2015年05月31日

室蘭の野川さん宅の換気口にシジュウカラのひなが誕生【室蘭民報2015年5月31日】

 室蘭市白鳥台の野川聰さん(66)宅の風呂場換気口でシジュウカラが巣を作り、7羽のひなが誕生した。

 野川さん宅で今月中旬、リフォーム業の大道工業(日の出町、香川美智子社長)社員が、風呂場換気口の交換作業中に巣を発見。7羽のひなが生まれているのを確認した。2、3センチほどの大きさ。

 香川社長が「換気口交換は、巣立った後にしませんか」と提案。野川さんも二つ返事で了解し、そっと見守ることにした。野川さんは「ぜひ、巣立ってもらいたい。ゆっくりと待ちます」と笑顔を見せている。
(柴田圭介)
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2015/05/31/20150531m_03.html

ttps://archive.is/XcOl6

posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月31日付・ツバメ、さらに受難?【四国新聞2015年5月31日】

 洗車したてのボンネットの上に、白っぽい「汚物」がぽとり―。これは相当に気分が悪い。とはいえ、巣を作った家には繁栄をもたらすともいわれる。そうそうむげにもできない動物ではある。

 ツバメは春先に日本に来て、人家の軒先で繁殖活動を行う。近年、環境の変化などによる生息数の減少が指摘されるが、彼らの“受難”を裏付ける新たな調査結果が出た。地球温暖化の影響で、日本への飛来時期が早まっているらしい。

 渡り鳥の研究を続ける山階鳥類研究所(千葉県)が過去のデータを分析した。それによると、成鳥を確認した時期のピークの平均が、1960年代は7月21日だったが、90年代は同15日、2000年代は同8日になっていた。

 人類の豊かさの希求が自然の摂理を乱す。無論、温暖化に限った話ではない。大気汚染、産廃の急増、湖沼や海の汚濁、ダイオキシン…。人間社会の一員として、ますます心苦しさが募る。

 新潟水俣病の公式確認からきょうで50年になる。工場から流れ出た水銀が川魚に蓄積し、魚を食べた人に重い神経障害が現れた事件である。産業公害の歴史を胸に刻み、人間と環境の関わりをあらためて考える日にしたい。

 拙宅には今年、3組のツバメの夫婦がやって来て、10羽ほどの雛(ひな)をかえした。讃岐の夏空の下、今も2組が巣作りに励んでいる。日に日に増す足元の汚れに胸がふさがるが、けなげに働く姿には声援を送りたくもなる。人間、迷惑を掛けますが…、と省みつつ。(U)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/20150531000077

ttps://archive.is/wAlSf
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

台風に流され?名護に珍鳥オナガミズナギドリ【沖縄タイムスプラス2015年5月30日】

砂浜から助走をつけ海上へ飛び立つオナガミズナギドリ=29日、名護市港
 【名護】繁殖時以外は海水上や外洋で暮らすオナガミズナギドリが25日に名護市内で保護され、29日に関係者の手により放鳥された。同鳥は小笠原、硫黄島、尖閣諸島などで繁殖する以外に陸上で観察されるケースはまれ。

 同市大北浄水場で衰弱しているのを保護され、市内の動物診療所に運び込まれた。獣医師の畑大二郎さん、山岸真貴さんが脱水状態と判断、点滴や餌やりで看護し、体力が回復したため放鳥された。

 全長42センチ、翼開長103センチ、体重300グラムの成鳥とみられ、雌雄は不明。屋我地鳥獣保護区管理員の渡具知豊さんは、台風7号の影響から硫黄島、小笠原諸島方面から流されてきたものと推測。「初めて目にする珍しい鳥」と話す。

 関係者が見守る中、名護市港の児童センター前砂浜で放鳥。しばらく辺りをうかがう様子だったが、潮の香りに誘われるように助走をつけ、一気に南風に乗り梅雨空に羽ばたいていった。(島袋仁明通信員)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=117652

ttps://archive.is/Mf3RI
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ3羽繁殖 こども動物自然公園で初【東京新聞2015年5月30日】(埼玉県)

順調に成育するニホンコウノトリのひな3羽=東松山市で(県こども動物自然公園提供)

 県こども動物自然公園(東松山市)は、絶滅が心配されているニホンコウノトリの繁殖に初めて成功したと発表した。
 同公園では1988年に中国からニホンコウノトリを導入して以来、27年にわたり繁殖に取り組んできた。今回、繁殖に成功したのは東京都多摩動物公園から2010年に譲り受けたペア(雄15歳、雌14歳)。4月上旬に産んだ卵4個のうち、今月5日に2羽、7日に1羽がふ化し、順調に成育しているという。このペアは12年、13年にも産卵したが、ふ化に失敗。昨年は2羽がふ化したが10日前後で死んでしまった。
 今年は巣作りをする巣台を小さくし、巣材のワラなどを増やしたところ、ひなの成育に成功したという。
 ニホンコウノトリは日本、中国、ロシアに生息するが、国際自然保護連合のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている。国内の施設では百数十羽が飼育され、野生では70羽しかいない。 (中里宏)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150530/CK2015053002000127.html

ttps://archive.is/Pyiaw

「芳ケ平」ラムサール登録 群馬県内3カ所目「観光振興に期待」【産経ニュース2015年5月30日】

 中之条町と草津町に広がる湿原「芳ケ平湿地群」が国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に登録された。県内の湿地で同条約に登録されたのは、尾瀬(平成17年)、渡良瀬遊水地(24年)に続き3カ所目。国際条約の知名度を追い風に、観光振興にもつながると期待されている。

 「芳ケ平湿地群」は群馬、新潟、長野3県にまたがる上信越高原国立公園の中にあり、草津白根山湯釜(標高2160メートル)や国内では珍しい大規模に自生した「チャツボミゴケ」の群生地などが含まれる。福島、新潟にも広がる尾瀬や、茨城、栃木、埼玉にもまたがる渡良瀬遊水地とは異なり、全エリアが本県内に収っている。

 中之条、草津の両町は平成25年に「芳ケ平湿原周辺のラムサール条約登録を実現する会」を発足させ、登録に向けて尽力してきた。

 同年から芳ケ平湿地群に生息する高山植物などを観察する「自然観察会」を始めたほか、芳ケ平の自然環境調査も実施。日本固有種のモリアオガエルの繁殖地としては最高標高であることなどを確認した。

 また、民間団体も木道の整備や草刈りなど、湿地の保全に協力し、官民を挙げて今年のラムサール条約登録にこぎつけた。

 中之条町の伊能正夫町長は「生態系がユニークで非常に貴重な湿地群を後世に継承したい。喜びと責任を忘れずに未来への懸け橋となりたい」、大沢正明知事は「自然環境の一層の保全や、地域の観光振興につながることを期待している」とのコメントを発表した。

 条約登録を機に観光客の増加が見込まれることから同町企画政策課は「木道のさらなる整備や看板の設置など、保全活動に力を入れていきたい」としている。

                   ◇

 今回は芳ケ平湿地群のほか、涸沼(茨城県)、東よか干潟(佐賀県)、肥前鹿島干潟(同)の3カ所も新規登録され、国内の登録湿地数は50カ所になった。

                   ◇

 ラムサール条約 正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。1971(昭和46)年にイランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」で採択され75年に発効。今年3月時点で締約国168カ国、登録湿地数は2193カ所。湿地の保全と持続可能な利用の促進を目的としている。
http://www.sankei.com/region/news/150530/rgn1505300087-n1.html

https://archive.is/saw3h
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする