2015年05月03日

藤前干潟学ぶ連続講座 9日から開催【中日新聞2015年5月3日】(コアジサシ)

カモメ科の渡り鳥コアジサシ。県内への飛来が激減している
写真
 藤前干潟(名古屋市港区)の魅力に触れてもらい、自然保護につなげようと、名古屋市などは本年度、講演や干潟体験など、楽しみながら学べる連続講座を開催する。初回の五月九日には、NPO法人「リトルターン・プロジェクト」(東京都)代表の北村亘さんを講師に招き、渡り鳥コアジサシについての学習会を開く。

 北村さんは、東京都大田区で十年以上にわたり、絶滅危惧種のコアジサシの保全活動に取り組んでいる。建物の屋上に営巣地を整備する試みで知られ、観察会などを通してコアジサシの生態や、保護のノウハウを伝えている。

 市環境活動推進課によると、県内のコアジサシの飛来は十年以上前は六千羽ほどが確認されていたが、昨年は二百羽ほどに激減しているという。

 講座は全十回程度で、国内外の湿地文化の紹介や、藤前干潟保全の歴史についての学習会、干潟の中に入っての生物観察会などを計画している。担当者は「藤前干潟は遠い場所と思っているかもしれないが、名古屋駅から三十分。身近な自然に親しんでほしい」と話している。

 九日の学習会は午後二時から四時まで、港区野跡の稲永ビジターセンターで。正午から「渡り鳥調査隊」もある。参加無料。事前申し込みは必要なく、当日先着六十人まで。(問)同課=052(972)2662

 (岩崎健太朗)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20150503/CK2015050302000051.html

ttps://archive.is/PypVq

タグ:コアジサシ
posted by BNJ at 23:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウのヒナ 2羽誕生【YOMIURI ONLINE2015年5月3日】(釧路市丹頂鶴自然公園既報別ソースあり)

親鳥に寄り添うタンチョウのヒナ(2日、釧路市丹頂鶴自然公園で)
 釧路市鶴丘の市丹頂鶴自然公園で、国の特別天然記念物・タンチョウのヒナ2羽が誕生した。親鳥の後をよちよち歩く姿が、来園者の目を楽しませている。

 2羽は、2組のつがいが4月25〜26日頃に孵化ふかさせた。体長約15センチで、親から餌の小魚をもらう様子が観察できる。

 ヒナは3か月後には約1・5メートルに成長し、親と同じ体格になるという。同園は「カラスなどの外敵に襲われずに元気に育ってほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20150502-OYTNT50332.html

ttps://archive.is/mf3Me
タンチョウ:2羽ふ化、ママとお食事 釧路市丹頂鶴自然公園 /北海道【毎日新聞2015年5月1日】

小岩井農場の一本桜もう葉桜に 雫石・花芽ウソ食害【岩手日報2015年5月3日】(既報別ソースあり)

 桜の名所として知られる雫石町の小岩井農場の一本桜は今季、花芽の半数ほどが野鳥のウソの食害に遭い、満開でも下半分ほどしか花が咲かなかった。見ごろがないまま落花が進み、大型連休後半を迎えた2日はほぼ葉桜となった。

 一本桜は4月25日に開花し同28日に満開となったが、木の上部の花芽が軒並み食害に遭い、おなじみの残雪の岩手山と咲き誇る桜の共演は見られなかった。

 同農場によると、見回りなどで野鳥対策を取っていたが、被害を防ぎきれなかった。

【写真=ウソの食害で見ごろのないまま葉桜となった一本桜=雫石町・小岩井農場】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150503_3

ttps://archive.is/DzRy8
さくら取材記者のブログ 岩手山麓のオオヤマザクラ【YOMIURI ONLINE2015年5月2日】
一本桜:上半分「枯れ」 野鳥の食害が原因 小岩井農場 /岩手【毎日新聞2015年5月2日】
タグ:ウソ 鳥害
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌・平岡公園の梅林、異変 渡り鳥「ウソ」花芽の7割食う 少雪影響か【どうしんウェブ2015年5月3日】

ウソに花芽が食べ尽くされた紅梅の「基準木」の枝
 梅の名所として知られ、一部が満開を迎えている札幌市清田区の平岡公園で今年、花芽が渡り鳥の「ウソ」に食べられる被害が深刻化している。被害を受けた花芽は例年の2倍以上の約7割に上る。紅梅は「基準木」が被害を受け、開花や満開などの判断が困難な状態。この冬の少雪で、花芽が食べやすい状況になったことなどが影響しているとみられ、同公園管理事務所は「これだけひどい年は初めて」と頭を抱えている。

 同公園は、約6・5ヘクタールの梅林に白梅と紅梅計約1200本が植えられている。今年は例年より約2週間、過去2番目に早い4月25日に白梅が開花し、満開に。紅梅も咲き始めており、来園者にとっては、紅白の対比を楽しめる見ごろを迎えている。

 しかし、今年は花芽がなく、花が咲いていない木々が目立つ状況。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0130153.html

ttps://archive.is/AUQR8
タグ:鳥害 ウソ
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝「開園50年」電車 こどもの国線で運行【カナロコ2015年5月3日】(エナガ/鳥類意匠)

記念のヘッドマーク付きラッピング電車

 開園50周年を5日に迎えるこどもの国(横浜市青葉区)は、横浜高速鉄道こどもの国線に記念のヘッドマーク付きラッピング電車を走らせている。

 野鳥のエナガをデザインした同園公式キャラクター「ジュルとチッチ」と、記念日の「2015年5月5日」をデザインした3種類のヘッドマークを、全3編成に装着。ドアの両サイドにキャラクターをあしらったラッピングも施した。6月30日まで運行する。

 同園は天皇陛下が皇太子当時、ご成婚されたのを記念して1965年に開園した。5日には5千個の風船を来園した子どもたちに手渡し、一斉に大空に放って50周年を祝う予定(雨天・強風順延)。
http://www.kanaloco.jp/article/93652/

ttps://archive.is/itrc6
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ことしもヒナ楽しみ リュウキュウアオバズク、渡嘉敷で産卵【琉球新報2015年5月3日】

卵を見張るリュウキュウアオバズク=渡嘉敷村渡嘉志久海岸公園

木の周囲に保護ネットを張り巡らし天敵から卵を保護

昨年と同じ場所にあったリュウキュウアオバズクの卵(1個目)
 【渡嘉敷】渡嘉敷村渡嘉志久海岸公園内のモクマオウの上や根元に毎年、4月下旬〜5月に産卵するリュウキュウアオバズク(フクロウ科)が、昨年と同場所に1個目を産み付けた。村の職員が4月27日に木の根元にある卵を確認。保護柵ネットを設置するなどヒナ誕生を見守っている。
 昨年は4月30日に公園清掃員が1個目の卵を見つけ、2〜4日の間に3個の産卵が確認され、役場職員が保護ネットを張り巡らせた。約25日間、雌がヒナを抱卵、雄が近くで見張ったりしながら餌を運ぶなどして、ヒナ2羽が巣立った。
 村商工観光課は、産卵場所に近づかないように、そっと見守ってほしいと呼び掛けている。
 亜種であるリュウキュウアオバズクは留鳥として奄美以南に分布。卵を一度に2〜5個産む。巣立ちまでの日数は28日ほど。
(米田英明通信員)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242540-storytopic-98.html

ttps://archive.is/hiioM
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムサシノキスゲが見頃 府中・浅間山でフェスティバル【産経ニュース2015年5月3日】(野鳥写真展)

 府中市の浅間山(せんげんやま)(標高約80メートル)で、ムサシノキスゲが見頃を迎え、3、9、10日に浅間山公園あずまやで「キスゲフェスティバル」が開かれる。

 ムサシノキスゲはユリ科の多年草で、4月下旬から5月上旬にかけてオレンジ色の花を咲かせる。かつては武蔵野一帯に分布していたとされるが、現在は浅間山にしか自生せず、絶滅の恐れがある動植物をまとめた都のレッドリストにも記載されている希少種。

 フェスティバル開催日には園内植物ガイド、山野草と野鳥の写真展も行う。いずれも無料で午前10時〜午後4時。問い合わせは府中の森公園サービスセンター(電)042・364・8021。
http://www.sankei.com/region/news/150503/rgn1505030004-n1.html

ttps://archive.is/suBU9
タグ:写真展
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ2羽に足輪 兵庫・豊岡の人工巣塔、巣立ち間近【産経ニュース2015年5月3日】

高所作業車を使って行われたひなの足輪付け作業=豊岡市庄境(県立コウノトリの郷公園提供)
 県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は2日、同市庄境の市立三江小学校グラウンドにあるコウノトリの人工巣塔で、巣立ち間近のひな2羽に個体識別用の足輪を装着した。いずれもふ化から40日経過しており、順調に生育すれば今月末以降に巣立つ。

 作業は同公園の飼育員ら6人が高所作業車を使って高さ13メートルの人工巣塔のてっぺんに取り付けられた巣台まで上がり、ひなを捕獲。体重測定や羽毛採取を行い、色付きの足輪を2本の足に装着して巣に戻した。

 現在、豊岡市内では野外にある人工巣塔6カ所で計11羽のひなが育っており、他のひなも同じ方法で足輪を付ける。

 この日足輪が装着されたひなは3月23日、同市内の野外巣塔で今シーズン初めて誕生した。親鳥は4歳のオスと6歳のメスで、平成25、26年にも1羽ずつのひなを育て、巣立ちをさせている。
http://www.sankei.com/region/news/150503/rgn1505030041-n1.html

ttps://archive.is/w8ei0
posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界最小ペンギン、仲間入り 和歌山の観光施設【朝日新聞デジタル2015年5月3日】(アドベンチャーワールド/フェアリーペンギン)

新しく仲間入りした世界最小のペンギン「フェアリーペンギン」=白浜町堅田

 和歌山県白浜町の観光施設「アドベンチャーワールド」に世界最小のペンギン「フェアリーペンギン」3羽が仲間入りし、訪れた観光客らを楽しませている。フェアリーペンギンは国内で23羽しか飼育されておらず、今回、葛西臨海水族園(東京)から譲り受けた。世界最大のエンペラーペンギンと見比べることができるのは、国内では同施設のみという。

特集:どうぶつ新聞
 同施設によると、フェアリーペンギンは3羽ともメスで、体長約30センチ、体重約1キロ。オーストラリア南部やニュージーランドなどの温帯地域に生息。南極大陸などに生息し、体長1メートルを超えるエンペラーペンギンなどとは同じ展示室に入れることはできないが、「すぐ隣で展示されているので、その大きさの違いを楽しんで欲しい」と担当者。同施設では8種類約400羽のペンギンが飼育されている。(高井和道)
http://www.asahi.com/articles/ASH4S54JXH4SPXLB00K.html

ttps://archive.is/xTVIr

ペンギン列車:近鉄が運行 来月から計6回 /大阪【毎日新聞2015年5月3日】(志摩マリンランド/ペンギンが列車内を歩く「ペンギン列車」)

 三重県の水族館「志摩マリンランド」のペンギンが列車内を歩く「ペンギン列車」を、近鉄が6月〜来年3月の6回運行する。「ペンギン列車と志摩ランド『バックヤード探検』ツアー」で、水族館の裏側までのぞける。

 フンボルトペンギン数羽が、志摩線の鳥羽−賢島駅間の車内を行進する。水族館では魚のえさやり体験など、普段は見られないバックヤードを探検する。

 出発は6月13日、10月24日、11月29日、12月12日と、来年2月21日、3月26日。定員150人(最少50人)。各駅営業所で申し込める。料金は出発駅によって違い、大阪難波=大人8560円、子ども5030円▽京都=大人9100円、子ども5290円−−など。問い合わせは鳥羽駅(0599・25・2126、平日10〜19時、土休9〜18時)。
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20150503ddlk27020258000c.html

ttps://archive.is/YBGBA

植樹キャンペーン:森づくり、10年目 被災地で広がる輪【毎日新聞2015年5月3日】(ヤマガラ/カワセミ)

 市民団体や行政などと連携し、「いのちを守る森づくり」を進める毎日新聞社が、植樹キャンペーンを始めて今年10年目を迎えた。植樹地の中には、住民が花見やホタル狩りを楽しむようになった森や、火災の類焼を防いだ樹林もある。今年予定されている植樹地は全国8カ所。東日本大震災被災地の植樹では、各地の植樹団体が集まって苗木を移植する計画で、植樹を通した交流や助け合いの動きが広がっている。【山本悟】

 毎日新聞社が植樹キャンペーンを始めたのは2006年。毎日新聞の創刊135年記念事業だった。宮脇昭・横浜国立大名誉教授の指導を受け、NPOや自治体、林野庁などと植樹祭を開催した。襟裳岬(北海道)や四万十川沿岸(高知県)、水俣湾岸(熊本県)、久高島(沖縄県)などのほか、世界自然遺産の白神山地(青森県)と屋久島(鹿児島県)でも植樹した。

 国連国際森林年で東日本大震災が発生した11年以降は、移植ごてをバトン代わりに各植樹地をつなぐ「いのちの森づくりリレー植樹」を開始した。津波で浸水した仙台市若林区や南三陸町(宮城県)、原発事故で住民が避難を余儀なくされた福島県川内村をはじめ、阪神大震災で被害が深刻だった神戸市長田区、火砕流で多くの犠牲者が出た雲仙普賢岳(長崎県島原市)などで実施した。

 これまで全国78カ所で植樹祭を開催し、計4万2000人が参加、33万8000本を植えた。植樹面積は東京ドームの約2・5倍の11万7000平方メートルに及ぶ。

 キャンペーン2年目の07年に産業廃棄物置き場の荒れ地に植樹した出雲大社相模分祠(神奈川県秦野市)では、樹高が10メートル近くの森に成長。ヤマガラやカワセミなどの野鳥やヘビ、タヌキがすみつき、植樹の際に作った小川には、ホタルが舞う。生態系が再生されつつあり、地元小学校の野外学習の場にもなっている。

 同県海老名市の高座清掃施設組合の植樹地(06年植樹)も同様の豊かな森になり、3年前から毎年6月に300匹ものホタルを放し、地域住民が楽しんでいる。

 東京都豊島区の公園(11年植樹)では、近くの知的障害者施設の入所者と住民が一緒に毎年草取りを実施。周辺に緑が少ないことから、隣接する練馬、中野両区などから散歩に来る人がいるという。

 また、ヤマザクラは2メートル以上になり、花が満開になると、町内会の花見が催される。

 キャンペーン植樹の番外として、07年に植樹を実施した、神奈川県内の工場では、2年前の4月、近隣で火災が発生したが、工場の敷地を囲む木々が緑の壁となり、枝が焼けた程度で類焼を免れた。

 ◇移植ごて、ケニアに

 リレー植樹で使った移植ごては例年、植樹終了後にアフリカのケニアに送られ活用されている。昨年、全国8カ所の植樹地を回った移植ごては、ケニア西部のマウ山地で今年4月24日に実施された子ども植樹に活用された。ビクトリア湖の水源地でもあるが、違法伐採などにより森林が破壊された地域で、植樹には地域の子どもや母親ら計200人が参加した。

 ◇「つながる森」プロジェクト 今年も全国8カ所で植樹

 植樹キャンペーンで連携したのは市民団体50団体、31自治体にのぼる。東日本大震災を契機に、植樹祭の主催団体が互いに協力、支援し合う動きが生まれた。被災地の福島県川内村での植樹祭(11年9月)は、村に残る村民が実施したが、地球の緑を育てる会(茨城県つくばみらい市)と時ノ寿の森クラブ(静岡県掛川市)の両NPO法人が植樹前日の作業から手伝った。

 翌年に地球の緑を育てる会が、茨城県つくば市などで実施した植樹祭には、今度は川内村民が応援に駆けつけ、時ノ寿の森クラブが新設病院で実施した12年の植樹祭にも、川内村民と育てる会が参加するなど交流が続いている。

 09年からは、植樹に加えて間伐などの森林整備をする「つながる森プロジェクト」に取り組んでいる。植樹や間伐でかかわった全国の市民団体7団体が参加団体となり、新たなプロジェクトも生まれた。筑波山麓(さんろく)(茨城県)にある全国植樹運動発祥地の石碑までの荒れた山道を補修する「道普請プロジェクト」だ。13年に始まり、延べ45団体から151人が作業に参加した。

 12年に津波で浸水した斜面に植樹した宮城県南三陸町では、植樹団体が集まって、苗木を移植する「救出作戦」を今秋、実施する。町の復興計画が決まり、高さ約8メートルに土盛りする工事で、植樹地が埋まることになった。そこで、苗木を一時別の保管場所に移し、土盛り後に植える計画だ。

 リレー植樹は今年度、全国8カ所で実施する。北海道小樽市とつくば市では水源地で、青森県平内町では、5年前の猛暑による海水の高温障害で養殖ホタテが打撃を受けた、陸奥湾岸で、それぞれ植樹祭を開催する。白神山地では、ブナ林再生を目指し、川内村では、村民の団結を図るために植樹する。急傾斜地の多い長崎県佐世保市でも地盤を固める常緑広葉樹を植える。岩手県奥州市と和歌山県白浜町では、森林の大切さを理解してもらおうと、子供中心の植樹祭にする。

 キャンペーンの一環で06年に植樹を始め、今年10年目を迎える地球の緑を育てる会の石村章子理事長は「森づくりは絆づくり。さまざまな人が協力し合って知恵も技術も磨かれる。こうした縁を大事にしていきたい」と話している。

==============

 ◇いのちのリレー植樹の開催予定

(1)陸奥湾(青森県平内町)=6月28日

(2)白神山地(同県鰺ケ沢町)=7月5日

(3)筑波山麓(茨城県つくば市)=9月6日

(4)小樽水源地(北海道小樽市)=9月13日

(5)前沢区荒廃地(岩手県奥州市)=9月13日

(6)川内村(福島県)=10月4日

(7)日置地区傾斜地(和歌山県白浜町)=11月18日

(8)佐世保市(長崎県)=11月ごろ

 ※植樹苗の移植(宮城県南三陸町)=秋

==============

 ◇募金を呼び掛け

 毎日新聞社の森林再生キャンペーン「つながる森プロジェクト」は、森づくりの募金を呼びかけています。本社が共催する各地の植樹の苗木や資材の購入などに使わせていただきます。

<郵便振替口座>

00190−1−686356 あすを植える「My Mai Tree」募金

<銀行普通口座>

三菱東京UFJ銀行本店 普通預金0721588 あすを植える「My Mai Tree」募金
http://mainichi.jp/shimen/news/20150503ddm010040003000c.html

ttps://archive.is/AVcpZ
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする