2015年05月09日

本町郵便局で写真展、野鳥の姿を鮮やかに【北海民友新聞2015年5月9日】

 北海道写真協会紋別支部(小林功男支部長、会員10人)が主催する「平成27年度野鳥写真展」が8日から29日まで紋別本町郵便局で開催されている。紋別や遠軽などで撮影された貴重な野鳥の写真10点が展示されている。広く鑑賞を呼びかけている。
 愛鳥週間(5月10日〜16日)にあわせて平成10年度から開催しているもので今年で18年目。
 今回の作品展には6人の会員が出品している。
 遠軽町の伊藤三郎さんの「アカゲラ」は自宅の庭で撮影。飛び立つ瞬間の、羽根を大きく広げた姿の躍動感がダイナミックに表現されている。
 小林健一さんの「シマエナガ」は、首をかしげた様子がユーモラスで、絵画作品のような詩情をたたえている。大山時治さんの「フクロウ」は、カラスに追われて逃げて隠れている時の警戒心に満ちた表情を見事に捉えている。
 中村法幸さんの「カワガラス」は、渓流の氷の上にたたずむ、丸々とした体型の姿を美しい構図で表現している。竹岡孝二さんの「キセキレイ」は、胸や腹部から尾にかけての黄色の美しさが際立っている。
 また同支部の小林支部長の「ツメナガキセキレイ」は、カメラのレンズを正面から凝視する表情が強烈な印象を与える。
 小林支部長は「紋別地方には多くの野鳥がいることを、市民の皆さんに知っていただきたい」と話し来場を呼びかけている。
(多くの市民の来場を呼びかける道写協紋別支部の会員ら=写真=)
http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/150509_3.htm

ttps://archive.is/nDcJ7

posted by BNJ at 23:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【照明灯】愛鳥週間【神奈川新聞カナロコ2015年5月9日】

 漂流民を主人公に据えた小説は古今東西にある。厳しい環境、飢餓、孤独に耐えて生き延びようとする姿が読者を引きつける。江戸時代の天明年間、伊豆諸島の鳥島に流れ着いた土佐の船乗り・長平を描いた「漂流」(吉村昭著、新潮文庫)も、その一つである▼絶海の孤島で食料になったのがアホウドリだった。人を恐れず、飛び立つのに滑走が必要であり、簡単に捕まえることができた。だが命をつなぐために食べる量は、たかが知れていたといえるだろう▼その良質の羽毛を採集する目的で大量捕獲が始まったのは、明治時代の半ばだった。年間に40万羽が撲殺されたとする推定もあり、鳥島の個体数は激減した。日本人は新たな生息地を求めて太平洋の島々へと進出を図った▼長年にわたる保護が実り、鳥島では3500羽ほどに数を増やしたとみられる。同島は火山噴火のリスクがあるだけに、小笠原諸島に繁殖地をつくる試みが続けられた結果、媒島(なこうどじま)での繁殖が戦後初めて確認された▼わが国最大級の海鳥は風を味方にして悠々と滑空する。生命に敬意を払わず、一獲千金の対象としか考えなかった人々のせいで、空の王者は絶滅危惧種に追い込まれた。種の保存に関して教えられるものは多い。あすから愛鳥週間。
http://www.kanaloco.jp/article/95165

ttps://archive.is/BoaQN
posted by BNJ at 23:05 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あすから愛鳥週間 クイナSOS 犬猫被害【沖縄タイムスプラス2015年5月9日】

道路に現れたヤンバルクイナ=7日午前、国頭村楚洲(金城健太撮影)
 10日から愛鳥週間が始まる。国頭村の森林では、繁殖期を迎えた野鳥の鳴き声が響き渡っている。

 国の天然記念物ヤンバルクイナの活動も活発になり、道路を横断する姿が多く見られた。毎年4〜6月にかけてヤンバルクイナの交通事故が多発。ことしは8日現在で6件の事故が発生、うち5羽が死んでいる。

 NPO法人どうぶつたちの病院沖縄の金城道男副理事長(53)によると事故はゴールデンウイーク期間中に増加するが、ことしはなかった。その一方で、犬猫によると思われる被害が7件と年々増える傾向にあるという。

 金城さんは「捨てられたペットだけでなく逃げ出した猫などもいる。飼い主は責任をもってほしい。やんばるにはペットを持ち込まないで」と呼び掛ける。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114773

ttps://archive.is/qXyJR
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフリカから五島に珍鳥飛来 ハヤブサの仲間、アカアシチョウゲンボウ [長崎県]【西日本新聞2015年5月9日】

飛来したアカアシチョウゲンボウのメス=長崎県五島市

 国内で観察されるのは珍しいハヤブサの仲間、アカアシチョウゲンボウが今月に入り長崎県五島市に飛来しているのが、日本野鳥の会によって確認された。貴重な姿を一目見ようと、愛鳥家たちが双眼鏡やカメラで追っている。
 野鳥の会会員の出口敏也さん(51)=同市木場町=によると、アカアシチョウゲンボウは体長約30センチで、足や目の周りがオレンジ色。越冬地のアフリカ南部から繁殖地のロシア南東部や中国北東部を目指す途中、立ち寄ったとみられるという。
 出口さんは「長距離の渡りは大変だろうけど、無事に繁殖地に着いてほしいですね」と話した。

=2015/05/09付 西日本新聞夕刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/167704

ttps://archive.is/QbH4I
posted by BNJ at 22:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベビーラッシュ「かわいい姿、見に来て」【山口新聞2015年5月9日】(秋吉台サファリランド/エミュー)

雄のユーに育てられているエミューの赤ちゃん=美祢市

4月30日に生まれたばかりのヒツジの赤ちゃん(手前)=美祢市
■秋吉台サファリランド
美祢市美東町赤の秋吉台サファリランドでベビーラッシュが続いている。2月以降、ヒツジなど8種58匹とエミュー4羽が誕生し、動物ふれあい広場などで見ることができる。

エミューの赤ちゃんは雌のエミと雄のユー(いずれも6歳)の間に生まれ雌雄は不明。同サファリランドでは初めての自然ふ化で、4月23日に卵からひなにかえった。450グラムだった体重は550グラムを超えるまでに成長。エミューは雄が子育てをする鳥類で、ユーが腹の下で子ども4羽を守っている姿を観察できる。

ヒツジは4月30日に雌雄1頭ずつが生まれ、5月2日から動物ふれあい広場で一般公開が始まった。

このほか、アメリカクロクマ2頭、ライオン2頭、モルモット27匹、プレーリードッグ8匹、ブラックバック5頭、バーバリーシープ3頭が生まれた。

同サファリランドは「動物の赤ちゃんがたくさん見られるまたとない機会。かわいい姿をぜひ見に来ていただければ」と呼び掛けている。

動物は体調により、展示を中止する場合がある。問い合わせは同サファリランド(電話08396・2・1000)へ。


母親に抱かれるトクモンキーの赤ちゃん=宇部市
■ときわ動物園
宇部市則貞のときわ動物園で、サルの赤ちゃんが次々に誕生している。3月21日のオープン前から8匹が生まれた。このうちトクモンキーとボンネットモンキーの赤ちゃんそれぞれ2匹をアジアの森林ゾーンで展示している。

同園によると、トクモンキーは母親のトリンコが4月12日に雄、キャンディが同22日に雌の赤ちゃんを出産。体長20センチほどの赤ちゃんは母親にしっかりと抱かれ、腕の間から時折のぞかせる小さな頭には母親と同じく帽子をかぶったような毛が生えている。

1日ごとに群れを入れ替えるため展示は隔日。担当の田部千愛飼育員(21)は「小さな赤ちゃんと子育て中の母親の姿を見てもらえたら」と来園を呼び掛けている。

トクモンキーの赤ちゃんの名前は投票で決定。生息地のスリランカの地名にちなんだ候補を示し、4月29日から6日まで来園者の投票で選んだ。10日午後2時から命名式で発表する。

シロテテナガザル、フサオマキザル、ブラッザグエノンの赤ちゃんはバックヤードで飼育しており、展示は来春以降となる見込み。

野鳥テーマの個展開催 徳島市・前田さん、佐那河内で木彫作品や写真並ぶ【徳島新聞2015年5月9日】

 野鳥愛好家の前田誠之助さん(78)=徳島市上八万町西山=が、佐那河内村上の県立佐那河内いきものふれあいの里ネイチャーセンターで、野鳥をテーマにした木彫作品の個展を開いている。メジロやアカショウビン、チドリなど、20年以上にわたって制作した153点が並ぶ。見学無料で、31日まで。
 
 木彫は、同村や神山町、徳島市での野鳥観察の際に撮った写真を基にカツラやスギを一刀彫にし、絵の具で着色した。会場では、木の実をくわえたり、首をかしげたりした愛らしいスズメやウグイス、今にも飛び立ちそうな躍動感のあるヒバリなどが、来場者の目を引いている。
 
 前田さんは元高校の体育教師で、狩猟の際におとりとして使う鳥の置物「デコイ」に魅せられ、55歳から木彫を始めた。59歳の時に居宅を石井町から山際の現住所に移し、野鳥観察とともに木彫の制作に没頭してきた。個展では野鳥の写真42点も紹介している。
 
 前田さんは「野鳥の姿から、県内の豊かな自然や生命のたくましさ、親子愛などを感じてほしい」と話している。
【写真説明】野鳥の木彫作品を制作した前田さん=佐那河内村上の県立佐那河内いきものふれあいの里ネイチャーセンター
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2015/05/2015_1431149689011.html

ttps://archive.is/dTXJp
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

園児が山鳥観察 三戸で探鳥遠足【デーリー東北2015年5月9日】

望遠鏡をのぞきキツツキの開けた穴を確認する園児

 三戸町の三戸紫苑幼稚園(川村亨園長)の園児15人が8日、青森県立城山公園で春恒例の探鳥遠足を行った。緑が広がる静かな公園で約30種類生息するとされる山鳥の生態を学び、豊かな自然に触れた。
http://daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20150509/201505080P071400.html

ttps://archive.is/r3008
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン:ヒナ誕生が楽しみ 繁殖期迎える 下関・海響館 /山口【毎日新聞2015年5月9日】

 下関市の水族館「海響館」で、ペンギンたちが繁殖シーズンを迎えている。6月上旬には、かわいいヒナの姿が楽しめそうだ。

 海響館にいる5種類のペンギンのうち、ジェンツー、イワトビ、マカロニの3種類は今が繁殖シーズンで、今年もジェンツー、イワトビが産卵した。現在、館内のペンギン村亜南極ゾーン1階でオスとメスが交代で卵を温めており、無事にヒナが誕生すれば子育ての様子も観察できるという。

 また同ゾーンでは、昨秋生まれたキングペンギンのヒナが順調に育っており、まもなく巣立ちの時期を迎えそうだ。

 マカロニペンギンは、2010年の「ペンギン村」開館以来、繁殖に成功しておらず、今年も横浜市の水族館から新たな個体を迎え、ヒナの誕生に期待がかかる。マカロニペンギンは国内で17羽しかおらず、同館海獣展示課の立川利幸課長は「何とか繁殖を成功させたい」と話している。開館時間などの問い合わせは海響館083・228・1100。【上村里花】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20150509ddlk35040557000c.html

ttps://archive.is/SiNzc

出版:みやざきの野鳥図鑑 ハンドブック仕上げ、中村さんら3人が 県内確認野鳥366種を紹介 /宮崎【毎日新聞2015年5月9日】

 ◇2年かけ新分類基準で執筆・編集

 宮崎大非常勤講師の中村豊さん(63)ら鳥類研究者3人が、県内で確認された全366種の野鳥を紹介する「みやざきの野鳥図鑑」(鉱脈社)を出版した。写真付きで生態を分かりやすく解説し、バードウオッチングの初心者から愛好家まで幅広く役に立つハンドブックに仕上げ、好評を得ている。

 出版は今年2月。中村さんらによると、県内の野鳥を紹介する本はこれまで2冊出版されただけで、どちらも現在は絶版となり、愛好者の間で新刊を望む声が強かったという。また、2012年に日本鳥学会が野鳥の分類を国際標準に合わせて大幅に変更したこともきっかけになり、中村さんらが13年から約2年かけ新たな分類基準で執筆・編集した。

 対象は、宮崎に飛来した記録が残る全ての野鳥だ。スズメ、カラスなどの身近な鳥から県鳥のコシジロヤマドリ、昨年11月に初飛来したカラフトワシなどの希少種まで掲載している。生息状況や大きさ、食性、鳴き声などもコンパクトにまとめた。写真は全て県内で撮影したもので、巻末には県内でバードウオッチングができるスポットの一覧と説明も加えた。

 「日本全体では約690種の野鳥が確認されているが、うち半数が宮崎で見られることになる」と中村さん。10年ほど前から愛好家の仲間約50人が目撃情報を共有するメーリングリストの管理人を務めるが、年間7000〜1万件もの情報が寄せられるという。「豊かな自然が残っている証拠だ。ぜひ図鑑を手に、野鳥に親しんでほしい」と呼びかける。

 四六判オールカラー246ページで2000円。県内書店やネット通販大手アマゾンなどで販売中。はがきに名前、住所、電話番号の他「みやざきの野鳥図鑑希望(毎日新聞)」と明記し、16日までに鉱脈社(〒880−8551 宮崎市田代町263)に送れば、抽選で5人にプレゼントされる。同社0985・25・1758。【中村清雅】
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20150509ddlk45040353000c.html

ttps://archive.is/6LzVh
posted by BNJ at 22:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバメ:道後温泉駅で子育て /愛媛【毎日新聞2015年5月9日】

 道後温泉駅周辺で、ツバメが子育てに励んでいる。大きな口を開けて餌を求めるヒナと、忙しく飛び回る親鳥の姿が、利用客らの目を楽しませている。10日から愛鳥週間。

 伊予鉄道によると、今年は3月下旬から巣作りを始めた。駅舎やホームの軒下には、10個以上の巣がある。松山市和泉北3の清掃業、山田久美代さん(61)は「一生懸命子供を育てている。人間も見習わないと」。

 県立とべ動物園の前田洋一・教育普及課長によると、周辺には道後公園があることなどから、巣材となる土やわら、餌の虫などが豊富にある。さらに人目が多いため天敵のカラスが寄りつきにくく、子育てには理想的な環境だという。前田課長は「これからも温かく見守ってほしい」と話す。【黒川優】
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20150509ddlk38040638000c.html

ttps://archive.is/eFE8Q
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川)トキのひな、1日の命 今年初の孵化【朝日新聞デジタル2015年5月9日】

 いしかわ動物園(能美市)でトキのひな1羽が7日に今年初めて孵化(ふか)したが、8日に死んだ。県が同日発表した。4歳のオスと8歳のメスのペアから人工孵化で7日午前11時30分ごろ生まれた。体長は約13センチ、体重60・16グラムで、保育器の中に入っていたが急速に体力が衰え、8日午後1時ごろに死んだという。

 県自然環境課によると、解剖の結果、臓器に異常はなかったが、体内に卵黄が吸収されずに残っていたことなどから、発育障害で衰弱死したとみられるという。
 今年は、3組のペアが計24個の卵を産んだが、1組のペアが産んだ6個はすべてが割れたか無精卵で、次の産卵期を待っている。人工孵化した卵を産んだペアの計10個のうち4個は人工孵化を続けており、残り5個は割れたか無精卵。残り1組も8個のうち2個が人工孵化中で、6個は割れたか無精卵という。(結城繁久)
http://www.asahi.com/articles/ASH5845LSH58PJLB006.html

ttps://archive.is/UZRNv
ふ化したトキのひな死ぬ いしかわ動物園【産経ニュース2015年5月8日】

お堀の白鳥 ヒナどこ?【YOMIURI ONLINE2015年5月9日】(コブハクチョウ/既報別ソースあり)

寄り添って泳ぐ白鳥のヒナ3羽と親鳥
 ◇先月誕生5羽のうち2羽

 ◇松山市 捜索や外敵対策急ぐ

 松山市堀之内の城山公園北堀で、4月下旬に誕生した白鳥のヒナ5羽のうち2羽の行方がわからなくなっていると、松山市が8日発表した。市が2羽の行方を捜すとともに、カラスなどの外敵の侵入を防ぐために透明な細い糸を張るなどの対策を講じた。(石黒彩子)

 松山市公園緑地課によると、公園警備の男性が8日午前0時20分頃に見回りをした時、ヒナが3羽しか泳いでいないことに気づいた。7日午後11時頃の巡回時は、5羽を確認していた。2羽の行方と、不明になった理由は分かっていない。市は、鳥などにさらわれたか、水中のカメなどに襲われた可能性もあるとして、水面みなもに浮かぶ鳥小屋の底や周辺を捜索した。

外敵の侵入を防ぐためにテグスが張られた(ともに8日、松山市堀之内で)

 2羽がいなくなったことを受け、来週に予定していた外敵対策を前倒しした。空からの外敵侵入を防ぐため、鳥小屋周辺の上に計18本のテグスを張り渡した。

 白鳥のヒナは4月28日に4羽、29日には5羽目の誕生が確認された。親子そろって仲良く泳ぐ姿が愛らしく、人気を集めていた。松山市衣山の水泳インストラクター、野村厚子さん(68)は「毎日見に来ていて、7日の夕方にはみんな元気に泳いでいたのに。見つかってほしいし、原因を知りたい」と、2羽がいなくなったことを残念がった。

 白鳥の飼育は1967年、山口県宇部市から4羽を購入したのが始まり。これまで死んだ時は死骸があったが、行方不明は初めてという。松山市公園緑地課の担当者は「原因が分からず残念でならない。3羽は順調に育ってほしい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20150508-OYTNT50283.html

ttps://archive.is/xUPKC
白鳥ひな2羽、行方不明に 松山【愛媛新聞ONLINE2015年5月8日】(コブハクチョウ/動画)
愛媛)白鳥のひな4羽誕生 松山・城山公園【朝日新聞デジタル2015年4月29日】
お堀の白鳥、今年も産卵 松山【愛媛新聞ONLINE2015年4月15日】(コブハクチョウ)

鳥インフル 有田の養鶏場が再開【YOMIURI ONLINE2015年5月9日】(佐賀)

 1月に高病原性鳥インフルエンザが発生した有田町の養鶏場が8日、経営を再開した。終息からまもなく3か月。養鶏場を営む男性(65)は、ひなの飼育にこぎつけ、「多くの人に助けてもらい、再開することができてほっとしている。再発しないよう、万全の態勢で育てていきたい」と抱負を語った。

 この日、ひなが運び込まれたのは、発生が確認された場所から約2キロ離れた別の養鶏場で、両方ともこの男性が経営している。消石灰がまかれ、ロープで立ち入りが規制される中、午前9時頃から、約2万2000羽が5棟の鶏舎に順次、入れられた。

 県西部家畜保健衛生所の職員も訪れ、状況を確認。16日までに、2か所で計約5万羽を入れ、6月下旬から出荷が始まる予定だ。

 同インフルエンザは1月18日に県内で初めて確認された。約7万3000羽を殺処分して埋却。新たな発生は確認されず、2月11日に終息した。

 2か所の養鶏場では消毒を徹底し、床や壁などのウイルス検査を実施。3月下旬からは鶏180羽を試験的に飼育し、検査ですべて陰性だった。男性は「もしもという不安は常にあった」と振り返る。再発防止のため、外壁の隙間を埋めるなど鶏舎の改修を終え、野鳥が近づかないよう、音で威嚇するため空砲を用意した。

 男性は、経緯を振り返り、「他の農場に感染が広がらず本当によかった。しかし、搬出制限など多くの人に迷惑をかけ、埋却作業などでもお世話になり、感謝の言葉しかない」と語った。
http://www.yomiuri.co.jp/local/saga/news/20150508-OYTNT50129.html

ttps://archive.is/2CZpO
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山・白浜「アドベンチャーワールド」で世界最小のペンギンお目見え【産経ニュース2015年5月9日】(フェアリーペンギン)

 白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、世界最小のペンギンといわれる「フェアリーペンギン」3羽(いずれも雌)が公開され、早速愛らしい姿を見せて来園者らの人気を集めている。

 フェアリーペンギンは、オーストラリア南部やニュージーランドなどに生息し、体長30〜40センチ、体重700グラム〜1キロ。東京の葛西臨海水族園から譲り受けた。フェアリーペンギンを飼育しているのは、国内ではアドベンチャーワールドを含め4施設の23羽だけという。

 同施設では、18種類あるペンギンのうち8種類が飼育されており、最大のペンギン「エンペラーペンギン」も15羽いる。最大と最小のペンギンが見られるのは、国内では同施設だけという。担当者は「いずれ雄も飼育し、繁殖できれば」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/150509/rgn1505090077-n1.html

ttps://archive.is/y7J12