2015年06月02日

富田川にカワウ大群 ひな連れ「漁」練習か【AGARA紀伊民報2015年6月2日】

 和歌山県の富田川にカワウの大群が飛来している。日本野鳥の会県支部会員によると、巣立ったひなを引き連れ“漁”を仕込んでいるところではないかという。

【富田川に飛来したカワウの大群(和歌山県田辺市中辺路町で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=295397

ttps://archive.is/submit/

タグ:カワウ
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知)木曽川うかい始まる 巧みな手さばきで魅了【朝日新聞デジタル2015年6月2日】

巧みな手縄さばきを見せる鵜匠の稲山琴美さん=犬山市と岐阜県境の木曽川

 犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川で1日、約1300年の歴史を持つとされる「木曽川うかい」が始まった。招待客ら約130人が屋形船に乗り、鵜匠(うしょう)たちの巧みな手縄(たなわ)さばきを堪能した。

 東海地方初の女性鵜匠となる稲山琴美さん(26)は今年で3年目。鵜舟から9羽の鵜を操った。「川でのうかいはやっぱり楽しい。今年こそ10羽を操れるようになりたい」

 10月15日までで、夜のうかいは毎日、昼うかいは団体以外は火木土曜日に開催。問い合わせは木曽川観光(0568・61・2727)へ。
http://www.asahi.com/articles/ASH614TC1H61OBJB007.html

木曽川うかい:開幕 女性鵜匠、手綱さばき華麗に【毎日新聞2015年6月2日】
 珍しい昼の鵜飼(うか)いで知られる「木曽川うかい」が1日、愛知、岐阜県境を流れる木曽川で開幕した。1300年の歴史で初の女性鵜匠の稲山琴美さん(26)は3年目を迎え、華麗な手綱さばきを披露した。

 観光船が川中で待ち構える中、上流から鵜舟3隻が現れ、風折(かざおれ)烏帽子(えぼし)に腰蓑(こしみの)と昔ながらの装束の鵜匠が「ほーお」「ほーお」と独特のかけ声を掛け、9〜10羽の鵜を操った。川面に日差しが注ぎ、鵜は水しぶきを上げて水中に潜った。

 初日を終えた稲山さんは「楽しくやれました。伝統ある鵜飼いを見に来てください」と話していた。

 夜鵜飼いは毎日、昼鵜飼いは原則として火、木、土曜日に行う。10月15日まで。問い合わせは、木曽川観光(0568・61・2727)。【花井武人】
http://mainichi.jp/area/news/20150602ddq041040008000c.html

ttps://archive.is/DDihQ
ttps://archive.is/m1bM3
posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムサールその先に:/下 登録後の課題 ノリ食害の懸念根強く ガイド不足、バードストライクも /佐賀【毎日新聞2015年6月2日】

 東よか干潟と肥前鹿島干潟のラムサール条約登録に沸く佐賀市と鹿島市。希少な鳥類や動植物への関心が高まり、観光客増加も見込まれるが、同時に多くの課題も浮かび上がっている。

 3年前に有明海の荒尾干潟がラムサール条約に登録された熊本県荒尾市。市環境保全課によると、日本野鳥の会熊本県支部主催の探鳥会の参加者は登録後、2倍以上の約50人に増えた。ピーク時には100人が訪れたこともある。同課は「関心や注目が増すのは間違いない」と話す。

 一方、同支部によると、現地にはボランティアガイドがおらず、大阪から来た観光客が鳥を一羽も見られずに帰ったケースもあった。2013年6月に市内で実施したアンケート(回答121人)によると、条約について「よく理解している」と答えたのは18%にとどまった。

 市民自身の理解が広がらず、干潟の価値を伝える態勢が出来上がらなければ、来訪者増も一過性になりかねない。同支部荒尾・玉名地区幹事の安尾征三郎さん(76)は「市民の意識をどう高めていくかが鍵」と指摘する。東よか、肥前鹿島両干潟でも、ガイドなど受け入れ態勢構築はこれからの課題だ。

 ノリの一大産地として知られる有明海沿岸での条約登録は、ノリ漁師にとっては不安の種でもある。鳥がノリの芽を食べる被害が後を絶たないためだ。佐賀県有明海漁協によると、食害は県内の有明海全体で年間約2000万円に及ぶ。

 佐賀市の担当者は「デメリットは見受けられない。環境が良いという県のイメージアップにつなげたい。共存共栄を目指す」と強調する。だが漁協幹部は不安を拭い切れない。「被害が出たら行政が責任を持って対応を」と注文をつける。

 東よか干潟では、佐賀空港を離発着する航空機のエンジンに鳥が衝突する「バードストライク」も懸念材料だ。旧東与賀町が04年に一度、条約登録向けて動いた際、県が難色を示したのもこれが理由。空港から干潟は約2キロしか離れていない。

 佐賀空港周辺は無数の水鳥が飛来し、国土交通省によると、13年の離着陸1万回あたりのバードストライク件数は55・97と全国で最も多く、14年も3番目だった。県空港課によると、これまで重大事故はないものの、欠便、遅延は起きている。

 利用拡大に水を差す恐れもあり、飛行機の到着前に滑走路と周辺を職員が見回り、猟友会と協力し空砲を撃つなどして追い払っている状況だ。佐賀市環境政策課は「条約が登録されたからといって、急激に鳥の数が増えるわけではない」と影響を否定するが、県空港課は「少しでも増える要素があるのなら排除したい気持ちは正直ある」と顔をしかめる。

 鳥類保護ばかりでなく、観光や生業、周辺利用などが絡み合う干潟。さまざまな観点から状況を注視し、共栄の場として輝かせるための「ワイズユース」(賢明な利用)が問われている。(この連載は生野貴紀、岩崎邦宏が担当しました)
http://mainichi.jp/area/saga/news/20150602ddlk41040325000c.html

ttps://archive.is/gde2J
ラムサールその先に:/上 東よか干潟 「観光振興、出発点に」 佐賀市がバス検討 展示館求める声も /佐賀【毎日新聞2015年5月31日】
ラムサールその先に:/中 肥前鹿島干潟 「有明再生のモデルに」 区域絞り、登録実現 漁獲減解明に期待 /佐賀【毎日新聞2015年6月1日】
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好天:暑いから気持ちいい! 子供も鳥も水遊び 入間 /埼玉【毎日新聞2015年6月2日】

小川で魚取りに興じる子供たち
拡大写真
 衣替えの1日、県内は高気圧に覆われて好天に恵まれ、真夏を思わせる陽気になった。熊谷地方気象台によると、熊谷市は午後2時現在で30・2度に達し3日連続、今年に入り9回目の「真夏日」を記録した。

 このほか、秩父市29・1度▽さいたま市と久喜市28・0度▽所沢市27・4度など、県内は軒並み25度以上の「夏日」となった。

 入間市の県営彩の森入間公園では、先週土曜の運動会の振り替えで1日が休みとなった小学生の児童らが小川で魚取りなどの水遊びに興じ、ムクドリやスズメの行水を見て「やっぱり鳥さんも暑いんだなあ〜」。【海老名富夫】
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20150602ddlk11040179000c.html

ttps://archive.is/8ecXJ
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形街なかにカルガモ親子 ひな6羽、地域が見守る【山形新聞2015年6月2日】

池のほとりで羽を休めるカルガモの親子=山形市・第二公園
 山形市十日町4丁目の第二公園の池に、カルガモの親子がすみ着いている。仲良く泳いだり、歩く姿が住民の目を楽しませているものの、当初10羽いたひなはカラスなどに襲われたとみられ、現在は6羽まで減少。住民たちは「無事に成長してほしい」と願っているが…。

 同公園には毎年春になると親ガモが飛来。近くの歯科医斎藤利明さん(69)によると、ことしは3月16日に親ガモを見かけ、5月上旬には卵を温めていたという。21日に元気に池を泳ぐひな10羽を確認したが、カラスやネコの被害に遭ったのか4羽が姿を消した。

 例年6〜8羽のひなが生まれ、巣立つのは2〜5羽。斎藤さんは「卵から観察したのは初めて。1羽でも多く巣立つように地域で温かく見守っていきたい」と話した。
http://yamagata-np.jp/news/201506/02/kj_2015060200044.php

ttps://archive.is/bnXsU
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シラコバトもっと知って 春日部に情報交換室【産経ニュース2015年6月2日】(既報複数)

 絶滅の恐れがある県の鳥「シラコバト」の写真展示や資料収集などを行う情報交換室「CLUB SHIRAKO−BATO STUDIO」が1日、春日部市大場のアパートの一室に開設された。情報交換室は、野鳥の写真撮影が趣味の大垣金造さん(81)が減少しているシラコバトの現状を訴えようと、所有するアパートに開設。シラコバトを中心に野鳥の写真34点などを常設展示している。

 シラコバトは昭和40年に「県民の鳥」に指定され、県のマスコット「コバトン」のモデル。県みどり自然課によると、餌場にしていた養鶏場などが鳥インフルエンザの影響で管理が厳しくなり生息数が減少。平成26年度の冬期調査では県内で103羽の確認にとどまっている。

 大垣さんは「この展示をきっかけに絶滅の危機にひんしているシラコバトについてもっと知ってもらい、保護に一役買えたらうれしい」と話した。
http://www.sankei.com/region/news/150602/rgn1506020005-n1.html

ttps://archive.is/e0Rp5
埼玉)シラコバト、仲間で見守る 野鳥愛好家らが拠点【朝日新聞デジタル2015年5月29日】(他1ソース)
タグ:シラコバト
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【進化続ける水族館へ(2)】最初の担当は専門外のペンギン いろんな生き物飼育し、いい経験に 海遊館館長・西田清徳さん【産経WEST2015年6月2日】

従来の水族館のイメージを大きく変えた海遊館の西田清徳館長(寺口純平撮影)
 −−海遊館は巨大水槽で環太平洋の海を再現し、単に泳ぎ回る魚を展示するという従来の水族館のイメージを大きく変えました

 西田 「日本の森」からスタートして太平洋を右回りにアリューシャン列島、北米、中米を経て陸上から水中深くに旅する構成。各水槽ごとにテーマが決まっており、それに合った生き物を集め健康な状態で飼育しています。その様子をお客さまに見ていただくので、木の陰に隠れてしまっては見られませんし、逆にわれわれが無理やりなことをすると生き物にストレスを与えてしまう。しかも初めて扱うような生き物もたくさんいますので、生態を知らないようなものに関しては試行錯誤でやっていくしかない。これには苦労しましたね。

 −−目玉は世界最大の魚、ジンベエザメ。最初に担当した生き物はやはりサメでしたか

 西田 私は10年以上大学で研究してきたので当然サメの担当かと思っていたんですけども、最初入りましたら上司からペンギンの担当を命じられ、しかも2週間後に「アメリカのシーワールドという水族館へ行って、ペンギンの飼育を学んできなさい」というわけです。「私はペンギンの専門ではないのに」と内心思いましたが、「みんな飼育は初めてだ。君だってサメの飼育の専門家じゃないやろ」と言われ、「確かに」と納得して、アメリカへ行きました。

 −−ペンギンの飼育担当の後は

 西田 シーワールドでごついアメリカの飼育の担当者にまざって一緒にペンギンの飼育を2週間ほど学びました。シーワールドからペンギンをゆずってもらうことになっていたので、現地でやっていたような飼育を学びなさいということだったようです。

 それからいろいろやりましたね。ラッコを担当したこともありますし、イルカの給餌に加わっていたことも。しかし、実は私、ジンベエザメの担当はまだ1回もやったことがない。もちろん輸送などはみんなと一緒に考えてやっていますけれども。水族館には、いろんな生き物がいますから今となっては全然違う生き物を担当させてもらえて、逆にいい経験になったと思います。

 −−そんな生き物に囲まれている今の仕事は、幸せですか

 西田 イトマキエイなど、世界で海遊館でしか飼ったことがないエイの仲間を5年以上飼育展示できましたし、一生懸命飼育しているカマイルカやアザラシやアシカやペンギンたちも繁殖して赤ちゃんがたくさん生まれました。飼育を担当している人間にとってこんな幸せなことはありません。

 −−これまでにうれしかったことは

 西田 海遊館ではいろんな普及教育学習プロジェクトもやっているんですが、そういったイベントに参加してくださったお客さまから感謝の手紙をもらったり、お子さんがジンベエザメの絵を描いて送ってくれたり。

 これは個人的な例になりますが、ずっと小学校のころから海遊館スクールに参加してくれていた子供さんが、高校3年生になってふらっと海遊館にやってきて、私が卒業した大学の水産学部に合格したというのです。「海遊館で学んだサメのスクールがすごくおもしろくて、サメの勉強をしたいと思った」と聞き、すごくうれしかったのと同時に、「生物屋になると、就職口がたくさんあるわけではないし、結構大変な世界に引っぱり込んでしまったな」と責任も感じました。   (聞き手 上岡由美)   =続く

 ◇

 【プロフィル】 西田清徳(にしだ・きよのり) 昭和33年4月生まれ。大阪市出身。平成元年に北海道大学大学院水産学研究科博士課程修了。エイ類の系統分類研究では第一人者。海遊館の建設計画から携わり、過去に例のない沖縄県からのジンベエザメの輸送を成功させた。展示開発課長や飼育展示部長などを経て19年に館長に就任。ライフワークとしてエイ・サメ類の研究活動に取り組み、国内はもとより海外の水族館とも深い交流を持つ。
http://www.sankei.com/west/news/150602/wst1506020010-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150602/wst1506020010-n2.html

ttps://archive.is/xEhOW
ttps://archive.is/LvB2j

小鳥気分ひんやり夢中…“インコアイス”人気・府中市【YOMIURI ONLINE2015年6月2日】

小鳥をテーマにしたアイスを紹介する馬屋原さん(府中市府中町で)
◇素材で匂い、感触イメージ

 府中市府中町のアイスクリーム製造業「東屋」が、インコが好んで食べる雑穀類を混ぜ込むなど、小鳥をテーマにしたアイスクリームを作っている。一時は通信販売で3か月待ちになるなど、全国の鳥好き人々の人気を集めている。(佐藤祐理)

 同社が“インコアイス”を開発したのは2013年春。鳥を見ながらお茶を楽しむ「とりみカフェ ぽこの森」(神戸市灘区)からの依頼だった。専門家に、鳥が好む雑穀類などを教えてもらい、ミルクベースのアイスクリームに合うよう、約2か月かけて開発した。

 「セキセイインコ」は、タカキビ、ダルマヒエなどを使い、食べると「鳥の気分になれる」のが特徴。「オカメインコ」はヒマワリやカボチャの種入りで、かりかりとした食感が、小鳥が人の腕に乗った時の感触を表現している。「ぶんちょ仕立てのフィンチ」は、マシュマロを入れることで、ふんわりとした胸元の羽毛の感覚に似せた。

 とりみカフェが、同年春に百貨店「阪神梅田本店」(大阪市北区)で開かれた、鳥をテーマにしたイベントで販売。「鳥になったような気がする」「鳥っぽいにおいがたまらない」と、ツイッターなどで話題になった。特に「セキセイインコ」は、鳥好きにとって最上級の褒め言葉となる「一番鳥くさい」とのお墨付きを得た。

 13年秋に東屋が通信販売を始めたが、一時は製造が追いつかず、3か月待ちとなった。14年春からは店頭でも販売を始め、高知県や岡山県、広島市内からも客が訪れるようになった。

 同年9月には、黒ごまやクリームチーズ、バラのアイスを使った「コザクラインコ」「ヨウム」「モモイロインコ」の3種類も新開発した。

 東屋の馬屋原訓吾代表(57)は「普段から雑穀米を食べており、風味を知っていたので、雑穀とアイスクリームは合うのではと考えていたが、これほど鳥好きの注目を集めるとは思わなかった」と驚く。「これからもおいしく食べてもらえるアイスを開発したい」と話している。

 インコアイスは同社店頭では、各種1個320円(消費税込み)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20150601-OYTNT50316.html

ttps://archive.is/h0mEx
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優雅な水鳥2羽 平潟湾【YOMIURI ONLINE2015年6月2日】(コブハクチョウ)

 横浜市金沢区と横須賀市夏島町の市境にある平潟湾に、コブハクチョウとみられる大型の水鳥2羽=写真=が飛来し、住民らの話題になっている。

 毎朝付近を散歩している横須賀市追浜町の河野文男さん(73)によると、2羽は連日、早朝に鷹取川河口の同湾にある干潟に姿を見せ、午前中にはどこかへ移動するという。

 見た目にも優雅で、人を警戒するそぶりも見せずにかわいらしいが、日本野鳥の会神奈川支部の鈴木茂也支部長は「餌を与えれば人に慣れもする。ただ、元々は外来種で、在来種の生態系に影響を及ぼす可能性もあるという認識を持って接してほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20150601-OYTNT50384.html

ttps://archive.is/fa6GO
posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水路にカルガモ 久喜・幸手【朝日新聞デジタル2015年6月2日】

◇親子でスイスイ

 久喜と幸手市の境を流れる葛西用水路に、ひな11羽を連れたカルガモが現れた。田植えの時期で満水の流れに負けまいと、ひなは親鳥の前に出たり、後についたり。用水路両側の遊歩道で散歩やウォーキングの人たちが足を止め、「かわいい」と目を細めていた。

 用水両岸の遊歩道は加須市の境から、延べ約10キロ。久喜市が「コスモスふれあいロード」と呼んで整備し、今はポピーが咲いている。8月に市民らがコスモスの種を植え、秋には名前の通り、コスモスが咲き乱れる道になる。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1506021100003.html

ttps://archive.is/FpTeS
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝統の鵜飼い開催、川にかがり火=富山市〔地域〕【時事ドットコム2015年6月2日】

富山市婦中町の田島川で行われた鵜飼(うか)い実演=5月23日夜
 富山市婦中町の田島川で先月23日夜、愛知県犬山市などの協力で鵜飼(うか)い実演が行われた。舟上にたかれた幻想的なかがり火と、鵜匠の巧みな手さばきの競演が、集まった観光客らを魅惑の世界へと誘った。
 舟上にいる鵜匠が発する「ホーウ、ホーウ」との掛け声にあわせ、7羽の鵜が潜水してアユを捕獲。鵜がアユを捕らえるたびに、観光客らの歓声が響いた。田島川での鵜飼いは、1300年前の奈良時代に行われていた鵜飼いを再現しようと1988年から始まり、今年で18回目。
 市議会の関係者は、「(鵜飼いは)犬山市との友好の象徴。今後も続けたい」と強調する。市内在住で、家族4人で訪れた会社員福島康嗣さん(41)は、「鵜飼いは初めて見たが、かがり火と鵜、鵜匠の綱さばきの競演は面白い。(いずれ)犬山や(本場の)長良川鵜飼いも見てみたい」と目を輝かせた。(2015/06/02-09:34)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201506/2015060200152&g=soc

ttps://archive.is/eiGWQ
タグ:鵜飼
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする