赤ちゃんを含めて計15羽のペンギンを飼育しているが、うち6羽が散歩メンバーに“選抜”され、来場者と一緒に歩いている。施設では、今回の赤ちゃんを7番目のメンバーにしようと、英才教育。さらに、現在1羽が担当しているふれあい体験のメンバーにしようという願いもある。

 今は無邪気に動き回る赤ちゃんだが、スタッフらは熱い視線で成長を見守っている。
http://www.sankei.com/region/news/150426/rgn1504260040-n1.html

ポカポカGW好発進【YOMIURI ONLINE2015年4月26日】(松江フォーゲルパーク/ケープペンギン)
1万本分のチューリップでつくられたフラワーカーペット(松江市で)
 大型連休初日の25日、県内は晴天に恵まれ、最高気温は津和野町で23.3度、松江市で22.1度、大田市で20.2度など、おおむね4月下旬から5月下旬並みを記録した。絶好の行楽日和となり、観光スポットやイベント会場などは家族連れらでにぎわった。

 ◇すくすく育って 一畑薬師

 出雲市小境町の一畑薬師(飯塚大幸管長)ではこの日、数え年で2、4歳になった子供の無事成長を願う特別行事が始まり、親子連れら約400人が参拝に訪れた。5月6日まで行われる。

 同薬師は眼病治癒に霊験があるとされる。特別行事は、約500年前、因幡国の夫婦が2歳の我が子の眼病回復を祈願したところ、治癒。子供が4歳になった時、お礼に訪れた、という言い伝えにちなみ、毎年この時期に行われている。

 参拝者らは読経後、「おんころころ せんだり まとうぎ そわか」とご真言を唱えながら本堂を1周し、子供の成長を祈った。

 松江市石橋町、公務員江角聡子さん(36)は長男の景太ちゃん(1)を連れて訪れ、「健康に育つようにと願っています」と話していた。

(井上絵莉子)

 ◇ふわふわ人気者 ペンギンひな

 松江市大垣町の「松江フォーゲルパーク」では、3月に生まれたケープペンギンのひな1羽が一般公開されており、来園者の人気を集めている。この日は約1万本分のチューリップの花でつくられたフラワーカーペット(縦横4メートル)も園内にお目見えした。

 ひなは雄のアカピン(18歳)と雌のウエノ(6歳)の間に3月10日に生まれ、現在、体長約30センチ、体重約1800グラム。性別不明で、名前はまだない。成鳥と違い、モコモコしたグレーの羽毛で覆われ、愛嬌あいきょうを振りまいている。

 家族で訪れた同市東出雲町の小学4年生、周藤はるかさん(9)は「ふわふわしていてかわいい。元気にたくましく成長してほしい」と喜んでいた。

 フラワーカーペットは、出雲市斐川町の「あかつきファーム今在家」で摘んだ花を使用。白やピンク、黄色などの花を使い、同園のキャラクター「パッくん」を描いている。(宮地恭平)
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20150425-OYTNT50038.html

ttps://archive.is/qbkot
ttps://archive.is/KusiU

鹿児島)赤ちゃんペンギンに歓声、平川動物公園で催し【朝日新聞デジタル2015年4月26日】(フンボルトペンギン)

羽毛に覆われたフンボルトペンギンの赤ちゃん=鹿児島市平川町

 ペンギンの保護について考える「世界ペンギンデー」の25日、鹿児島市の平川動物公園で散歩やえさやり体験を通じてペンギンの生態を学ぶイベントがあった。3月に生まれた赤ちゃんペンギンも登場し、愛らしい姿に訪れた子どもたちから歓声が上がった。

 飼育されている26羽のフンボルトペンギンのうち5羽が柵の外へ出て、来園者と一緒に200メートルほど歩いたり、えさの魚をもらったりした。鳥インフルエンザの影響で冬場の散歩を見合わせていたため、運動不足を解消する目的もあるという。

 暑さが苦手なため、散歩が見られるのは今月末ごろまで。担当者は「間近で見て、ペンギンについて理解を深めてほしい」と話していた。(鎌田悠)
http://www.asahi.com/articles/ASH4T41V9H4TTLTB007.html

ペンギン:よちよちお散歩 鹿児島・平川動物公園【毎日新聞2015年4月26日】
子供たちに見守られ、散歩を楽しむペンギン=鹿児島市平川町の平川動物公園で2015年4月25日午後3時8分、土田暁彦撮影
拡大写真
 「世界ペンギンの日」の25日、フンボルトペンギンが鹿児島市の平川動物公園を散歩するイベントがあった。よちよちと歩く姿が愛らしく、今月末ごろまで毎日午後3時に披露される予定。

 南米に生息するペンギンで、同園は26羽を飼育。冬場の運動不足解消のため十数年前から散歩させている。この日は、5羽が30分かけて園内約200メートルを気持ちよさそうに歩き、思いも寄らぬペンギンの動きに、来園者は歓声を上げていた。

 この時期は南極周辺のアデリーペンギンが繁殖を始める頃で「世界ペンギンの日」として、親しまれているという。飼育員は人間の海岸開発や環境変動でペンギンの巣穴が減っている状況を説明していた。

 しゃがんで見つめていた鹿児島市の小学2年、藤尾真紀ちゃん(7)は「ゆっくり歩いて可愛かった」と笑顔を見せた。【土田暁彦】
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20150426ddlk46040173000c.html

ttps://archive.is/B0RwE
ttps://archive.is/JAg5Q